お知らせ

※携帯電話等で、画像で添付している文書が見えにくいときは、一度ダウンロードしてからご覧ください。

☆令和2年度運動会を無事行うことができました。心配していた天候も、絶好の運動会日和となりました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

10月1日(木)小学部バス交代日
10月8日(木)振替休業日(10日分)
10月10日(土)文化発表会前日準備
      弁当の日
10月11日(日)文化発表会
10月12日(月)振替休業日(11日分)


  

令和2年度
延岡地区中学校総合体育大会 
卓球競技

 3年女子シングルス準優勝

令和元年度(平成31年度)
地区中体連秋季大会 卓球競技
 2年女子シングルス優勝!(県大会へ)
 1年女子シングルスベスト8!
 1年女子シングルスベスト8!

延岡地区サイエンスコンクール
 中学部2年生
 最優秀賞「使っていないプールをホタルの養殖池に改造できるか」
 ~プールでカワニナの養殖はできるか~

地区中体連夏季大会 卓球競技
 2年女子シングルス 4回戦進出!
 1年女子シングルス 2回戦進出!

春季卓球大会
 2年女子シングルス 3回戦進出!
 

学校メニュー

訪問者カウンタ

あなたは104735人目のお客様です

延岡市立三川内小中学校

〒889-0304
宮崎県延岡市北浦町三川内2761
電話番号 0982-42-1117
FAX    0982-42-1201
Email
(中学部)hotarusantyu@miyazaki-c.ed.jp 
本Webページの著作権は、延岡市立三川内小中学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

スマホ・携帯用HP

スマホ・携帯の方はQRコードからどうぞ!
 

三川内神楽

 三川内地区は大きく五つの地区があり、それぞれの地区で神楽があります。11月に日をずらして実施されます。また、1月には尾髙智神社で、3月末は「さくらまつり」でも披露します。小学生、中学生及び教職員も舞手として参加します。ぜひ、11月(土日はどこかで実施)は見に来てください。
『北浦町史~通史編~』
 「三川内地区には、「岩戸」の演目を重要とした岩戸目標系の神楽が伝承され、霜月に奉納されています。神楽は神社の拝殿で舞われ、拝殿の前庭には神を観請した御棚をしつらえ、また、面舞以外は二人舞であり、畳二畳の広さの舞座で舞われている。神楽の起源は、遅くとも江戸時代後半には舞われており、明治期から今と同じ演目であったと思われる。」
 
 *児童生徒・教職員・地域の方の神楽の説明&ビデオファイル・・クリックしてください。
 
『壱神楽』・・神楽の出立ちの舞、神迎えの舞である。はじめ二人が柴と鈴を持ち舞う。途中神楽が中断し、柴で神水を撒き舞座を浄める。
『地割』・・『地割』は、剣神楽ともいわれ、地を鎮める舞である。地割には出立ち・抜き手・入れ刀・スタカタの四つの舞がある。
『繰り降ろし』・神主役が日輪にクリ(紐)を授け、二人の神楽が始まる。日月の二人は右手に鈴、左手にクリを一本持ち、クリをたぐり、また、のばすなどの動きをしながら舞う。途中、日・月それぞれひとり舞となる。
花舞・・初めは採物を持たないで静かに舞う。舞衣を脱ぎ、それをまるめて両手に持ち舞う。
山守・・初めは帯を持ち舞い、途中からタスキにする。舞子が変わり、両手に矢を一本ずつもち、交差させたりして舞う。


 

棒踊り


 歌糸地区に伝承している。打ち合うときのかけ声と採り物の棒から「エイヤ棒」とも呼ぶ。宿元から御旅所の大歳神社へ、また、菅原神社へ帰るとき、太鼓を打ち、踊る。明治、中期頃から始まる。