Welcome to Nobeoka Higashi Elementary School
 
本Webページの著作権は、延岡市立東小学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

訪問者カウンタ

あなたは277464人目の来校者です

宮崎県延岡市立東小学校

〒882-0856
宮崎県延岡市出北5丁目12番1号
TEL  0982-33-2937
FAX  0982-33-2938
 

フォトアルバム

東小学校の新旧校舎

現在の校舎(新校舎)を開きます。
34枚
現在の校舎(新校舎)

登録者:学校管理者 | 2015/08/20(2票)
旧校舎解体と新校舎建設を開きます。
35枚
旧校舎解体と新校舎建設

登録者:学校管理者 | 2015/08/20(1票)
東小学校旧校舎の思い出を開きます。
100枚
東小学校旧校舎の思い出

平成25年度まで使われた、東小学校の旧校舎の写真です。約45年間、多くの子どもたちを見守ってくれました。左の写真をクリックして表示される画面の左上にある「スライドショー」をクリックするとスタートします。(始まるまで20秒ほどかかります。)
登録者:学校管理者 | 2015/06/10(9票)

日誌

新規日誌9
2019/10/27

第3回授業研究

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 21日(月)、第3回の授業研協会を行いました。今回は、新しく教科となった「道徳」の授業でした。道徳はもちろん以前からもありましたが、子どもたちに道徳的価値をしっかりと意識させ、自分の考えを客観的に見つめるとともに友達との考えのやりとりから深く学び合うことをさらに重視し、新しく生まれ変わったと言ってよいでしょう。1時間の授業の中で、自分の考えがどう変わったのか、どう明確になったのかをしっかりと表明できるように工夫していきます。
 授業は、樋口純平先生(4の3)が「よく考えた行動とは(節度・節制)」、那須真衣子先生(2の2)が「はたらく楽しさ(勤労)」という内容で行いました。

【樋口純平先生の授業から】

【那須真衣子先生の授業から】
 2人とも、資料を効果的に使いながら、子どもたちの考えを十分に引き出すことができていました。子どもたちの本音を引き出し、きれい事でだけで終わらない本物の道徳の授業を目指してほしいと思います。事後研究会でもしっかりと反省し、自分の今後の課題に向き合っていました。お二人ともお疲れ様でした。


09:54 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/09/09

第2回授業研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 4日(水)、初任者による2回目の研究授業と授業研究会が行われました。今回もメンターの先生方と夏休みから準備を進めてきました。授業は、那須真衣子先生(2年)が算数「たし算とひき算のひっ算」、樋口純平先生(4年)が国語「広告と説明書を読みくらべよう」でした。

2年算数の授業の様子

4年国語の授業の様子

 午後からは、それぞれに分かれてメンターの先生方との授業研究を行いました。付箋に成果と課題を書きそれを整理することで、いろいろな視点から意見よりよい授業づくりについて検討がなされました。
 細かな指導技術が少しずつ身に付いてきています。今回は特に「時間の使い方」がよくなってきました。また、子どもたちが考えたり作業したりする時間をしっかりととれたことも大いに評価されます。
 2人の先生、授業をありがとうございました。お疲れ様でした。次の授業研究会は、道徳の予定です。

15:34 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/08/04

新学習指導要領

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 令和2年度から、小学校では新しい学習指導要領にもとづく教育が実施されます。この学習指導要領は、文部科学省が全国どこの地域でも同じような質の高い教育が実施できるように内容や方法等について示すもので、ほぼ10年ごとに見直されています。
 今回の改訂では、「主体的・対話的で深い学び」をキーワードに、これまでの各教科等の見直しが図られたほか、特別の教科道徳や外国語のほかプログラミング教育など、これからの社会に対応した新しい取組も導入されます。専門的な知識や指導方法など、先生方にとってはこれまで以上に負担をかけることになります。本来であれば、その専門の教員を専科として配置すべきところですが、残念ながら現状では難しいようです。
 しかし、時間は待ってくれません。4月実施に向け、今から準備を進めなければ間に合いません。この夏休み中も、教務主任や研究主任を中心に研修を進めています。夏休み前半の研修は、主に以下のようなものでした。
◇コンプライアンス研修(服務規律遵守のための研修)
◇特別支援教育研修(気になる児童の共通理解と指導計画)
◇生徒指導研修(校区内危険箇所の現地調査)
◇生徒指導研修(いじめや不登校の現状と課題)
◇不審者対応研修(延岡警察署との連携実技研修)
◇外国語教育研修(考え方と具体的な指導の在り方)
◇プログラミング教育(考え方と具体的な指導の在り方)
◇教科研修会(新指導要領のねらいと実施に向けた諸準備)
◇キャリアプラン研修(100年ライフを生き抜くキャリアプラン演習)



11:03 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/07/26

夏休み中もがんばっています!

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 夏休みが始まって4日。梅雨も明け、子どもたちは元気に過ごしていることでしょう。
 さて、夏休み中の先生方は・・・というと、会議や研修など普段時間がなかなかとれないことに集中して取り組んでいます。「いいねえ、先生たちは。夏休みがあって」と言われたのは、ずっとずっとずっと昔の話。今の先生方は、休み中でも精力的に働きます。
 今日は、午前中に「事務研修会」を行いました。「財務事務の現状と課題」と「組織強化のための決済の在り方」の2本立てで90分間みっちりと行いました。


 事務主幹の原田先生から詳しい説明を受け、これまでの課題を改善するためにいくつかのご提案をいただきました。事務や財務の管理について、事務室だけでなくすべての教職員が主体的にかかわっていくことと公的機関としての正しい事務管理の在り方について確認しました。大変勉強になる研修会でした。
 夏休み中も様々な研修が計画されています。先生方の働き方を考慮しながら、有意義な研修を進めてまいります。

11:15 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/17

第1回研究授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 予定どおり、本日17日(月)2校時と3校時に初任者の研究授業を行いました。それぞれ国語(那須教諭)と算数(樋口教諭)の授業を各教室で公開しました。メンターとなっている先生方も多数参加されており、お二人の授業を見守りました。授業開始前には、いつもと違った雰囲気に「みんなどうした。緊張してないか?いつもと同じでいいんだぞ。」と児童に声をかける先生の方が緊張していたようでした。

【テンポよく授業を進める那須教諭】

【読み取ったことをワークシートにまとめます】


【子どもの理解度を確認しながら授業を進める樋口教諭】

【個別の指導にも時間をしっかりととります】

 2人に共通していたのは、45分という時間を有効に使っていたことです。これがなかなか難しいのです。また、子どもの発言や発想を取り上げ生かそうとしていました。緊張感の中にも笑顔が見られる授業でした。
 詳しい内容についての全体での研修は、19日(水)に行います。何はともあれ、お二人の先生、お疲れ様でした。

13:13 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/06/14

模擬授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 17日(月)には、今年度第1回目の研究授業を行います。初任の2人の授業研究会です。これまで、教材研究の仕方や授業内容の考え方、授業の進め方などについて、チームで検討を重ねてきましたが、その成果を検証する貴重な機会です。ベテランはその豊富な経験を生かして、若手はフレッシュな発想を生かして検討してきました。

 7日(金)に、その事前研修として「模擬授業」を行いました。先輩の先生方を児童に見立て、実際の授業を想定して行うものです。お二人の先生は、慣れない反応に戸惑いながらも自分がすべきことは何かを確かめながら進めていました。
 いろいろな意見が出される中で、先輩の先生方も普段の授業を見直すよい機会になっているようです。授業は以下のとおりです。

2年2組 那須真衣子先生
国語「お手紙」
※幸せな気持ちで手紙が届くのを待つ「かえるくんとがまくん」の様子や気持ちを想像しながら読み取ります。

4年3組 樋口純平先生
算数「少数」
※小数の仕組みをもとにして、小数の引き算ができるようになります。小数点に注意して計算することができるでしょうか。


10:29 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/05/30

本格的にスタート

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 職員研修の中核となる「主題研究」。今年度は、昨年度に引き続き、
児童が「分かる・できる」授業の改善~4つのチェックポイントの実践をとおして~
を研究主題に、すべての教職員が自分の授業改善に向けて「一人一研究」に取り組みます。また、研究を推進するに当たっては、個々の課題改善に向けお互いの指導力を高め合う「メンター方式」を取り入れていきます。
 このメンター方式は、本年度2人の初任者教員の指導力向上を目的に、すべての先生方が国語・算数・道徳のいずれかのチームに属し、授業研究を通じて教材研究や教材開発の仕方、指導方法の工夫等について研修を深め合うものです。言葉を換えると、「みんなで一緒に学び合う方式」ということでしょうか。
 29日(水)には、第1回目の授業研究会(事前研究)が行われました。新人もベテランも同じ土俵でいろいろな意見を出し合い、授業づくりを進めていきました。貴重な経験や新しい発想などが飛び交う
ワクワクするような時間でした。第1回の授業研は、6月17日(月)です。

算数メンターチーム

国語メンターチーム

道徳メンターチーム
先生方の教育に対する情熱とお互いの仲のよさも東小学校ならではです。


15:33 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)