お知らせ

各部からのたより

晴れ生徒指導だより「つながり ひろがり」No.2(5月20日)

 生徒指導通信 no.2.pdf  

新型コロナウイルスに関するお知らせ
重要串間市教育委員会からのお知らせ

    → 4月22日 コロナ感染に係る保護者向け文書.pdf
ひらめき一斉下校時の対応について(お知らせ).pdf(福島小学校) 

 重要串間市からのお知らせ(4月25日)

 → 20220425_01市民の皆様へ(チラシ).pdf

 重要宮崎県からのお知らせ(4月25日)

 → 20220425事業所用添付資料.pdf

お知らせ新型コロナウイルス感染症対策特設サイト(宮崎県)
お知らせ偏見や差別の防止についてのお願い(串間市)

 お知らせストップ!コロナ差別→6_STOP!コロナ差別.pdf

本校創立150周年記念事業コーナー

 第4回実行委員会 6月9日(木)実施予定

〇 次回6月9日、式典部、記念事業部、記念誌部の各部の取組が確定する予定です。

〇 今後、PTA会員の皆様へ少しずつ様々な取組をご紹介していくこととなります。その際は、温かいご支援とご協力をよろしくお願いします。

絵文字:良くできました OK Sボラ(スポットボランティア)募集のお知らせ.pdf スポットボランティア「できる範囲で気軽に参加できます。」
・登録はこちらからでもできます → Sボラ登録フォーム            

学校ニュース

学校の様子

生まれ変わったプール

6月1日はプール開き、そこで、6年生がプール清掃に取り組んでくれました。今日は午後から雨の予報で、何とか午前中にきれいにしようと6年生が協力して頑張ってくれました。約1年ぶりに使うとあって、大変な部分もありましたが、隅々まで熱心に清掃していた6年生でした。これから時間をかけて新しい水を貯めていくことになりますが、満水となれば、きっとキラキラと光り輝く美しいプールが見られることでしょうね。6年生の皆さん、ありがとう!お疲れ様でした!

ハチの巣を駆除!

タイトルのとおり、先日、ハチの巣を駆除しました。一番上の写真は、校長室近くのふだんは、あまり子どもが通らない樹木の写真です。

どこに巣があるか分かりますか?よーく見ると、2枚目の写真のとおりです。調べてみるとコガタスズメバチの巣でした。小型で攻撃性は高くないとのことでしたが、毒性はオオスズメバチと同様だそうです。

子ども達に被害はなく、環境整備員さんが発見してすぐに駆除、駆除後の写真が3枚目です。

これから季節は生き物がさらに活動的になる時期に入ります。昨年度は通学路近くのツバキやサザンカに大量発生した毛虫の報告があり、子ども達へ注意喚起したこともありましたので、引き続き要注意です。

青少年赤十字(JRC)活動の登録式

本校は青少年赤十字(JRC)活動の加盟校です。そこで、本年度の登録式を各学級で行いました。ご存知の通り、青少年赤十字は世界的な組織で、日本全国でも令和3年現在で1万4千校の学校が参加し、345万人以上のメンバーが加盟しているそうです。

福島小でも、赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、友達同士支え合って学校生活を送るなど、日常生活の中でできるさまざまな活動を促していきたいと考えています。

【みんなで「ちかいのことば」を読みました】

赤十字の創始者アンリ・デュナンの肖像画が見えますね

頼もしい6年生!

写真は、体力テストの一場面です。目を凝らしてご覧ください。実は、6年生と1年生が一緒に活動している場面なのです。そうです、1年生にとっては小学校初めての体力テストですので、6年生がそのサポートに加わっている場面だという訳です。写真にはありませんが、休息の時間には1年生がトイレへ行く際のお世話を進んでしたり、整列のアドバイスをしたりと、本当に心優しく頼もしい6年生です!

いつも本当にありがとう!

 

学校を支える力

今朝は久しぶりの読み聞かせでした。本校の読み聞かせは、PTA図書部の役員さんのご尽力のもと、多くの読み聞かせボランティアの方々により支えられています。これまでにはコロナ禍で中止せざるを得ない時もありましたが、本日は、対策をとって1年生で実施したところです。子ども達は、朝の静かな空気の中で、目を輝かせて熱心に本に浸っていました。

一方、4月に入って以降、時々お伝えしていますが、環境整備員さんの作業が着々と進んでいます。ここのところプール周辺や中庭など校内の整備に取り組んでいただいています。やはり、子ども達の学ぶ環境は人の手を加えることがいかに大切かをつくづく考えさせられます。環境整備員さんの地道な作業も学校を支える大切な力です。

【読み聞かせの様子】

 

【中庭の様子~芝目の違いがはっきりと分かりますね】

 

音楽室では・・・

福島小の特別教室棟3階にある音楽室、子ども達の歌声が聞こえてきたので階段を上がっていくと、音楽室では、ちょうど4年生が合唱の学習をしているところでした。「心をひとつにして歌うんですよ」という先生の言葉を胸に、どうしたら一つにできるかを考えながら歌う子ども達でした。そうです、「友達の声を聴きながら」歌うんですね。友達のよいところも進んで見つけていましたし、友達とのつながりを深める音楽の時間でした。

「手」で考える

1年生が図工の時間に粘土を使った活動をしていました。粘土は、どのような形にも変わりますし、作ったものが自分の活動の成果として目に見えてわかる素晴らしい素材です。みんな思い思いに自分が作りたいものづくりに没頭していました。いつだったか、子どもは「手」で考えると聞いたことがあります。たくさん考えて、そして自分だけのオリジナル作品を完成させた子ども達。達成感もひとしおでしたね。

雨でしたが・・・春の遠足でした!

タイトルのとおり、本年度の春の遠足も雨、雨は昨日から降り続いていましたので、心の準備はできていたとは言え、やはりよい天気の条件でできないのは残念です。ところで、遠足の醍醐味は、「非日常の時間」を過ごせること、つまり、平日、ふだんの学校生活と違う時間を過ごせること。

新型コロナウイルス感染対策と雨という条件が加わった中ではありましたが、このことを福小の先生方はいろいろと考え、学年の状況に合わせた活動を工夫して、計画し、実施していただきました。

下にある写真のように、限られた条件の中で、どの学年もふだんの学校生活では味わえない経験ができ、子ども達の思い出につながったのではないかと思います。

また、今日の遠足についてはお弁当をはじめ、ご家庭での準備のご協力をいただき、ありがとうございました!

【1年生】体育館でゲーム、学校探検など

【2年生】バーチャル町探検(低学年であるということから、今回は外での町探検を控えました。)、体育館での遊びなど

【3年生】市立図書館、市文化会館見学など

【4年生】道の駅くしま見学など

【5年生】くしま学調べ学習、体育館遊びなど

【6年生】学級対抗ドッジボール大会など

 

芽が出たよ!

2年生教室の近くを通っていたら外から楽しそうな声が聞こえてきたので、少し様子を見に行ってみました。4月の終わり頃、このホームページでミニトマトの種まきを紹介しましたが、何と、可愛らしい芽がたくさん出ていました!また、サツマイモの苗もすくすくと元気に生長していることもわかりました!子ども達は発芽した小さな命を熱心に観察しながら、シートに絵や文で記録していましたよ!これからの生長がますます楽しみですね!

6年生 租税教室

5校時は体育館で、6年生の租税教室でした。串間市役所から2名の担当職員の方が来校され、税金は私たちの身の回りでいろいろなところに使われていることなどをお話やクイズ、DVDを使って、分かりやすく教えていただきました。一部を紹介しましょう。「小学生一人が1年間学校に通うために、国や県・市町村の税金はいくら使われているでしょうか? ①約36万円 ②約56万円 ③約88万円 どれが正解でしょうか?」「正解は、③の約88万円です。1ヶ月では一人当たり7万円ということですね。ブリぷり丼も70回食べられる計算になります。」今日の学習をきっかけに、税について少しでも興味をもってくれるといいです。