学校長あいさつ

  本校は学校の起源を高鍋藩の藩校明倫堂に置き、今年で117年を迎える伝統と歴史のある学校です。
 
  木城町は作家である武者小路実篤氏によって開かれた新しき村があることからもわかるように、人が人らしく生活するに足る自然環境や文化があり、また、えほんの郷や川原スポーツ施設、充実した図書館や体育施設などが整っています。今、子育てをするに理想の環境として、町をあげて子育て支援の街づくりをめざしています。
 
  自ら気付き,考え,判断できる,人間性豊かなたくましい児童の育成
「子どもはよりよく変わろうとしている途上である」ことを認識し、「導き、見守り、見届ける教育」を基本理念とする。その上で『凡事徹底』(当たり前のことを当たり前に徹底してやる)『自分も大事 相手も大事』をキーワードに、判断基準は「子どもたちのために」方策は「学校、家庭、地域とともに」を基本に、教職員としての自覚をもち、学校全体で組織として取り組むことで、保護者・地域に信頼される学校を目指します。
                                                                                                                                                                     
校長  高田 靖史
 
子どもの笑顔は 地域の笑顔
子どもの笑顔は 地域の笑顔
子どもの夢は 地域の夢
子どもの未来は 地域の未来に繋がります。
地域とともに 学校はあります。
 
いつも 学校を応援してくださり ありがとうございます。
木城っ子安全見守り隊
「木城っ子安全守る隊」と子ども達
 

学校の教育目標


平成30年度 学校の教育目標

自ら気付き,考え,判断できる,人間性豊かなたくましい児童の育成

「子どもはよりよく変わろうとしている途上である」ことを認識し、「導き、見守り、見届ける教育」を基本理念とする。その上で『凡事徹底』(当たり前のことを当たり前に徹底してやる)『自分も大事 相手も大事』をキーワードに、判断基準は「子どもたちのために」方策は「学校、家庭、地域とともに」を基本に、教職員としての自覚をもち、学校全体で組織として取り組むことで、保護者・地域に信頼される学校を目指す。

(1) 目指す児童像
  学びいっぱい
○ 見て聞いて,よく考え工夫する子ども
やさしさいっぱい
○ 思いやりがあり,仲良く助け合う子ども
元気いっぱい
○ 
しっかり食べて,明るく元気な子ども
 
(2) 目指す学校像
○ 学力を上げる学校
○ 楽しく学べる学校
○ 思いやりのある学校
○ 美しい学校  
 
 

本日の天気

 

携帯電話からのアクセス

携帯電話からアクセスするには、学校ホームページのアドレスを携帯電話に直接入力する方法と下のQRコードを利用する方法があります。パソコン版も携帯電話版も、アドレスは同じです。 (スマートフォンでは さらに便利です)
(閲覧時の注意事項)
 携帯電話での閲覧には、パケット料金(通信料)がかかります。
木城小学校
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。