Web_top
 

銀鏡中学校 校歌

銀鏡中学校 校歌

作詞 : 松山 文二  作曲 : 安藤 郁夫
 
  1 窓をあければ 龍房の あれバラ色の 雲がわく いつしか夢は 山こえて
   広い世界に かけて行く ああ 希望の源 われらの母校
 
 2 耳をすませば 銀鏡川 あれせせらぎの メロディーが 心も身をも 清らかに
   深い世界に ひき入れる ああ 清純の源 われらの母校
 
 3 まなこ移せば 杉木立 あれ朝霧が はれていく 通う山路も つばらかに 
   ゆこう手をとり 肩くんで ああ 友情の源 われらの母校
   
 

銀上小学校 校歌

銀上小学校 校歌

作詞 : 松山 文二  作曲 : 安藤 郁夫
 
 1 朝霧は ほのぼの晴れて 山峡ゆけば 目もあざやかに
   にじのごと立つ わが学舎
 
 2 竜房山に 旭は照りて 今日も晴れゆく 山路を越えて
   急ぐは楽し わが学舎
 
 3 鉾杉の森の鎮守に 太鼓とどろき
   しずもる村の ここぞ文化のもとはしら
 
 4 頬紅く まなこつぶらに 山のごと 清く
   また たくましく 友よいざ手に手をとりて