サイエンスアドバイザー 
宮崎県教育研修センター
サイエンスアドバイザー
 

新着情報

 

サイエンスアドバイザー

〒880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜4276番地729
電話番号
0985-24-3156
(みやざき学びサポートプラザ・教育支援担当直通)
0985-24-3122
(宮崎県教育研修センター)
FAX
0985-24-3578
(みやざき学びサポートプラザ・教育支援担当直通)
0985-32-1664
(宮崎県教育研修センター)
E-mail
メールアドレス
メールアドレス
本Webページの著作権は、サイエンスアドバイザーが有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。 
 

訪問者カウンタ

あなたは58294人目のお客様です

教材教具の貸出・提供

自作の教材・教具紹介
12
2016/12/13

「発熱と電気の利用」実験器具の貸し出し

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室
実験器具の貸し出し案内
「発熱と電気の利用」実験器具の貸し出し
13:33
2016/09/16

大きなてこで手ごたえを体験しよう

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室
 大きなtr子で手ごたえを体験しよう

  支点を椅子の上にセットしても棒の可動範囲 はあまり狭くなりません。

  棒は20cmごとに色分けをしているので長さ を読み取りやすくなっています。
  また、棒に溝をつけているので支点がずれて いく心配はありません。

  6セット準備していますので、必要な学校は  ご連絡ください。貸し出します。
 


 大きなてこで手ごたえを体験しよう
13:16
2015/02/20

はね返した日光の明るさとあたたかさ

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室
日光の明るさと暖かさを調べるボード
 
   平面鏡で反射した光を「スタート」から「ゴー
 ル」まで道から外れないように進めていきます。
  土星は「示温ワックス」を塗っています。
 温度が上がると、黒色から青みがかった色へ
 変化するので、温度の上昇が分かります。
  次は、ブラックホールで穴が開いてます。
 裏に回って背中を向けていると、光が当たり 
 温かくなるのが分かります。
 
  細い道を上手に通っていくと、銀色の星にた
 どり着き、ようやく金色の王冠でゴールとなり
 ます。
 
 
  平面鏡を数枚使って、グループごとに土星の
 色を変化させる時間を競っても楽しいですよ。
 


11:24
2015/01/29

めだかの受精卵動画

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室
  受精卵の内部が動く様子、血液や心臓が動く様子の動画を記録しています。
 ご希望の方にはデータの提供や貸し出しが可能ですので、ご連絡ください。
 
 
  動画のサンプルを載せていますので、ご覧ください。
 

11:07
2015/01/23

筋肉の動きモデル

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室

 
 
 
 
 
  県北の先生から見せていただい
  たモデルを参考に、
 
  ストロー、ビニール袋、果物を
  入れるネットを利用して作りまし
  た。
 
  上のストローを吹くとビニール袋
  が膨らみ腕を曲げます。
 
   下のストローを軽く吹くと腕が伸
  びます。
 
 
 
 
 
 

13:57
2015/01/23

おもしろテスター

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室

  
 市販のヘッドライトを利用して、みんなで楽しめるテスターを作ってみました。      
 ライトからの導線と乾電池の電極が接続されている部分を1カ所はずし、それぞれテスターの端子を接続しました。              
 

13:13
2015/01/16

血液の流れモデル

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室
 
 ハンドソープの空き容器にシリコンチューブを取り付け,中に赤い水を少量入れました。
 ポンプを押すと、心臓から出てきた血液が肺や全身を通り再び心臓へ戻ってきます。
 血液の流れを説明するのに大変便利です。
 
 
 
 
 
 

 

10:01
2014/01/29

どきどき輪くぐり

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室

 3年「電気で明かりをつけよう」の単元終了後にゲームで楽しみましょう。
 銅線を使います。銅線は電気を通しやすく、変形しやすいので使いやすいです。
 線の形を変えたり、輪の大きさを変えたりてタイムレースにすると盛り上がりますね
 
 

15:42
2014/01/29

電熱線の太さと発熱の量の違い

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理室

 ボルトとナットを使って実験装置を作ってみました。
 
 発泡スチロールよりも『ミツロウ』を使用する方が切れた様子がわかりやすく、
再利用できるのでお勧めします。
 また、電源装置を使用する方が条件が一定するので正確な結果が得られます

15:26
12