えびの市立飯野中学校

新規日誌5

令和3年度 第72回宮崎県中学校総合体育大会 結果速報

   県内各地の地区大会を勝ち上がり、各競技の有力選手が集まり、これまでの成果を出し競い合う「令和3年度 第72回宮崎県中学校総合体育大会」がこの土日から始まりました。
    しかしながら、金曜日からの大雨で、土曜日の競技も延期となり、実質的には、昨日から本校の選手団は参加することになりました。
   本校の選手達は、各競技において、大きな舞台に緊張しながらも、3年生を中心に本当に頑張っています。
   各競技の現在の結果を報告いたします。

【7月18日(日)】
 [剣道競技]
   ☆剣道女子個人戦;梅木 瞳さん
   ◯対本郷中学校;惜敗

  [サッカー競技]
   〇二回戦;対本庄中;0ー1;惜敗

  [軟式野球競技]
   〇一回戦;対西階中;2ー6;惜敗

【7月19日(月)】
   [ソフトテニス競技]
   ☆女子個人ダブルス;渡部・榎田ペア;
  〇一回戦;対土々呂中ペア4-3;ファイナル勝ち
     ◯二回戦;対本庄中ペア4ー2;3回戦出場
     ◯三回戦;対沖水中ペア0ー4;惜敗(ベスト32)




  
0

飯野高校とコラボした「弁当の日」講習会実施!

     本年度も飯野地区小中高一貫教育の取組の一つとして、「弁当の日」に取り組んでいます。
     7月9日は、コロナ禍にあり、zoomオンラインで飯野高校と結び、飯野高校の家庭クラブ委員の皆さんが、調理の説明等を行い、中学生・高校生が同時に弁当づくりをするという初めての取組を実施しました。
    少々時間が短くてバタバタしましたが、美味しいお弁当ができあがったようで、食べた3年生からは、「美味しかった!!」との感想が寄せられていました。

◯飯野高校生の食育講座!

◯オンラインで調理指導!

◯グループで力を合わせて調理中‘

◯完成したお弁当です!
0

えびのお仕事図鑑制作プロジェクト発表会!

    7月8日は、6名の講師の方々、えびの市商工会の方々、えびの市役所観光商工課の方々をお迎えして、えびのお仕事図鑑制作プロジェクトの学年発表会を実施しました。
   2年生で制作している図鑑の記事がほぼどの班も完成し、記事のキャッチコピーをどんな想いで作ったか、インタビューで学んだ事をどのように記事に書いたか、そして、インタビューを通してどんなことを感じ、今後どうしていきたいか。そんなことをそれぞれのグループが発表しました。
   「お話をお聞きして、仕事に対する情熱、熱意を感じました。未だ夢のない私は、◯◯さんのように大きな夢をもちたい。そのためにこれからたくさんのことを経験したいと思います。」と、力強い発表を聞いて、今回の学びが確かな学びであったっと改めて感じたところです。
   御協力いただきました皆様方本当にありがとうございました。

◯各グループの発表

◯えびの市商工会藤栄事務局長様より講評をいただきました。
0

吹奏楽コンコール壮行会及び県中学校総合体育大会選手激励会!

    7月7日は体育大会結団式に引き続き、吹奏楽コンクール走行会、中総体県大会選手激励会を実施しました。
    吹奏楽コンクールは県内全域から吹奏楽部が課題曲・自由曲を演奏し、日頃の練習の成果を発表します。今年の課題曲も自由曲も非常に難しい曲。一年生は入学して初めて楽器に触る部員がほとんどで、2・3年生の部員は一年生の指導と自分の練習と、本当に過酷な毎日を過ごしながら、なんとか曲が完成していました。大きな舞台での演奏で緊張すると思いますが、聴いている人の心に響く魂の音を奏でてほしいと思います。


     今年の中総体県大会へは、本校より、陸上部、野球部、サッカー部、女子バレー部、ソフトテニス部、卓球部、バドミントン競技、剣道競技、空手競技、と多数の競技が参加することとなりました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響を受け大会自体が実施できな事を考えると、本当に本大会が開催できる事を本当に嬉しく思います。
     ◯大会が開催できることに対して、大会関係者・保護者・地域の方々・そして先生方に感謝の念をもって            参加すること
     ◯これまでの日々の努力の積み重ねが集大成として本大会に出る、地区大会で見えた課題をクリアにし
         て、ワンステップ上のチーム・選手として本番に臨むこと
     ◯地区の代表として、そして悔し涙を流した他のチームの分も胸に抱き、地区の代表として、恥じない態
        度で、プレイで記録を! 勝利を!
     ◯ひと月前の自分とは、ひと月前のチームとは違う地区の代表としての意識をもち、体調を、競技の技を          「整えて」ほしい。
       と、私の激励の言葉として贈りました。
       本校の生徒の各競技での活躍を祈ります!

       
0

体育大会結団式!

   7月7日七夕の日に、令和3年度体育大会結団式を実施しました。
   今回も生徒会役員・団長・副団長・リーダーの皆さんが、テストなどもあり大変忙しい中、昼休み等を使って準備していました。
   当日は、借り物競走・クイズ・スリーポイントと、決めるまでの道のりに生徒全員がワクワクしながら盛り上がりました。最終的には「赤!」「青!」と二色の団色が決定し、各団ごとに結団式を行ったところです。
    コロナ禍での大会開催となりますが、生徒全員が活躍でき、躍動する、そんな大会になるといいなあと、心から祈るところです。


◯実行委員長よりスローガン発表!「必笑〜輝く虹に  笑顔の花を〜」


◯クイズ→借り物競走→スリーポイント→ペットボトルを振ると「赤」「青」が!

 ◯青団の結団式!
 ◯赤団の結団式!
0

綺麗になったプールで水泳指導!

  6月の中旬から、本格的に保健体育の授業における水泳指導が始まっています。全学年できれいに清掃をし、市教育委員会に綺麗にしていただいたプールで気持ちよく授業を行うことができています。梅雨ながら、ほとんど雨の日はなく、晴天の中気持ちよく授業を行うことができています。コロナ禍にあり、消毒を入念にし、更衣室も配慮をした上で、指導を行なっています。また、日中は気温も上がるため、テント設置や救急用品設置など、熱中症予防対応も行なっています。去年より泳げる距離が長くなったり、新しい泳法に挑戦したり、そんな生徒たちの成長が見れますように。


   
0

職場擬似体験(えびのお仕事図鑑プロジェクト)!

  新型コロナウイルス感染症の影響を受け、昨年に引き続き、本年度も職場体験学習は中止となりました。
   しかしながら、2年生の先生方の「2年生の学びを何とかしたい!」という強い想いから、県のキャリア教育コーディネーターに校長が依頼し、今回のプロジェクトが形になっていきました。
   幸運なことにかねてからの友人、県のキャリアコーディネーター羽田野さんは「飯野高校」の支援をされている!!!そこで、飯野高校を支援してくださっているコアチームの皆様を中心に「えびの市」で働く方にご協力をいただき、プロジェクトを作り上げていくことができました。

    今回のプロジェクトは、えびので働く方々に2年生がインタビューを行い、記事を作成し、冊子にして地域で配布するというもの。えびの市商工会様にこの冊子作りというお仕事の発注者になっていただき、2年生の生徒たちがその仕事を請け負うという、新しい形の職場体験です。

    当日を迎えるまでに、「有名人リサーチ」という学習に取り組み、インターネット等で自分が調べたい人を徹底的に調べ、グループで発表し、記事にまとめる学習を事前学習として取り組みました。
   
    そして、当日はコーディネーターの羽多野さんより、オリエンテーションでの動機付けを、2時間目は、本業の傍ら地域のことを発信するフリーペーパーを出版されている上水流さんを講師にお招きし、取材の仕方、記事の書き方の講義を行っていただきました。

    4時間目にグループごとのインタビュー準備を行い、午後から、インタビューの本番!なんと、お忙しい中16名の講師の方々に学校にお越しいただき、4人1グループ✖️2回の生徒たちのインタビューにお答えいただきました。その後もフリーで聴きたい方々に自由にお話を聞く交流の時間を設け、様々な方々の仕事や生き方に触れることとしました。

    2日目の25日は、タブレットで撮影した動画を見返しながらインタビューを振り返り、聞いた内容の整理、構成の検討、記事起こし、キャッチコピー作り、そしてロイロノートを使って記事の清書と、紙面の作成に取り組みました。 最後に2日間を振り返って終了。

    今後は、最終チェックをして、7月8日に学年発表会を行い、冊子の原稿提出へと向かいます。最終的な原稿は、協力いただいた講師の方々の確認と、先生方の校正を経て印刷会社へ入稿し、夏休み明けに完成予定です。完成後は、商工会や市役所に納品する予定です。

    途中タブレットの導入がなかなか進まなかったり、事前学習に時間がかかったり、グルーピングに苦悩したりと、焦りもありましたが、2年生の先生方の懇切丁寧なご指導、羽田野さんのきめ細かなコーディネートもあり、出来上がったグループの記事は、中学生とは思えないほどの質の高いものとなっておりました。
    たった2日間で、大きく成長した2年生をこの目で見届けることができました。
   
    今回の様子は、近日中に宮崎日日新聞で、7月18日9;45〜のUMK「のびよ!みやざきっ子」で紹介されます。
    小中高一貫教育に取り組んでいるからこそ、またたくさんの御縁があったからこそ実現できた今回の取組。     冊子の完成をどうぞお楽しみに!
○○オリエンテーションの様子
○○取材の仕方、記事の書き方に関する講義の様子

○インタビューの様子

○原稿起こしの様子

○タブレット;ロイロノートを使って記事入力
0

ポジティブプログラム実施中!

   本校は県の「SOSの出し方教育」についての研究指定校として、日々実践を行っています。その実践の一つとして「ポジティブプログラム」があります。この取組は宮崎大学と連携して行っているもので、5月20日に事前アンケートをとり、5月27日・6月10日、18日と1年生で実施しました。次は7月上旬に実施予定です。「気持ち」「考え」「行動」とじっくりと考える時間を設定しています。一人一人、何かが変わっていっているのか。次の授業のとき、観察してみることにします。

○○第3回;「ネガティブな気持ちになる考え」のことを知ろう

0

第72回西諸地区中学校総合体育大会結果速報

 「第72回西諸地区中学校総合体育大会」が、昨日の陸上競技をもって終了しました。
各競技で本当に本校の生徒は大活躍を見せてくれました。
 17日の結果を報告いたします。

(陸上競技:女子)
〇1年女子100m:緒方美桜さん:第2位:県大会出場
〇2年女子100m:坂本百実さん:第4位:県大会出場
〇共通女子200m:坂本百実さん:第4位:県大会出場
〇共通女子100mハードル:竹内彩乃さん:第4位:県大会出場
〇低学年女子4×100mリレー
:松下友香さん・上別府愛桜さん・内赤奈菜さん・野崎風愛さん
:第2位:県大会出場
〇共通女子走高跳:緒方美桜さん:第4位:県大会出場

(陸上競技:男子)
〇1年男子100m:清田翔天さん:第2位:県大会出場
         :吉松陽輝さん:第4位:県大会出場
〇2年男子100m:後藤子龍さん:第1位:県大会出場
         :梅田鷹希さん:第2位:県大会出場
〇共通男子200m:後藤子龍さん:第4位:県大会出場
〇低学年男子4×100mリレー
:梅田鷹希さん・吉松陽輝さん・清田翔天さん・後藤子龍さん
:第1位:県大会出場
〇共通男子走高跳:渡部結羽さん:第4位:県大会出場
〇共通男子三段跳:加治佐尊さん:第3位:県大会出場

〇男子総合   :第3位
   トラック :第2位  
   フィールド:第4位
0

第72回西諸地区中学校総合体育大会結果速報

 熱戦が繰り広げられている「第72回西諸地区中学校総合体育大会」ですが、雨天順延されていた競技の最終日は6月14日(月)でした。本校からも3年生を中心とする各競技の皆さんが、学校の代表として大活躍しています。
 14日の結果を報告いたします。

(軟式野球競技)
 〇準決勝;対小林中(8ー5)
 〇決 勝:対野尻中(0ー3)準優勝:県大会出場

(女子ソフトテニス競技)
 〇個人戦決勝(渡部・榎田ペア)
  :対三松中(2-4)準優勝:県大会出場

(サッカー競技)
 〇準決勝:対小林中(1-0)
 〇決 勝:対加久藤中(2-1)優勝:県大会出場
0

第72回西諸地区中学校総合体育大会結果速報

    梅雨真っ只中で、大雨にも見舞われた6月12日、13日で「令和3年度 第72回西諸地区中学校総合体育大会が実施されています。本校からも3年生を中心とする各競技の選手の皆さんが、学校の代表として大活躍しています。
    13日現在の結果を報告いたします。
 (剣道競技)
    ○内村実月さん  第三位入賞
    ○梅木    瞳さん 第二位入賞;県大会出場
    ○男子個人;惜敗

  (バドミントン競技)
    ○田中愛乃さん・梅田和果さんペア   第三位入賞;県大会出場
    ○団体戦;惜敗

  (男子バレーボール競技)
    ○一回戦;対三松中(0ー2);惜敗

 (女子バスケットボール競技)
   ○一回戦;対真幸中(112ー20)
   ○二回戦;対野尻中(56ー63);惜敗

  (卓球競技)
   ○男子団体;対野尻中(2ー3);惜敗
   ○女子個人;南 咲楽さん   優勝;県大会出場
   ○男子個人;南 そう哉さん  優勝;県大会出場
                       友清 孟さん  第三位;県大会出場

  (女子バレーボール競技)
   ○二回戦;対東方中(2ー0)
   ○準決勝;対三松中(2ー0)
   ○決   勝;対小林中(0ー2);準優勝;県大会出場

  (女子ソフトテニス競技)
   ○団体;対高原中;1ー2;惜敗
   ○個人戦;6月14日実施;小林市総合運動公園庭球場

  (サッカー競技)
   ○一回戦;対野尻中(0ー0)PK(5ー4)
   ○準決勝・決勝;6月14日実施;高原町総合運動公園サッカー場
  
   (軟式野球競技)
   ○二回戦;加久藤中(15ー5)
   ○準決勝・決勝;6月14日実施;小林市総合運動公園野球場
0

小中高合同ミーティングもオンラインで!

     6月9日は「飯野地区小中高一貫教育推進事業」の「第2回合同ミーティング・実行委員会」が開催されました。飯野地区の小中高の先生方が一堂に会しての会にする予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響に鑑み、zoom meetingを使ってオンラインでの開催を試みてみました。

○  英語部会の様子
0

選手激励会実施!

    6月4日金曜日は、「令和3年度 第72回西諸地区総合体育大会 選手激励会」を実施しました。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、練習も制限され、本当に厳しい日々を送りましたが、無事に開催される事を心から嬉しく思います。各部のキャプテンの抱負にも開催される喜びと感謝、そして、意気込みがこめられていました。
   さて、土日の開催となりますが、今週は最後の調整をして、本番を大成功にもっていけるように!   Do your best!

○○抱負発表(各競技キャプテン)

0

一人一台タブレットで学びが充実!

   「生徒一人一台端末」として完備されたタブレットが各教科、総合的な学習の時間等が活用されています。今日は、「えびの学」の時間に、一年生ではそれぞれのテーマにわかれて、調べ学習における活用がなされました。二年生では、先週までの「えびの学」の時間にタブレットを使って調べ学習を行い、今日は、調べたことを学習支援システム「ロイロノート」のカードにキーボードで打ち込む作業を行いました。生徒総会での活用や各教科等での活用と、学びの充実につながっていると感じます。
○○1年生の調べ学習の様子


○2年生はロイロノートのカードに打ち込み作業中

0

生徒総会終了!

   今日は令和3年度「生徒総会」が実施されました。
   コロナ禍にあり、密を避けるため、昨年に続き、体育館での一堂に会しての総会とはせず、執行部等が校内放送を使い、放送による生徒総会となりました。一堂に会さないため、事前の学級での話し合い、各学級への意見への質問と、準備する事は通常の何倍もあったかと思いますが、各学級においても、学級役員のリーダーシップのもと、しっかりとした話し合いがなされたようです。
   また、今回は、スムーズな運営とするため、タブレットおよびロイロノートを使って各学級の意見を集約するという方法を取り入れました。瞬時に意見の集約ができ、役員も余裕をもって、とりまとめを行うことができていました。 また議長・副議長の司会ぶりも素晴らしかったです。
    「飯野中学校をよりよくするために。」、今日話し合ったことを、これから実践していってくれるものと考えます。  

 ○放送室の様子

 ○各学級委員の発表の様子

○各学級の様子
○各学級から出た意見はタブレットのロイロノートに入力して共有に保存すると

○放送室で集約ができるシステムです。コロナ禍でも、できることを考えた生徒会担当の先生と役員の見事な取組でした。
0

定期テスト1終了

 5月20日、21日は定期テストでした。
一年生にとっては、中学校に入って初めての定期テスト!少々緊張気味でしたが、無事に終了しました。さあ結果はいかに?
0

日々の消毒作業について

    新型コロナウイルス感染症の感染が広がっている状況にあり、県全体に「緊急事態宣言が出されています。本校では、日中に教頭・養護教諭、そして、生徒下校後は、全学年の職員で各教室•机等を一つ一つ丁寧に消毒しております。

0

掲示板刷新!

   新しい年度になり、職員室前の掲示板を新しくしています。
これから、生徒の皆さんの写真や作品などなど、掲示板が充実していきます。
飯野中学校にお越しの際はどうぞご覧ください。
0

学力向上コンテスト(社会)

 今日は、本年度第1回目の学力向上コンテスト(社会)を実施しました。これまで、各学級、各学年そして個人で、何度も何度も繰り返し覚えて、チェックしてを繰り返してきました。さあ、結果はいかに!

0

避難訓練(火災)

  4月13日は、火災を想定しての避難訓練を実施しました。
  生憎、雨が降りだし、運動場に避難する予定を体育館への避難に変更しましたが、どの学級も整然と、大変短い時間で体育館に避難することができました。
  えびの市消防署の職員の方からお話もいただきましたが、
  ○通報→初期消火→避難     と見せていただいたビデオからも学んだところです。
   もし、学校で、家で、火災が起きた時、「臨機応変」に対応することも求められます。
   そのためには、「常日頃から備えをしておくこと。」が大事です。学校だけでなく、家庭でも今回学んだ事を話題にして、火災が起きないように、そして起きた場合の対応について、家族とも話し合いの機会をもっておくことも大事だと思います。


     
   
0