現時点での閲覧者総数

233415

お知らせ

※現在お知らせはありません。
 

所在地・連絡先等

〒883-1601
宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良102番地
 
電話番号・FAX
0982-67-2004
Email 4634ja@miyazaki-c.ed.jp
   (アットマークは半角)
 ※本Webページの著作権は、椎葉村立椎葉中学校が有します。無断で文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

携帯電話からのアクセス

携帯電話、スマートフォンからアクセスするには、学校ホームページのアドレスを携帯電話に直接入力する方法と下のQRコードを利用する方法があります。


パソコン版も携帯電話版も、アドレスは同じです。
 
 ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

椎葉村立椎葉中学校ホームページアクセス用QRコード

 

校章について

校章
校章の由来
 
作者:堀切 正
 
1.輪郭は、鏡を表したもの。常時、自分の姿を(身も心も)映し、日々の自分の生活の反省としたい。
 
2.鏡の中のルリ色(青)は、日向、宮崎の澄み切った空の色をあらわし、どこまでもどこまでもとどまることのない大空を意味し、椎葉中の生徒の大きな希望をあらわす。
 
3.中の椎の2枚の葉は、両方からがっちり組み合って、椎葉中のよりよき伝統を作っていきたいという意味。
 
4.2つの椎の葉に包まれたのは椎の実で、椎葉中の生徒を象徴し、「現在は、小さい椎の実にすぎないが、将来は、天にもとどく程の大きな椎の木になってみせるぞ。」という生徒の将来の希望を意味したものである。
 
校章制定の年月日
昭和23年4月1日
 

学校の沿革

昭22. 5. 1 西臼杵郡椎葉村立椎葉中学校設立許可
     5. 4 初代校長 椎葉重人 着任
     5. 8 椎葉中学校開校式並びに入学式
          椎葉青年学校、椎葉小学校校舎一部を仮校舎とする。
          松尾小に松尾分校を置く。
          生徒数:本校175名(6学級)、分校103名(2学級)
          職員数:本校12名、分校3名
          小学校寄宿舎並びに民家を買収し、渓水寮、若葉寮、梅の寮と称する。
昭23. 4. 1 学級数9、職員数19、校章制定
     8.25 校舎1棟竣工:2階木造9教室、394坪
昭24. 4. 1 第2代校長 村口美好 着任
          行政区変更により東臼杵郡に編入
昭25. 2.28 寄宿舎1棟竣工:針金橋に新築200坪、双葉寮と称する。
     3.31 校歌制定:村口美好作詞、海老原直作曲
    10.15 普通教室竣工(教室4、便所1)
昭26. 4. 1 椎葉ダム工事のため寄宿舎渓水寮を閉鎖する。若葉寮食堂を縮小し、2室を生徒室とする。
昭27. 1.初旬 若葉寮6室、校長住宅竣工
     4. 1 第3代校長 玉城 達 着任
     6.16 椎葉ダム工事のため椎葉小学校へ校舎移転
昭28. 1.29 双葉寮出火のため全焼する。
     9.15 第4代校長 森 久嘉 着任
    11.12 明徳寮竣工(1,200万円)
昭29. 8.18 台風5号のため明徳寮流出 九電クラブ、小学校講堂を借用して仮寄宿舎とする。
昭30.11. 1 寄宿舎竣工(2階建て、522坪、収容人員260名、総工費3,600万円)
    11. 3 松尾分校独立して松尾中学校となる。
昭33. 4. 1 第5代校長 東 敏雄 着任
     9. 1 旧校舎移転(6教室)
    10. 1 完全給食開始(寄宿舎食堂利用)
昭34. 6. 6 運動場拡張工事開始
昭38. 5.16 寄宿舎竣工(111坪、5室、900万円)
昭39. 4. 1 第6代校長 安藤武千代 着任
     5.31 体育館竣工(2,000万円)
昭42. 2.15 新校舎第2期工事竣工(本館3階建て)
     3.17 新校舎へ移転
     4. 1 第7代校長 日高豊二 着任
昭43. 3.30 新校舎第3期工事竣工(普通教室2階 1,245万円)
     3.30 技術室竣工(3教室 855万円)
     6.16 岩石園完成
    11. 6 東臼杵教育事務所の委嘱による研究公開(特別活動)
昭44. 5.25 運動場第1期工事竣工(600万円)
    12.11 運動場第2期工事竣工(800万円)
昭45.12. 1 運動場擁壁及び防護柵完成
昭46. 4. 1 第8代校長 新穂一二 着任
昭47. 4. 1 第9代校長 入部 智 着任
     9. 1 プール完成
昭51. 4. 1 第10代校長 土持 正 着任
昭54. 4. 1 第11代校長 古沢敏光 着任
昭55. 9.17 国旗掲揚柱完成
昭56. 3. 4 自転車置き場設置(2か所)
     3.25 通学道路つけかえ道新設
     9.20 校門設置
    12. 7 運動場ネット設置
昭57. 3.16 「椎中みんなの森造成会」卒業記念樹
     4. 1 第12代校長 松木康郎 着任
昭59. 3.12 くぬぎ1,000本植樹
     4. 1 第13代校長 中馬純男 着任
     8.16 体育館床全面張り替え
昭61. 4. 1 第14代校長 緒方安治 着任
     8.30 テニスコート舗装工事完了
昭62. 3.14 歌碑除幕式 創立40周年記念事業
昭63. 2.26 新寄宿舎「醇和寮」竣工
     4. 1 第15代校長 黒木康郎 着任
     9.18 運動場放送設備設置(右田重継氏寄贈)
平 元 10.31 給食室移転、校舎大規模改修(理科室、家庭科室、音楽室)
平 2  4. 1 第16代校長 井出 満 着任
平 4  4. 1 第17代校長 笹栗靖正 着任
平 6  4. 1 第18代校長 矢野武勇 着任
    12. 8 山林火災のための自衛隊出動(グラウンドをヘリポートとして使用)
平 8. 4. 1 第19代校長 高橋亮輔 着任
    11. 8 創立50周年記念碑除幕式(玄関前)
    11.11 創立50周年記念式典・第2回立志式(村体育館)
平10. 4. 1 第20代校長 西山繁敏 着任
平12. 4. 1 第21代校長 税所健好 着任
     4.21 PTA会長 黒木 忠氏に決定
平14. 4. 1 第22代校長 岩﨑折雄 着任
     4.26 PTA会長 甲斐敬敏氏に決定
    10. 5 郡南地区中学校体育大会秋季大会(剣道男女団体優勝・卓球女子団体優勝)
     3.18 第56回卒業式 卒業生37名(男子23名、女子14名)
平15. 4. 9 第57回入学式 新入生22名(男子11名、女子11名),入舎式
     5. 8 郡南地区中学校総合体育大会(剣道男女団体優勝、卓球女子団体優勝)
    10. 4 郡南地区中学校体育大会秋季大会(剣道男子団体優勝)
    12.25 耐震補強にともなう校舎大規模改修開始
     3.18 第57回卒業式卒業生36名(男子19名、女子17名)
     3.27 耐震補強にともなう校舎大規模改修完了
          理科室、調理室、パソコン室、美術準備室移転
          北棟は危険校舎として不使用
平16. 4. 1 第23代校長 松村喜博 着任
     4. 8 第58回入学式 新入生35名(男子20名、女子15名)、入舎式
     6. 6 郡南総合体育大会(剣道男女団体優勝、卓球女子団体3位)
     9. 1 台風16号による臨時休業
     9. 2 始業式(登校可能な生徒で実施)
     9. 7 台風18号による臨時休業(寮生寮待機)
     9.19 体育学習発表会(村内の台風被害を考慮して名称、内容を変更して実施)
     9.29 台風21号による臨時休業
    10. 2 郡南秋季大会(剣道男子、卓球女子団体優勝、ソフトテニス、男子団体2位)
    10.20 台風23号接近に伴う臨時休業
     3.17 第58回卒業証書授与式 卒業生23名(男子14名、女子9名)
平17. 4. 7 第59回入学式 新入生20名(男子8名、女子12名)、入舎式
     4.22 PTA会長 橋本浩美氏に決定
     6. 4 郡南総合体育大会(男子剣道団体、男子ソフトテニス団体、女子卓球団体優勝)
     9. 5 台風14号に伴う臨時休業(5日まで)
    10. 1 郡南秋季体育大会(男子剣道団体、女子卓球団体優勝)
     2.24 立志式・記念講演・参観日
     3.17 第59回卒業証書授与式(男子13名、女子11名、計24名)
平18. 4.11 第60回入学式(男子8名、女子12名、計20名),入舎式
     6.11 東臼杵地区総合体育大会(男子剣道、男子ソフトテニス団体、女子卓球、女子バレーボール優勝)
     8.11 九州中学校陸上競技大会
          男子砲丸投げ6位入賞(藏座元気)
    10. 7 東臼杵地区中学校秋季体育大会(男子ソフトテニス、女子卓球、女子バレーボール優勝)
     2.23 立志式・記念講演・参観日
            3.16 第60回卒業証書授与式(男子18名、女子15名、計33名)
 

学校経営方針

学 校 経 営 方 針
1 学校経営の理念
 教育基本法等関係法規を遵守するとともに,県の教育基本方針及び人権・同和教育基本方針,教育施策並ぴに椎葉村教育方針・教育施策に則り,地域に根ざした生徒の「自治」「協同」「友愛」の心を育む学校経営にあたる。

2 学校経営の基本方針
 これからの杜会は国際化,情報化,科学技術の発展,環境問題,少子化社会等変化の激しい不透明な時代と言われている。その変化に主体的に対応し,21世紀を心豊かにたくましく生きることができる資質や能力(「知」「徳」「体」)を育成し,調和のとれた人間性豊かな生徒の育成をめざして学校経営を推進する。
そのためには,本校のよき伝統や校風【校訓=「自治」「協同」「友愛」】を生かし,生徒や保護者及び地域杜会の実態を踏まえ,人間愛あふれる教育を実践する。

3 本校の教育目標
「ふるさとを愛し,自信と誇りを持って,心豊かにたくましく生きる生徒の育成」

(1)めざす生徒像
○ 聡明・はつらつ,心身共に健康な生徒
○ 正義感にあふれ不正に屈せぬ生徒
○ 何事にも自ら進んで取り組む生徒
○ 最後まで粘り強くやりぬく生徒
(2)めざす学校像
○ 希望に燃えた明るい学校「人的環境」
○ 美しい学校「物的環境」
○ 心豊かな学校「心の環境」
(3)めざす教師像
○ 学びながら考え,考えながら学ぶ教師
○ わかる授業,楽しい授業づくりに努力する教師
○ 生徒・保護者とふれ合い,信頼される教師
○ 地域杜会から信頼,尊敬される教師
 

生徒数

1年生 男子11名 女子 8名 計19名
2年生 男子 5名 女子12名 計17名
3年生 男子 9名 女子12名 計21名
全校  男子25名 女子32名 計57名

令和2年5月1日現在