保護者連絡

保護者専用ページへ

新着情報

 

訪問者カウンタ

あなたは402640人目のお客様です

校訓

気力 ・ 体力 ・ 学力 ・ 協力
 

配付文書

名前
作成日
 

延岡市立岡富中学校

〒882-0812
宮崎県延岡市本小路75番地2
【TEL】0982-21-6494
【FAX】0982-21-6495
本Webページの著作権は、延岡市立岡富中学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

キャビネット

名前
 

キャリア教育

キャリア教育
12345
2021/02/12

ベテランになりたい

| by キャリア教育
 先日、会話の中で「先生みたいなベテランの先生がいるといいですね」と言われた。褒められていると思いながらも「ベテラン?」。果たしてベテランとは。
 野球中継を見ていると解説者が「彼も、もうベテランの仲間入りですね」などと発言することがある。ベテラン=年輩者?ここは得意の検索。「ベテランとはラテン語が語源で退役軍人のコトを指す。転じて年輩者・歳をとった人・古い、などの表現に使われる」とあった。古い・・・・・前述の会話「先生みたいなベテランの・・・・」つまり「先生みたいな古い人がいると・・・」いろいろ調べてみるとつぎのような解釈もあった。退役軍人はいくつのもの闘いを生き抜き、強靭な精神力と身体、そして様々な場面に応じたノウハウを持ち合わせている「熟練の職人である」。つまり、「なくてはならない存在、次世代に繋ぐ役割である。」と、こうなると会話の内容は変わってくる。「先生みたいな熟練の職人がいると・・・」「先生みたいな次の世代につなげる人がいると・・・・」
 私は「ベテラン」になりたい。
11:57
2021/02/12

日記から学ぶこと

| by キャリア教育
 子どもたちに日記を提出してもらっている。一つだけお願いしているのが、感情ではなく感想を書いて欲しいということ。「うれしかった、たのしかった、苦しかった、暑かった」ではなく。何をどのように感じたのかその結果何を思ったのか。表現力を養いたいという想いからのリクエスト。書くことが苦手な生徒も少しずつ自分の思いで日記を書けるようになってきた。毎日の夕食の食レポをしてくれたり、季節によって様々な表情を見せる下校途中の夕焼け空について書いてくれたり、日常の何気ない場面を切り取って表現してくれたり、本当に子どもたちの感性の豊かさには感心させられる。そして子どもたちにはもう一つ、4月にお願いしたことがある。「この日記ノートは絶対に無くさずにとっておいて欲しい」ということ。何気ない文章の中に13歳で経験したコロナウイルスとの闘いの貴重な記録が記されている。将来読み返してくれると必ず生きていく大きな力になると思っている。
09:12
2020/10/05

何となく読みを改善しよう

| by キャリア教育
 本を読むのは嫌いではない。好んで読むかというとそうでもないが1カ月に1冊読むか読まないかのレベル。そして自分でもわかっているのだが、何となく文章を読んでしまう癖がある。特に分からない漢字が出てくるとその前後の文章の雰囲気で漢字を読んでいる。必殺道具「スマートホン!」で調べればいいのだがつい面倒くさくてそのまま流してしまう。「踵を返す」かなり昔だが踵=「かかと」ではなくつま先だと思い込んで本を読んでいた。こんな調子でいたところ、「貶める」という文字を目にした。前後の文章からは何となく悪い表現に感じ取ることができる。貝+乏=貶 何だろう?ここでついにあの道具「スマートホン!」中国の朝廷に使える役人(官職)の覇権争いにより左遷されたり降格させられたりして地位が下がり給料が減額される様を表すときに使っていた文字らしい。だましたり罠にはめるのとは少し違うようでこの時には「陥れる=おとしいれる」という字を用いる。「私は彼を貶めた」と「私は彼を陥れた」では私の立場や私に対するイメージが変わってくる。やはり日本語って難しくて、面白い。
10:53
2020/10/05

バロメーター

| by キャリア教育
 「授業の取組へのバロメーター」です。と自分で言いながら、バロメーターって何 
だ?と思い始めてしまいすべての思考が止まった。悪い癖?(良い癖)で気になりだし 
たら調べないと何も手につかなくなる。言葉の使い方から「指標」であることはわかるが実際何なのか、メーターと言うからには計測する機器ではないか。いつものことだが便利な道具「スマートホン!」 サクサクと検索すると、「気圧計」と出てきた。気圧を測る機器。やはり計測する機器。「バロって?」気圧は昔、「バール」と呼ばれていた。
1992年今からおよそ30年前まで気圧の単位は「バール」。気圧を計測する機器で「バロメーター」そもそも、もはや「バール」という言葉さえ使われていない。ということは「死語」。なんか最近この手の話題が多い気がする。
10:37
2020/09/03

暑い夏♯4

| by キャリア教育
 2005年、地球温暖化防止に関する枠組みとして世界各国が取り組む
指標「京都議定書」が採択された。具体的な国の取組として28℃の室温
調整でも快適に過ごせる服装の工夫。いわゆる「クールビズ」がこの年
スタートした。小泉総理大臣の意向で小池百合子環境大臣が推進した
制度である。ノーネクタイ、開襟シャツ経済効果も大きかったらしい。
環境省は5月1日~9月末までの期間を設定してきた。今年でこのクール
ビズキャンペーンは廃止される。暑いか暑くないか熱中症対策は個人が
自分で考えて行うべきもの期間設定は必要ない。クールビズはいつでも
良いということのようだ。小泉進次郎環境大臣が今年の3月31日に発表
した。父の発案を息子が終わらせるなかなかドラマチックで面白い。
 昔、1年中半袖半ズボンの子どもがいた大人からは「気合の入った
元気な子」と評された。「水を飲むな!」と言っていた大人たちだ。
「時は戻さない方がいい。」   完
11:08
12345