日之影町立日之影中学校について

〒882-0402
宮崎県西臼杵郡日之影町大字岩井川1952番
TEL:0982-87-2839
FAX:0982-87-2841
E-mail   4817ja@miyazaki-c.ed.jp

本Webページの著作権は、日之影中学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

訪問者カウンタ

あなたは163002人目のお客様です

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

日誌

学校の様子
2021/10/18new

10月17日(日)3年農業班マイプロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

10月17日(日) 3年農業班マイプロジェクト

 

10月17日(日)に開催された“青雲朝市”に3年生の農業班が参加し、マイプロジェクトを実践しました。

町内の農業生産者の方々とともに物産を販売する活動を通して、農業のやりがいなどを感じてみようという取組です。





まず、農作物を陳列しながら、値札を貼ったり野菜名や価格一覧を作成したりします。



お客様に野菜を渡したり、朝市カードにスタンプを押したりします。一度に20個近いスタンプを押すこともありました。

 

以下はマイプロジェクト後の生徒たちの感想です。

・青雲朝市に訪れた人たちと楽しそうに会話していた生産者の方たちはとても楽しそうだった

・野菜を買いに来た人たちと会話をするのはとても楽しかった

・山菜おこわがとても売れる様子を見て、僕も買いたいと思った

・野菜が売れたとき、とても嬉しかった

・お手伝いをしているブースの野菜を、消費者の方に笑顔で褒められるのは嬉しかった

・にぎやかな青雲朝市を見て、また来たいと思った

・体験が終わった後に食べた焼き栗はおいしかった


 
農業班は、生産者の視点から朝市を考えることができていたようです。この感想からどんな町への提案をするのでしょうか。今月末にある“ひのかげ近未来会議”が楽しみです。


16:56 | 学校の様子
2021/10/18new

10月14日㈭ 選手激励式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1014日(木) 選手激励式

 

 本日、宮崎県中学校秋季体育大会に出場する選手と、西臼杵地区中学生駅伝競走大会に出場する選手の激励式が行われました。

 

 116日、7日に行われる県大会には、野球部、ソフトテニス部、剣道部、陸上部が出場します。

 各部の新主将がそれぞれ意気込みを話しました。

 

〈野球部 主将 黒田蓮人さん〉

「県大会ではまずは1勝を目指します。3年生への恩返し、支えてくださる方々への感謝の気持ちを込めて全力でプレーしてきます。」



〈ソフトテニス部 主将 岩尾鼓音さん〉

「県大会ではよりレベルの高い試合になると思いますが、保護者の方々をはじめ、支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに全力でプレーしたいと思います。」


〈社会体育剣道部 佐藤真優さん〉

「今回、地区大会3位となり、県大会に出場することができました。稽古をつけてくださる講師の先生、支えてくれる家族への感謝の気持ちを忘れず試合に臨みたいと思います。」


〈陸上部 主将 濱田楓姫さん〉

「陸上部は全員県大会に出場することができます。県大会では地区大会の記録より、もっといいタイムを出せるように頑張ります。」



また、西臼杵地区中学校駅伝大会は1026日に行われます。

 

〈駅伝部 主将 坂本渉真さん〉

「今まで、部活動の時間や勉強の時間を削って練習に励んできました。目標は自分のベストを尽くして最後まで走りきることです。感謝の気持ちを忘れず最後まで頑張ります。」



生徒を代表して2年生の甲斐真優さんから

「周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れずに全力でプレーをしてください。日之影から応援しています。」

と激励の言葉をもらいました。


2年生の黒田蓮人さんが選手宣誓を行いました。



3年生の良き伝統を引き継ぎながら毎日の練習に励み、県大会へ出場することができました。県大会はよりレベルの高い大会になりますが、これまでの練習の成果を発揮し、ベストを尽くして頑張ってきてください。

駅伝部のみなさんも、自己ベスト更新、県大会出場を目指して、練習した成果を存分に発揮してきてください。


13:00 | 学校の様子
2021/10/18new

ほけんだより10月号

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

ほけんだより10月号発行しました。

急に寒くなりました。体調を崩している日之影中生もいます。
体調管理しっかりしていきましょう。

10月ほけんだより.pdf
11:30
2021/10/18new

10月14日(木) 地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1014日(木)

地産地消給食

今日は、地産地消給食の日でした。メニューは「ハヤシライス」「海藻サラダ」でした。

大きいおかずのハヤシライスに高千穂牛肉、小さいおかずの海藻サラダに日之影町産のきゅうりが使用されていました。

 高千穂牛は柔らかくて、とても美味しかったです。お肉がたくさん入っていたので皆嬉しそうでした。

 サラダも新鮮な野菜のシャキシャキとした食感が楽しめて、とても美味しかったです。

皆すごく美味しそうに食べていました。




おいしい給食を食べパワーチャージして午後の授業と部活動も一生懸命に励んでいました。


11:06 | 学校の様子
2021/10/14new

10月11日(月) 3年林業班マイプロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

10月11日(月) 3年林業班マイプロジェクト

 

10月11日(月)に3年生の総合の時間に林業班のマイプロジェクトがありました。

木に触れることで、木材や林業に興味を持ってもらい林業に対するイメージアップを図る取り組みです。


林業研究グループの方々に協力していただき、積み木や箸を作りました。





端材を切って木を滑らかにする工程や、木をかんなで削って箸を作っていく工程をみんな楽しく真剣に行うことができました。



以下は体験後の感想です。

・木を使って物づくりを体験してみたら、木の温かさに触れて日之影の自然のありがたさを感じた。

・林業にあまり良いイメージを持っていなかったけれど、林業にも楽しさがあることが分かった。

・この体験を通して、林業について知ることができたし、ただ話を聞くだけではなく、実際に自分が体験してみることで、さらに興味を持つことができた。

 

林業班はこの感想から「マイプロジェクトのねらいが達成できた」と考えたようです。今月末にある“ひのかげ近未来会議”の提案から目が離せませんね。

16:45 | 学校の様子
2021/10/14new

10月12日(火)校内読書週間

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1012日(火)

校内読書週間

日之影中学校では11日から校内読書週間が始まりました。

 校内読書週間では、図書室への親近感と読書活動や活字への興味・関心を高めさせ、読書量を増やし、読書に親しむ態度の育成を図ることを目標にしています。

図書室が密にならないよう、入室の数を制限して感染面に配慮しながら、生徒たちにもっと読書を楽しんでもらおうと思っています。





この期間は、本を紹介する動画の上映を行い、生徒たちに図書室への来室を促しています。今週は、『「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」・片貫人魚グミ』、『「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」・猛獣ビスケット』、『図書館戦争』、芥川龍之介作品の『魔術』を上映しています。

 多くの生徒が来室してくれました。




また、自分や家族にとって特別な存在の本を「宝本」とし、紹介したものを掲示したり、読みやすいように冊子にしたりして、図書室に置いてあります。









他にも、希望する生徒たちに図書室や本に関する問題をプリントした、図書検定というものも行っています。合格者には、「しおり」または「貸し出す本プラス1冊券」をプレゼントしています。

 さっそく数人の生徒が図書検定に挑戦していました。




15:04 | 学校の様子
2021/10/14new

10月12日(火) 地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1012日(火)

地産地消給食

 今日は地産地消給食の日でした。大きいおかずの秋野菜の煮物に日之影町産の栗としいたけが使用されていました。

しいたけは免疫力を高め、貧血の予防にも効果があり、栗にも疲労回復や免疫力を高める栄養が多く含まれています。

 

栗としいたけに味がしっかりと染み込んでおり、とても美味しかったです。

 生徒たちも味わっておいしそうに食べていました。

朝と日中の寒暖差が激しく体調が崩れやすくなる今の時期にピッタリの食材がふんだんに使用されていました。







14:59 | 学校の様子
2021/10/12

10月9日(土)文化祭

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

109日(土)

文化祭

 109日(土)に、文化祭を行いました。

 今年の文化祭のテーマは「(ひびき) ~みんなに届け こころの(こえ)~」です。

 テーマには、コロナウイルスによって距離が離れてしまった今、心の距離を近づけて、感謝の思いを届けようという思いが込められています。

 

 

 個人発表では、2年生の拔屋麻奈美さんが、夏休みから練習してきた、キレのあるカッコいいダンスを披露してくれました。



 1・2年生の「大人歌舞伎」「深角団七踊り」は、全面的に地域の皆様のご指導をいただきました。

 生徒たちは、「大人歌舞伎」「深角団七踊り」の練習を通して、日之影の歴史に触れ、また、地域の方々との交流を非常に楽しんでいる様子でした。

本番も練習した成果を十分に発揮し、堂々とした演技・演奏ができました。本当にありがとうございました。

 今回で終わるのではなく、これからも後輩たちへ引き継いでいき、日之影の素晴らしい伝統を大切に守っていきたいと思います。

 

【大人歌舞伎】




【深角団七踊り】




 英語暗唱・弁論では、暗唱の部で3年生の本田香澄さんが「Jackand the Beans talk ジャックと豆の木」を、弁論の部では、2年生の黒田蓮人さんが「What is sustainable for Hinokage?! 日之影にとっての持続性とは?」、3年生の甲斐千尋さんが「Pround home town “Hinokage”ふるさと日之影の誇り」を発表してくれました。

 香澄さんは、巨人の3度出てくる同じセリフで違いを出したり、物語のシーンによって声のトーンを変えたりなど、わくわくする発表でした。


 
蓮人さんは、日之影について自分なりに考えたことを発表してくれました。日之影をよりよくするために、日之影だけではなく、周りの地域を巻き込んで、高千穂郷・椎葉山地域で盛り上げるという広い視野を持った発表をしてくれました。


 
千尋さんは、故郷である日之影の誇りについて発表してくれました。日之影町は人口減少が進む町ですが、ほかの地域に負けない素晴らしいところについて発表してくれました。普段過ごしている中で見落としていた日之影の良さについて学ぶ、良い機会となる発表でした。



日本語弁論では、3年生の甲斐陽菜多さんが「自分たちに今できること」というテーマを、同じく3年生の後藤美夢さんが「意識の変化」というテーマで発表してくれました。

 陽菜多さんは、新型コロナウイルスが流行する中、様々な制限がある中で、自分たちが社会のためにできることはなにか、どう行動すればいいのかということについて、自分の考えを発表してくれました。


 
美夢さんは、SDGsについて、目標を達成するためにできる行動として、身近なところからできることについて発表しました。「水を出しっぱなしにしない」などの小さなことから意識していくことで、SDGsの17の目標を達成することができるのではないかと発表してくれました。




 1年生の郷土学習発表では、1学期からの総合の時間で進めた探究の発表を行いました。自分たちが生まれ育った日之影について調べていく中で、新たな発見や疑問について、わかりやすく発表してくれました。日之影のことについてますます知りたくなるような発表でした。





 
3年生の学年発表は、児童福祉、農業、林業、観光の4つの班に分かれてのフィールドワークやマイプロジェクトを通して知った、日之影の良さや課題について、これまでの学習の成果を劇にまとめて発表してくれました。ユーモアのある劇で、日之影の素晴らしい「強み」について、日之影に住む良さを感じました。また、課題に対してもその解決策なども勉強になるものが多く、12年生にとっても楽しみながら勉強になる劇でした。





 
合唱コンクールでは、各学年が音楽の授業や昼休みなどの時間を使って練習してきた成果を発表しました。

 1年生は「大切なもの」を合唱しました。一番人数が多いという強みを生かして大きな声で元気いっぱいに歌い上げました。会場だけではなく、遠く離れている人にも「がんばれ まけないで」という応援が届く素晴らしい合唱でした。


 
2年生は「空高く」を合唱しました。合唱目標を「以心伝心」に設定した2年生は、息ぴったりの合唱でクラスの仲の良さを感じさせる合唱でした。「空高く舞い上がれ」という歌詞が、日之影の美しい青空に広がっていき、会場の人々を前向きにさせるすばらしい合唱でした。


 
3年生は「YELL」を合唱しました。「それぞれの夢へと僕らを繋ぐYELL」という歌詞があるように、志望校合格に向けて日々努力する3年生にふさわしい合唱でした。難易度の高い曲でしたが、練習を積み重ね、美しいハーモニーのある素晴らしい合唱に仕上がり、会場を感動の渦に包みました。



 
吹奏楽演奏では、「平成の音楽のうつり変わり」をテーマに演奏を行いました。コンクール以来の演奏で、生き生きと演奏を行いました。平成の30年間で世の中が大きく変化する中、音楽も同様に変化している様子を当時の時代背景とともに振り返りました。大人から子どもまで楽しめる演奏でした。




 宮崎県でもまん延防止重点措置がとられるなど、コロナ感染症が拡大する中、無事に開催されるのだろうかと心配された文化祭でしたが、多くの方々のご理解とご協力もあり無事に開催することができました。

 ご指導に来ていただいた保存会の皆様をはじめ、地域の方々、保護者の方々のご協力なしでは成功しない文化祭でした。本当にありがとうございました。


16:33 | 学校の様子
2021/10/08

10月6日(水) 地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

106日(水)

地産地消給食

 今日は、地産地消給食の日でした。大きいおかずの回鍋肉に日之影町産のピーマンが使用されていました。

 ピーマンは、疲労回復や日焼けを引き起こすメラニンの過剰な生成を抑える効果がある為、今の時期にピッタリの食材です。



生徒たちもおいしそうに給食を食べていました。

生徒たちに感想を聞いたところ「すっごく美味しかった」という言葉を、たくさん聞くことができました。

 今日の給食も残さずキレイに完食していました。






12:25 | 学校の様子
2021/10/05

10月5日 読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

105日(火)

読み聞かせ

今日は朝の時間を使って、1年生と2年生で読み聞かせが行われました。

 
 1年生では新名さんが、「日本昔話 花咲かじいさん」と「とら猫とおしょうさん」を読み聞かせしてくださいました。

 



 2
年生では津隈さんが、「花のすきな おおかみ」と「むらの英雄」を読み聞かせしてくださいました。




生徒たちは、楽しみにしている月1回の読み聞かせを真剣に見聞きしていました。


13:19 | 学校の様子
2021/10/04

10月4日(月) 全校集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 104日(月) 全校集会

本日の全校集会で、先日行われた西臼杵地区中学校体育大会の表彰式が行われました。

軟式野球部は優勝、表彰状と優勝旗を校納しました。野球部は11月に行われる県大会に出場します。


また、女子ソフトテニス部は準優勝し、表彰状を校納しました。女子ソフトテニス部も、11月に行われる県大会に出場します。

女子ソフトテニス部は個人でも活躍し、佐藤妃美歌さん、岩尾琴音さんのペアがベスト8、松田光瑠さん、坂本紗埜さんのペアがベスト4に入り、県大会出場を決めました。

代表して、松田さん、坂本さんが表彰されました。


陸上部では、個人の入賞者が多く、大活躍の結果でした。

2年女子100mでは濱田楓姫さんが第11483という結果を、1年男子100mでは、鶴留颯人さんが第2位、1304の大会新記録という結果を残しました。

他にもたくさんの生徒が素晴らしい成果を残しました。

代表して、キャプテンの濱田楓姫さんが表彰されました。


剣道部では佐藤真優さんがベスト4に入り、県大会出場を決めました。


校長先生からのお話では、新体制になって初めての中体連、一生懸命、試合に取り組む姿が印象的だったと話されました。

 

3年生から引き継いだ良い伝統を大切にしながら、練習してきた力を精一杯に出し、試合に臨めたのではないでしょうか。

 

大会の様子をご紹介します。


















中間テストも終わり、部活動も再開しました。

テストのやり直しや、見直しをしっかりと行うことで苦手分野を克服し、これからの学習に生かしていきましょう。

また、12年生は、部活動にも力を入れて、3年生は受験に向けてさらに取り組んでいきましょう。




17:03 | 学校の様子
2021/10/04

10月1日(金) 2年生 英語 旅行プラン発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

101日(金)

2年生 英語 旅行プラン発表

 今日は、2年生が英語の授業で旅行プランを立て発表しました。

 それぞれ各班で行きたいと思うところを決め、その場所の良さや魅力、特徴を発表していきました。

 1班が中国、2班が京都、3班がフランス、4班が熊本、5班が西臼杵と海外から日本国内でいろいろな場所を採り上げていました。

 クイズを出すなど工夫をしたり、ジェスチャーを付けたり、見ている側に伝わりやすくしていました。

 どの班もこれまでに習った英語の授業を活かし素晴らしい発表をしてくれました。








15:16 | 学校の様子
2021/10/01

9月30日(木) 地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

930日(木)

地産地消給食

 今日は、地産地消給食の日でした。大きいおかずに宮崎県産のかんぱちが使用されていました。


レモン風味で、さっぱりとした味付けになっていて残暑が厳しい日にピッタリでした。

生徒からも、「すごく美味しかった」「もっと食べたい」と感想を多く聞きました。





給食を食べ、お腹も心もいっぱいになり、午後も勉学に励むことができました。

日之影中学校の給食は手間と愛情たっぷり、自慢の給食です。
いつも美味しい給食ありがとうございます。


15:44 | 学校の様子
2021/09/30

9月29日(水)合唱リハーサル

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

929日(水)

合唱リハーサル

 今日は文化祭にむけて合唱リハーサルが行われました。

 コロナの影響もありパートごとの練習が多く、全員で集まって歌う回数は少なかったですが、歯磨き中に合唱曲を聞いたり、お昼休みや音楽の授業で一生懸命に練習をしたりしてきました。どの学年も練習の成果が発揮できたリハーサルでした。

 残り1週間も練習を重ね各学年、より素晴らしい合唱をしてくれると期待しています。







リハーサルの最後には、文化祭のスローガンが発表されました。

 スローガンは「響(ひびき)~みんなに届け こころの聲(こえ)~」です。いつもの日常がコロナウイルスという驚異によって壊され、自分たちにとっての当たり前がどれだけありがたいものだったのか、痛いほど感じることができました。友達や家族と気軽に会えなくなったり、遊べなくなったりした人もいました。だからこそ、距離が離れてしまった心に私たち日之影中学校生徒の歌声や演技を通して、感謝の思いを伝えたいという気持ちがこのスローガンに込められています。


11:46 | 学校の様子
2021/09/26

西臼杵地区中学校秋季体育大会陸上競技速報

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

■9月26日(日)
西臼杵地区中学校秋季体育大会陸上競技


1年女子100m 山本紗葵  1 

       馬崎夕姫南 2位 

1年男子100m  鶴留颯人 2位  大会新記録

2年女子100m   濱田楓姫 1位 

2年男子100m  松岡蒼依 3位 

2年男子1500m  橋本翔   4位 

       松本彪雅   2


共通男子4×100mリレー 2


17:23
2021/09/19

西臼杵地区中学校秋季体育大会速報2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
    ■9月19日(日)
西臼杵地区中学校秋季体育大会速報2日目
<剣道>
佐藤真優さん
予選リーグを2位で通過、決勝トーナメント一回戦敗退。ベスト4県大会出場。
<ソフトテニス個人戦>
佐藤・岩尾ペアベスト8
松田・坂本ペアベスト4
県大会出場


22:36
2021/09/18

西臼杵地区中学校秋季体育大会速報

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
■9月18日(土)
西臼杵地区中学校秋季体育大会速報

<バスケットボール競技>
日之影・高千穂19-86高千穂
五ヶ瀬中等 59-23 日之影

<軟式野球>

日之影・上野6-0高千穂

日之影・上野10-1 五ケ瀬

優勝


<ソフトテニス>

日之影2-1五ケ瀬

日之影2-1上野
日之影3-0高千穂
日之影0-3五ヶ瀬中等

団体準優勝


10:28
2021/09/16

地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 9月16日(水)

 地産地消給食

 今日は、地産地消給食の日。
 ドライカレーに「高千穂牛」、日之影町産の「ピーマン・しいたけ」が入っていました。


 高千穂牛たっぷり!贅沢極まりないです!

 

 白いご飯が見えくなるほどのドライカレーをかけていただきます。






カメラを向けて恥ずかしがる一面を見せるもスプーンを動かす手は決して止めません。

2年生は1学期にドライカレーを作っているので、今日の給食の大変さ、ありがたみを
さらに噛み締めながら食べていました。

「材料・手順は同じなのに、僕たちが作るより給食の方がずっと美味しかった」という生徒多数。


きっと愛情がたっぷり入っているからでしょう。






この表情が、給食の美味しさを物語っています。

こちらまで微笑んでしまいました。

 

パワーチャージして午後も勉強に部活に頑張ります。


14:14
2021/09/16

9月14日(火) 読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

914日(火)

読み聞かせ

今日は、月に1回の読み聞かせが行われました。

2学期入って初めての読み聞かせの日だったので生徒たちもワクワクしていました。

1年生では津隈さんが読み聞かせをしてくださいました。

2年生では新名さんが読み聞かせをしてくださいました。

生徒たちは真剣なまなざしで集中して聴いていました。








08:47 | 学校の様子
2021/09/15

9月13日(月) 交通安全教室

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

913日(月)

交通安全教室

今日は交通安全教室があり、テレビの撮影の方々も来られました。

交通安全教室では、どのようなことが原因で事故が起こるのか、事故が起こらないようにするにはどうすれば良いのか等スタントマンの方たちの実演をもとに、より詳しく事故の怖さ、交通ルールを守ることの大切さを学びました。

 スタントマンの方からクイズ形式で聞かれた質問にも多くの生徒が答え、今回の授業を真剣に受けていました。

 生徒たちから、「これからも交通ルールをしっかり守っていきたい」「実演を見たことで事故がとても怖いものであることを知ることができた、これから気を付けていきたい」などの感想を多く聞きました。

 JA共済連宮崎、県警察本部、高千穂警察署、スタントをしてくださったスーパードライバーズの皆さんのご協力のおかげで、改めて交通ルールを守ることの大切さに気付くことができました。ありがとうございました。

















10:20 | 学校の様子
2021/09/14

9月13日(月) 2年生 キャリア教育講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

913日(月)

2年生 キャリア教育講話

 今日は、2年生に向けてキャリア教育講和が開かれました。

 旭化成に勤めておられた松井信介氏が講師としてお話をしてくださいました。


 生徒たちは、松井さんの仕事に対する熱い想い、考え方に触れ、失敗を恐れず意欲をもって何事にもチャレンジすることの大切さや、人と協働しながら物事を作り上げることの素晴らしさに気づいたようでした。

 11月の職場体験学習では、「働くこと」に向き合い、生徒自身が「将来の自分の生き方」について考える機会になればと思っています。

 今日は生徒たちにとって貴重なお話が聞くことができ有意義な時間になりました。



08:36
2021/09/13

総合(文化祭へ向けて)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

月10日(金)

総合(文化祭へ向けて)

今日は文化祭で披露する「深角団七踊り」「大人歌舞伎」の練習が始 
まりました。

「深角団七踊り」では、
 深角団七踊り保存会会長の
甲斐 秀明様をはじめ、



甲斐 美穂子様、甲斐 イネ子様、甲斐 英吉様、戸髙 勝様に来ていただきました。



初めに、団七踊りの発祥と「父親を代官に殺された姉妹が仇討ちを行う」というお話を聞きました。

深角地区では明治20年頃、今から約130年前から伝承されているものだと聞き、まさに今、自分たちがその伝統を引き継いでいくのだと気づかされた瞬間でした。


2年生でも、初めて踊る生徒も多かったのですが、身振り手振り交えて丁寧に指導してくださいました。



今年こそは、「自分も踊れるようになる!」と教頭先生も一緒に練習中です。



歌い手は声の抑揚や調子、間の取り方などが難しいため、付きっきりで指導してくださいました。




昨年までは太鼓と歌い手それぞれ1人ずつでしたが、今年は2人に。

「先輩から後輩へ」バトンは引き継がれます。





一方、大人歌舞伎では、甲斐 多喜子様、



岡田 原史様、丹部 俊夫様に来ていただきました。



まずは、三味線の持ち方から。本当に一からのスタートです。





「先輩から後輩へ」ここでも優しく、教え、伝える2年生の姿が見られました。

日之影中生の素晴らしいところだと、うれしく思います。






気温も高かったのですが、マスクも着用しているため、さらに暑かったと思います。

汗だくになりながら、指導してくださる指導者の方々には、感謝しかありません。


「立派な団七踊り、歌舞伎を披露すること」

「ずっと前から受け継がれてきた伝統を知り、学び、次へつなげること」
 それが私たちにできる恩返しだと思って、文化祭まで一生懸命練習したいと思います。



指導者の皆様、今後ともご指導よろしくお願いいたします。


09:48
2021/09/09

選手激励式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 9月9日(木)

 選手激励式

 

生徒活動の時間に「選手激励式」が行われました。

 
 軟式野球部






ソフトテニス部




バスケットボール部





陸上部





社会体育部・剣道部



それぞれの主将からは

「全力を尽くす」

「コロナ禍で大会に参加できることに感謝する」

「恩返しをしたい」

「チームひとつに」など

心強く、頼もしい意気込みを聞くことができました。



3年生甲斐 航惺くんからは

「チームの力を最大限出し切って、悔いのないプレーをしてきてください」と
激励の言葉をもらいました。

2年生佐藤 妃美歌さんの堂々とした選手代表宣誓にみんな拍手でこたえました。


秋季体育大会は9月18・19日(陸上部は26日)に行われます。

3年生が引退してから、1・2年生は先輩方に追いつけ、追い抜けと日々練習に励んでいます。

どの競技でもこれまでの練習の成果を存分に発揮して、最後まであきらめずに頑張ってきてくれる。

みんなの真剣な表情を見て、そう感じたところです。

 

日之影中生の活躍に期待です。


17:17
2021/09/09

地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 9月9日(木)

 地産地消給食

 

今日は地産地消給食の日

県の事業の一環で、宮崎県内で養殖された真鯛が提供され、
今回はみそ汁にしていただきました。


一緒に入っていた豆腐と見分けがつかないほど、身の分厚いふっくらした鯛がゴロゴロ。

4キロの鯛を使ったなんとも贅沢なお味噌汁でした。

言わずもがな、お出汁も絶品。



 

 
 

「めっっちゃ美味しかったです!」

「何杯でも食べられます!」

「魚は苦手だけど食べられました」

「具だくさんで美味しかった!」

生徒からもたくさんのうれしい感想をいただきました。

 

食は、人を幸せにしますね。

 美味しい給食に感謝です。


17:12
2021/09/09

ほけんだより9月号

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

ほけんだより9月号発行しました。
ぜひご覧ください。


ほけんだより9月号.pdf
14:06
2021/09/08

9月7日(火) 高校説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

97日(火)

高校説明会

 

 今日は高校説明会が行われました。

 延岡高校、延岡星雲高校、延岡商業高校、延岡工業高校、高千穂高校、延岡学園高校、聖心ウルスラ学園高校の先生方が説明をしてくださいました。

前半後半で分かれ、生徒たちは自分の興味のある学校の説明をしっかりと聞き、メモをとったりしていました。自分たちの進路に必要な情報を得る大変有意義な時間となりました。









〈説明をしていただいた高校の先生方の感想〉

 ・聞く態度が、大変すばらしかったです。

 ・日之影中学校の生徒が真剣にメモをとる姿がとても印象にのこりました。

〈生徒の感想〉

 ・今まで各高校のイメージが間違っていたことに気づきました。不安もなくなり高校生活が楽しみになりました。


11:29 | 学校の様子
2021/09/07

9月6日(月) 新任者紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

96日(月)

新任者紹介

2学期より新たに着任する美術の先生を紹介します。


 ≪土肥 勇志(どい ゆうじ)先生≫

【教科】美術

【自己紹介】9月から美術を指導することになりました。自然豊かな環境を楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします。

 


14:51 | 学校の様子
2021/09/03

オンライン授業へ向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

オンライン授業へ向けて


 県独自の緊急事態宣言が延長され、「まん延防止等重点措置」も適用されました。


 日之影中学校でも新型コロナの感染が拡大し臨時休校になった場合に備え、
9月15日(水)に「オンライン授業」の試行を予定しています。
この日は実際に生徒の自宅から、オンラインで授業を受けてもらうものです。


 それに向けた準備として、今日はオンライン授業を想定したテストを実施しました。


マイクロソフトチームズの「会議」システムを使って、
すべての生徒が接続することができるか、音声は聞こえるか、発表するときはミュートを消してからなど、操作確認をしました。






タブレットの画面上に出る解答を見ながら丸付けしていきます。


これならば、自宅待機や様々な理由で学校に来れない生徒がいた場合、
教室にタブレットを置いて撮影し、生徒の家庭へ授業をライブ中継することも可能になります。


 新たな課題も見つかり、先生たちで意見を出し合い、試行錯誤を繰り返しながら、
15日までに改善を試みます!


健康と安心を守りながら、日之影中生の「学びを止めない」ために 今できることを。




13:28
2021/08/31

8月31日 地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

831日(火)

地産地消給食

今日は地産地消の日でした。

メニューは、「マーボー豆腐」、「きゅうりの中華和え」です。


大きいおかずに、しいたけ、小さいおかずに、きゅうりが地元の食材として使用されています。

マーボー豆腐は、しいたけのうま味が染み込んでいて、何杯でもお替りしたくなるくらいおいしかったです。

きゅうりの中華和えは、さっぱりとした味付けで、きゅうりのシャキシャキという食感が楽しめます。また、きゅうりは夏バテにも効果的です。

生徒たちもおいしそうに給食を食べ、残さずキレイに完食していました。




15:00 | 学校の様子
2021/08/31

8月30日 専門委員会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

830日(月)

専門委員会

本日は、専門委員会が行われました。

最初に学級ごとで各委員会の話し合いがあり、その後に各委員会で78月の反省、910月の目標を話し合いました。日之影中学校をより良い学校にしていくために生徒たちが改善点や目標を達成するために行うことなど、積極的に話し合っていました。910月も生徒たちの活動に期待したいと思います。





14:58 | 学校の様子
2021/08/31

PTA奉仕作業

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 8月27日・30日

 PTA奉仕作業~きれいになりました~

2日間に分けてPTA奉仕作業を行いました。
 とても暑い日でしたが、2日間で延べ60名の方に参加していただきました。
 この時間帯に参加できないということで、土日に草を刈りに来てくださる保護者もいました。
 本当にありがたいことです。


 奉仕作業の時間になると部活動をやめ、自分たちができることを一生懸命に作業する

 生徒の頼もしい姿も見られました。

 【陸上部】




 【吹奏楽部】


 【バスケ部】


 【野球部】



 (保護者との共同作業!頼もしい!!)

急な斜面やグラウンドやプールの周辺など、普段はなかなか管理できない箇所の草刈りや

植え込みの刈り払いを行いました。









刈った草の運搬のためにこんな大きな乗り物まで!



あゆむ坂を上がってくると見えてくる日之影中学校の校章もさっぱりカット!

こんなにきれいになりました。



「きれいにしてくれてありがとう」

 そんな学校の声が聞こえてきそうです。


2学期も安全に気持ちよく学校生活を送ることができます。

たくさんの保護者方のご協力のもと、学校環境をきれいに整えることができたことに改めて感謝いたします。


 本当にありがとうございました。



11:14
2021/08/30

新しい先生の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

新しい先生方の紹介

2学期が始まり、学校に子どもたちの元気な声と明るい笑顔が戻ってきました。

今回は新しく来られた先生方の紹介をします。


   ≪佐藤 春菜(さとう はるな)先生≫

 【職種】学習支援員

【出身】高千穂町岩戸

【一言】学校に勤めるのは初めてで至らないこともあるかと思いますが、
     1日でも早く先生方や生徒の皆さんのお役に立てるように頑張っ
     ていきます。よろしくお願いいたします。


    ≪飯干 佳弓(いいほし かゆみ)先生≫

【職種】学校給食調理員

【出身】五ヶ瀬町三ケ所

【一言】給食調理の仕事を通じて生徒の皆さんの成長を見守っていける事を
     今から楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

 

9月6日から美術の先生もお迎えし、ますますにぎやかになる日之影中学校。
 先生方それぞれのお力を存分に発揮されてください。
 子どもたちがしっかりと応えてくれるはずです。

どうぞよろしくお願いいたします。


11:44
2021/08/27

ほけんだより

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

ほけんだより特別号発行

宮崎県独自の緊急事態宣言を受けて、
もう一度生徒のみなさんにコロナ対策を確認してもらいたく、

ほけんだより特別号を発行しました。


8月特別号.pdf
 

こんなときこそ「感謝」を忘れずに。

勉強に、部活動に、今私たちにできることを全力で頑張りましょう。

 


14:34
2021/08/27

2学期始業式 新任者紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

826日(木) 

2学期始業式 新任者紹介

本日は、始業式と新任者紹介がありました。

最初に新任者紹介が行われました。新しく美術の土肥勇志先生、給食の飯干佳弓先生、学習支援の佐藤春菜先生が赴任されました。

夏休みが終わり、今日から2学期が始まります。生徒たちは、久しぶりの友達との再会を喜んでいました。

松田光瑠さん、岩尾鼓音さん、星本ゆうなさん、甲斐真優さんが2学期の抱負を発表してくれました。4名とも堂々と新学期に対する意気込みを述べてくれました。


2学期の抱負発表の様子〉












11:58 | 学校の様子
2021/08/25

3年 総合 農業班 栗拾い体験

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

8月25日(水)

3年総合農業班 栗拾い体験

 

3年生の農業班5人で日之影町の栗農家の戸髙信夫さんにご協力いただき栗拾い体験をしました。

まずは、栗拾いです。落ちた栗は下にあるネットを転がって道路沿いに溜まるようになっています。その溜まった栗を軽トラックに積んでいきました。下に落ちている栗をひとつひとつ拾っていくと思いまっていましたが、とても効率がよい方法だと感心しました。

 

 次に、栗の脱穀です。作業場で、栗を脱穀機に入れて外の殻を外していきました。あっという間に栗のイガがはがれつやつやの栗が脱穀機から出てきました。


 最後に、生徒が事前に考えた質問をしました。

本田香澄さんから「仕事のやりがいは何ですか。」という質問です。

 戸髙さん「収穫した栗がお金になった時はやりがいを感じます。また、『日之影町の栗しか使わない。』と岐阜県ある和菓子屋さんから認められた時は大変うれしかったです。」と答えられました。

 山本大登くんから「農業の課題は何だと思いますか。」という質問です。

 戸髙さん「後継者問題と作業の効率化の問題です。」と答えられました。

栗農家の戸髙さん夫妻、農林振興課の桝田さん、高橋さん、工藤さん、観光協会の矢澤さんのおかげで貴重な体験をすることができました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。







15:53
2021/08/23

高千穂地区建設協会青年部ボランティア活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

8月23日(月)
高千穂地区建設協会青年部ボランティア活動

お礼

8月21日(土)高千穂地区建設協会青年部の方々(10名)が、終日、日之影中学校でボランティア活動をしていただきました。中庭にある木と体育館南側にあるけやきの木の剪定作業をしていただきました。高さが約10mある木を4mほどにしてもらいました。高所作業車2台、2トントラック3台、ユンボ1台を使い、大変大掛かりな作業でした。午後からは、激しい雨の降る中の作業となりましたが、休むことなく作業は行われました。泥まみれになって働く皆様の姿には心を打たれました。

心から感謝申し上げます。ありがとうございました。お近くにお越しの時は是非お立ち寄りください。

       <前>


       <後>



          <作業の様子>


15:46
2021/08/23

オープンスクール

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
■8月23日(月)オープンスクール

 8月2日(月)に、日之影中学校で来年入学する小学校6年生を対象にオープンスクールを行いました。会場は、日之影中学校で行いました。

最初に、中窪校長から「中学校で不安なことを少しでも少なくするためにこのオープンスクールがあります。」とお話がありました。

 次に、3年生の甲斐千尋さん、佐藤心花さんから中学校の全体的な説明がありました。生徒主体で学校行事を進めていることを小学生に伝えていました。

 最後に、1年生から細かな説明が、各コーナーに分かれてありました。(部活動コーナー、委員会コーナー、給食コーナー、学習コーナー、制服コーナー)制服コーナーでは、6年生の男子児童が「穴の開いた靴下は校則に違反するのですか」と質問をしていました。中学1年生の山本迅君は、困った様子で「違反ではありませんが履いてこない方がいいと思います。」と答えていました。


また、委員会コーナーでは、生徒会スローガン「
昇華(しょうか)」を、中学1年生の甲斐絢士郎君が、「これは何と読むので昇華(しょうか)」と小学生に問いかけると6年生はニヤニヤ笑いながら答えに気づいていました。

 

<6年生の感想>

〇 一つ一つ丁寧に教えてくれて分かりやすかったです。特に校則のことや学習のことをあまりよく知らなかったので、絵などを使って説明してくれたのでよかったです。

〇 私は実際に校歌を聞いたり写真を使ったりしてとても分かりやすかったです。話を聞いて少し安心しました。

<中学生の感想>

〇 最初は緊張していたけど笑顔で話せてよかったです。やっぱり相手に教えるのは、大変だなあと思いました。

〇 6年生が入学したときに楽しい気持ちになれるように、たくさん話しかけて「中学校って楽しいな」と思えるように頑張りたいと思いました。

 

小学生の感想には、多くの人が「安心できた。分かりやすかった。」と書いてあり、主催者側としてもとても安心しました。中学1年生がとても大人に見えた1日でもありました。



10:12
2021/08/16

学習会報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

8月16日(月)学習会 

先日ホームページでも呼びかけました本校3年生主催の小学生向け学習会の様子を報告します。8月7日(土)9:00~11::00まで、役場の町民ホールで行いました。

この学習会は、3年生の総合的な学習の時間の学習の一環で、児童福祉を考えている班の取組になります。「小学生の夏休みの宿題」を地域の人と一緒に支援したいという思いから考えた取組です。

参加者の人数が大変気になりましたが、4名の小学生が参加してくれました。小学生は分からないところを積極的に聞いていました。参加した小学生は、「とても分かりやすかった」「またやってほしい」とすがすがしい表情で語っていました。







11:25
2021/08/02

8月7日学習支援会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

3年生の学習の一環で、8月7日(土)に学習支援会を計画しています。

3年生の児童福祉班が、日之影町の子育て支援について調べる中で、自分たち中学生の立場でもできることはないかと考えました。そして中学生が、小学生の学習支援を行うことを考えました。

日時:8月7日(土)9:00~11:00
場所:役場町民ホール
対象:日之影町内の5・6年生
内容:中学生が小学生の学習支援を行う。
(夏休みの宿題や、授業で分からなかった問題を持ってきてもらい、それを中学生が教える)

自分たちで計画した初めての試みですが、宿題などを持ってぜひ来てください。

小学生案内(修正案).pdf


13:52
2021/07/21

7月20日(火) 離任式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

720日(火) 離任式

 

本日は、2名の先生方の離任式が行われました。

美術担当の佐藤綾乃先生は産休に入られ、給食調理員の後藤凛先生が退職されます。

 

佐藤先生には、1年生から3年生までの美術の授業を中心に、芸術の楽しさやすばらしさを教えていただきました。子どもたちも生き生きと美術の時間を楽しんでいるようでした。

後藤先生には、朝早くから給食の準備をしていただき、いつもおいしい給食を作っていただきました。

 

生徒を代表して佐藤心花さんからは、

「美術の時間を中心に、いつも優しくいろいろなことを教えてくださいました。ポスター作成などではたくさんアドバイスをいただいて、より良い作品を作ることができました。お体に気を付けて、元気な赤ちゃんを産んでください。」と佐藤先生に感謝の言葉を伝えていました。

また、工藤昌也さんからは、

「いつもとてもおいしい給食を作って下さりありがとうございました。」と後藤先生に感謝の言葉を伝えていました。

 

また、各学年から気持ちのこもったプレゼントを渡しました。






先生の功績に、改めて感謝申し上げます。

佐藤先生、お体に気を付けて、元気な赤ちゃんを産んでください。またお会いできるのを楽しみにしております。

後藤凛先生、新天地におきましても、なお一層のご活躍とご多幸をお祈り申し上げます。
08:13 | 学校の様子
2021/07/21

7月20日(火) 1学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

720日(火) 1学期終業式

本日は、1学期終業式が行われました。

 

校長先生と代表生徒との対話が行われました。

初めに、1学期頑張ったことと2学期に向けて頑張りたいことをそれぞれ発表しました。



1年生の甲斐恋奈さんは、「小学校のときよりもできることが増えました。2学期は1学期できなかったことをできるようにしていきたい」と話してくれました。

2年生の黒田蓮人さんは、「副委員長としてサポートする立場としてがんばりました。2学期は勉強もよりがんばっていきたい」と話してくれました。

3年生の谷川漣さんは、「部活を特にがんばりました。2学期は勉強もがんばりたい」と話してくれました。





次に、校長先生から、「自分のいいところを3つ言えますか?」と質問がありました。

始業式よりも少し人数が増えてはいるものの、まだ自信をもっていいところを言える生徒は少ないようです。

前に出た4人も、それぞれいいところを話してくれました。

2年生の工藤昌也さんは、「僕のいいところは、みんなからほめられる笑顔と、どんな時も前向きでポジティブなところです。」ととてもいい笑顔で話してくれました。




最後に校長先生から、思考力についてお話していただきました。

物事を論理的に考え、相手にわかるように説明するために必要な力です。

これからの社会では必ず必要になる力になります。

思考力を身につけるためにも、勉強もがんばっていきましょうとお話しされました。



また、青柳先生から学習面について、竹村先生から健康面について、亀井先生から生活面についてお話していただきました。

 

貴重な夏休みの期間、健康に気を付けて、ルールを守って夏を楽しみ、夏休みの課題を計画的に進めて、気持ちよく2学期がスタートできるようにしましょう。
07:56 | 学校の様子
2021/07/19

椎葉中とのオンライン協働学習(3年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

7月19日(月) 椎葉中とのオンライン協働学習(3年)

 

7月13日()、 3年生が椎葉中とのオンライン協働学習を行いました。日之影町と同じ、中山間地域で探究学習を進める3年生同士で情報交換したり、相互発表したりしました。


「カメラの角度は大丈夫かな?」ICT機器のセッティングなども自分たちで行います。

 

はじめに、「部活動」「学校の特徴」「流行っていること」「給食自慢」を紹介し合いました。「勉強が流行っている」と答えた日之影中生もいましたね。和やかな雰囲気が生まれました。


次に、椎葉中学校の発表です。椎葉中の3年生は、SDGsと関連付けながら「動画再編集班」「椎バーガー開発部」「厚生労働省」「守ろう地球環境」のユニークなネーミングの4つの班が「模造紙による発表」を行いました。


いよいよ日之影中生の発表です。2日後に控えた「ひのかげ近未来会議 中間発表」での発表を、「貼りものとタブレットによるハイブリッド型」で行います。緊張したようですが、カメラ係と連携して練習の成果を発揮しました。


休憩をはさんで、グループごとの協議が始まります。「相手の発表のよいところ」「将来地元に帰ってきたいか」「自校のICT環境」のテーマで話し合います。「日之影はよいところだけど、したい仕事があるから帰ってこない」など、椎葉中生と本音で語り合っていました。


最後に、椎葉中学校の有田勝則校長先生から「発表方法の工夫が素晴らしいです。これからもふるさとの事を調べ、最後の発表につなげましょう」とお言葉をいただきました。


 普段はなかなか交流することのできない遠方の中学校の発表を見たり、フリートークをしたりすることで、日之影町の良さや椎葉村との共通の課題が見つかったり、自分たちの発表に新たな視点を加えることができました。1029日(金)にある「ひのかげ近未来会議」に向けて、大きな収穫があった1日でした。



16:33
2021/07/19

ほけんだより発行

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

ほけんだより夏休み号発行しました。

21日から待ちに待った夏休みがスタートします。
心も体もリフレッシュして、充実した休みを過ごしてくださいね!

7月ほけんだより【夏休み号】.pdf
15:04
2021/07/16

7月16日㈮ 地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

716日(金) 地産地消給食

 

本日は、1学期最後の地産地消給食の日でした。

今日の地産地消の材料は、日之影で育ったきゅうりとなす、そして高千穂牛です。


きゅうりはコーンサラダに、なすと高千穂牛のひき肉はスパゲティに使われています。


今日の給食もとてもおいしく、生徒たちも「美味しい!」と、笑顔で口いっぱいに頬張って食べていました。




サラダは新鮮な野菜の食感が楽しめて、とてもおいしかったです。また、スパゲティも、野菜と牛肉のうまみがぎゅっとつまっていて、何度でも食べたくなる味でした。
子どもたちに給食の感想を聞くと、コーンサラダは「食感がシャキシャキしていておいしかった」、スパゲティは「とてもおいしかったからまた食べたい!」と言っていました。

愛情と栄養がたっぷりつまった給食を食べて、心も体も元気いっぱいになる最高な給食です。

2学期も感謝しながらいただきましょう。


16:40 | 学校の様子
2021/07/16

本の寄贈

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

7月16日(金) 本寄贈

長田建築企画設計事務所様より、本を寄贈していただきました。「SDGs超入門」など今話題の本をたくさんいただきました。本日、日之影町教育委員会 橋本範憲 教育長より、直接、全校学習委員長の本田香澄さんに渡されました。大切にしたいと思います。ありがとうございました。


15:19
2021/07/16

7月15日㈭ 2年生高森高校とのZOOM交流

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

715日(木)   2年生 高森高校とのZOOM交流

本日の総合の時間で、熊本県高森町の高森高校とZOOM交流を行いました。

日之影中学校、高森高校、それぞれの探究活動について発表し合いました。

 

日之影中学校からは、1年生の時に行った日之影にまつわる探究を4人の生徒が発表してくれました。


高森高校の皆さんに、日之影町について紹介します。



紹介の後、まずは、日之影の農業用水路について発表します。

 

 

 

日之影の農業用水路がすごいところは、その歴史にあります。およそ100年前の大正時代に建設され、地域の人々の整備によって現在も使われている用水路です。

また、日之影町は高千穂郷・椎葉山地域の一部として、世界農業遺産に認定されており、これからの日之影町の発展について、日之影のみではなく、周りの地域と一体となって考えていきたいとのことでした。

次に、日之影の地形について発表しました。


日之影の八戸観音滝、高千穂の高千穂峡、日向の馬ケ背の地形が似ていることから、なぜこのような地形ができたのか探究しました。

調査の結果、日之影・高千穂は阿蘇山によって、日向は尾鈴山によってできていたことが分かりました。

そして、日之影の美しい渓谷は、火山の噴火で投げ出されたものが堆積し、雨や風で侵食されてできたものであることがわかりました。


 

大人歌舞伎について発表しました。

 大人歌舞伎は、九州唯一の農村歌舞伎です。文化祭で披露した大人歌舞伎を見せながら説明を行います。

農村歌舞伎は素人歌舞伎ともよばれる、農民による歌舞伎です。大人歌舞伎はこの地域の城主であった甲斐宗摂の供養として始めたのが起源だと伝えられています。

そして、新たな疑問として「どのような場所でどのような時におどるのか」という疑問が出ました。

最後に、日之影の未来についてSDGsと絡めて発表しました。

GIAHS×SDGs×日之影町」をテーマに日之影町の未来について探究しました。

SDGsの17の目標を日之影町に焦点を当てて考えました。

中でも、7番の「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」では、日之影町の小水力発電所を取り上げ、わずかな水の流れと落差によって、大きい電力をまかなうことができることに着目しました。

このような取り組みから、日之影町はSDGsの最先端の町であると考えられます。


次に高森高校の発表が行われました。

高森高校では、「南郷谷役場」という仮想役場を設定して、観光局・産業局・建設局・総務局に分かれて発表していただきました。

 

観光局では、「ふるさと納税」に着目した取り組みについて、産業局では「阿蘇ジオパーク」を生かした観光への取り組みについて、建設局では、「防災」について着目した橋の建設の提案、総務局では、「子どもの偏食の増加」による手軽でおいしく野菜を食べれるレシピの考案について発表していただきました。


高校生の大人な視点に、生徒たちも真剣に話を聞き、必死でメモを取ります。



最後に質疑応答や感想を伝え合いました。


高森高校の高校生からは「こんな田舎はやく出てやると思っていましたが、この探究を通して、高森のために何かできることはないか考えるようになった」という感想が出ました。

日之影中の生徒たちも、「高校生の大人な視点や、発表のわかりやすさ、内容の濃さなどがとても勉強になった」という感想が出てきました。

 

高森町と日之影町、どちらも山の中にある町で、車で1時間ほどの距離ということもあり、親近感が出てきたようです。

共通点が多い町同士の交流は非常に得るものが多く、生徒たちも新たな視点を見つけるきっかけになりました。

来年度の「ひのかげ近未来会議」に向けて視野が広がったと思います。

 

 

高森高校のみなさん本日は貴重な機会をいただきありがとうございました。


09:30
2021/07/15

着衣水泳

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

7月15日(木) 「命を守るための授業」着衣水泳

 

今日の水泳は、1年生が着衣水泳の体験を行いました。



自分が水の事故にあったとき、あるいは遭遇したときに、命を守るための大切な授業です。

まず、水泳帽やゴーグルを取り、服を着たまま、サンダルを履いたまま、入水します。



水着を着た時とは違った体の重みや、水に浮くことの難しさを身をもって体験しました。



ペットボトルをもって浮く体験。


 

 

サンダルをもって浮く体験。

 

次に、おぼれている人をどうやって助けるか各班で検証です。

プールにペットボトルを投げこんだり、

 

数人で手首と手首を握り合い救助したり、


 

みんなで引き揚げたり挑戦しましたが、
改めてその難しさ、一歩間違えば二次被害を生む可能性があることを実感ました。

堀先生からは「まずは大人の人の助けを呼ぶこと」「絶対にひとりで助けようとしないこと」

を熱く指導され、不慮の事故に出会ったときの落ち着いた対応の仕方を学びました。

 

水難事故にあった8割以上の人が命を落としています。

水難事故から命を守るためにはどうしたらいいのか。

 

キーワードは「浮いて待て」

まずはあわてず落ち着いて、手足の力を抜いて上を向き、体を浮かせること。

自分の身を守るための貴重な授業になりました。

 


11:53
2021/07/15

新刊入荷!

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

7月14日() 新刊入荷!

 

日之影中生が心待ちにしていた新しい本が図書室にお目見えしました!


今年の大河ドラマの主人公である「渋沢栄一」さんがどんな人物で
何をした人なのか紹介している本や、
著者「論語と算盤」のマンガ版は必見です!

また、5月の選書会で生徒のみなさんから投票された本もたくさん入っています。

日之影中生に人気の「54字の物語」シリーズ、「ラストで君は」シリーズの新刊、
SDGsに関する本、生物やスポーツに関する本など、、、



新しく入った本は、なんと70冊以上!!本当にありがたいことです!

昼休み、さっそく図書室をのぞいてみると、新刊を囲んでいる生徒の姿がありました。


 

「本は心の栄養」

夏休み期間中、たくさんの本に触れて、たくさんの言葉に出会って、
心豊かに成長してほしいと思います。


11:47
2021/07/14

地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


7
月14日() 地産地消給食

 

今日は地産地消の日!

給食に宮崎県産のかんぱちとピーマンが使われていました。


「カンパチ、お刺身で食べたいです。」ある生徒がそう言いました。
そう!今日のカンパチは、刺身にできるほど新鮮なのですが、

給食では生物を提供することができないため、今回はあんかけにしています。

 


給食室では、カンパチ一切れ一切れに下味をつけて、片栗粉をまぶして、揚げています。

あんかけに使われているニンジンやピーマンもすべて手作業で切っています。

スライサーは使いません。

 

そして、今日のカンパチは、一切れなんと、、、447円!

それを知った子どもたちはビックリ!

給食のありがたみをかみしめながら、食べました。

 

肝心のお味はというと、、、、

生徒のこの幸せそうな表情から、伝わるでしょうか。









カンパチの外はカリッと、中はふわっと肉厚で、とても美味でした。

給食を食べ、お腹も心もいっぱいになり、午後も勉学に励みます!

 

日之影中学校の給食は手間と愛情たっっぷり、自慢の給食です!

いつも美味しい給食ありがとうございます。


16:50
2021/07/09

7月8日(木) 薬物乱用防止教室

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

7月8日() 薬物乱用防止教室

 

 

 

本日の6校時に薬物乱用防止教室を行いました。

 

 

講話の前に保体給食委員長の後藤美夢さんが、最近の覚せい剤で捕まったニュースや、薬物が原因となって起こった「アヘン戦争」について触れ、
さらには、学習委員長の本田香澄さんにアヘン戦争についての説明を求めるなど、教師顔負けの素晴らしい司会をしてくれました。

(ちなみに美夢さんの夢はIT関係の職業に就くことだそう。将来が楽しみです。)



今回は、高千穂保健所の三浦尚子さんを講師に招いて、話をしていただきました。

 

 

病院でもらった薬でも、決められたルールを守らず間違った使い方をすれば薬物乱用になること、薬物と知らずに持っているだけでも法律で罰せられてしまうこと、薬物は強い依存性があり一回の使用で人生を狂わせてしまうこと、などの話がありました。


 

 

真剣にメモをとり、聞いていました。

最後に、親しい人から薬物使用を誘われたとき、具体的にどう対処するのか話し合い、代表者に実演してもらいました。


 

 

「勉強ができるようになるよ」「痩せることができるよ」「気分がすっきりするよ」
いろんな甘い言葉で誘惑してくるかもしれません。

そのとき、自分ならどうしますか?

薬物乱用で失うものは、成長、夢、希望、あらゆる自由。
その人の人生はもちろん、家族やまわりの大切な人たちまで深く傷つけます。

 

家族、友達、先生、地域の方々…
数多くの人が日之影中生の未来がよりよいものになるように願っています。


 

 

生徒が書いたメモの一部です。今回の授業で生徒たちは改めて薬物の正しい知識と薬物乱用の恐ろしさを痛感したと思います。

 


 

 

講師の三浦尚子様、ありがとうございました。

 

 

 

 



14:16
2021/07/08

7月8日㈭ 地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

78日(木) 地産地消給食


本日は、地産地消給食の日でした。


メニューは、「地頭鶏の親子丼」、「ちりめんのあえもの」です。

大きいおかずに、地頭鶏としいたけが、小さいおかずに、きゅうりが地元の食材として使用されています。


地頭鶏の親子丼は、しいたけと地頭鶏のうまみが染みこんでいて、夏バテでもたくさん食べられる優しい味でした。


ちりめんのあえものは、ひんやりさっぱりした味付けで、きゅうりのシャキシャキという食感が楽しめます。

 

 

食べ終わった後は、はみがきを行います。




じめじめとした梅雨が続き、気温も高くなってきた中、地元の豊かな自然で育った栄養満点の食材でできた、おいしい給食のおかげで夏バテせずに生活することができています。

 

食材の生産者の方々、給食を作ってくださる調理員の方々に感謝しながら、たくさん食べて大きく成長してくださいね。



18:23 | 学校の様子
2021/07/07

7月7日(水) 日之影中農業クラブの収穫

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

77() 

日之影中農業クラブの収穫

 


日之影中学校では最近、農業クラブ(非公認)が堀先生のもと発足されました。

 

はじめは2年生の陽菜美さんが、堀先生とふたりで育てていましたが、
いつの間にか陽菜美さんを手伝おうと昼休みに集まる人数が増え、
(それも学年を問わず入会希望者が続出)

 

今では農業クラブのメンバー数は二桁を超えているのではないかと思います。



農業クラブのメンバーは、お昼休みなどの時間を使って水やりや草抜きをしたり、

栄養剤を与えたりと、毎日一生懸命に野菜のお世話をしています。


今日は4月の終わりに植えたトマトたちが赤く色づいていたので収穫してみました。


ちなみに陽菜美さんはトマトが好きではないそうなので、
男子生徒二名がトマトをたくさん食べてくれました。



彪雅くんは歯磨き後で少し変な味だったようですが、そのあともたくさん食べてくれました。




トマトが大好きな蓮人くんは「おいしい!」と、
中玉サイズにも2つ3つとかぶりついていました。


トマトの他にもナス、おくら、にがうり、ピーマンなどたくさんの夏野菜たちが次々と成長しています。


日ごろ口にしている食べ物が、どれほどの時間をかけ、どのように作られ、
自分たちの食卓に並んでいるのか、野菜の成長を間近に感じながら、多くの事を吸収してほしいと思います。




にがうりも、もう少ししたら収穫時期を迎えそうです。


その時は彪雅くんが味見してくれるそうですので、
またどのような表情を見せてくれるか楽しみにしておこうと思います。




 

 

 

 

 

 

 



16:47
2021/07/07

7月6日㈭ 読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

76日(火) 読み聞かせ

本日は、月に1回の読み聞かせが行われました。

1年生には新名さんが読み聞かせをしてくださいました。

 

身を乗り出して、真剣にお話を聞きます。


2年生には、津隈さんが読み聞かせをしてくださいました。


集中してお話を聞きます。


1学期最後の読み聞かせとなりました。
夏休みも様々な本と触れ合って、自分の世界を広げていきましょう。

 

 

 



07:49 | 学校の様子
2021/07/06

6月25日(金)1A伝統文化体験

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


6
25()A伝統文化体験

 


今日の総合では、日之影町の伝統文化であるわら細工と竹細工を体験します。

校外学習の「日之影探訪」にに引き続き、
郷土である日之影の魅力をじっくりと味わっている1年生です。

 

竹細工のグループと、わら細工のグループに分かれ今日は一年生をご指導いただきます。

 

 

わら細工の班では、わら細工たくぼさんが縁起物の作品を持ってきてくださったり、
わら細工についての説明をしてくださいました。



 



また、将来の夢や、大人になった時の生き方、暮らし方についてや、

「自分の人生で時間をかけて取り組むなら何をしたいだろうか。」など、
「将来仕事に就いたとき、この仕事素晴らしいでしょ?と誇りを持って言えるようになりたいよね。」
と生徒と対話をしながら、夢や将来についての話もしてくださいました。



一人ひとりを回りながら指導してくださっている様子です。





どんどん形になっていくのが面白いようで、みんな集中して作っていきます。




徐々にコツをつかんだ生徒たちは教頭先生に教えてあげられるほどに成長していました。



今回わら細工班が作ったのは、「むすび飾り」という縁起物です。

縄の円が人々の輪、稲穂は実りを表しているそうで、
たくさんの人たちの輪の中で、実り多き人生になるよう願いを込めた飾りです。





立派に出来上がり満足そうな笑顔です。

 


竹細工班では竹の扱いに苦戦しながらも、2年生も作った竹かごに挑戦します。


竹が思っていたよりも固く、曲げるのが難しかったと言う生徒も多くいましたが、
その分竹細工を自在に操る小川さん達の職人技を見て、
「すごい!」と改めて尊敬の念を抱いていました。










丁寧なご指導のおかげもあり、しっかりとした竹かごに仕上がっていました。






最後にお世話になった講師の方々と、
完成した作品と一緒に記念撮影を行いました。




竹細工職人の小川さん、榎さんと。


 


わら細工たくぼの山木さん、佐藤さんと。



ただ日之影の伝統工芸を学ぶだけではなく、今回の経験を通じて、
自分にじっくり向き合う大切さも教えていただく貴重な時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


08:41
2021/07/06

6月30日1年総合「日之影探訪」を経ての学習経過

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者



6月30日1年総合

「日之影探訪」を経ての学習経過

 

1年生は先日の624日に、「日之影探訪」と題し、
郷土の歴史・文化や自然に関することを学んできました。


スクールバスで学校を出発し、まずは見立の英国館へ。


イギリス人に合わせた造りの建物の説明や、昔は鉱山があり、
栄えていた頃の見立地区の貴重な映像など興味深く観察していました。










次に向かった場所は七折用水取水口です。

普段は立ち入り禁止の場所なので、もちろん取水口に行くことは初めての生徒たち。
透き通った水に感動し、またその水の勢いに圧倒され、
日之影の七折地区に水を運んでいる仕組みや管理の方法などを詳しく教えていただきました。









戸川石垣の村では、日本一の高さの石垣が日之影町にあることに嬉しくなり、

絶景の棚田の風景に思わず目が奪われます。








深角地区地域交流センターでは団七踊りの歴史をお話しいただきました。

仇討ちの話だったという事を初めて知った生徒も多く、驚いていました。






最後に大人歌舞伎の館に行き、大人地区で演じられるようになるまでの歴史を教えてもらいました。






衣装部屋にも入らせていただき、昔の台本や、刀やかつら、着物など
貴重なものを実際に見ることができ大興奮の様子でした。




そして今日の総合では、日之影探訪で学んできたことを班ごとにまとめ、
さらに自分たちが今後探求していきたい、深めていきたい内容を発表しました。





案内をしていただき、説明を聞く中で「初めて知ったこと」
「疑問に思ったこと」「もっと調べたいと感じたこと」などを分類わけしていきます。


 

他の班の考えと自分たちの班の考えを比べ、興味深そうに発表を聞いていました。



同じ場所を回りましたが、各班での着目点の違いが面白いです。

これからどのようなテーマで探究を進めていくのか楽しみです。






08:26
2021/07/02

6月24日(木) 3年生フィールドワーク

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


6月24日(木)
3年生フィールドワーク

 



3年生が「ひのかげ近未来会議」での発表に向けて、フィールドワークを実施しました。


「観光業の活性化」班


生徒たちは「日之影を外と中から見てみよう」というテーマを掲げ、
高千穂町と日之影町の観光協会や観光スポットを訪れました。



高千穂観光協会の方に高千穂の観光について教えてもらい日之影

の観光をさらによりよくするための方法を考えることができました。






たくさんのお店にアンケート置いてもらい、
日之影町の観光活性化につながるような参考になる意見がたくさん書いてありました。

アンケート結果をもとに、これからもっと日之影をより良いものにしていきたいです。






高千穂峡でインタビュー調査を行いました。

優しい方ばかりでたくさんの意見を聞くことができました。
観光客の方たちの意見を参考にさせていただき、日之影をよりよい町にしていきたいです。




あまてらす鉄道ではトロッコに乗ることができました。

意外とスピードが出ていてとても楽しかったです。



重信さんのところに行きました。YouTubeのことなど

教えてくだいました。最後に全員サインを貰いました。




「児童福祉の充実」班


生徒たちは「教育面の児童福祉を最大限活用するためにはどうすればよいか」というテーマで
町役場(町民福祉課、教育委員会)と宮水小学校を訪れ、調査活動を行いました。

ですが、このテーマの裏には日之影町でより良い暮らしをしてほしいという想いがあることに気づき、
「子供とその保護者が暮らしやすい町にするためにはどうすればよいか」というテーマに変更をしました。





宮水小学校では、6年生と日之影町の児童福祉の課題やその解決策について一緒に話し合いました。

小学生と対話をすることで、自分たちだけでは気づけなかった新たな視点を見つけることができました。
また、特別支援学級の先生にも様々なお話を聞くことができました。



宮水小学校から役場まで歩いて移動しました。
天気もよく、すぐ近くなので楽々です


役場の方々にお話を伺ったり、新しくできた図書館を見学したりしました。





「農業の振興」班


生徒たちは「農業のやりがいや楽しさと苦労を知ろう」
というテーマを掲げて、2軒の農家を訪れました。




森山さんは、息子さん夫婦と家族経営で農業を営んでいらっしゃいます。

数多くの野菜を栽培されており、おいしそうなアスパラガスをいただきました。

生徒の質問には「農業は辛いと感じたことはありません。野菜が成長し収穫する時、
お客さんから『おいしかったよ』と言ってもらった時にすごくうれしいから。」と答えていただきました。





生徒たちが質問すると、「しいたけと栗」が主要な収入源であることが分かりました。
そこで急遽、しいたけ栽培場まで移動します。

メンターである桝田さん(農林振興課)からも、町の補助などについて説明をいただきました。
「野菜」が主な収入源だと予想していた子どもたちにとって、新たな学びとなりました。




鹿の角を発見!意外に重かったです。




森山さん、ありがとうございました。

 

 


次に本田孝枝さんの家に移動し、JAに出荷するナス農園で農業体験をさせていただきました。






ナス栽培の説明を受けて、ナスを支える棒を1本ずつ引き抜く作業をします。
「腰が痛い」「この作業を1人でするのは大変」と
生徒たちは農業の大変さを身をもって感じたようです。




きれいでおいしそうなナスです。






生徒たちの質問には「虫や病気から野菜を守ることが大変。農薬すべてがダメではなく、
安全基準をしっかり守っているので、安心して野菜を食べて欲しい」と答えていらっしゃいました。

「夫や子どもに野菜をおいしく食べてもらって、健康に生きている今があります」
と農業のすばらしさも教えていただき、生徒たちの学びが広がりました。ありがとうございました。



「林業の振興」班


生徒たちは「林業のイメージ(きついなど)が本当か体験してみよう」
というテーマを設定して、伐採現場と製材工場を訪れました。






造林について説明していただき、体験します。
日之影町で初となる経営管理制度を利用している山林で、循環型林業のスタートになる過程です。






重機と山林に張り巡らされたワイヤーを使って木材を伐採する様子を近くで見学しました。





めったに見ることができない現場で、生徒たちは
林業についてさらに興味が高まった様子で
「見学できて楽しい」「林業ってすごい」と感想を述べていました。

次に、「もくみ」に移動して、製材工場を見学します。





社長さんから工場の機械や作業工程について説明を受け、いざ見学開始です。





製材工場には多岐にわたる工程と機械があることを学びました。

「ボイラーはほぼ一年間24時間稼働している」ことを知った生徒たちは驚くとともに、
「木材を一切捨てることなく活用し環境に配慮している」ことに関心していました。




午後は思考ツールと付箋紙を使って、体験・調査で分かったことなどを整理していきます。

生徒たちはどんどん意見を出していきます。

どうやら中間発表やマイプロジェクトの方向性も定まったようです。




これもフィールドワーク先を調整していただいた井植さん(農林振興課)と
日之影町の企業のみなさんのおかげですね。

本当にありがとうございました。


フィールドワークでの体験・調査をもとに、
7月15日(木)に役場の町民ホールで「中間発表」を行います。

そこでは生徒たちが「町への発信」や
「マイプロジェクト(生徒自身が町に貢献する活動)」を発表します。


ぜひみなさんも町民ホールへお越しください。



 










 

 


 

 


 

 

 

 

 


12:09
2021/07/02

7月1日㈭ 選手激励式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

71日(木) 選手激励式

本日、宮崎県中学校総合体育大会の県大会に出場する、野球部と陸上部、県吹奏楽コンクールに参加する吹奏楽部の選手激励式が行われました。中窪校長先生から「地区の代表として全力を出してきてください」と激励の言葉がありました。各部の主将が、抱負を語りました。

 

〈野球部 主将  梅田龍斗さん〉

「県大会に出場できなかったチームの気持ちを背負って、県大会でベストを尽くせるように頑張ります。」


〈陸上部 主将 甲斐千尋さん〉
「目標としていた全員が県大会出場を達成できました。それぞれがベストを尽くしていい結果が残せるようにがんばります。」


〈吹奏楽部 副部長 甲斐陽菜多さん〉

「コンクールで、今まで頑張ってきた成果を出して、お客さんを感動させることができるような演奏をします。」


そして、生徒を代表して、3年生の本田香澄さんが激励の言葉を述べてくれました。
「今まで一生懸命やってきた練習の成果を代表として力を発揮してきてください。私たちは日之影町から応援しています。」



生徒の皆さん、地区代表として、学校の代表としてベストを尽くしてくださいね。


11:40 | 学校の様子
2021/07/02

7月1日㈭ いのちについて考える

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

71日(木) いのちについて考える

 

本日は、「いのちについて考える」をテーマに道徳の授業が行われました。

 

71日から、「宮崎県いのちの教育週間」がはじまりました。

それに関連して、亀井先生による全校一斉の道徳の授業が行われました。

 

初めに、「命とは?」、「生きるとは?」について考えます。



そして、赤ちゃんのエコーの動画を見て、命の尊さについて考えます。



次に、谷川俊太郎さんの「いのち」という詩を聞きました。
聞いた後、3学年混合のグループに分かれて、「いのち」に付け加えて、「生きているということ」からはじまる詩を考えました。




完成した詩は、2年生教室のすぐそばに掲示しました。
それぞれの「生きているということ」を見て、考えを深めていってほしいです。




10:25 | 学校の様子
2021/07/01

校長先生からの挑戦状!

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

7月1日(木)校長先生からの挑戦状!

 

今日の昼休み、校長室の前の廊下で生徒5~6人がワイワイ…

 

ホワイトボードの前で「こうじゃない?」「いや、でもさ、」となにやら熱く論じています。

 

(本当はもっと群がっていましたが、カメラを構えると、逃げていった恥ずかしがり屋さんも数名)

実はホワイトボードには、校長先生から数学に関する挑戦状(問題)が出されていたのです。




今日来ていたのは、1年生と2年生の男の子たちでした。

昼休みの時間も学年を超えて遊んだり、学びあったりできる仲の良さは、
他の学校ではなかなか見られない、日之影中学校の魅力だと思います。

 

ちなみに、校長先生曰く、まだ正解した生徒はいないようです。

 

さあ、正解を導き出せる日之影中生は、だれだ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


16:55
2021/07/01

6月29日 宮崎県産 真鯛がでました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

6月29日 
宮崎県産真鯛が給食にでました

 

宮崎県の水産事業の一環で、

今日の給食の食材に宮崎県産の真鯛の提供がありました。

 

お刺身で食べられる程新鮮な鯛の切り身ということでしたが、

給食で提供するということもあり、今日のメニューは鯛のホイル焼きです。




一切れが400円もする鯛ということを知り驚く生徒たちも。

にんじんやたまねぎ、えのきなどの野菜を細かく刻み、
そのみじん切りにした野菜を鯛一切れずつに丁寧にのせて、
ホイルでふんわりとひとつひとつ手包みしてと手間暇かけて調理してくださっています。

ホイルの中で蒸し焼きにされたふわふわの身からは凝縮された旨味があふれ出します。





特に2年生は、前回の調理実習でみじん切りにすることの大変さを
身をもって経験していることもあり、ありがたさとおいしさを噛みしめていました。

 



 



15:34
2021/06/25

6月24日(木) 2年総合 調理実習&竹細工・わら細工体験

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

624日(木)  2年総合 調理実習&竹細工・わら細工体験

 

24日の総合で、2年生は調理実習と竹細工・わら細工体験を行いました。

 

調理実習では、普段給食の調理を担当されている甲斐睦子さんに来ていただき、ドライカレー、春雨スープ、チーズケーキを作りました。

 

まず初めに、調理道具を洗います。


お米の準備をします。


レシピの確認をします。


調理開始です。



調理のコツも教えてもらいます。


できあがってきました。



ドライカレー、春雨スープ、チーズケーキの完成です。

ババロアは、睦子さんが作ってくださいました。


「おいしいー!」と笑顔でたくさん食べていました。



午後からは、竹細工・わら細工体験を行いました。

 

竹細工では講師として、竹細工職人の小川さんと榎さんにお越し頂き、竹細工について説明をしていただきました。

初めに、なぜ竹細工にかかわるようになったのかお話ししていただきました。

そして、一つの作品を作るのに時間がかかる竹細工は、職人の数も減っていたものの、最近では自然由来のものが再注目されたのもあり、竹細工は再び注目を集めているとのことでした。

 

なかなか体験できない竹細工作り体験ということで、生徒たちは張り切っていました。

 

今回作るのは、「四海波」という竹かごです。

教えていただきながら進めていきます




最後にチェックしていただき、仕上げをしていただきます。


完成しました。




生徒たちは、自分たちで作ったかごをうれしそうに見せ合いっこしていました。

「楽しかった。また作りたい」と笑顔で話してくれました。

 

 

わら細工では、講師として「わら細工たくぼ」から2名の方にきていただきました。

初めに、わら細工の作品でよく目にする、しめ縄の語源について説明していただきました。

次に、わら細工をつくるために、お米を栽培していることを教えていただきました。

生徒たちもお米を食べるためではなく、作品を作るために栽培しているということに驚いている様子でした。

最後に、職人の方々の人生観についてお話してくださいました。



わら細工について説明を受けた後、制作に入ります。
今回は「祝亀」を作ります。亀が長寿の象徴であるため、縁起物としてお祝い事にピッタリのものです。


コツなどを教えていただきながら制作を進めます。


かわいらしい亀が完成しました。

生徒たちは、できあがった亀を大切に持って帰っていました。
「家でお母さんに自慢する」とうれしそうに話してくれた子もいました。

 

今日1日で、改めて日之影町のすばらしさを実感したと思います。
体験したことを生かして、これからの日常生活につなげていきましょう。 

 

講師に来てくださった皆様、お忙しい中、子どもたちのためにご協力していただき、誠にありがとうございました。

 


17:07 | 学校の様子
2021/06/24

校外活動

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
6月24日(木)1年生日之影探訪 3年生フィールドワーク

今日は1年生日之影探訪、3年生はフィールドワークで校外学習を行います。

 

まずは1年生が出発しました。

日之影の良いところをたくさん発見してきてくださいね。








次に3年生。

4つの班に分かれて、農業や林業を実際に体験したり、現地の人から話を聞いたり、
それぞれの課題解決のためのヒントを求めて、いざ出発です。

【農業班】




【林業班】

 

【観光班】

 

 

 

 

【児童福祉班】

 

役場の方々、現地を案内してくださる方、バスの運転手さん、たくさんの地域の人の協力をいただいて、
今日の活動ができることに感謝し、校内の授業では決して学ぶことのできないたくさんのことを
吸収してきてほしいと思います。

 

気を付けていってらっしゃーい。

 

 


13:17
2021/06/22

プール開き

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

6月21日(月)プール開き

待ちに待った「プール開き」今日は2年生が入りました。

自分たちできれいにしたプール。真っ青な空。緑のきれいな山。

 

天候にも恵まれ、絶好のプール日和となりました。

 

ソーシャルディスタンスを保ちながら、入水します。


今年もプールには、すてきな笑顔が戻ってきました。


元気な声がプールに響き、マスクなしで見るみんなの弾ける笑顔に
こちらまで笑顔になります。


コロナ禍で水泳学習ができない学校もある中、水泳ができることに感謝しながら、
コロナ対策、安全対策に十分気を付けて学習を進めていきたいと思います。



09:03
2021/06/21

06月16日㈬~6月18日㈮ 期末テスト

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

616日(水)~618日(金)  期末テスト

 

616日から18日にかけて、1学期期末テストが行われました。

特に1年生は、初めての定期テストで緊張している様子でした。

 

テスト前は、新しくできた図書館を利用して勉強している姿が見られました。

日之影中の多くの生徒が図書館を利用して勉強を進めているようです。

 


テストの返却も始まりました。やり直しをしっかり行い、苦手分野の克服、得意な分野を伸ばしていきましょう。

 

これからも本を借りるのはもちろん、勉強のためにも利用して、素晴らしい図書館を最大限活用していきましょう。


 


11:33 | 学校の様子
2021/06/18

6月15日(火)全校集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

615日(火)全校集会

 

本日の全校集会で先日行われた西臼杵地区中学校総合体育大会での各部表彰を行いました。

軟式野球部は見事優勝し、表彰状と優勝旗を校納しました。





陸上部では男女総合 3位の表彰を受けました。

陸上部では個人の入賞者も多く、大活躍の結果でした。

丹波愛結さん、甲斐千尋さん、甲斐百華さん、福川裕菜さんの4×100mR では、

西臼杵共通女子第1位 5732という結果を残しました。

キャプテンの甲斐千尋さんと、リレーメンバーの代表として甲斐百華さんが登壇しました。







校長先生からのお話では、試合はもちろん、あいさつや準備、
後片付けなども真面目にしっかりと取り組んでいる
本校生徒たちの姿が印象的だったと話されました。


日之影中学校の生徒としての自覚をしっかりと持ち、
他校の生徒や今回の大会に関係してくださっている方々への
感謝の気持ちを忘れず行動に移せていることが、とてもうれしく感じます。

 

どの生徒も今まで練習してきた力を精一杯に出し、試合に臨めたのではないでしょうか。

すべての会場を回ることが難しく、撮影できていない部活動もありますが、
教頭先生が大会の様子を撮影してくださいましたので、ご紹介いたします。


 
















今日でテストも終わり、部活動も再開しましたね。

テストのやり直しや、見直しをしっかりと行うことで苦手分野を克服し、
これからの学習に生かしていきましょう、
部活動にもまた力を入れて取り組んでいきましょう。

 

野球部、陸上部は県大会に向けて、更にパワーアップしていきましょう。


外部指導者様、また応援などご協力いただきました保護者の方々、大変ありがとうございました。






16:20
2021/06/18

6月15日(火曜日)1A総合

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

615日(火曜日)1A総合

 

来週の24日(木)の総合の時間に、1年生は「日之影探訪」という名の校外学習に出かけます。

自分の住む日之影町の自然や歴史・文化などを改めて学び、
郷土に対する理解を深めるための探究活動です。

今日は、事前指導として特別に日之影町観光協会の方にお越しいただき、
日之影の良さについてのお話をしていただきました。






日之影町観光協会から来られた、長澤さん、矢澤さんのお二人は、
今年度地域おこし協力隊として遥々東京から日之影町に来てくださいました。

東京から日之影町に来てみて魅力的に感じたこと、生徒と対話しながら話してくださいました。



「東京に住んでいた時、騒音がうるさくて眠れない時には
 わざわざ癒される「虫の声」や「鳥のさえずり」を検索してまで聴いていたのに、
 ここでは当たり前のようにその音が聞こえてくる。」



日常の情景が当たり前のようで当たり前ではないという話など、
日之影町から出たことのない生徒たちは、とても新鮮に感じたことでしょう。


東京など都会での暮らしと比較しながらの話を興味津々に聞いていました。




ゆったりとした静かな空気が流れていること。


周りを見渡せばたくさんの緑があること。


誰かと会うと気持ちよくあいさつを返してくれること。



いままでの日常が有難いことだったと気づけたようでした。




「日之影町の事をなんとも思っていなかったけど今日の話を聞き、
自分の故郷に自信が持てて嬉しくなった」と感想を話してくれる生徒もいました。


一歩離れた外からの視点を持つことは案外難しいものですね。



来週はバスに乗り、いよいよ校外学習です。


そちらの様子もまたお届けいたしますのでお楽しみに。



 


16:05
2021/06/14

西臼杵地区中学校総合体育大会結果

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

■6月14日(月)
西臼杵地区中学校総合体育大会結果(個人3位以上)

陸上

1日目 6月12日(土)

100mハードル 甲斐百華さん 優勝  大会新記録

1500m 甲斐千尋さん 優勝 

砲丸投げ 福川裕菜さん 優勝8

200m 丹波愛結さん 2位      

馬崎夕姫南さん3 

200m1  鶴留颯人くん 5位 

3000m 橋本翔くん 2位 

 

2日目 6月13日(日)

80mハードル 濱田楓姫さん 優勝 大会新記録

800m 甲斐千尋さん 優勝 

100m3年 丹波愛結さん 2位 

         甲斐百華さん 3   

100m2    濱田楓姫さん   3

100m1年  山本紗葵さん  優勝

     馬崎夕姫南さん2 

100m1年 鶴留颯人くん 3

1500m2   松本彪雅くん3

×100mリレー 甲斐千尋、丹波愛結、甲斐百華、福川裕菜 優勝

総合 3位

 


18:25
2021/06/14

2年生:目に優しい生活

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
 2年生:目に優しい生活

2年生は先週、目に優しい生活について考えてから、各班で視力回復のための取り組みを頑張っています!

   【遠くの木をよーく見つめる】

   【動かす指を目でゆっくりと追う】

2年生の真優さんが、タブレットを使って、視力回復トレーニングのやり方を分かりやすく資料にしてくれました。

みなさんもぜひやってみてください。
視力回復トレーニング.pdf

ほけんだより~2年生特別号~発行しました。
ほけんだより~2年生特別号~.pdf

 

 

 

 


16:57
2021/06/11

3年総合

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

6月10日(木) 役場職員の方々との協働学習

3年生は、ふるさと日之影をよりよくするために、「児童福祉」「農業」「林業」「観光」の視点から、探究活動を行っています。 

 



今日はメンターの方々をお招きして、班ごとに今までの探究活動で調べ、分かったこと等、進捗状況について発表しました。

 
 

 

今日の発表に至るまでに、より見やすい発表パネルに作り替えたり、強調したい部分は擬音語や抑揚を付けたり、時にはユーモアを加えたり、、、

聞く人の立場を意識しながら、発表の準備をしてきました。

発表後、各班のメンターの方々と意見交換を行いました。
 

メンターの方からアドバイスをもらったり、生徒側から質問したり、どこの班も白熱したトークが続き、メモする手が止まりません。

 

最後に各班からの報告を行いました。
 

どの班も拡大機能を使いながら、ペンで色をつけながら、発表するので、分かりやすい。こういうことをササっとできる日之影中生、さすがです。

 

今回の協働学習で、新しい疑問を持ったり、違った視点に気づいたり、そもそも「なぜ観光客を増やしたいのか」「なぜ山はこのままではだめなのか」といった原点に立ち返って考えたり、とても濃い時間となりました。今後の探究活動の見通しも持つことができたのではないでしょうか。

 

協働学習終了後にメンターの方々と。

 
 
みんな素敵ないい笑顔です。

6月24日には、校外に出て調べ学習を行います。

目で見て、肌で感じて、身をもって体験して、現地でたくさんの人たちと対話して、さらに深い学びにつながることでしょう。

 

 

3年生のさらなる進化に目が離せません。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



09:19
2021/06/10

6月10日(木)地産地消給食&カミカミデー

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

610日(木)
地産地消給食&カミカミデー

今日の給食は、かみかみちりめんあえ、おいしさぎゅっと丼、牛乳です。



5日間続いたカミカミデーも今日でラストとなります。

また、今日は月に一度の地産地消給食の日も重なり、スペシャルなメニューです。




今日のカミカミメニューは、「かみかみちりめんあえ」です。

きゃべつや人参、きゅうりなどと一緒に歯ごたえのある食材としてちりめんじゃこが入っています。




おいしさぎゅっと丼の具を麦ごはんにかけていただきます。



地域の食材として、高千穂牛、ピーマン、しいたけが入っています。

柔らかい高千穂牛に味がしっかりと染み込んでおり、
思わずかきこみながら食べている生徒たちが多くいました。




他にも人参、千切り大根やごぼうなども入っており、
まさにおいしさがぎゅっと詰まったメニューでした。

思わず笑顔もこぼれてしまいますね。


おいしく給食をいただいた後は、恒例の歯磨き指導です。




 

毎日の習慣をしっかりと身につけ、

家に帰ってからも学校での指導を思い出し、丁寧な歯磨きを続けてくださいね。





 



16:14
2021/06/09

6月9日(水)カミカミデー

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

69()カミカミデー



 

今日のカミカミメニューは、小さいおかずのカミカミえだまめサラダです。





サラダの味付けにはオリーブオイルと薄口しょうゆ、砂糖、お酢、塩コショウと
シンプルな味付けですが素材の味がしっかりと感じられ、皆さんパクパク食べていました。







今日の給食は米粉パンから、麦ごはんに急遽変更となり、

ちゃんとごはんのおかずになるようにと、いつものビーフンの味付けを変更し、

昔ながらの醤油とソース味の炒めビーフンへと調理の変更もしてくださいました。




いつもと違う味付けの炒めビーフンが食べられて、逆にラッキーでしたね。

エビや豚肉、たけのこ、きゃべつ、人参など具沢山でしたね。

明日でカミカミ週間は最終日となります。


 

鏡に映る様子を見ながら丁寧に磨いていきます。

給食後の歯磨きもばっちりですね。

 

明日の給食はどんなメニューが出るのでしょうか。楽しみです。






17:27
2021/06/08

本日のかみかみデー

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

68日(火)

本日の「かみかみデー」

今日のかみかみメニューは「かみかみとりからネギソースあえ」です。



鶏肉、れんこん、ごぼうとネギをあえたメニューになっています。

ごぼうやれんこんのコリコリとした食感がとてもおいしいです。

 

生徒たちもおいしそうに給食を食べていました。




給食後の歯みがきもしっかり行います。




しっかり噛んで、しっかり磨いて、歯を大切にします。

明日もまだまだかみかみデーは続きます。明日もお楽しみに。


16:36 | 学校の様子
2021/06/08

6月8日(火)読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

68()読み聞かせ



今日は月に一度の読み聞かせの日です。



2年生には新名さんが、「ひろしまのピカ」という絵本を。

広島の原爆体験について描かれた絵本を紹介してくださいました。




後世に伝え継ぐべき悲惨な原爆の記憶。

「この当時、私は5歳くらいだったかな…」と
戦争を知らない世代の生徒たちにも身近に感じやすいように話してくださいました。




どんなに時がたっても、消して忘れてはいけない大切なお話しに、生徒たちも集中して聞き入ります。

 

1年生では、津隈さんが明後日の610日は「時の記念日」である事にちなんで、
「時間」にまつわるものを紹介してくださいました。

日本初の時計が鐘を打った日が610日だったことから制定されたようです。

時を告げる鐘といえば、延岡の城山の鐘は140年以上もの間、今でも延岡市民に「時間」を告げてきています。

延岡の城山公園内には日本でも有名な歌人である牧水の歌碑も建立されています。





それにちなみ、牧水の事を紙芝居にしたものを、
お孫さんである絢音さんと一緒に読んでくださいました。




他にも牧水が歌う素朴で温かい歌を小・中学生にもわかりやすく編集しなおしたかるたや、
「時間」にまつわるもので、イギリスの絵本、
童謡でも有名な「おじいさんの時計」を絵本にしたものなどたくさん紹介してくださいました。





「時間を大切に使いましょう」と日々の過ごし方について絵本を通じて生徒たちに呼びかけました。


期末テストも近くなってきました。

今一度、限りある大切な時間の使い方について考えながら一日一日を大切に生活しましょう。





13:20
2021/06/07

本日の「かみかみデー」

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

67日(月)

本日の「かみかみデー」

 

本日の給食も、かみかみデーです。



今日のかみかみメニューは、「かみかみたくあんあえ」です。

キャベツときゅうりの中に、たくあんが混ざっていて、たくあんの塩気とシャキシャキとした食感が楽しめます。

 

生徒たちに感想を聞いたところ、「シャキシャキとした食感があってとてもおいしかった」とのことでした。






もちろん、歯みがきも忘れません。



前のほうで、歯の模型を使って磨き方の確認をしながら歯みがきを行います。




よく噛んで、しっかり磨いて、歯の健康を保ちます。

 

明日もかみかみデーは続きます。明日のメニューもお楽しみに。



14:53 | 学校の様子
2021/06/05

中体連速報

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
6月5日(土)
西臼杵地区中体連速報

 ソフトテニス団体戦
  日之影3-0上野
  日之影2-1五ヶ瀬
       日之影1-2高千穂
  日之影1-2五ヶ瀬中等
   3位
 女子バスケットボール
  日之影・五ヶ瀬35-51高千穂
 男子バスケットボール
  日之影36-75高千穂
  日之影30-95五ヶ瀬中等
 軟式野球
  1回戦 日之影5-3五ヶ瀬
  決勝戦 日之影10-5高千穂
  優勝
12:17
2021/06/04

6月4日 視力回復について

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

64日(金)  
視力回復について

本日は、2年生の総合の時間に養護教諭の竹村先生による、視力回復について授業が行われました。

タブレットが導入されてから、学習がより豊かなものになっている反面、視力低下の心配もあります。

そこで、「目に優しい生活を心がけよう」をテーマに、視力回復について探究学習を行いました。

 

まずは、1年生のときの視力の結果と2年生の時の視力の結果を比べてみました。





比べてみると、視力が悪くなっている人がかなり多いことがわかりました。





次に、事前アンケートで目について質問した結果を共有しました。

 

視力が落ちている自覚がないようで、「目が見えにくいなぁ」、「疲れているなぁ」と感じている人は少ないようです。

しかし、目に優しい生活について考えたことがある人は半数くらいいたようです。
そして、目に優しい生活を送りたい人がほとんどのようです。




そこで、視力が低下した原因を考えます。

最初に個人で考えて、次にグループで話し合います。





みんなで原因を共有した後、どうしたら視力が回復するか班ごとに仮説を立てます。



そうして調べたことをもとに、仮説が正しいかどうか検証するために、1か月間、班ごとに行う取り組みを決めました。

1か月後の7月に視力検査を行い、視力が回復もしくは維持できているかどうか検証します。

生徒のみんなが考えた視力回復の取り組みは果たして効果があるのでしょうか!?

1か月後が楽しみですね


 

 


 


18:11 | 学校の様子
2021/06/04

6月4日(金)「歯の衛生週間」と「かみかみデー」

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

6月4日(金)
「歯の衛生週間」と「かみかみデー」

今日の給食はかみかみデーです!


 

日之影町の給食では「かみかみデー」が月に一度設定されており、

歯ごたえのある食材をメニューに取り入れた給食が提供されています。





今日のかみかみメニューは、「かみかみ千切り大根ごはん」です!

ひじきご飯の中には、ほどよく味付けされた千切り大根が入っています。

他にも、こんにゃく、昆布、青豆、鶏肉など具材がたっぷり入って、味も噛み応えも抜群です







ところで皆さんは「噛む」ことにはたくさんのメリットがあるということをご存知でしょうか?



・ゆっくりよく噛んで食べることで、食べ過ぎを防ぎ、肥満防止につながります。


・食べ物の形や固さを感じることができ、味がよくわかるようになるなど味覚が発達します。


・口の周りの筋肉をよく使うことで、あごの発達を助け、
 表情が豊かになったり、言葉の発音がきれいになったりします。


・身体が活発になり、力いっぱい仕事や遊びに集中できます。


・よく噛むと、唾液がたくさん出ます。
 唾液には食べ物のカスや細菌を洗い流す作用もあり、むし歯や歯肉 炎の予防につながります。



このように、「噛む」ことで体にはたくさんの良い影響があるのです。

 

また、6月4日は6(む)と4(し)の語呂合わせで、「むし歯予防の日」と言われています。

6月4~10日までの1週間は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科協会などが「歯の衛生週間」を実施しています。




それに合わせて給食後の歯磨きも丁寧に指導を行います。

歯の模型を使いながら、磨き方、磨く場所の指導を行っているところです。




お手本を見ながら、みんなで丁寧に磨いていきます。

いつまでもきれいで健康な歯を保ち、おいしくご飯をいただきたいですね。




「歯の衛生週間」合わせて、6月4日の今日から10日まで「かみかみデー」のメニューが毎給食に一品出されます!

月曜日のかみかみメニューもどうぞお楽しみに!








17:55
2021/06/04

6月3日(木)心肺蘇生法・AED講習

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

6月3日(木)

 心肺蘇生法・AED講習


今月水泳学習が始まるのを前に、先生方で
「心肺蘇生法・AED使用法」の講習を行いました。



西臼杵広域消防本部の高見さん、日之影町女性消防団の興梠さんに来ていただき、説明を受けました。



その後、実際に日之影中学校のプールで事故が起こった場合を想定し、
全職員が心肺蘇生法の実演とAEDを操作しました。






生徒の皆さんが安心安全に学校生活が送れるように危機管理を徹底していきたいと思います。




17:47
2021/06/04

ほけんだより6月号

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

6月4日(金)ほけんだより6月号
ほけんだより6月号発行しました。
ぜひご覧ください。

6月ほけんだより.pdf
16:51
2021/06/03

タブレットのよさについて

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

6月3日(木

タブレットの活用の仕方について

 日之影中学校の生徒にタブレットが渡されてから6か月が過ぎようとしています。
生徒たちは、毎日、授業や自宅で活用しています。
キーボードを打つ速さも速くなり、また様々なソフトを使えるようになってきて成果が見えてきました。

一方、学習以外の動画を見るなど、学習に関係ない活用をしているという課題も見えてきました。

そこで、昨日(6月2日)タブレットの活用の仕方について振り返ってもらうために、集会を開きました。
まず、早田泰大先生の話から、生徒たちはタブレットのよさについての話がありました。

生徒たちから、よさについて「すぐに調べることができる」、
「意見を共有できる」、「自宅で学習の続きができる」などの意見が出されました。
そして、「活用次第でメリットが大きくなることも、デメリットが大きくなることもある。
みなさんには、ぜひ前者であってほしい」と話されました。

次に、亀井章人先生からタブレットを配られた当初のルールについて話がありました。
日之影町から借りていること、学習に活用すること、
安心して使うために、ダウンロードしない、個人情報を流さないことなどの話がありました。

生徒たちは改めてタブレットが配られた当初のことを思い出したようでした。
有意義に活用しなければならないと思った集会でした。




07:39
2021/06/02

選手激励式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
選手激励式 6月2日(木)

今日は、5日(土)から始まる西臼杵地区中学校総合体育大会に向けて選手激励式がありました。3年生にとって、最後の大会になってきます。中窪校長先生から、「練習の成果を試合で出すこと。そして、負けないという気持ちを持つこと。」と激励の言葉がありました。各部の主将が、大会に向けて抱負を語りました。

 

〈ソフトテニス部主将 本田 香澄さん〉

「コロナの影響がある中、練習を工夫して頑張ってきました。支えてくださった方々に感謝し、一生懸命頑張ります。」


〈野球部主将 梅田 龍斗さん〉

 「秋の大会で勝てなかった悔しさをばねに、支えてくださった方々に感謝し、大会で勝てるように頑張ります。」


〈陸上部主将 甲斐 千尋さん〉

「コロナの影響で様々な大会がなくなってしまった中、中体連が開催されることに感謝し、全員が県大会に進むことを目標に頑張ります。」



〈バスケ部主将 岩本 継夢さん〉

「秋の大会は人数が足りず出場できなかったため、仲間とともに大会に参加できることに感謝し、頑張ってきます。」


〈剣道部 佐藤 真優さん〉

「1人での活動なため、普段は高千穂の高校生と練習を頑張っています。本番では1つでも多く技を出せるように頑張ります。」



そして、生徒を代表して3年生の甲斐陽菜多さんが激励の言葉を述べてくれました。

「コロナ禍で、大会があるかどうか不安な日々が多かったと思います。そんな中、大会が開催されることを信じてやってきた練習の成果を、試合で出してきてください。」



生徒の皆さん、ベストを尽くして頑張ってきてくださいね!


17:13 | 学校の様子
2021/05/21

日之影中学校体育大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

5月16日(日)日之影中学校体育大会

 


本日は第75回日之影中学校体育大会です。

今年度の体育大会は初の5月開催です。

今年のスローガンは「敢為邁往(かんいまいおう)~距離は離れているけど心はひとつ」です。

「敢為邁往」には「目的に向かって困難をものともせず思い切って、まっしぐらに進んでいくこと」という意味があります。




今年は観測史上2番目に早いという異例の梅雨入りとなり、
体育大会の練習も思うようにできませんでした。
そんな中、生徒会と代表委員会は、カウントダウンとフリーボードを生徒玄関前に設置し、
体育大会に向けてみんなの士気を高めてくれました。






また、前日には非常に強い雨が降り、
「明日の体育大会は無事開催されるのだろうか、、、。」
と生徒達もとても心配していました。

そんな中、実行委員を中心に明日の晴れを祈りてるてるぼうずが作成されました。







まさに「敢為邁往」、このスローガンのもとに全校生徒が
「体育大会を成功させたい!」と強く願い、行動した結果、
当日は前日の雨が嘘かのようなとんでもない快晴となりました。

 

気持ちの良い青空の下、両団の団長が選手宣誓を行い、体育大会が開催されました。



ジャベリックスロー・ヴォーテックスローでは、会場からも手拍子をもらい、気合いを入れて投げました。




男子200メートル、女子100メートルではどの生徒も力いっぱい走りきりました。






障害物競走では、コース途中に設置された数々の障害物に苦戦するものの、終始笑顔の生徒達でした。

サプライズで一緒にゴールまで走ってくださった来賓の方々、先生方ありがとうございます!






これまで何度も時間を割き練習をしてきた団ダンス、
楽しい気持ちがこちらまで伝わってくる素敵なダンスを両団とも披露してくれました。








全員リレーでは、今回ソーシャルディスタンスを意識するために新採用されたバトンを使用しました。
長~いバトンが登場した途端、ざわめきと笑いの起こる会場でしたが生徒たちは真剣です!




団技の綱引きは、各学年男女別に団対抗で行われます。

いつもは仲の良いクラスメイトとも、
このときばかりは敵同士!気合いが入り、闘志がメラメラと燃えています。


1年生





2年生







3年生





エンターテイナー気質の生徒が多く、綱引きの意気込みで会場は笑いに溢れました。

 

青雲橋音頭は保護者の方々や職員、来賓の方々も加わり一緒に踊ります。




日之影中学校の伝統、花輪棒体操では練習の甲斐もあって、
全員の動きがそろった美しい隊形を見せてくれました。




最後の競技種目となる団対抗リレーでは、
追い抜いては追い越され、、、と手に汗握る勝負となりました。




閉会式、解団式と最後まで晴天が続き、怪我もなく無事体育大会が終了しました。

 

その後教室に戻り、朝早く忙しい中、
お家の方が作ってくださったお弁当を生徒達はおいしそうに食べていました。








初めての5月開催と本番までの時間が無い中、
生徒達は昼休みや放課後の時間を使い、体育大会の準備や練習に打ち込んできました。

 

連日の雨や、コロナ感染症が拡大する中、
無事に開催されるのだろうかと心配された体育大会でしたが、
多くの方々のご理解とご協力もあり無事に開催することができました。


事前の奉仕作業や、当日も朝早くからのグラウンド整備、
設営にご協力頂いた保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

限られた条件の中、自分たちが今できる精一杯の力で
体育大会を盛り上げようと趣向を凝らし努力する姿や、
生徒達の最後まであきらめない意気込みに感動し、

当たり前の日常がどれ程ありがたいのかをあらためて感じることができた体育大会となりました。









 


 


13:16
2021/05/15

各教科校内掲示物の紹介(国語科)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

各教科の校内掲示物の紹介

 

各教科の授業で、生徒達が作った作品達を校内に掲示しています。

 

国語科では各学年の生徒達が作った詩を掲示しています。

ほんの一部ですが、ご紹介します。

 

1年生は、「のはらうた」を参考に、それぞれが何かになりきって詩を作りました。

 

 

 

可愛らしいイラスト入りです。


 








2年生は日常の小さな発見を詩にしました。

さらに、その詩に合う背景画像の写真を自らで撮影し文字と合わせ編集しました。












3年生では長田弘さんの「世界はうつくしいと」の詩を読み、
自分たちが日々感じる美しい情景を作品にしていました。










いかがでしたでしょうか?

どの作品も各学年一人ひとりの個性が出ています。

生徒達の目の付け所が興味深く、クスッと笑ってしまう作品や、
思わず感心させられる作品など見応えがあります。

 

本来であれば、来月に予定されていた町教育の日に、
地域の方々にも普段の授業の様子を直接見て頂きたかったのですが、
コロナ感染対策のため中止となってしまいました。

 

代わりにホームページ上で紹介していこうと思います。

時折、他教科の校内掲示物の様子も紹介していきますのでお楽しみに



 

 


11:04
2021/05/15

各教科の校内掲示物の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

各教科の校内掲示物の紹介


 

各教科の授業で、生徒達が作った作品を校内に掲示しています。

今回は英語科での取り組みをお伝えします。



2年生が教科書で勉強した内容を日之影町にリンクさせた取り組みです。




「Come to My Hometown.」

自分の住んでいる地域に観光でやってくる外国人に向けて、
「自分の行ってみたい場所」として「おすすめの○○」を紹介する英文を書きました。











鯉のぼりや、石垣の里、日之影川などについて取り上げ日之影町を紹介していました。



また、このページでは、登山のルールについての会話文が書かれています。

教科書の内容を要約したもの、また日本語訳にしてポスターにしたものを作りました。




山でのルール.pdf

Hiking rules.pdf

楽しいハイキングに行きましょう.pdf

このように一人ひとりがタブレットを自由に使いこなしています。

自然豊かな日之影町にも登山者に愛される山がいくつもありますね。

 

教科書の内容からあらためて地元の観光資源に目を向けてみることで、

自分たちの住む地域の豊かさを再確認できたようです。

 

 


 





07:47
2021/05/15

朝の読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

511()朝の読み聞かせ

 

今日は、朝の読み聞かせが行われました。

今学期に入って初めての読み聞かせの時間です。




中学校では毎月一度朝自習の時間に、「読み聞かせの時間」というものが設けられています。

地域の方々が中学校へお越しくださり、生徒達にむけて絵本の読み聞かせを行ってくださいます。





1年生は中学校に入り、初めての読み聞かせの時間でした。

静かに聞き入っています。




3年生は朝学習の時間となります。

皆さん集中してそれぞれの学習に打ち込みます。

 

読み聞かせに来てくださる皆様いつもありがとうございます。

体育大会も今週末に近づき忙しく過ごす中、充実した朝の時間を過ごせていました。









07:40
2021/05/12

5月の地産地消給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

512() 5月の地産地消給食

九州南部は早くも梅雨入りしましたね。なんと史上二番目に早い梅雨入りだそうです。

雨が降り続くと、ついつい気持ちもどんよりとしてしまいがちですが、今日も日之影中生は元気です!




今日の給食はみんなのお待ちかね、地産地消給食の日でした。

今日の献立は、高野豆腐のたまごとじ、すみそあえ、茶めし、牛乳です。

小さいおかずにゆず果汁、大きいおかずにしいたけ、ご飯にはお茶が地元の食材として使用されています。




高野豆腐のたまごとじは、しいたけの味が高野豆腐にしっかりと染みこんでいて、ほっこりする優しい味でした。

しっかり味付けをした具材の中に後から高野豆腐を入れ、たまごでとじることで味が染みこむそうです。




すみそあえはフレッシュなゆず果汁の酸味が爽やかで食欲をかきたててくれます。

緑黄色野菜もたっぷりで、みなさんもりもり食べていました!

特にこの小さいおかずは「おかわりをください!」と言ってくる生徒が多く、大人気でした。

日之影の給食のおかげで野菜が好きになりましたという生徒はたくさんいます。





茶めしは、一度煮出した釜入り茶をこんぶ出汁と一緒に炊き込んでいます。
一緒に混ぜ込まれたじゃこの香ばしい風味もたまりません

手間をかけて丁寧に作ってくださっているのであの深みのある味が出るのですね!

 

体育大会の練習で疲れた体に今日もしっかりと栄養をチャージできました!

 

魅力的な給食と健康面をしっかりと考えたメニューに、いつも感謝していただいています。

また、おいしい食材を提供してくださる生産者の方々、ありがとうございます。


私たちの元気の源です。






17:01
2021/05/07

ナオミ先生離任式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

4月27日(火曜日)ナオミ先生離任式

 

ナオミ・ファリー先生が6月の出産に向け産休に入られるため、
今日が中学校での最後の勤務となります。




ナオミ先生から生徒の皆さんへあいさつがありました。


「去年の11月からスタートし、どうやったら楽しく皆さんが
授業に取り組めるかを考えながらサポートしてきました。

皆さんは充分英語を理解しています。
もっと恥ずかしがらずにインターネットで人と、世界とつながってみてください。


今はコロナで難しいけど興味があれば留学にも挑戦してみてください。
今の時代は親の仕事を絶対に継がなければいけないこともないし、自由です。
間違っても良いから始めることが大事。
時間を上手く使って、たくさんのことにチャレンジしましょう。」




ナオミ先生は日之影中学校の生徒達は英語の文法は書くことができても、
実際の会話になると自信を持ってスピーチできる生徒が少なくもったいない!と感じ、
生徒とマンツーマンでの英会話の時間を積極的に作ってくださっていました。


ナオミ先生のおかげで最初は恥ずかしがっていた生徒も、
ナオミ先生を見かけると「Hello!」と自然に英語を話せるようになっていました。


他にも、英語がもっと身近になるようにと、
全文英語での季節新聞を作り生徒に配布する等、
たくさんのアイディアを出しながら生徒と関わって頂きました。




生徒代表の甲斐蓮心くんから

「僕たちの学年では英語の時間だけでなく、
給食の時間でも関わってくださってありがとうございます。

僕は英語で話すことに苦手意識があったけど、
ナオミ先生がフレンドリーに話しかけてくださったので、苦手意識が減りました。
ナオミ先生の発音はとても綺麗だったので尊敬します。
元気な赤ちゃんを産んでください。
We love Naomi thank you.

と、感謝の気持ちが伝えられました。




次に記念品贈呈として各学年からの寄せ書きがプレゼントされました。




二年生からの寄せ書きは缶を開けるとつながって出てくるという発想力溢れる細工が!






各学年のぬくもりある手作りのメッセージ達にナオミ先生もとても嬉しそうな表情をされていました。


最後は全校生徒みんなでアーチを作り、お見送りします。






いつでも明るくフレンドリーな性格で、
生徒達にも、私たち教師の中にもすっと溶け込み、
その場の雰囲気を楽しく和ませてくれたナオミ先生。



元気なお子さんを産んで、また日之影中学校にあそびにいらしてください!


職員生徒一同、心待ちにしております。

 












11:13
2021/04/26

日之影町教育研究指定校

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


423()日之影町教育研究指定校

 

このたび、本校が 日之影町教育研究指定校 に指定されましたのでご報告いたします。



学校教育の様々な事柄に関する研究課題にもとづき、
教育委員会から指定を受け、学校が一定の期間、調査研究に取り組み指導内容の改善を図るものです。

研究成果については,報告書の作成や研究大会・発表会の開催を通じて、他校への普及に努めます。




日之影中学校職員一同、更なる教育の充実を図り、
よりよい現場作りへと繋げていきたいと思います。








10:14
2021/04/26

体育大会結団式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

416() 体育大会の結団式がありました。

今年の体育大会は516日(日)に開催されます。

 

今年の体育大会のスローガンは

「敢為邁往(かんいまいおう)

~距離は離れているけど心はひとつ」に決定しました。



敢為邁往とは、どんな困難もものともせず、
目標に向かって自ら思い切って踏み出すという意味です。

 

保体給食委員長の後藤美優さんから

「今年の体育大会は5月に開催されることとなり、
たくさんの困難や不安がみなさんに降りかかってくると思います。

ですが、そんな困難をものともせず、新しいことに挑戦する勇気を持ち、
自ら思い切って踏み出してほしいという思いを込めて、この四字熟語に決定しました。
副題である、~距離は離れているけど心はひとつ~には、今年の体育大会も感染症予防のため、
人と人との距離を離して競技や応援をすることになりますが、
距離が離れていても心をひとつに協力して取り組んでほしいのでこの副題にしました。

たくさん大変なことがあるとは思いますが、
困難を乗り越えるとき、必ず周りに助けてくれる仲間がいるので、
協力して全員が「頑張った!」と思える体育大会にしましょう。」

 

と、スローガンに込められた思いを発表しました。

 

次に、団決定のゲームを行いました。




コロナ感染症予防の面から非接触型で行えるゲームを実行委員が考えました。

それぞれの団の回答者にタブレットが渡され、実行委員からクイズが出題されます。

答えをタブレットに書いてステージ前のモニターに同時に送信、
クイズ番組のような形式で答え合わせをします。




ヒントがほしいときは、格段のリーダー達がジェスチャーで表現してくれます。




困惑気味の回答者、、、近くに助けを求めます。






この問題での答えは「ライオン」でした。

一方の団は、ジェスチャーから上手く読み取れたようですね。

 

正解した合計点が高い方から団の色を選び、正式に各団の色が決定。




校長先生から赤団、白団の団長へ団旗が渡されました。




校長先生からは、 




「趣向を凝らした楽しい団決めでした。
体育大会の一番の目的は、生徒のみんなが主体的に自分たちで作り上げることです。
学年としての、横のつながりだけではなく、縦のつながりができてくると、絆がぐっと深まります。


一人一人自分自身が輝けるような体育大会にしましょう。

そして、その姿を地域の人や、保護者の方に是非見せてあげましょう。」
とお話しがありました。

 

 

団も決定し、体育大会への気持ちもさらに高まる結団式となりました。

体育大会まで練習日も残り少ないですが、生徒一人一人が協力して取り組み、

無事に体育大会を成功させられるように頑張りましょう。








10:04
2021/04/20

避難訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


415()6時間目に避難訓練を行いました。


今回の避難訓練は、授業中に地震が起きたという想定で行いました。

 

各教室で事前に地震が起きたときの避難の仕方などをプリントで学びます。



その後、まもなく地震が到達することを知らせるアナウンスが鳴り、身を守る行動を取ります。





頭を守り、速やかにグラウンドへ避難します。








素早く整列を行い、各学級委員長が人数の確認をして、先生に報告をします。

全校生徒が、避難開始から避難完了まで2分30秒と素晴らしい早さでの行動がとれました。



教頭先生から、今後30年の間に90パーセントという高い確率で
起こるであろうと言われている南海トラフ地震の話をして頂きました。


今回の訓練も、ひとりもふざける生徒はおらず、
話をせずに素早く行動し、グラウンドに集合できていたことから、
もし本当に学校にいるときに地震が来たとしても落ち着いて行動できるだろうと講評を頂きました。


また、生徒指導の亀井先生からは、




過去に起きた阪神淡路大震災を例に、学校での避難訓練の実施回数が増えたこと、
過去の出来事を教訓にし、震災に対する意識が日本で高くなったこと、
今は技術も発達し、ある程度地震の予測ができるようになったことなどを教えて頂きました。


また、過去から学ぶこともありますが、
それ以上に今大切なのが「備え」であること。



家に非常時の避難グッズや食べ物はあるでしょうか?



昼間に起きた震災の場合、家族との安否を確認できる、
もしもの時の連絡手段は決めているでょうか?


などのお話もありました。



いつ起きてもおかしくないと言われているこの地震について、
今一度ご家庭でも災害時の決めごとや備えを確認して頂きたいと思います。


今回、生徒一人一人が危機感を持ち行動することができました。

今日の避難訓練のように学校で避難する可能性は充分にあり得ますので、
いつでも冷静に、身の安全を考えて行動できるようにしておきたいですね。



 

 

 

 

 


13:18
2021/04/19

地産地消給食の日

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

415() 地産地消給食の日

 

今日は地産地消給食の日です!



本校を去って行く先生方が「日之影中学校の給食がもう食べられなくなるのか~」
と口をそろえておっしゃられるほど、給食が大変美味しいと有名な本校。

また、新たに赴任されて来た先生方もその美味しさに驚かれる方が多いです。

 

給食が本当においしく、趣向を凝らしたメニュー。

もちろん栄養もたっぷりで、生徒も教員も給食献立表を見ては、いつもわくわくしています。




毎日の給食もさることながら、さらに日之影町では、
地元でとれた新鮮な食材を給食で使用する「地産地消給食の日」が、月に1度設けられています。





今日のメニューはビーフライス、日向夏ドレッシングサラダ、きのこスープでした。

ちなみに今日の給食には地元食材として「高千穂牛」と、「しいたけ」が使われています。

 

地元産のしいたけの他にも、
たけのこ、大根、人参、しめじ、ねぎ、ベーコンなど具だくさんのスープ、
サラダに使われている日向夏ドレッシングはさっぱりとした爽やかな味わいで、
高千穂牛がたっぷりと入った贅沢なビーフライスなど、絶品の献立内容です!

 

中学校に入学してまもなく1週間が経つ1年生も、とてもおいしそうに食べていました。




おかわりもして、もりもり食べてくれました!




今はコロナ感染症対策の為、前向き無言給食となっていますが、

はやくみんなと机を向け合って、「おいしいね~」と楽しく笑い合える給食時間がきてほしいですね。




いつも私たちの健康と安全に気をつけておいしい給食を作ってくださっている
給食調理員の先生方や、新鮮な食材を提供してくださる生産者の方々に感謝して、

今日も元気に「いただきます!」



09:58
2021/04/19

入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


4月8日 入学式

 

 

75回日之影中学校入学式を執り行いました。





今年は29名の新入生が本校に入学しました。




中窪校長先生から新入生の皆さんへ、
これから中学校に入学し学校生活を送る上で大切にしてほしいことを話して頂きました。




高い志を持ち学校生活を送ること、何かを始めるときには失敗はつきもの、
失敗することを恐れずに挑戦すること、常に思いやりと感謝の気持ちを持つこと。




1年生を代表して甲斐恋奈さんが、新入生誓いの言葉を述べました。




小学校から中学校へと環境が大きく変わり不安な気持ちもいっぱいありますが、
成長した自分を感じる嬉しい気持ちもあります。

伝統を受け継ぐ日之影中学校は、地域にとって大切な存在であり、
私たちにとってあこがれでした。

伝統を残していくためにも、先輩方を目標に頑張っていきたいと思います。

私は、今までの12年間で学んだことを中学校でも生かしていきたいです。


1つ目の学びは、「自分らしくいること」です。

友達ほしさに自分らしさを失ったときに、家族や周りの人に

「自分らしくいることの大切さ」を気づかせてもらいました。

2つ目の学びは、「感謝すること」です。

全てのことは誰かの支えのもとで成り立っています。

日々私たちを支えてくださる人々を大切にしていき、感謝を言葉で伝えたいです。

これから私たちは未知の場所へと歩み出します。

困難があるかもしれません。

喜びがあるかもしれません。


1つ1つの思い出を学びに変え、模範となる日之影中学校生徒でありたいです。

今日から三年間、多くの体験をし、学んでいく私たちをどうぞ見守ってください。

 

中学生になり新しい環境に挑戦していく決意と、希望に満ちた素晴らしい内容でした。

 

 


生徒会副会長の甲斐航惺くんから、


 

 

 

中学校は3年間の成長をともに過ごすところであること。

勉強については、教科ごと専門の先生が教えてくれる学ぶことの楽しさや、

地域の人に支えられて過ごすことができるのも日之影中学校の魅力の1つ。

充実した中学校生活を送れるようにサポートします。

と、最高学年として、日之影中学校の代表として心強い歓迎の言葉を新入生達に贈りました。

 

 

慣れないことが多く不安な気持ちもあると思いますが、私たちがしっかりとサポートしていきますので、
これから日之影中学校の、生徒の1人として多くを学び高め合い、成長していきましょう。

 

 

新入生の皆さん、あらためてご入学おめでとうございます。




 

 


 



09:45
2021/04/16

始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

4月6日始業式

 

始業式が行われました。

 

新たな学年となり代表生徒3名がチャレンジしたいことや、決意を発表しました。


 

2年生の谷川亜沙美さんは、
将来の自分の夢に向けて続けていきたい探究活動のこと。

また、1年生の時に学習副委員長に挑戦したことを振り返り、
今年学習委員長になることができたら進行を上手に行い、
新1年生に自分の経験を踏まえながら教えてあげたいと発表しました。




3年の戸髙咲さんは、
「部活の副キャプテンとしてしっかりやりきったと達成感を味わえるように全力で取り組みたい。」
また立志式で志に選んだ「進」という文字を提示し、
「向上心を持って前に向かって突き進む1年間にし、大きく成長したい。
3年生になり「受験生としての自分」、「最上級生としての自分」を意識しながら、
自己アピール力や「伝える力」を高めていくこと、
日頃から当たり前のことを一生懸命にしたい。」と決意を述べました。



3年の本田香澄さんは、
中学校生活最後となる大会で団体・個人ともに地区大会で優勝し、
県大会で結果を残すというテニス部の部長としての頼もしい意気込みを語りました。
また、受験勉強を部活動と並行して取り組むこと、
全校学習委員長として去年取り組んだ「宅習リレー」のように、新たな取組を積極的に行い
全校生徒の学習態度を良くしていきたいと「継続は力なり」を座右の銘とし、
悔いの無い1年間にしていきたいと話しました。

 

どの生徒も、新しい学年となり、やる気に満ち溢れた清々しい表情で、全校生徒を前に堂々と発表をしてくれました。

 

その後、校長先生から全校生徒のみなさんへ3つの頑張ってほしいことが話されました。


1つ目は学力向上です。

進学や将来の夢を実現するために今後は自分をアピールする力が大切になってきます。
思考力・判断力・表現力を育てていくためにも日々の授業を通して
疑問に感じたことを解決しようとすること、これを継続していきましょう。

 

2つ目は、自分のことを好きになることです。

これは、自分のことを大切にできる人のことです。
自分を大切にできない人は、まわりの人を大切にすることはできません。
競い合って、切磋琢磨することはとてもいいこと。
競争で負けたからと、人と比べて落ち込むことはせず、比べるなら自分自身で。
己を乗り越えて昨日よりも今日と成長していきましょう。

 

3つ目は入学式についてです。

これから入学してくる1年生。
不安も多い気持ちを抱えて入学してくることを考えてあげて、温かく迎えてあげましょう。

 

どれも難しいことではありません。
今日、校長先生がお話ししてくださった事を心に置きながら、
学習面や、日々の学校生活のなかでも思い出し、行動に移してみましょう。







08:14
2021/04/14

新任式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

4月6日

新任式が行われました。

 

いよいよ今日から新学期のスタートです。

新しく赴任されて来られた先生方からのご挨拶がありました。

 

中窪 順一校長先生からは、




「初めての学校で緊張し不安な気持ちがあったが、
廊下で出会う生徒達が毎回、気持ちの良いあいさつを返してくれて、ほっとした気持ちになった。
赴任する前にこの中学校のことを知ろうと日之影中ホームページを見たところ、
「誇れる町」の作文を読み、四季折々の自然の豊かさ、家族の温かさ、伝統芸能のことなど、
みんなのことはもちろん町のことをもっと知りたいと感じた。
この町で働くことがとても楽しみです。」

と話してくださいました。

 

黒木 紗也華先生からは、



日向出身で日之影とは少し遠いですが、
友人には日之影町出身の子もいてこの町の人はとても優しい印象がある。
これからいろいろみんなと話してこの町のことをはやく知りたいです。」

と話してくださいました。

 


事務の 大塚 道生先生からは、

「この学校の綺麗に咲いている桜にとても癒やされた。
秋にはきっと紅葉など移り変わる季節ごとの日之影町を見ることができることを楽しみにしています。
生徒の皆さんとは直接関わることは少ないですがしっかりとサポートしてきます。」

と話してくださいました。


 

そのあとに、生徒代表として生徒会副会長の丹波愛結さんから




「生徒数が100人にも満たない小さな学校ですが、少人数であることが最大の強みです。

今年から5月に変更された体育大会では、昔からの伝統を引継ぎ行う種目もあり、
全校が一致団結して盛り上げますので楽しみにしていてください。
日之影町に来られて不便な事も多く、不安を感じていらっしゃると思いますが、
日之影の季節ごとに変わる景色を見ると不安も和らぐと思います。


私たちはこの日之影町が大好きです。
学校のことや町のことで、わからないことがあれば何でも聞いてください。
先生方と充実した学校生活を送りたいと思います。」


と、歓迎のことばを述べました。


 

新しく来られた先生方とぜひたくさんお話をして、
今年度も多くのことを吸収し、学んでいってほしいと思います。

これからも成長し続ける日之影中学校として、皆さんで盛り上げていきましょう。



14:22
2021/04/14

新任者あいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

新任者あいさつ

 

このたび新しく日之影中学校に赴任されました3名の先生方です。

 

中窪 順一 校長先生

小林市の小林中学校から来られました。


 

黒木 紗也華 先生  今年3月、宮崎大学を卒業されました。

2年生の副担任と、教科は社会科を担当されます。




事務 大塚 道生 先生  

日向市の財光寺中学校から来られました。




 

また、給食調理員として新たに1名、後藤 凜 さん。

 

以上の新たなメンバーを迎え、これからも日之影中学校の生徒たちを全力でサポートし、
成長を見守っていきたいと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。


14:18
2021/04/07

3月30日離任式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

3月30日 離任式が行われました。

 

今日は離任式です。

3月30日をもって、3名の職員が本校より離任されます。

 

事務から、髙塚 明美 先生 

門川町立門川中学校に転勤されます。



日之影中生徒にはとても良いところがたくさんある。
挨拶の良さ、すなおさ、郷土を愛する心にとても驚かされた。
これからもそれを大切にしてほしい。

また、日之影町の風景や人、食べ物すべてに心身共にとても癒やされた日々でした。
と、最後まで本町での勤務された日々を名残惜しんでくださいました。

 


結城 真一郎 先生 

都農町立都農中学校へ転勤されます。



自分の限界を決めないこと、いろんな人がいるけれど、
人と違うところを認め合って協力し合って生きていってほしいと、
いつでも生徒指導を熱心にしてくださっていた先生らしく、
最後まで生徒達のことを想った言葉を残してくださいました。


 

伊東 泰彦 校長先生 

西都市立穂北中学校へ転勤されます。



近未来会議など、日之影中学校で行われた様々な活動を振り返りながら、
歴史、伝統芸能、自然など本町には誇れるものが多くあること忘れないでほしい。
これからも自分たちに自信を持ち、日之影町から発信し続けていってほしいとお話しくださいました。


こども達の学びを深めるために、学校の中での教育だけではなく、
外へ外へと地域や町内外の方達との交流も繋げていただきました。
日之影中の生徒達にたくさんの学びを与え、挑戦する機会を与えてくださいました。

 

 

先生方へのお別れのあいさつを生徒代表として甲斐千尋さんがおこないました。





先生方との思い出が詰まった、感動的ですばらしい文章でした。

(以下、千尋さんのあいさつ全文です)

本日、日之影中学校を離任される伊東校長先生、結城先生、髙塚先生、今まで本当にありがとうございました。
先生方と過ごした日々を振り返ってみるとたくさんの思い出が浮かんできます。

校長先生は、いつも新しいことにチャレンジされていました。
印象に残っているのは校長先生との対話です。
私が1年生の時、初めて先生と対話した時のことを覚えていらっしゃいますか?
あの頃は人前で話すことが苦手で事前に準備した紙を見て話していました。
よく考えてみるとあれは対話になっていたのかなと心配になってきます。
でも、回数を重ねていくうちにだんだんと人前で話すことに慣れてきました。
最後に先生と対話をした、白熱教室の時には人の目を見て話すことができ、
知事の質問にも落ち着いて答えることができました。

成長したなと自分でも実感できています。
校長先生のおかげでこれからもずっと役に立つ力を身に付けることができました。


先日行った「スーパーマイクロツーリズム」では、
コロナウイルスの影響で最終的には町内で行うこととなりました。
まずはコロナ対策をしなければならない中で体験学習という形でも行ってくださったこと、感謝いたします。
校長先生や実行委員会がいろんな計画をしてくださったおかげで充実した3日間となりました。
スキーを簡単そうに滑るところや、
バーベキューのときに初めて知った意外な一面など校長先生との思い出がたくさんできました。
とても楽しかったです。


ところで先生が書かれている「大空に翔ける」のファンの方が町内にたくさんいることをご存じですか?
校長先生が離任されることを知って、「楽しみがなくなる」と残念そうにおっしゃっていました。
校長先生は校内だけでなく、地域の方々にも親しまれていらっしゃいました。



結城先生は、私たちの学年の副担任として学級を支えてくださっていました。
数学の授業では、数回しか授業を受けたことがありませんが、
一つ一つの問題を分かりやすいようにとても丁寧に解説をしてくださいました。
セミナーでは、毎朝、全員分の点検をするのはとても大変な作業だったと想います。
本当にありがとうございました。

生徒指導の先生としても、容儀検査や、
長期休校の前の指導など様々な面で私たちをサポートしてくださっていました。
そして要望事項の校則の改正の際にも、結城先生の力がなければなしえなかったことだと思います。
また、怒ったときはとても厳しいのですが、
たまに出る結城先生の面白さに笑わずにはいられませんでした。
野球部の顧問として、とても熱心に指導されていたことも印象に残っています。
他の先生方と協力して指導したり、休日に練習試合を組んだりされていました。



髙塚先生は、事務として私たちの目の見えないところでいつもサポートしてくださっていました。
事務室に行ったときはいつも「こんにちは」と笑顔で挨拶をしてくださっていたことを思い出します。
私たちがなに不自由なく、学校生活を送れていたのは、
先生の支えがあったからだと思います。
本当にありがとうございました。



先生方はいつも私たちを優しくそして厳しく支えてくださっていたと改めて感じます。
例えるなら日之影の橋のような、私たちを夢に向かって導いてくださる存在です。
先生方からまなぶことのできたたくさんのことを胸にこれからも努力を続けていきます。


新しい学校に赴任されても私たちと過ごした日々を忘れないでください。
そして、また日之影中学校に遊びにきてください。

生徒代表 甲斐千尋

 

 

 

 

 

その後、生徒会から花束贈呈がおこなわれました。




通常の離任式であればこれで終わりなのですが、
今回はここから生徒会主催によるサプライズの離任式が始まりました。

これは離任される先生方だけではなく、
他の多くの職員達も知らぬ間になんと生徒達だけで計画してきたようです。




千尋さんのピアノの生演奏に合わせて、
離任される先生方への感謝の言葉と、
生徒たちからのメッセージムービーが上映されました。

このような相手を想った演出も、
どんどんとレベルアップしていくのでただただ驚かされます、、、。


2年前に卒業した生徒たちからのムービも集めて作られており、
懐かしい顔ぶれにふと笑顔がこぼれていました。



改めて先生方が多くの生徒たちに慕われていたのだなあと感じました。






最後は生徒みんなでトンネルを作り、
離任される先生方を暖かな拍手と共にお見送りしました。







3人の先生方の功績に、あらためて感謝申し上げます。

新天地におかれましても先生方のなお一層のご活躍とご多幸をお祈りしております。

 

赴任先からもぜひ、進化し続ける日之影中学校の姿を見守っていてくださいね。

 

今まで本当にありがとうございました。

 







11:29
2021/04/07

3月26日修了式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

3月26日 修了式

 

今日は修了式です。

三年生のいなくなった体育館はすこし広く感じられます。

自分自身の学習や生活態度を見直し、振り返ってみると、この一年はどのような一年だったでしょうか?

一学年の課程を無事全て修了したことを認め、
それぞれの学年の代表生徒が校長先生から修了証を授与されました。






校長先生との代表生徒との対話では、この一年を振り返り、
印象深かったことについて話を聞いていきました。




甲斐航惺くんには、2年生での一大行事である立志式、「知事の白熱教室」について。

立志式で行った決意表明をもう一度全校の前で発表してと言われて
「知事の話を聞き、日之影町の自然や、伝統、文化などのゆたかさについて改めて考えることができた。」
と振り返りながら話してくれました。




梅田龍斗君にはスーパーマイクロツーリズムで町内修学旅行について。


「自分はラフティング(川下り)を経験したが、
普段橋を下から見上げる事はなかなか無いので迫力が凄かった。」と話してくれました。




見慣れていた風景も、普段とは違う目線から見てみることで、
新たな日之影の良さを感じることができたようです。

 

岩尾鼓音さんにはタブレットを使い始めてからの感想や、
先日行ったzoomでの交流授業について。




一年生はタブレットを使い探究活動に力を入れていること。

帰りの会の時間を使い「自分が興味を持ったこと」についての発表を行っていることを話してくれました。

また前回行ったzoomをつかったオンライン交流授業なども、
機会があるならこれからどんどん挑戦したいと意気込みを語ってくれました。

 

続いて、その探究活動での発表でぜひ全校生徒にも聞いてもらいたい内容として、
一年生の小川櫂君に発表して貰いました。


探究内容は、WWFが掲げているSDGs(持続可能な開発目標)を日之影町に置き換え、
SDGs of HINOKAGEとして発表しました。








一人で前に立ち、堂々と発表する姿も見事でしたが、
大人顔負けの説得力のある内容には、こちらも考えさせられるところが多くありました。

自分が興味を持ったことをただ「調べる」のではなく、
更に「自分の生活に置き換えて考え課題解決を図る」
という発展させた発表内容に生徒達も興味を持って聴き入っていました。

 

12月の個人タブレット支給から数ヶ月でここまで使いこなし、
全校生徒の前でも落ち着いて素晴らしいプレゼンをして見せた小川君。

新学期もこのようにタブレットを活用し、
日頃から生徒同士刺激を受け合い、感化され、お互いに成長し高め合ってくれることでしょう。

 

さて、春休みに入ると新年度に向けて新たな目標を持ち、
それにむかって努力する生徒も多くいることかと思います。

ぜひこの春休みの期間を有意義な時間にしましょう。

 

また始業日に一段と成長した皆さんの姿が見られることを楽しみにしています。

 




11:00
2021/04/07

3月16日 卒業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

3月16日卒業式が行われました。




本日、日之影中学校から34名の生徒たちが巣立っていきます。









3年間ともに過ごした仲間たちとの思い出や、熱心に取り組んだ部活動、
楽しかった学校行事、頼ってくれた後輩達のことなど、今までの学校生活が思い出されます。

仲間と過ごせる学校生活最後の一日を噛みしめていました。

 

3年生の合唱では「道」と「ふるさと」の2曲を歌いました。




卒業し、進学とともにこの町から離れていく生徒も多いでしょう。

それぞれの気持ちを歌声に乗せた「ふるさと」には、感極まるものがありました。

 

いつも楽しく全校を盛り上げて引っ張ってくれた頼れる3年生達。

きっと新生活へのわくわくした気持ちと同じくらい不安も抱え、
それぞれの道へ進んでいくことかと思います。

日之影中学校で、多くのことを経験し成し遂げてきたみなさんであれば、
これから多少の困難が待ち構えていてもきっと乗り越えていけるでしょう。

自分の決めた道に向かって進み、高校生活を充実したものになるよう
毎日を悔いなく、思いっきり楽しんでください。






友人達やお世話になった先生方との別れを偲び、涙なみだの感動的な卒業式となりました。

これからも日之影町から皆さんの活躍を楽しみにしています。


ご卒業おめでとうございます。




08:44
2021/04/05

3月11日、12日スーパーマイクロツーリズム

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


3月11日、12日
スーパーマイクロツーリズム

 

今日から2年生は、スーパーマイクロツーリズムと題し、一泊二日の日程で町内での修学旅行を行います。

2月のいちご狩り、スキー体験に続く集大成となるこの日。





「素敵な時間が過ごせますように」と一年生たちがお見送りしてくれました♪

 

今回の修学旅行の内容は、日之影町の伝統工芸である竹細工作りや、わら細工作り、
町内を流れる五ヶ瀬川での渓流釣り体験やラフティング体験、丹助岳登山など、
たくさんのアクティビティを盛り込んだプログラムです。

 

歌舞伎の館での伝統工芸体験では、生徒達はわら細工体験と竹細工体験の2班に分かれて実際に作品作りを行いました。
竹細工職人の小川鉄平さんや、「わら細工たくぼ」スタッフの山木博文さん方に
丁寧にわかりやすく指導して頂きました。














生徒達が集中して取り組んだ甲斐もあり、花を飾る竹細工「四海波花籠」と、
長寿や継続の象徴であるわら細工「祝亀」をそれぞれ見事に完成させました。


丹助岳の登山や、ラフティング体験など町内のゆたかな自然も満喫しました。





山頂からの眺めも天気が良くて気持ちよさそうです!





ラフティングの班も、日之影の自然の迫力を想像以上に感じられたようでした。

日之影キャンプ場に場所を移し、渓流釣りも楽しみました。



たくさん動いた体に染みわたる、豪華な食材でのバーベキュー大会が始まります。

 

戸髙咲さんは、「バーベキューの高千穂牛はとっても美味しく、
ジビエやヤマメもおいしくて、日之影の食の素晴らしさを感じられました」
と食の面からも地元の魅力を再発見できたようです。





学校での給食はいつも無言給食なので、今回のようにクラスのみんなと笑い合って
一緒に過ごせた時間が更に食事を美味しくさせたのでしょう。




当初計画していた関西への修学旅行は中止となり、
更に県内から町内へと変更を重ね、思い通りに行かないことが多くありました。


本来の修学旅行は叶わないそんな中でも、
生徒達が自ら「体験してみたいこと」、「行きたいところ」などを
話し合って日程やプログラムを決定しました。






「見落としていたものを見つけに行こう」をテーマに
町内を中心とした修学旅行に出発した今回の修学旅行。




多くの人のご協力や、支えがあったおかげで無事実施することができました。

本当にありがとうございました。




生徒達が口々にする感想や、表情を見ていると、
いかに充実した思い出深い旅程を過ごすことができたか実感することができます。


また、「日之影のことは知っていたつもりだったけど、
今回の修学旅行で日之影の知らないところがたくさん見つかった」という感想や、
家族の方々に「ありがとう」の気持ちを述べていた生徒が大変多くいました。


「家族への感謝」もそうですが、
今まで「近すぎて見えてこなかったもの、気づけていなかったこと」
を多くの生徒達が感じ取っていました。




様々な体験を通して、地域の魅力を再確認・再発見し、
ふるさとの「ゆたかさ」についてあらためて感じ取ることができた
オンリーワンな修学旅行となりました。











 



12:21
2021/03/25

論文 1席

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

■3月25日(木)

伊東校長先生 論文 第1席

宮崎県弘済会教育論文の審査結果が2月10日に発表されました。100点近く応募があった中から、伊東校長の論文が第1席に選ばれました。(1席とは、コンクールでは最優秀賞、スポーツの大会では優勝のようなものです。)2月18日に本校校長室で表彰式が行われました。遅ればせながら報告申し上げます。論文の内容は、日之影中学校の取組の成果をまとめられたものです。


12:59
2021/03/25

球技大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

3月5日 球技大会がありました。


今日は学年対抗での全校球技大会が行われました。

競技の種目はバレーボールとドッヂボールです。


すでに気合い十分の3年生!


1年生は慣れないながらも必死に先輩たちとのゲームに食らいつきます。

滑り込んでボールを取る姿も。


先輩達から点が取れて思わずハイタッチ、笑顔がこぼれます。




体育の授業では上手くゲームがいかないことも多かった様でしたが、
練習を重ねてきた成果が本番では見事に発揮されていました。



どの学年も、自分たちが競技をしない間は応援にも力を入れ、
アドバイスや、ミスをしたときも「どんまい、どんまい!」「次はいけるよー!」
などと声をかけて励まし合う姿が印象的でした。

2年生男子の様子です。


連携が上手くいっているのかと思えば、てんやわんやしている姿も、、、。


笑いが絶えないゲームを展開し、とにかく全力でボールを追いかけ、楽しんでいました。

2年生女子


3年生




卒業の近い3年生は、仲間と過ごせる残り少ない時間の一秒一秒を噛みしめているようでした。






どの学年よりも凄い迫力と盛り上がりようで、
3年間を共に過ごした団結力は、やはり他の学年に勝るようです。

競技が終わり、表彰式の様子です。2種目それぞれ男子の部、女子の部の表彰を行いました。



経験値の差が出たのか、2年生3年生が表彰台を飾る結果となりましたが、
頑張り屋さんの多い1年生は来年の活躍に期待しています!


思いっきりはしゃいで悔しがって、活気溢れる楽しい球技大会となりました。


 

 



10:33
2021/03/18

送別行事

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

3月5日送別行事が行われました!


全校生徒で、3年生に感謝の気持ちを表すとともに新しい旅立ちを祝おうと

生徒会執行部が中心となり計画をしました。

 



1、2年生が囲み、拍手の中入場してくる3年生




3年生を楽しませようと考えたレクリエーションでは、
「しっぽとり」、「誰でしょうクイズ」が行われました。

全学年を混ぜたグループが編成されており、事前に生徒会から
「最下位のチームの三年生には罰ゲームをしてもらう」と説明がありました。





どんな罰ゲームが行われるかもわからない生徒達。

必死になりお互いのしっぽを取り合い、白熱した戦いとなりました。



次に行われた「誰でしょうクイズ」では、
スクリーンに映し出される顔の一部がUPされた写真から、
「一体誰なのか」を各グループで当てるというものでしたが、
皆さんの正答率の高さにびっくりしました。



日頃からお互いのことをよく見ていることがわかります。




体育館の中は笑いが絶えずクイズは大いに盛り上がりました。
途中、タブレットの電源がなくなりスライドが映らなくなるハプニングもありましたが、
そこは盛り上げキャラの多い三年生が即興の一発ギャグをしてくれ、
場を繋いでくれていました。



最後まで頼りになる先輩ですね。




ちなみに、最下位となり罰ゲームを受けたのは高木正翔くんでした。

くじを引き、罰ゲームの内容を決めますが引いたくじは長~い文章の早口言葉。

放送部だった正翔君には少し簡単なようでした。

全校生徒が大いに盛り上がり、全校で一致団結して
「3年生を笑顔で送りたい」という気持ちがこもった素敵な送別行事となりました。





 

 

 

 

 


13:53
2021/03/12

しおり贈呈

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


3月5日 しおりの贈呈

 

3月5日、帰りの会の時間に、卒業を間近に控える3年生へ
高千穂地区厚生保護女性会日之影支部の3名の方より、手作りのしおりをプレゼントして頂きました。



中学校を卒業し、日之影町を離れる生徒もいる中で、

「このしおりを見ることで、ふるさと日之影のことを思い出してほしい。
いつだって皆さんのことを思っていますよ。」

と心の温まるお言葉と共に贈呈してくださいました。



しおりの一つひとつには丁寧に作られた押し花がラミネートされています。

手間と気持ちをたくさん込めて作って頂いたしおりです。大切に使わせて頂きます。

ありがとうございました。

 





11:10
2021/03/12

3年生との対話

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

中学校生活も残り少なくなってきた3年生。


「受験終えた自分たちが卒業までに後輩に何かしてあげられことはないか」と、
今回このような後輩達との対話の場を企画しました。



まずは3年生と1年生とで対話を行います。

対話の形式は、時間を決めて3年生が後輩の各グループをローテーションで回っていきます。




後輩達にとっては、なかなか話す機会のない先輩にいろんなことを聞けるチャンスです。


1年生は緊張しており、なかなか質問がしづらい様子でしたが、
3年生が「何でも質問して良いんだよ」と優しく話しかけ、

質問内容にも「うんうん」「なるほどね」と相づちを入れながら、
緊張した気持ちをほぐして会話を広げていっていました。


「さすが三年生だな」と感心させられました。







メモ用紙にはぎっしりと聞き取った内容がまとめられていました。

 

2年生も翌日対話を行いました。



3年生は自分の将来の夢の実現のためにそれぞれどのような努力をしたのか?

今のうちに身に付けておくべき力は?



春からは、最高学年になるということもあり、次々と3年生へ質問を投げかけていました。



後輩からの質問に真摯にアドバイスをしていきます。

受験という試練を乗り越えた三年生は、
ひとまわりもふたまわりも成長し、一段と頼もしく見えました。

他学年間での交流は今までなかなか行う機会が無かったので、
このように3年生と対話をする貴重な時間がとれたことは、
お互いに良い経験になったのではないかと思います。



今日の対話を終え、1年生、2年生ともに今後の総合への意識が高まると共に、
入試や進路への目標と道筋が話を聞く前よりも明確になっていきました。

これからの各自の学習への意欲もより一層高まったことでしょう。

 

自分たちより少しだけ大人な先輩からの話は1、2年生の心に大きく響いていました。

 







10:55
2021/03/11

zoomによるオンライン授業を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

2月26 上野中学校との
zoomによるオンライン交流授業を行いました!



高千穂町立上野中学校の1年生とzoom
による交流授業を行いました。

日之影中の1年生達は、この日の為に、昼休みなどの時間を使って練習していました。


 




前日の昼休みの練習風景

入念に原稿を読み込み、何度もタブレットと発表のタイミングを合わせていました。

発表には、多くの方が協力してくださり司会を伊東校長先生、亀井先生に、
九州大学から伊東教授(伊東校長弟)も参加して頂きました。



生徒達は、自分たちの地域のことや歴史、探究活動で調べたこと、
今学校でどんなことをしているのか等について、順番にプレゼンテーションしていきます。




趣向を凝らしたお互いの発表に思わずこぼれる笑顔。

ほど良い緊張感の中、授業は進みます。



コント風にプレゼンをする生徒達も!








画面に集中して発表を聞き、その後気になったこと、感想をタブレットに打ち込みます。

上野中学校の生徒さんからの発表もクイズなどが盛り込まれており、興味津々に発表を聞いていました。


また、お互いがマスクをしているということもあり、なかなか表情が読み取れないため、
「相手も緊張しながら発表をしてくれているので、分かったときはうなずいたり、良かったときは拍手やグー、
オッケーサインをしたりジェスチャーを入れてあげると安心できるなと思った。」
など今後につながる発見もあったようです。




皆さん最初は緊張や戸惑いの表情でしたが、たくさん練習した成果もあり、
楽しく盛り上げながら落ち着いて発表が出来ていました。

感想を聞くと、zoomを使っての交流授業など、どんどん挑戦してみたい!という生徒が多数おり、
今日の経験でたくさんの刺激を受けたようです。

 

離れた場所の相手、しかも複数の人と同時につながることが出来ることは、
これから様々な可能性が広がるなと感じられる授業でした。

高千穂町立上野中学校の1年生の皆さん、伊東教授、
今回御協力頂いた皆様方、本当にありがとうございました。







 

 

 

 

 


14:09
2021/03/09

地域に飾る看板を制作しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

地域に飾る「大人歌舞伎」と「大人神楽」の看板を制作しました!

先日、日之影中学校に、「大人地区の農作物無人販売所に大人を代表するような絵を描いた看板を設置したい」
と地域の方からのご依頼があり、「大人歌舞伎」と「大人神楽」の2つの看板を制作することになりました。

看板制作をするにあたり、美術が得意な1年生の甲斐真優さん、
2年生の佐藤心花さんの二人にお手伝いをお願いしました。




ペンキの色ムラや、刷毛目の跡が目立たないように丁寧に二度塗り、
三度塗りとしていき綺麗に仕上げていきます。




行事の練習や、係の活動などで忙しい中でしたが、
放課後や昼休みの時間を使い、作品を仕上げてくれました。

制作には校長室を使わせて頂き、校長先生も一緒に制作してくださいました。









ふたりとも、細かなところまで丁寧に作業をしてくれて、作業のスピードも速く、

思っていたよりも早く作品が仕上がりました。

日之中生達の毎日の通学路にもなっている場所ですので、設置後の生徒の反応も楽しみです!

普段の美術の授業では扱えないような大作を見事に完成させました。




完成した「大人歌舞伎」「夜神楽」の看板と一緒に♪


~感想~

甲斐真優さん

「私は初めて大きいスペースの色塗りをしました。
ペンキを塗るのは少し難しかったけど、コツをつかむと、だんだん楽しくなっていきました。
とてもいい経験になりました。」


佐藤心花さん

「今まで大きな絵を描いたことがなく、先生たちや1年生と初めて描いて、
たくさんの人と協力して作る作品はすごく魅力を感じて楽しかったです。」

 

道路沿いに面して見えるように設置していただいています。

たくさんの方々に見て頂けると嬉しいと思います。

近くを通られた際は、注目してみてください!



11:11
2021/03/05

職員退職のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

職員退職のお知らせ

2月26日に大田川晴香先生の離任式が行われました。




本校養護助教諭の大田川晴香先生が、育児休暇中の竹村彩養護教諭が
3月1日(月)より復帰することに伴い、2月いっぱいで退職することになりました。

大田川先生には、保健室担当として、特に本年度は校内の消毒や検温など、
コロナ感染防止対策を確立してもらいました。
また、給食の担当として、献立作成から運営・注文の調整などの仕事を行ってもらいました。



生徒を代表して後藤美優さんからは、
「生徒の見えないところでも、いつも私たちのことを考えてお仕事をしてくださっていました。
先生と会えなくなると思うと寂しいです。」と今までの思い出を振り返り、
涙で言葉を詰まらせながら、感謝の気持ちを伝えていました。

式の終わりには生徒達が出口までトンネルを作り、
口々に「先生ありがとうございました!」と伝え、笑顔いっぱいでお見送りしました。







先生の功績に、改めて感謝申し上げます。
新天地におきましても、なお一層のご活躍とご多幸をお祈り申し上げます。






10:09
2021/03/05

「情報モラル学習」

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


2月25日に「情報モラル学習」を行いました。


日之影町では町内の小・中学生にタブレットが配付されています。

ご家庭によっては、すでに個人のスマホを持たせているところもあるようです。

確かにタブレットやスマホはとても便利ですが、ネットが身近になりすぎたことにより、
子ども間でのネットトラブルや、こども達をターゲットにする悪質なサイト等が近年増加しています。

 




本日は、「タブレットやスマホと上手くつき合うために」というテーマで、
教育委員会の川添指導主事にお越し頂き、全校生徒に向けてご講話いただきました。

夜遅くまで使いすぎることによる生活習慣の乱れや、個人情報の扱い方などワークショップをしながら
「何がどのように問題なのか」理由を考え、生徒同士でお互いに意見をシェアしました。



「ネット上にあげても良いと思う写真はどれか」
という選択式の問題では、個人個人で答えを選び意見交換すると、
思ったよりも相手が違う答えを選んでいることが分かり驚いている生徒や、
人との価値観の違いに改めて気づき、「こういうところからトラブルが起きるんだな」と学んでいました。

 







川添先生からは、ネットトラブルに関する解決法を書いたおすすめの本などもご紹介頂きました。

また、「悪口を言った相手は、今頃自分が悪口を言ったなんて忘れているもの、
そもそも悪口を言った自覚すらないこともある。
そんな相手のために心を痛めて悩んでいる時間はもったいないんだよ」

とネットで悪口を言われた時の心の切り替え方なども教えて頂きました。
先生の講話に生徒達は聴き入っていました。



今日の講話を聞き、生徒からは、「今度自分のスマホを買ってもらうので、
使い方などのルールを今一度親としっかり話し合い決めたい。」
また、「メールなどの文面だけからでは人によっては受け取り方が違う。
顔が見えない分、メールの内容等も慎重に考えるべきだと改めて思った。」と感想を述べました。


ネットに触れる時間が多い分、生徒達のほうがネットに関して詳しい部分もあるかもしれませんが、
何かトラブルがあったときにその解決策を知っているのは人生経験の豊富な大人達です。

決して一人では抱え込まず、自分だけで解決しようとするのではなく、大人に頼ってください、
相談する勇気も必要とお話しいただきました。

 




目の前にしているのはスマホやタブレットなどの機械ですが、
機械の向こう側にいるのは生身の人間だということをしっかりと考えてほしいです。

今後も自分をしっかりと持って振り回されず、
正しいネット社会との付き合い方をしていってほしいと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 

 


09:55
2021/03/05

1分間スピーチの様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1年生の1分間スピーチの様子です。

1年生の帰りの会で行われている1分間スピーチでは、回を増すごとに発表内容の成長が見えてきます。

今回は岩尾鼓音さんが「竹灯籠」について調べ発表を行いました。


「代表委員会の1・2月の目標で竹灯籠を作ろう!となっていたが、
なぜ作る必要があるのか気になったから」という、
学校生活でのふとした疑問から今回の探究活動のテーマに選んだようです。



日之影町では毎年竹灯籠祭りが開催されていることから、
商工会の方に自らの足で赴き、インタビューをして調べてきていました。

インタビューからは、
「竹林整備で切って出た竹を活用しようと考えたところから始まり、
日之影町は竹細工が有名で、町を盛り上げるための取り組みとして行っている」と分かり、
「竹灯籠作りは町の貢献になる」と感じられたと発表しました。


興味深く発表を聞く生徒達

更に、「もっと盛り上げるためには?」「知ってもらうためには?」と自分なりに考え、
「竹灯籠を町中に並べ散歩できるようにする」
「若い人からお年寄りまで楽しめるイベントを考える」
「竹灯籠を作れる教室を開く・竹灯籠のデザインを募集する」などの発案もしていました。




探究していくにつれて、「日之影に住んでいる人達がどのくらい興味を持っているのかを知りたい」
と新たな探究を提示しました。

緊張した様子でしたが、丁寧にしっかりとまとめられた発表でした。

 




谷川亜沙美さんからは
「実際にインタビューに行っていて行動力が凄いと感じた。
自分の意見がしっかりとまとめてあり、こういうことがしたい!という強い意思が伝わってきました。
ぜひ実現してほしいと思いました。」




甲斐真優さんは、
「鼓音さんの発表は、探究活動をしてみて、次に「提案」まで考え、
私たちに投げかけているところが今までにはなく、
とても良かったです。」と感想を述べてくれました。




他にも多くの生徒から手が上がり、皆さんかなりの刺激を受けたようです。
お互いに高め合いながら活動を行っていく1年生、この調子で失敗を恐れずどんどん挑戦していってほしいですね。



 

 








09:46
2021/03/03

2月19日スーパーマイクロツーリズム第一弾

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

2月19日(金曜日)
「スーパーマイクロツーリズム」第一弾を実施しました!


新型コロナウィルスの影響で、残念ながら今年は通常の修学旅行が中止となってしまった2年生。

これまであまり気づいていなかった町内(郡内)の魅力や特徴を発見・体感し、
通常の学校教育では得られないような学びを得るため、町内コース(12名)と、スキーコース(12名)
の二つのグループに分かれ、それぞれ体験学習を行いました。

体験学習の前日までは強風と降雪の悪天候が続き、予定通り実施できるか心配しておりましたが、
当日は見事な快晴となり、暖かな気候に恵まれました。

 

当日の朝は1年生全員が手書きのメッセージを持って見送りをしてくれ、
思いがけないサプライズに心温まる感動的な出発となりました。




町内コースでは、まずは末市集落の甲斐治さんの農園でイチゴ狩りの体験をしました。





まずは手順を教えて頂き、各自収穫していきます。






イチゴの甘~い香りいっぱいのハウスの中で、次々と収穫していきます。

大きくて立派なイチゴがたくさん採れて嬉しそうです。

 




収穫したイチゴを持って皆満面の笑顔です。


 

つぎは日之影キャンプ場に移動し、昼食づくりを行いました。

収穫したイチゴなどを使ってクレープ作り!




手作りの生地を使い、ピザ作りも行いました。










具材のトッピングももりもりで、とっても美味しそうに出来あがりましたね。







待ちに待った昼食タイムでは「大満足!」と言わんばかりの最高の笑顔を頂きました!







その後、森林セラピーを体験し、最後は「道の駅青雲橋」へ。







次はスキーコースの生徒です。

バスの中から既にわくわくした雰囲気が伝わってきますね。




到着してみると五ヶ瀬ハイランドスキー場も今日は風もなく絶好のスキー日和!


雪景色が広がる絶景のロケーションに、生徒達もテンションが上がります。




未経験者の生徒も多くいましたが、講習を受けるとなんなく滑れるようになりました。








なかなか積もった雪に触れられる機会の少ない生徒は、大はしゃぎ。

かわいらしい雪だるまを作って遊ぶ生徒もいました。







帰る時刻になっても「まだ滑りたい!滑り足りない!」と言う生徒も多かったようで、
スキーを存分に楽しめていたようです。

すっかり雪焼けして帰ってきた2年生に「顔が真っ赤になっちゃったね。」と声をかけると、
「これも良い思い出です!」と良い笑顔で答えてくれました。


 

体験学習が終わり、生徒達からの感想では、


「箱いっぱいに詰めたイチゴは良い香りがして、
とっても幸せでした!クレープとも相性が良かった。」


「ピザの生地は手作りで、市販の物とは違うおいしさを感じた。
友達とわいわい作るのが楽しかった。」


「最初は不安だったけど、丁寧に教えてくださり上手く滑れた。
最初の計画とは違うけど一生の思い出になった。」


「僕はスキーというより、みんなで雪だるまを作り、
みんなで雪合戦をしたことの方が楽しかったです!」


 

普段の学校では体験できない仲間との貴重な経験を通し、各自が色濃い思い出を残せていたようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


13:35
2021/02/19

青少年意見発表

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

2月15日 青少年意見発表 表彰

 

2Aの甲斐陽菜さんが、青少年の意見発表について作文を書き、表彰されました。



本来であれば、毎年行われている「町民の集い」での意見発表の場で発表を行いますが、

新型コロナウイルス感染症のため、残念ながら今年度の開催が中止となり、
発表と表彰式の場がなくなってしまいました。

 

(後日、陽菜さんの発表は、町の有線放送で放映される予定です。)



 

そのため日之影中学校に橋本教育長が来てくださり、表彰式を執り行って頂きました。

皆さんへの発表の場として、陽菜さんの作文の原稿をこちらに掲載させて頂きますので、ぜひ一度お読みください。

 

 

「誇れる町」   日之影中学校  二年 甲斐 陽菜

 

 

私の住む町、日之影町は、自然が豊かで人は優しく、歴史ある街です。春には桜やツツジが咲き誇り、秋には紅葉で山が色鮮やかになります。

 でも、この景色も私には見慣れたもので、今まで特に何かを感じることはありませんでした。私はこれまで、日之影町の良いところは何かと聞かれると、特に何も考えずに、「自然が豊かなところです。」と答えていました。今まで日之影町の良さに気づける機会はたくさんありましたが、私はあまり関心をもてず、将来は日之影町から出て行くだろうと考えていました。

 私は、新型コロナウイルス感染予防による休校期間中に、父と山にある畑に行きました。山の植物は、家の周りにある植物とは違うものが多くありました。家の周りにも桜の木はありますが、山の桜はちょうどその時満開でした。手入れもしていない桜が満開になっていることに私は驚きました。

 そのことに気づき、周りをよく見るようになりました。散歩をすればスミレやりんどうの花が咲いています。知らなかった植物の名前を教えてくれる優しい人もいます。そんな日之影町に生まれてよかったなと改めて思いました。夏になると、いろいろな虫が飛んできます。私の家では夜は外に電気をつけているので、かぶと虫やくわがたが飛んできます。川に行くと、水がとてもきれいで、魚が泳ぐのが見えます。秋は紅葉が赤くなり、イチョウは黄色になり、山が色とりどりになってきれいです。世界農業遺産にも認定されている棚田の風景も、パッチワークのようで見事です。冬になると山は寂しくなりますが、雪が降ると白く染まり、早く春が来てほしいと思ってしまいます。このように、日之影町の自然は四季折々の姿を見せてくれます。

 自然だけではありません。日之影町には誇れる歴史もあります。私の住む地区では、無形民族文化財に指定されている深角団七踊りがあります。深角地区では、明治二十年ごろ、高千穂地区を通じ伝承されたそうです。団七踊りは全国各地にも伝わっていますが、深角の踊りのように一段から十二段まで、歌舞伎の段物と同じ形を残して現在も踊り続けられているのは、とても珍しいのだそうです。身近すぎて気づかなかったけれど、そんな貴重な文化に自分が携わっていたなんて、すごいことだと感じます。私は、小学生のころから祭りやお盆で踊っていますが、地域の人たちと踊るのはとても楽しいです。これからも続けていきたいと思っています。

 このように、日之影町には良いところがたくさんあることに、改めて気づきました。でも、私が知らない日之影の良さも、まだまだあるのではないかと思います。これから、この町の自然と伝統芸能を守っていくため、我が町「日之影」についてもっと知る努力をしていきたいです。

 私は、日之影町のことについて考えるきっかけをくれた父に感謝したいと思います。これからは、「日之影町の良さは何ですか?」と聞かれたら、しっかりと考えて、相手に伝わるように、美しい自然や歴史ある芸能について話していきます。

 これからも住み続ける日之影を、私はずっと守っていきたいです。

 




 

 

このように日之影町の良さを再発見し、自らの気づきから
自然や文化、芸能などの伝承をしていきたいと考えてくれることは
本当に喜ばしく、ありがたいことです。


当たり前になって見慣れてしまったふるさとについて、とても丁寧な視点で書かれており、
私たち大人の方が逆に気づかされるような貴重な発表内容でした。

 



 

 


 


17:15
2021/02/19

体験学習(2年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
体験学習の様子(町内コース)
町内コースの生徒達は、日之影町のいちご狩りと森林セラピーロードへ。
現在、散策中です。
天気もよくとても気持ちよさそうですね。



15:02
2021/02/19

体験学習の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

体験学習の様子(スキーコース)

2月19日(金)の本日は2年生が2グループに分かれ、体験学習に出かけております。
スキーコースの生徒達は、五ヶ瀬ハイランドスキー場へ!

リアルタイムの写真を送っていただきました







ここまでの一面の雪景色はなかなか日之影町では見ることが出来ませんね。

楽しそうな雰囲気が伝わってきます!



12:57
2021/02/18

立志式と知事の「白熱教室」が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

2月10日(水)

立志式と知事の「白熱教室」が行われました。

 

立志式は毎年2年生が、将来への具体的な目標を持ち、
大人になるための自覚を深めることを目的として行われています。





それに合わせて、今回は特別に河野俊嗣知事による「白熱教室」が同時開催されました。

「白熱教室」は、県知事との触れあいを通じて郷土への関心を深めることなどを目的に、
10
年前から年に一回県内の学校一校で行われています。




今回は「未来を築く新しい『ゆたかさ』への挑戦」と題し、
知事との対談や直接の意見交換を行いました。

立志式では生徒が職場体験で学んだことをPR動画にまとめ、農業や特産品、
観光資源などについて郷土で働く人の思いとともに、魅力いっぱいに紹介をしていました。







河野知事は、日之影町が世界農業遺産、ユネスコエコパークに認定されていることを挙げて
「世界に認められ、五感で楽しめる魅力がある町。ぜひ、誇りに思ってほしい」と話しました。


知事との直接の対談を行う生徒代表の三名





他の多くの生徒も積極的に質問をしていました。




「コロナウイルスの壁をどう乗り越えるかという話で、
「自分は一人じゃない」という言葉が胸に響いた。」と、
面と向かって河野知事と話をするという貴重な体験に、感動していたようでした。

 

また、保護者の方々と対面するかたちで自らの想いを込め綴った漢字一字を発表。




本田香澄さんは、「自分の気持ちを表現する力を身に付けたいと思って「表」という漢字にした。
日之影町はあまり知られていないので、こういう町だと語れる人になりたい」と話しました。








一人ひとりが堂々と、志や将来への決意表明をしていきました。





今回の立志式を終え、生徒からは、

「日之影の「ゆたかさ」について、自分が理解して終わるのではなく、
周りの人たちに伝えることが出来なければ意見をもてていないのと同じだと、知事の話を聞いて感じた。
まずは町内の人に、自分たちの町のゆたかさを知ってもらい、
自分たちの町を残していきたいと思えるようになってほしい。
白熱教室を通して考えが変わった。」

など今回の出来事を通し、さらに郷土への想いが深まったようでした。

 

今日のために10月から準備を進めてきた2年生。

「河野知事が来る!」と、とにかく緊張していたようで、
中には朝ご飯もやっと食べたと言う子もいましたが、
本番では多くの来賓の方やメディアを前に堂々と自分の意見を述べる姿を見せてくれ、
大きな成長を感じました。


本番を無事に成功させることが出来、ほっと安心した表情の中に
新たな決意や熱意を覗かせ、2年生一人ひとりが自覚を深め大人への一歩を踏み出せたようです。




(※写真撮影の時のみマスクを外しています)

 

最後に河野知事から「ふるさとに誇りをもって語れる人、変化に立ち向かう人になってほしい」
という言葉を聞き、ふるさとの誇りを再確認し、また将来の助言やエールをもらったことで、
自分たちがこの町の魅力を伝えていくという志も持てていたように思います。

今日の立志式は2年生達の中でも大変思い出深い貴重な経験になったことだと思います。

 


 

立志式の様子は、2月27日(土)10:30~UMK「のびよ!みやざきっ子」で紹介されます。


よろしければご覧ください。








14:37
2021/02/12

水永さんによる特別授業がありました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


2月9日(火)

水永正憲さんによる特別授業がありました。

 

1年生は今、総合の時間では郷土の歴史や地形、文化などを調査し新聞にまとめたり、
帰りの会の時間では自分が興味を持ったことを調べ発表したりと、
授業の時間以外にも自主的な探究活動に力を入れています。

今日は、今後の探究活動への更なる気づきになればと、
元旭化成延岡支社長の水永様をお迎えし講話して頂きました。




水永さんは旭化成で人事や、社員教育、延岡支社長などを勤め上げられ、

地域貢献などにもご尽力されてきました。

現在は旭化成をご退職され、県キャリア教育支援センタートータルコーディネーターとして、
宮崎のこども達の未来作りのために様々な場所で講話などを精力的に行っておられます。


はじめに校長先生から創造力や好奇心を育てるには積極的に探究活動をしていくことが大切であり、
「仮説」が大きなポイントになるというお話を頂きました。


仮説を立てそれを検証していくことの大切さ。

仮説を確かめていく中で答えは変化し、また新たな仮説が生まれてくること。


そこに興味を持ち自分なりに考え、また問いを立て、
学びを深めていく楽しさを話してくださいました。



また、探究のテーマは決して難しければ良いわけじゃない。

身の回りの身近な事でも良いし、自分が興味を持ったことなど
「伝え方」を考える事も大切であるとプレゼンテーションの手法についてアドバイスをして下さいました。



1年生の代表で黒田蓮人君が、日頃自分たちがどのような探究活動を行っているのか発表してくれました。





発表を見られた水永さんは「探究内容についてネットで調べ、自分で更なる疑問や、
課題を持つところ、ただ調べただけで終わらないところが凄いね。」ととても感心してくださっていました。



水永さんからは、「いかに新しいことに挑戦できるかどうかが大切。」とお話をして頂きました。



「大抵の人は今まで通りのことをしていくだけ。失敗を恐れずなんでもやってみよう
新しいことをしてみようとする好奇心を大切にしてほしい」


「新しいことに挑戦してみるからこそ無駄や排除する部分も分かるし、
そうすれば本当に今やらなければいけない集中することも見えてくる。」








多くの生徒達がうなずきながら、たくさんメモを取り、
いつにも増して真剣な眼差しでお話を聞いていました。



講話後の質疑応答の時間では次々と手が上がり、質問内容についても
「凄い視点を持っているんですね。」「とても良い問いを立てるんだね、凄い!」と、
ひとつひとつの質問に丁寧に答えて頂きました。


 



最後に、今後どのような力が必要になるかについて

「これからの時代、どんなにAIが優秀だとしてもロボットは過去のデータから分析して、
それを元にしないと作れない。何か新しいものを0から産み出せるのは人間だけ。
だから今までとは違うことでも心配せず、失敗を恐れず次々と発想し挑戦してみてください。」


水永さんからの力強いお言葉を頂き、
更にエンジンのかかった様子の1年生。

たくさん経験を重ねて、来年度どのような2年生になるのかが今から楽しみです!





12:02
2021/02/12

大空に翔けるモニュメントが完成しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

2月8日(月)

大空に翔けるモニュメント完成!

日之影中学校に迫力満点なモニュメントが完成しました。

 


校是である「大空に翔ける」を、生徒会執行部の企画によって
全校生徒が協力して作り上げました。

文字の中にはカラフルな折り鶴が貼り付けられています。




この折り鶴は、地域の方がコロナ収束への祈りを込めて11羽丁寧に手作りし、

日之影中学校に寄贈してくださったものです。


「一日でも早く平和な日常を」と願う地域からの想いを形にしたい!
とこの折り鶴アートの制作が始まりました。

制作には、休み時間や、放課後などの時間を使い
生徒達が折り鶴をひとつひとつ貼り付けていきました。




近くで見てみると細かく制作されている様子がわかります。

折り鶴が校是から立体的に浮き上がってきている様子は勢いがあり、面白いです。

このモニュメントは2階に続く階段の踊り場に設置されています。




「ここの鶴は自分が貼った!」と指を指し楽しそうに話しており、

このモニュメントから会話が生まれていく風景がまた良いなぁと見ていました。



少し下から見上げると、ちょうど大きな窓から覗く青空に映えとても綺麗です。


生徒会長の甲斐千尋さんは、
「鶴のように大空に羽ばたいてほしいという気持ちを込め、全校で制作しました。」
と話してくれました。


地域の方からの想いを繋ぎ、日之影中学校生徒全校が一丸となって取り組んだ
記念すべき共同制作モニュメントとなりました。


次々と自分たちで企画し全校を動かしていこうとする
生徒会の活躍ぶりに今後も期待が高まります。


今後5年間程度校内に展示する予定ですので、
日之影中学校にいらっしゃった際はぜひ一度ご覧ください!





 



08:37
2021/02/02

読み聞かせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

読み聞かせ

本日(2月2日)、朝の時間を使って、1・2年生に読み聞かせを行いました。読み聞かせに来ていただいたのは、津隈京子さん、新名徳子さんです。今日は、節分に関する絵本を読んでいただきました。生徒達は、食い入るように真剣なまなざしで聞いていました。


09:49
2021/02/01

家庭教育学級

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

2月1日(月)

家庭教育学級

1月28日(木)の夜に、日之影中学校多目的ホールで家庭教育学級を行いました。今回は、「ICTとうまくつきあう子どもを育てるために」と題して、日之影町教育委員会の川添卓哉指導主事に御講話をいただきました。生徒一人一人にタブレットが渡され、大いに活用してくれると期待する一方、不安や分からないことが多く悩んでいる私たち大人に対して、明快な答えが返ってくるスカッとする講話でした。川添先生お忙しい中ありがとうございました。以下、講話の内容を簡単に紹介します。


 

小中学生に多いネットトラブルは、3つあります。

1 コミュニケーションに関するトラブル

  このトラブルの大きな要因は、「自分のよい」と「相手のよい」のズレです。

  例えば、「自分の寝顔の写真」をアップしてもよい答えた人は参加者の約半数、一方、嫌だと答えた人も約半数おりました。

  つまり、自分のよいと他人のよいは違うのです。

だから、お互いの違いを認め相手の気持ちを考えるよう、子ども達に教えていけば、コミュニケーショントラブルは減っていくと思います。

 

 

2 個人情報に関するトラブル

   このトラブルの大きな要因は、子ども達が「何があやしいサイトか」知らないことです。 

  例えば、あやしい画面・サイトとは次のようなものです。

   あやしい(http://)、あやしくない(https://

      あやしい(更新日が最近のものではないもの)

    あやしい(あおりコメント)

    あやしい(誤字 dokomoなど)

   だから、「あやしいサイトに入ってはだめです。」ではなく、あやしいサイトを大人がきちんと教えることが大切なことなのです。

 3 使いすぎに関するトラブル

   このトラブルの大きな要因は、ルールの中にあるあいまいさです。

   例えば、「夜遅くまでスマホを使ったらいけません。」というルールでは、子ども達は自分の都合のいいように解釈してしまい、大人側の意図がうまく伝わりません。

   そこで、「夜11時以降は使ったらいけません。」という具合に具体的なルールにし、子どもたちのルールに対する意識を高めることが大切です。

   現在の家庭のルールを見直してみませんか。


       【運営していただいたPTA家庭教育学級委員の皆様】
07:29
2021/01/29

1分間スピーチ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 

 

1月29日(金)
1分間スピーチ

1年生の一分間スピーチが始まりました。

今、1年生の帰りの会では、一分間スピーチが始まりました。

発表するテーマは生徒個人で決め、自分が興味のあることや、皆に知ってもらいたいことなどを自由に発表していきます。

 

今日は、拔屋麻奈美さんが絶滅危惧動物や植物について調べてきて発表していました。

「人間の身勝手な行動により絶滅してしまう動物達のこと」、「そうさせないために私たちにはどの様なことができるのか」と考えさせられる内容でした。

メモや感想を取りながら発表を聞く1Aの生徒達

 

松本彪雅くんはsociety.0というAIが働く10年後の社会について調べてきていました。

AIが社会にどんどんと進出していく中、人間はどのような仕事をしていくべきなのかを自分なりに考え「PREP」(Point-Reason-Example-Point)というプレゼンの話型を使って発表していました。

 

感想や質問なども多く出ており、皆さんの関心度がうかがえます。

 

最初は恥ずかしさや緊張から発表することに苦手意識を持っていた1年生でしたが、

今では自分たちから意欲的に発表をしたり、感想を伝えたりするなど活発な姿が見られ、1年間での大きな成長を感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



09:24
2021/01/22

年金講座が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1月20日(水曜日)
年金講座が行われました。

今日は三年生の学活の時間を使い、日本年金機構延岡年金事務所の方々にお越し頂き、
年金についてのお話をして頂きました。



今回講話してくださった岩田先生は元高校の教師と言うこともあり、
複雑で難しいイメージのある年金についてのお話を、こども達が興味を持ちやすいように
冗談を交えながら楽しく説明してくださいました。



「年金」って一体どのような制度なのか?誰のために使われるのか?
よく知られている老齢年金の他にも、障害年金、遺族年金などがあること
自分だけでなく他者や社会を支えている大切な制度であること等メモを取りながら集中して聞いていました。





代表でお礼の挨拶をした3A山口那華さんは、「制度についてちゃんと知っておかないと、
将来自分が困ること、年金をちゃんと納めることの大切さを学ぶことが出来て良かった。
高校や、大学を卒業し社会人になった時、しっかりと責任を持って払っていきたい」と感想を述べました。



講話をして頂いた岩田先生は、すっかり生徒達とも打ち解け、
帰られる際には3A全員と肘タッチ!



最後まで楽しい雰囲気の中、年金の制度や仕組みから、
将来自分たちが担っていく義務、責任感をしっかりと学べた様子でした。







10:47
2021/01/21

放課後の図書室の様子です

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1月18日(火曜)放課後の図書室の様子



放課後の様子をお届けします。




図書室では、スクールバスが来るまでの時間、

受験を控えた3年生の多くが毎日自主的に勉強しています。



静かに皆さん集中していました。



カメラを向けるとサービス精神旺盛なので、必ずポーズをくれますが、

それ以降はしっかりと真面目に勉強に取り組んでいました。

各々が受験への対策を頑張っています。




来週はいよいよ私立高校の入試が待っています。

3年生の健闘を皆さんで祈りましょう!先生達も応援しています。





15:52
2021/01/19

給食感謝集会が行われました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

1月18日(月曜日)給食感謝集会

1月24日から30日は、全国学校給食週間となっています。

給食に感謝すると同時に、いつも当然のように食べている給食について、
改めて考える機会にしてほしく
毎年行っています。

今日は、いつも日之影中学校の美味しい給食を作ってくださっている給食調理員の

(写真右から)甲斐 睦子さん、甲斐 加代子さん、鮫島 麻衣さんの三名と、

日之影町内の小、中学校の献立を考えてくださっている
宮水小学校栄養教諭、河野 あかり先生をお招きしました。


今年の給食感謝集会のテーマは、「学校と家庭の食事の違い」ということで、

保健給食委員の生徒達が給食への理解を深めるためにスライドを作り、
アンケート結果やクイズの発表をしました。



好きな献立のアンケート結果では、全学年でカレーと揚げパンが人気でした。
3年生の多賀駿介君は「卒業までにもう一度揚げパンが食べたいです!」と熱望していました。


 

3学年ともに好きなメニュー第1位のカレーでは分析もされていました。



甲斐 睦子さんからのお話ではカレーの味付けも、カレーフレークに
更にケチャップやソースを加えて、味にコクを出しているそうです。

調理や味付けにも一手間を加えて日頃の給食を考えてくださっています。



また、河野あかり先生からは「世界の飢餓人口」についてのお話がありました。

世界中では約6億9千万人の人々が飢餓で苦しんでいます。

つい忘れてしまいがちですが、当たり前に食事がとれることすらとてもありがたい事なんですね。


美味しい給食のおかげで苦手な食べ物を克服できるようになった生徒も多いようです。









日之影町では給食費の半分を町が負担してくれています。

また、献立では月に一度「地産地消の日」といって地元の食材を使ったメニューがでます。

新鮮な野菜や高千穂牛を給食で食べることができるのもそのためです。

調理だけではなく税金や補助金、たくさんの方々の支えからで毎日の給食は成り立っています。
生徒達はそのありがたさについてもあらためて感じていたようでした。


日頃の感謝の気持ちを込めて生徒達から色紙をお渡ししました。




おうちの人に感謝すること、給食に携わる全ての方々に感謝するためにも、

まずは食前・食後の「いただきます」「ごちそうさまでした」をしっかりと伝えるなど、

今日からでもできることを意識していきましょう。



16:21
2021/01/15

生徒達の作った年賀状

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


 

 

 

1月15日(金曜日)
生徒達の作った年賀状

 


毎年、郵便局が主催している年賀状大賞コンクールに、
美術の冬休み課題として作品を応募してもらいました。




今回は1年生と3年生に描いてもらいましたが、
どれも個性豊かで魅力的な作品ばかりだったので、
ここで何点かご紹介したいと思います。



1A工藤吏功くん

鼻息荒い牛が力強く画面いっぱいに描かれています!

新年への意気込みが感じられるエネルギッシュな作品です。




1A谷川亜沙美さん

とっても気持ちの良さそうな晴天の中で、凧あげや羽子板のお正月遊びを楽しんでいます。

仲の良さそうな牛たちをいきいきと描けています。




1A甲斐来海さん

農業をされているおじいちゃんに向けての年賀状です。

お米や大根、日之影特産の栗やゆずを持っているところもかわいくて癒やされますね。




3A甲斐真心さん

ご両親の牛養いのお仕事の大変さを労う気持ちが素晴らしいです。

イラストと文面もマッチしていて、温かな優しさのあふれる作品です。




3A甲斐唯菜さん

受験勉強を一緒に頑張る友達へ「リラックスも大事だよ」のことばが沁みますね。

穏やかな表情の牛と女の子を少し上から捉えた構図も素敵です。



3A戸髙心釉さん

さすが三年生!と思わせる完成度のある作品です!

細かなところまでしっかりと描き込み、色鉛筆を何度も重ねて深い色合いが出ています。



3A坂本佑月くん

イラストとメッセージが調和した優しさのある作品です。

ぽかぽかとした気候の中、気持ちよさそうに過ごす牛が魅力的です。 

 

 

どの作品も、送る相手の事をしっかりと考えられた思いの詰まった年賀状が作られていました。

 

 


16:22
2021/01/15

テストの様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者


1月14日(木曜日) テストの様子

2、3年生は実力テスト、1年生はCRTテストが実施されています。

テスト最終日の様子を覗いてみました。

 

受験を間近に控えた3年生。

今の自分の学習への理解度を確認することが出来る貴重なテストです。




2年生も集中してテストに取り組めていました。




1年生はマークシート形式のテストに最初は少し戸惑っていたようでしたが

だんだんと慣れてきたようで落ち着いてテストに取り組めていました。




 

みなさん最後まであきらめず、時間いっぱいテストに挑んでいました。

 

そして来月の2月には学年末テストが実施されますね。

 

テストを終え、「難しかった~」と感想を述べる生徒も多かったですが、
苦手な問題や出来なかった問題をそのままにしておかずに、
自分でノートの振り返りをする、分からないところは先生に聞く等して
学年末テストに向けての準備も着々と進めていきましょう!



 




16:16
2021/01/14

3学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

 

1月8日(金曜日) 3学期始業式


冬休みが終わり、今日から3学期が始まります。

校長先生と4名の代表生徒が冬休み期間中のことや、3学期についての対話を行いました。

 

3Aの坂本佑月さんはお正月の過ごし方について、
「あとで後悔することのないように、今できることをしよう」と目標を持ち行動したと話してくれました。

 

 

2Aの丹波愛結さんは冬休み中に取り組んだ地域のボランティア活動のことについて話し、
「あらためて自分は人と接することが好きなんだなと再確認できた」
と休みの期間も有意義な時間の使い方ができたことについて話してくれました。




「どんな先輩になりたいですか?」といった質問に対して、

1A佐藤央規君は、「自分の学級の挨拶の良さや、仲の良さを伸ばし、
新しく入学してくる後輩にも同じように優しく接していきたい」と答えていました。



次は最高学年となる2A甲斐陽菜多さんは「今の3年生のように明るく盛り上げ、
当たり前のことが当たり前に出来るようにしたい」と話してくれました。





また他の先生方からも、今回代表生徒の皆さんが
話してくれたことと通ずる貴重なお話をしていただきました。


智美先生からは、大きな目標を達成するために
まずは小さな目標を作り、少しずつ着実に成長していこうと
学習面においての目標を持つことの大切さ、

また、結城先生からは服装や挨拶など、落ちついた学校生活を送り、
自分の言動にパワーがあることを改めて考えよう、
何気ない言葉で誰かが傷ついたり、逆に元気づけたり
勇気づけることも出来るというお話をしていただきました。

 

3学期は、今の学年で過ごす最後の期間です。


日頃の過ごし方や、言動に少し意識を傾けて行動していき、
「こうなりたい!」という目標を持つことで、
今までの自分よりもパワーアップした自分を目指しましょう。

 

また、保健の大田川先生からもお話があったように引き続き
毎日の検温、手洗いや手指の消毒、マスクの着用等に
より一層気をつけて予防を徹底していきましょう。



まだまだ寒い日が続きますが、元気いっぱいで3学期も過ごしていきましょう。

 





08:26
2021/01/13

一心園さんの商品パッケージデザインをしました

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

一心園さんの商品パッケージデザインをしました

 

10月の職場学習で、2年生3名が一心園さんにお世話になりました。

その時にさせていただいた商品のデザインが、一心園さんの商品のパッケージとなり、

12月末、完成品を学校へ届けてくださいました。




ほうじ茶のティーバッグと、クッキーのセットです。

詰め合わせの内容も、生徒がお菓子を食べてみて、

それに合うお茶を飲み比べてティーバッグの種類を選んだようです。

パッケージに可愛らしい手描きのイラストが描かれています。

一心園さんのお茶と一緒に、見ているとほっこり心が和むイラストとなっています♪





佐藤心花さん(写真中央)は、

「自分の考えたデザインなのでとても嬉しく感じます。」

とコメントしてくれました。

実際に商品となった姿を見るとあらためて誇らしく感じますね。



 

 

 

 

 

 

 




14:13
2020/12/22

サンタクロース現る!?

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

12月22日(火曜日)

 

サンタクロース現る!?

なんと今日は給食の時間にサンタさんがやってきてくれました!

みなさんに一足早いクリスマスプレゼントを届けに来てくれたようですよ。


準備中のところお邪魔して、サンタさんの様子を追いかけてみました。



 

まずは3年生の教室です。