表紙
たかはる     うしろかわうち
高原町立後川内小学校
 

訪問者カウンタ

あなたは41364人目のお客様です

高原町立後川内小学校

〒889-4413
宮崎県西諸県郡高原町大字後川内2666番地
電話番号
0984-42-1081
FAX
0984-42-1827
本Webページの著作権は、後川内小学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 
新規日誌7
2019/07/11new

授業研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 
 授業の質の向上を目指して、よいところ,改善すべきところなど、お互いに意見交換をする授業研究会をしました。そうやって、それぞれの先生が授業の腕を上げていきます。先日は、5年生の国語、しばらく前に3・4年の算数の複式指導の授業を行い、その後、授業研究会を行いました。中学校の先生方も見に来て下さいました。後川内の子どもたちの力を最大限に引き出せるように、職員一同で取り組んでいます。
研究授業(国)
研究授業(算)

14:29
2019/07/09

朝のボランティア

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 朝、登校するとすぐにボランティアを始めてくれる子どもたちがいます。花壇の草取りや水やり、係や当番というわけではありません。進んでやってくれます。雨が続き草も元気に伸びています。
やっってくれる子どもの数も今はとても多くなっています。自分で考えて行動できる、人のために進んで行動できる後っ子です。
花壇
12:52
2019/06/24

はきものをそろえると心がそろう

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 この写真は、本校職員でたいへん喜んだ写真です。町内の学校に眼科検診に行ったときの子どもたちの靴です。靴を並べるようになどのその場での指導は全くありませんでした。しばらく前に教頭先生が靴を並べる大切さを話して下さいました。その話がしっかりと心に刻まれていたのだと思います。本校の子ども達ははみんないろんな事をどんどん吸収してくれます。素直なよい面が表れた本当にうれしい一枚となりました。
くつならべ
10:56
2019/05/29

第22回 小中合同運動会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 令和最初の運動会を、好天の中で行うことができました。結果は競技・応援とも赤のダブル優勝でしたが、児童・生徒全員が精いっぱい取り組んだ清々しいものでした。「結束 みんなの心を一つに 後魂みせてやれ」というスローガンが十分達成され、充実感いっぱいの運動会でした。保護者、地域の皆様のご協力・ご支援本当にありがとうございました。
運動会
運動会2
13:21
2019/05/20

読書って楽しいなあ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 今年も読み聞かせサークル「フルーツバスケット」の方々の協力で、朝の読み聞かせを行っていただいています。この時は、子ども達の、集中したきらきらした目が本当に輝いています。読書好きなうしろっ子が今年も増えますように!
読み聞かせ3
読み聞かせ1
18:32
2019/05/20

一時停止 右よし左よし右よし!

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
10日は交通教室も行われました。毎年行っていますが、子どもが犠牲になっている痛ましい交通事故が連日のように報道されています。登下校中、下校後、休日、常に「自分の命は自分で守る」しかありません。左右確認と一時停止。車も自転車も歩行者も気をつけましょう。
交通教室
18:19
2019/05/10

小中合同運動会結団式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
5月26日の小中合同運動会に向けて、結団式を行いました。スローガンも決まり、ボール送りのゲーム後に、赤団、白団を決定しました。その後各団で団長等の紹介を行いそれぞれの団で,優勝へ向かって大きな声での決意表明などを行いました。令和の最初の運動会、子どもたちの活躍が楽しみです。
白団赤団
11:11
2019/05/09

井ノ原遺跡見学

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 5月8日に、井ノ原遺跡の見学に行きました。後川内中学校の1年生と本校6年生との合同見学会です。縄文式土器については習ったばかりで、子どもたちは興味深く聞いたり見たりしていました。校区内にこんなにすばらしい学習の場があることに、あらためて後川内のよさを感じたところです。町教育委員会からもお手伝いをいただきありがとうございました。
井ノ原遺跡見学
出土品
     【右端が有名になった8000年前の首飾りです。】
13:55
2019/04/23

小中合同避難訓練(風水害)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 小中合同で風水害想定の避難訓練を実施しました。今回は引き渡し訓練はありませんでしたが、中学生の迅速な行動でブルーシートが敷かれ、小学生も真剣な表情で無言で体育館に集合できました。職員も入れ替わりましたので、一人一人の役割分担や配置を確認しました。噴火も含めてどんな災害が起こるか分かりません。人命第一で対応していきます。保護者の皆様は、学校からのメールにご留意ください。
風水害避難訓練1風水害避難訓練2
16:10
2019/04/19

新入生歓迎集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 本年度の2人の新入生を,全校で迎える会を行いました。「うしろキッズ」という縦割りの班での自己紹介の後、全校でじゃんけん列車などのゲームをしました。昼休みには、1年生もすでにみんなと遊んでいる姿も見られ、りっぱな「うしろっ子」になってくれることと思います。
うしろキッズ
じゃんけん列車
10:48
2019/04/19

ビオトープを復活させました。

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
平成19年6月13日の宮日新聞に本校のビオトープ完成の記事が載っており、給湯室に今も掲示してありました。しばらく水を入れてなかったようですが、このたび水を入れ,1・2年生がメダカを放流しました。自然の様子の観察に役立てばいいなと思います。
ビオトープ
メダカ放流
10:38
2019/04/11

平成31年度入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 本日、入学式が行われました。今年は2人の新入生を迎えることができました。後川内小学校への入学,おめでとうございます。そして、ありがとうございます。来賓、保護者、上級生の児童、みんなが笑顔の入学式でした。
入学式
11:35
2019/04/05

平成31年度 新任式・始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
平成31年度が始まりました。新任の先生方の紹介と歓迎の東雲太鼓は小中合同で行いました。始業式では、新6年生の代表が「歓迎の言葉」「誓いの言葉」を発表してくれました。
歓迎の言葉

東雲太鼓
13:17

学校の教育目標


学校経営の方針

(1)学校の教育目標
    学力の向上をめざし ふるさとを愛する 

心身ともに健康でたくましい児童の育成

2)めざす児童像・教師像・学校像・保護者像

児童

教師

学校

保護者

① 切磋琢磨し、確かな学力を身に付けた児童

② 礼儀を重んじ、思いやりのある児童

③ 心身を鍛え、健康な児童

① 児童とともに歩む教師

② 授業を大切にし、自己研鑽に努める教師

③ 地域から信頼される学校づくりに努める教師

① 秩序を守り、活気に満ちた学校

② 自他を大切にし、助け合う学校

③ 自信をもち、他に誇れる学校

① 宅習ノートを見て、子どもを励ます保護者

② 家庭内であいさつ(ハイと返事)して、子どもと触れ合う保護者

③ 朝ごはん(又は、夕食)を子どもと一緒にとる機会を大切にする保護者

(3)重点指導項目

   学力向上 

○ 学年別の指導を実現し、基礎学力の定着を図る。

○ 自己の力を伸ばす目標を設定して、挑戦する。

○ 一人ひとりのニーズに合う読書指導を充実する。

○ 家庭学習の定着を図る。 

◎ 教師の指導力の向上と、授業改善に努める。

② 心の教育・生徒指導の充実 ★「いじめ防止基本方針」による実践

○ 自他の生命を大切にし、思いやりのある言動が常に、だれにでもできる。

○ 基本的生活習慣の定着を図るとともに、規範意識を高める。

 異学年での活動を通して、チームワーク力やコミュニケーション力、リーダー性を伸ばす。

   ◎ 子どもの悩みに寄り添う教師であり、保護者との連携を密にする。

  ③ 健康安全教育・体力の向上 ★「体力向上プラン」による実践

○ 健康・安全への意識を継続し、自分で健康な体、安全な生活を守る。

○ 積極的に運動に取組み、体を鍛える生活を継続する。

○ 生涯健康な生活につながる実践力を育む「食育」を推進する。

◎ 危機意識を常に持ち、あらゆる機会を捉えて児童への情報を発信する。 

  ④ 家庭や地域との連携 ★「高原町一貫教育推進プラン」による実践

◎ 後川内保育所や中学校と接続や系統性を重視した教育活動の工夫

○ 計画的なふるさと学習の実践

○ 児童のよさを伝える情報発信の工夫

○ 定期的な評価と情報発信による、地域に開かれた学校づくりの推進

◎ 地域の人・もの・行事のよさを取り入れた学習や体験活動の実践