お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

訪問者カウンタ

あなたは84464人目のお客様です

国富町立八代小学校

〒880-1223
宮崎県東諸県郡国富町大字八代南俣2101番地
電話番号
0985-75-2555
FAX
0985-75-4958
本Webページの著作権は、八代小学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

お知らせ

 

学校の様子

校区の沿革と地域・学校の特性
2013/09/09

八代小学校

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校管理者

  本校は,宮崎市より北西約26Kmに位置し,後川と三名川の間の標高約110mの川上台地の上の旧八代村の中心にあります。本校区は,一般に丘陵地を開発した畑作地帯です。綾川より農業用の水を引くようになって,生産性の高い農地に変貌しています。室町時代には,東諸地内の伊東氏の都於郡城を本城とした附城を備え,島津氏に備えたようです。その内の八代城は,他の都城の主城となっていたようであり,九ケ城の内の八ケ城を称し,本地区の八代の地名となったと言い伝えがあります。

   明治22年深年村,八代南俣村,八代北俣村及び伊左生村を村域とする新八代村が誕生し一村一校の八代小学校が現在の八代中学校の場所に設立されましたが,昭和24年8月現在地に移転しました。

   昭和26年4月1日,北俣,深年小の両小学校が八代小学校から独立しました。その後,各学校で地域の特色を生かした教育がなされたが,児童数が減少し,複式学級での指導を余儀なくされました。その後も児童数の減少は続き,平成21年4月1日,再び北俣小,深年小と統合し,全校児童152名で新・八代小がスタートしました。

   本校区は26地区からなり,戸数約1700戸,人口約4,100人,PTA戸数は97戸です。 北は西都市に,西は山林で小林市(須木)に接しています。

    本校は地域的な住民のまとまりがよく,特に学校教育に深い関心を もち,校区民の学校に対する協力体制は非常に良い状況です。

14:11