ひゅうがしりつとうごうがくえん          わかたけ ぶんこう
日向市立東郷学園 若竹分校
(東郷小学校若竹分校・東郷中学校若竹分校)

 

訪問者カウンタ

あなたは4166人目のお客様です

日向市立東郷学園 若竹分校

〒883-0106
宮崎県日向市東郷町山陰辛961番地
電話番号
0982-50-7170
FAX
0982-50-7171
本Webページの著作権は、若竹分校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 
児童心理治療施設
1.法的位置付けと現状
   児童福祉法第43条2に基づく、児童福祉施設。
   「児童心理治療施設は、軽度の情緒障がいを有する児童を、短期間入所させ、又は保護
   者の下から通わせて、その情緒障がいを治し、あわせて退所した者について相談その他
   の援助を行うことを目的とする施設である。」
   現在、全国50カ所、九州各県1カ所設置されている。

2.目的
  ①心理的な問題を抱え、日常生活の多岐にわたり支障をしている子どもたちに、医療的な観
   点をもった生活支援を基盤とした心理治療を中心に、学校教育との緊密な連携による総合
   的な治療・支援を行う。
  ②子どもの家族への支援を行い、子どもの状態が改善した後は、家庭への復帰を目指
   す。また、様々な理由で家庭復帰が困難な場合には、児童養護施設や里親などへの委
   託を検討し、地域で生活できるようにする。

3.対象となる子どもたち(児童相談所の措置による)
   心理的な要因により、次のような状態となっている児童
  ①虐待を受け、心が深く傷ついている子
  ②学校へ行かなければという気持ちはあるが、行くことが困難な子
  ③家では会話ができるが、学校や人前では話すことが困難な子
  ④不安が強くて友達と上手く遊ぶことができない子
  ⑤落ち着きがなかったり、物事に集中することが困難な子
  ⑥知的発達には問題がないのに、学習意欲が低い子
 
ひむかひこばえ学園の概要
児童心理治療施設  ひむかひこばえ学園

1.設置主体  社会福祉法人 清風会
2.定員     入所35名  通所15名
3.職員構成  施設長(1名)、医師(非常勤1名)、生活担当職員(12名)、心理療法担当職員(6名)、看護師(2名)、家庭支援専門相談員(1名)、個別対応職員(1名)、栄養士(1名)、調理員(4名)、事務員(1名)。
4.子ども達の生活
    7:00  起床
    7:30  朝食
    8:00  登校準備
    8:20  登校
   12:20  昼食
   15:15  下校
   15:30  おやつ
   16:00  自由時間
   17:00  入浴
   18:00  夕食
   20:00  学習時間
   21:00  就寝(小学生)
   22:00  就寝(中学生)
 
施設内の様子
玄関の壁面居室
         玄関の壁面                                                   居室
静養室食堂
         静養室                  食堂