学校の教育目標

生徒の多様化に対応して、一人ひとりの生徒を生かす教育の充実を図る観点から、次の項目を重点として指導に努める。

1.学習指導の充実 

教員が自ら授業研修の創意・工夫を重ね「わかる授業」の展開を図るために、学習指導の充実や生徒の学ぶ意欲の喚起に努める。

2.生徒指導の充実

全教職員・保護者の共通理解の下、「常時指導」の充実と基本的生活習慣の確立を図るために、生徒の発達段階に応じて組織を駆使した指導に努める。

3.進路指導の充実 

生徒の発達段階に応じた進路指導を進め、進路意識と進路選択能力の高揚を図るために、進路ガイダンスの充実によるキャリア教育の推進に努める。

4.学校環境の充実

環境教育の一環として、学習環境や校内美化整備を図るために、生徒の環境及び美化意識の高揚に努める。

5.資格取得の推進

生徒の意欲を喚起する学習づくりや将来、社会人として確固たる実力と自信を図るために、生徒の個性と特性を伸長させ資格取得の高揚に努める。

6.部活動の推進

部活動の推進を通して、健康で豊かな心を育成することを図るために、生徒一人ひとりの個性と特技を伸長させ部活動の高揚に努める。

7.人権教育の推進

学校の全教育活動を通して人間尊重の教育をより深く推進し、真に基本的人権を尊重していく意思と実践力を持った人間及び人間関係の中で自己肯定感の育成に努める。

8.情報教育の推進

情報社会に対応するために、情報モラルの推進と人材育成を図るために、教育の情報化に努める。

9.読書指導の充実

図書館を通して生徒に「知性、感性、情報活用能力」を図るために、これらを身につける場を提供し、読書指導を通じて心豊かで質の高い生徒づくりに努める。

10.開かれた学校づくりの推進

学校、家庭、地域の連携を図り、「地産」「地育」「地消」を推進することにより、地域に貢献し地域に開かれ信頼される質の高い学校づくりに努める。