訪問者カウンタ

あなたは184853人目のお客様です

日南市立榎原小学校

  
        榎原小学校校章
本Webページの著作権は、榎原小学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

                                   学校経営の基本方針

⑴ 学校の教育目標
    
    「進んで学び、心豊かにたくましく伸びる児童の育成」   
                ~「あい」いっぱいの日日新学校~                    

      ○ よく学ぶ子ども ○ 思いやりのある子ども ○ たくましい子ども 
     (根気)        (勇気)        (元気)  
                 
                 【本気】     
 
⑵ 基本方針
 公教育の理念を基調にして、教育関係諸法規の精神を基盤に、日南市の教育方針に
 即し、学校の伝統、時代の要請、児童及び学校、地域社会の実態を踏まえた教育を
 推進する。
  ○ 児童の実態及び学校、地域社会の実態を十分に踏まえ、創意工夫を生かした
   特色ある学校づくりに努める。
  ○ 児童一人一人の個性を尊重し、学校の教育目標の具現化を図る。
  ○ 学校の歴史や伝統を継承し、自信と活気に満ちた校風の確立を図る。
  ○ 家庭や地域社会との連携強化を図り、地域に根ざした学校づくりに努める。
 
⑶ 学校経営ビジョン       

  小規模校の特性や学校の組織力、教職員一人一人の資質を生かすとともに、家庭や地域との連携強化を推進し、創意と工夫のある地域に根ざした教育活動の充実を図る中で、学校の教育目標の具現化と地域に信頼される学校づくりに努める。
 ~一人一人を導き、見守り、見届け、褒める教育を推進し、9年間を見据えて、豊かな心、確かな学力、たくましい体力、自立の態度を育てるとともに、「あいいっぱいの日日新学校」を目指す。「継続と創造」「子どもと向き合い、教える喜びをふやす職場環境づくり」
 
 重点目標
 ➀ 確かな学力の定着
  ◎ 「授業の目標やねらい」「学習のめあて」「まとめ」の整合性のある授業実
   践及び習得時間の充実図り、基礎的・基本的な学習内容の確実な定着を図る。
   (確実な振り返り)
  ◎ 小中連携の充実を図り、9年間を見通した指導計画や学習指導法の工夫改善
   や家庭学習の充実に努めることにより、確かな学力の向上を図る。
  〇 子どもの実態に即した読書指導と学校図書館の効果的な活用により、読書
   活動の充実を図る。(夢中になる読書)

  〇 特別支援教育体制の整備・充実により、特別な支援や合理的な配慮を必要
   とする児童への教育指導の充実に努める。

 ② 豊かな心を育む教育の充実
  ◎ 指導事項の共通理解と共同実践、家庭との緊密な連携により基本的生活習
   慣の育成に努める。
  ◎  特別の教科道徳や体験的な活動等の充実により、豊かな感性を育むととも
   に、規範意識や自主性、社会性の向上を図る。
  〇 人権教育やコミュニケーション力の向上を推進し、「学校いじめ防止基本方
   針」に沿った教育指導や教育活動の充実により、いじめの未然防止に努め、思
   いやりの心の育成を図る。
  〇 褒める教育の推進に努め、児童会を中心として自主的・実践的な態度の育成
   を図る。


  心身の健康及び安全教育の充実
  ◎ 体力向上プランに沿った確実な実践に努めるとともに、準備運動(主運動に
   つながる運動やわくわく運動)と主運動のつながりを意識した運動の実践を図
   り、基礎体力や健康意識の向上を目指す。(立腰指導・外遊びの奨励)
  ◎ 非常時避難訓練や日常の安全指導の充実を通して、防災・安全意識を高める
   とともに、危険予測・回避能力の育成に努める。
  〇 月目標に基づいた掲示資料の充実により、給食指導や食に関する指導の充
   実及び学年の発達段階に応じた「弁当の日」の実践により、食育の充実を図
   る。


  地域とつながる学校づくり及び自立性・社会性の育成
  ◎ 地域の人との交流学習を計画的に進め、地域のよさを感じ取らせ郷土榎原
   を愛する児童の育成を図る。
  〇 学校支援地域本部事業の推進を図り、キャリア教育及び地域と連携した教育
   活動を充実させることにより、自ら学ぶ意欲や学び方の育成を図る。(4つの
   学び)