Welcome to Nobeoka Higashi Elementary School
 
本Webページの著作権は、延岡市立東小学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

訪問者カウンタ

あなたは349080人目の来校者です

新着情報

 

宮崎県延岡市立東小学校

〒882-0856
宮崎県延岡市出北5丁目12番1号
TEL  0982-33-2937
FAX  0982-33-2938
 

フォトアルバム

東小学校の新旧校舎

現在の校舎(新校舎)を開きます。
34枚
現在の校舎(新校舎)

登録者:学校管理者 | 2015/08/20(5票)
旧校舎解体と新校舎建設を開きます。
35枚
旧校舎解体と新校舎建設

登録者:学校管理者 | 2015/08/20(2票)
東小学校旧校舎の思い出を開きます。
100枚
東小学校旧校舎の思い出

平成25年度まで使われた、東小学校の旧校舎の写真です。約45年間、多くの子どもたちを見守ってくれました。左の写真をクリックして表示される画面の左上にある「スライドショー」をクリックするとスタートします。(始まるまで20秒ほどかかります。)
登録者:学校管理者 | 2015/06/10(11票)

日誌

新規日誌9
12
2020/09/15new

第2回研究授業②

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 前回に引き続き、第2回研究授業の様子をお伝えします。

 天神原櫻先生(5年2組)は、10日(木)に社会科「これからの食料生産とわたしたち」の授業を行いました。これまでの農業や水産業の学習を生かし、日本の食料生産の課題は何かを考える時間でした。社会科は「問題解決学習」です。子どもたち自らが、「なぜだろう。どうなっているのだろう」という疑問をもち、見通しをもって解決する時間です。授業では、これ以上にないほどの豊富な資料をもとに、食糧自給率について考えました。事前に行ったスーパーの食料品調査が大変効果的でした。一般論ではない、身近な問題として捉える学びに期待しています。子どもたちの意欲が変わってきます。


 山中麻琴先生(4年2組)は、今日15日(火)社会科「自然災害とわたしたちのくらし」を行いました。これは、毎年様々な自然災害に襲われる宮崎県の実態を理解し、災害から県民を守る取組について調べを進める学習で、今日はその課題づくりでした。実際の写真資料を提示し、子どもたち一人一人が気づきや疑問を整理していきました。たくさんの意見が飛び交い、大いに盛り上がりました。45分では足りずに次の時間までの延長戦となり、子どもたちも大喜びでした。資料をいかに効果的でシンプルに活用するか、社会科の授業の本質に迫る授業でした。

 4名の先生方、お疲れ様でした。また1歩前進しましたね。

15:31 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/09/15new

第2回研究授業①

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 先週から今週にかけて、初期研修の2回目の研究授業が行われました。4名の先生方は、1回目の研究授業を受けて、それぞれに新たな課題に取り組まれました。

 鈴木純哉先生(2年2組)は、3日(木)に国語科「どうぶつ園のじゅうい」の授業を行いました。この時間は、なかなか薬を飲んでくれない「にほんざる」に、獣医さんがどんな工夫をして薬を飲ませるかの場面でした。子どもたちは、時間を表す言葉を四角で囲み、獣医さんがしたことにはサイドラインを引くなどしながら、文章の意味や役割に気付いていました。自分の考えをジェスチャーで表したり担任手作りのバナナをヒントに考えたりと2年生の興味・関心を惹きながらの活発な授業となりました。


 池田有里先生(1年3組)は、4日(金)に算数「10よりも大きい数」を行いました。この授業では、練習の時間を十分に確保できたか、考える場面をしっかりと保障できたかという視点をもって展開されました。45分間で、子どもたちが「気付き・考え・解き明かす」学びをどうプロデュースするか。ベテランでも難しいこの流れに、一生懸命に挑戦していました。間違ってでも「自分で考える」経験を多くもたせてほしいものです。「子どもに寄り添う」新たな技術を手に入れたようです。

11:22 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/07/30

1学期のまとめ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 7月末を迎え、1学期のまとめをする時期です。子どもたちはもちろん、職員においても今学期の取組を振り返り、2学期に生かす機会をもっています。授業力向上を目的とした職員研修も、27日(月)に1学期のまとめを行いました。今年度は、①全員で極める道徳の授業 ②学年を中心としたメンター研修 ③多様な学びの場「e-Café」 の3つに取り組んでいます。今回のまとめは、道徳の授業を中心に行いました。
 東小の研究の特徴は、「板書研究」にあります。授業の記録として、子どもたちの学びの足跡である板書をもとに、どのようにして学びを深めていけばよいかについて研究しています。今回は、1学期に行った道徳の授業の板書(写真記録)をもとに、すべての学年で報告と意見交換を行いました。

構造的で、主題を浮き彫りにできる板書の在り方について、熱い議論が交わされました。実践をとおした議論は、説得力が違います。改めて本校職員のレベルの高さを実感しました。心強い限りです。

16:08 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2020/06/17

第1回研究授業②

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 今日17日(水)は、2年2組の鈴木純哉先生と1年3組の池田有里先生の研究授業が行われました。鈴木先生は2校時に算数、池田先生は3校時に国語を行いました。

 鈴木先生の算数の授業は、「ひき算の筆算」の単元で、一の位が引けない数のときの「繰り下がり」の仕方を学びました。数が次第に大きくなり、複雑な計算への入り口の学習です。算数が苦手・・・と答える児童の多くがこのあたりの考え方につまずきます。数え棒を使って、繰り下がりの考え方を丁寧に説明しました。


池田先生の授業は、説明文「くちばし」の単元で、ハチドリのくちばしの特徴を「ひみつ」として文章から読み解きました。形や役割に着目しながら、ICTを上手に使って調べることができました。姿勢のよい1年生の姿は、見ていてとても気持ちよかったです。ハチドリって見たことあるのでしょうか・・・?

 新任から3か月の4人の先生方ですが、どの先生も落ち着いた授業で時間内にしっかりと目標を達成していました。これからも、子どもたちとともに学ぶ喜びを味わってほしいと思います。次回は、9月の予定です。4人の先生方、そしてメンターとしてかかわっていただいた学年の先生方、本当にお疲れ様でした。

13:12 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2020/06/16

第1回研究授業➀

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 本年度の初任者の研究授業が、今日16日(火)と明日17日(水)の2日間に分けて行われます。今日は、5年2組の天神原櫻先生と4年2組の山中麻琴先生のお二人がどちらも国語で行いました。
 
 天神原先生は、説明文「見立てる」を使って、要旨を読み取る学習でした。「はじめ・中・終わり」という3段で構成された説明文を、筆者の主張に基づいて繰り返されたり強調されたりしている表現に着目して読み取っていきました。豊富な説明資料を提示しながら、分かりやすい授業を展開していました。落ち着いた態度も立派でした。


 山中先生は、物語文「一つの花」を使って、登場人物や場面の様子から主人公の心の変化について読み取る授業を行いました。悲しい戦争体験を経て、主人公が大きく成長していく様子を丁寧に読み取ることができていました。ほぼすべての子どもたちが、目標とする「一つだけ」の言葉の意味を理解していました。

 初めての研究授業で緊張もあったことでしょうが、子どもたちと同様に伸び伸びと進められた45分間でした。お二人ともお疲れ様でした。

12:31 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2020/06/04

授業公開始まる

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 今年度の職員研修も本格的に始まりました。
 今年度は、「楽しく学ぶ」を主テーマに、「教師が変われば子どもも変わる!明日につながる指導力向上を目指して」を副テーマに、
➀学年を中心とした授業研究
②全員で極める道徳の授業
に取り組んでいます。ブレーンは3人。研究主任の奥平萌菜美先生を中心に、副主任の仙田美保先生と山本えり先生の強力なサポートにより、毎週有意義な研修を展開してくださいます。
 今週からは、各学年で授業を公開し合う授業研究も始まりました。若手もベテランもなく、自分の授業磨きに力を尽くしていただいています。この努力は、必ずや子どもたちに還元されます。

公開授業の一つ。6年1組(甲斐利征先生)の算数「分数のかけ算」の一コマです。


15:16 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2020/01/27

第5回授業研究

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 今日27日(月)、今年度最後となる第5回授業研究会が行われました。2名の初任者に今年度課せられた最後の研究授業でした。教員は、研修期間といえども学級担任として通常の業務を担わなければなりません。2名とも、本当によくがんばっています。


 樋口教諭は、体育「ハードル走」を公開しました。ハードル間の歩数を自分に合った数に絞り込む授業でした。十分にウォーミングアップをした後、子どもたちが思い思いの歩数を確かめていました。十分な運動量と満足感を得られた子どもたち。次の時間が楽しみです。今日はあいにくの雨だったので、体育館の中での授業でした。次時は外で思い切り走ってくださいね。


 那須教諭は、生活科「これまでのわたし これからのわたし」を行いました。自分の成長を確かめ、多くの人に支えられかかわっていただいたことへ感謝することを目的に、今日は友達の「できるようになったこと」「お世話になった人」の発表を聞く時間でした。恥ずかしそうにしながらもしっかりと発表する2年生の姿に、この一年間の成長を感じました。子ども一人一人に寄り添う姿が印象的でした。

 今年度の授業研究会はこれまでです。二人ともお疲れ様でした。授業・・・とても上手になりましたよ。指導教員の仙田先生、ありがとうございました。

13:18 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/11/22

第4回授業研究

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 今日22日(金)、初任者の4回目の研究授業を行いました。これまで「国語」「算数」「道徳」と共通の教科で実施してきましたが、今回はそれぞれに教科等を選択して行いました。2年の那須教諭は「体育」、4年の樋口教諭は「総合的な学習の時間」でした。


 那須教諭の体育は、「跳び箱を使った運動遊び」という単元で、踏切や着地を工夫しながら4段の跳び箱を跳ぼうとするものです。十分な準備運動の後、一人一人がチャレンジしました。まだ運動「遊び」の段階ではありますが、中には悠々と4段を飛ぶ児童もいて運動神経の高さを感じました。決まりをよく守ったきびきびとした授業でした。


 樋口教諭は、3学期に行う「二分の一成人式」に向けた一連の学習の一つとして、将来自分がどんな大人になりたいかを考えるものでした。児童がもつ「大人」のイメージをもとに、保護者の願いを取り入れながら徐々に焦点化していきました。「責任」や「親切」など具体的な言葉が多く聞かれました。

 今日はもう一つ、教育実習生の廣瀬先生の算数の授業も拝見しました。

 保健体育が専門の廣瀬先生ですから、おそらく初めての算数の授業だったことでしょう。子どもたちに寄り添いながら授業を楽しむ姿が印象的でした。

13:18 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/10/27

第3回授業研究

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 21日(月)、第3回の授業研協会を行いました。今回は、新しく教科となった「道徳」の授業でした。道徳はもちろん以前からもありましたが、子どもたちに道徳的価値をしっかりと意識させ、自分の考えを客観的に見つめるとともに友達との考えのやりとりから深く学び合うことをさらに重視し、新しく生まれ変わったと言ってよいでしょう。1時間の授業の中で、自分の考えがどう変わったのか、どう明確になったのかをしっかりと表明できるように工夫していきます。
 授業は、樋口純平先生(4の3)が「よく考えた行動とは(節度・節制)」、那須真衣子先生(2の2)が「はたらく楽しさ(勤労)」という内容で行いました。

【樋口純平先生の授業から】

【那須真衣子先生の授業から】
 2人とも、資料を効果的に使いながら、子どもたちの考えを十分に引き出すことができていました。子どもたちの本音を引き出し、きれい事でだけで終わらない本物の道徳の授業を目指してほしいと思います。事後研究会でもしっかりと反省し、自分の今後の課題に向き合っていました。お二人ともお疲れ様でした。


09:54 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/09/09

第2回授業研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 4日(水)、初任者による2回目の研究授業と授業研究会が行われました。今回もメンターの先生方と夏休みから準備を進めてきました。授業は、那須真衣子先生(2年)が算数「たし算とひき算のひっ算」、樋口純平先生(4年)が国語「広告と説明書を読みくらべよう」でした。

2年算数の授業の様子

4年国語の授業の様子

 午後からは、それぞれに分かれてメンターの先生方との授業研究を行いました。付箋に成果と課題を書きそれを整理することで、いろいろな視点から意見よりよい授業づくりについて検討がなされました。
 細かな指導技術が少しずつ身に付いてきています。今回は特に「時間の使い方」がよくなってきました。また、子どもたちが考えたり作業したりする時間をしっかりととれたことも大いに評価されます。
 2人の先生、授業をありがとうございました。お疲れ様でした。次の授業研究会は、道徳の予定です。

15:34 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12