証明書等各書式ダウンロード

本校に関する手続きに必要な各書式は,学校メニューの「各書式ダウンロード」よりダウンロードが可能ですので,ご利用ください。[各書式ダウンロードへ]
 

訪問者カウンタ

865283人目のお客様です

都城商業高等学校

〒885-0053
宮崎県都城市上東町31街区25号
電話番号
0986-22-1758
FAX
0986-22-1759
本Webページの著作権は、都城商業高等学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

本校周辺地図

大会等の結果について

高校総体をはじめとした各大会の情報につきましては,以下のページにて更新していきますので,ご確認ください。
1.試合日程 
 「各種大会・競技会予定」
各種大会・競技会予定のページへ
2.試合結果
 「各部活動のページ」
各部活動のページへ
 

校訓の紹介

 
  • 進取敢為…積極的に物事にあたり,苦難を押し切って物事を行う。
  • 友愛奉仕…知人に対しても,見知らぬ人に対しても愛を惜しまず,報酬にとらわれることなく,国家・社会・人のために尽くす。
  • 自律礼譲…自分の決めた規則に従い,わがままを押さえ,礼を尽くして他人に接する。

 

令和2年度 学校長あいさつ

<第21代 田代晃一校長>




 都城商業高校は、本年度で116年という歴史を持ち、輝かしい伝統と実績を誇る本県商業教育のリーディングスクールです。

 校訓である「進取敢為」「友愛奉仕」「自立礼譲」のもと、目指す学校像として、「経済人として地域の負託にこたえる人材を育成する」を掲げています。これからの経済社会では、仕組みのデジタル化が一気に進みます。通信速度が飛躍的に向上する5G、あらゆる業務を手助け、効率化してくれる人口知能(AI)、様々な機器がネットワークにつながるIOTなど、今から10年のスパンで一気にデジタル化が進展し、仕事のあり方、スタイルが大きく変化すると言われています。その変化していく経済社会の中で、期待されているのが、生まれたときからデジタル機器が普及し、その環境下で育ったデジタルネイティブ世代である若者たちです。職業人となる将来、技術や仕組みによる変化を察知し、学び続け、行動し、様々な経営活動に参画、貢献して活躍する。その資質・能力を都商で身に着けるために、三つのポイントがあります。

 一つは、商業に関する複合的な専門知識を習得することです。商業高校の学びでは、検定試験や資格取得が学びの生命線ですが、検定や資格だけが目的ではなく、そこで得た各種類の検定・資格の知識と技術を結びつけて行動・実践できる実務能力を身に着けることが重要です。

 二つ目に、実務能力を発揮するためには、教養、つまり普通教科の学びが重要になってきます。教養があって、専門力がいかせることになります。

 三つ目に、体力です。心身ともに健康であることが、青年期の健全な成長の基本になります。そのため、運動部活動、文化部活動問わず、部活動に積極的に取り組むことで人間力も向上します。

 この三つの心構えのもと、文武両面にわたる二つの大きな目標を持ち、主体的に学び、行動していくことが、将来訪れる社会人・職業人としての基盤となり、経済人として負託にこたえる人材に育つことになります。

 これらを実現する教育活動を教職員一同が連携し、取り組んで参ります。保護者の皆様、地域の皆様に、本校が展開する様々な教育活動にご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

都商までのアクセス

○主な公共交通機関からのアクセス
  最寄駅 都城駅・西都城駅(ともにタクシーで10分ほど)
  空港から 宮崎空港バス停から西都城駅まで,高速バスで60分ほど
       鹿児島空港バス停から西都城駅までも,高速バスで60分ほど
  
 
○都商付近地図

 


 

学校の沿革

前身校概要
  •  明治30年 8月26日 実業補習学校として設立認可
  •  明治31年 2月 7日 実業補習学校開校
  •  明治34年 9月   都城町立商業補習学校と改称
     明治37年 6月13日 乙種程度商業学校(修業年限3ケ年)として文部省より設立認可
                         都城商業学校と改称(この年を本校の創立年とする)
  •  明治41年 4月 1日 郡に移管、北諸県郡立都城商業学校と改称
  •  大正 9年 3月23日  甲種程度(修業年限5ケ年)に組織変更認可
  •  大正10年 4月 1日  県に移管、宮崎県立都城商業学校と改称 
  •  大正11年 7月19日 文部省より、甲種の等位認定指令を受ける
  •  昭和23年 4月 1日 学制改革により都城中学校、都城農学校、都城高等女学校と
  •                      共に統合され、宮崎県立都城泉ケ丘高等学校商業課程となる
  • 現在校 昭和30年代
  •  昭和32年 4月 1日 前記宮崎県立都城泉ケ丘高等学校より分離独立して宮崎県立
  •                      都城商業高等学校(募集定員4学級200名)として新設
  •  昭和34年 4月10日 校歌制定。作詞 長崎短大学長野崎辰己教授、
  •                                作曲 寺崎良平助教授
  •  昭和34年 4月12日 旧都城商業学校、旧都城女子商業学校、都城泉ケ丘高等学校
  •                      商業課程、現都城商業高等学校4校合同の同窓会結成
  •  昭和34年 11月 6日 開校記念式典を行い、この日を開校記念日と定める
  •  昭和34年 11月 8日 都商創立55周年記念式典、追悼会、祝賀会を挙行
  •  昭和35年 3月 3日 都城商業高等学校第1回卒業式挙行
  •  昭和37年 4月 1日 募集定員6学級300名に増員、旧都城商業学校、旧女子商業
  •                      学校、泉ケ丘高等学校商業科の学籍簿指導要録を本校へ移管
  •  昭和38年 4月 1日 募集定員6学級330名に増員
  • 現在校 昭和40年代
  •  昭和42年 4月 1日 募集人員8学級416名に増員
  •  昭和42年 4月 1日 新校舎落成移転
  •  昭和43年 4月 1日 募集定員8学級384名に改む
  •  昭和44年 4月10日 体育館竣工(延1,808㎡)
  •  昭和44年 6月21日 都商会館建設(165.627㎡)51年8月13日 増築3.247㎡ 
  •                      計168.867㎡
  •  昭和44年 10月28日 新校舎移転完成に伴い落成式挙行
  •  昭和45年 4月 1日 募集定員8学級368名に改む
  •  昭和46年 4月 1日 募集定員8学級360名に改む
  •  昭和46年 10月 1日 プール竣工する(RC16mx25m 400㎡)
  •  昭和48年  1月 9日 小学科制認可 募集定員 商業科180名、経理科90名、
  •                      情報処理科90名
  •  昭和49年 4月30日 情報処理、経理科棟竣工(延面積922㎡)
  •  昭和49年 10月27日 創立70周年記念式典、記念碑除幕式、記念講演、
  •                      模範試合(卓球)、祝賀会、写真展示会を開催 
  •  
    現在校 昭和50年代
  •  昭和52年  7月 6日 昭和52年度学校緑化推進校に決定
  •  昭和52年 11月13日 剣道場竣工(面積200㎡)
  •  昭和53年 6月24日 昭和53年度学校緑化推進校に決定
  •  昭和54年 5月27日 国土緑化推進委員会主催昭和53年度全日本学校環境繚化コン
  •                      ールにおいて農林水産大臣、文部大臣、日本放送協会より表彰
  •  昭和55年 10月25日 昭和56年度募集定員改訂、商業科172名、経理科86名、
  •                      情報処理科86名
  •  昭和57年 10月19日 昭和58年度募集定員改訂、商業科180名、経理科90名、
  •                      情報処理科90名
  •  昭和58年 3月31日 図薯館(第1期分)唆工(延面積460㎡)
  •  昭和59年 10月14日 創立80周年記念式典、記念講演、祝賀会、写真展示会を開催
  •  昭和61年 11月20日 日本学校体育研究連合会より日本保健体育賞を受賞
  • 現在校 平成~
  •  平成 3年 4月11日 平成3・4年度文部省高等学校教育課程研究指定校
  •                    (進路指導関係)となる
  •  平成 4年 10月16日 平成5年度募集定員改訂、商業科164名、経理科82名、
  •                      情報処理科82名
  •  平成 5年 2月 3日 文部省教科調査官鹿嶋研之助氏の来校を仰ぎ、
  •                      進路指導の研究公開
  •  平成 5年 10月13日 平成6年度入学生から経理科を会計科と改称
  •  平成 6年 4月 1日 新制服制定(創立90周年記念事業)
  •  平成 6年 9月17日 国旗掲揚台唆工並びに創立90周年記念碑除幕式
  •  平成 6年 11月 6日 創立90周年記念式典、記念講演、祝賀会開催
  •  平成 7年 10月31日 管理棟大規模改造事業完成
  •  平成 8年 2月29日 運動場整備事業完成
  •  平成 8年 3月30日 セミナーハウス完成
  •  平成 9年 4月 1日 国際経済科新設に伴い、平成9年度定員改訂 商業科120名 
  •                      会計料80名 情報処理科80名、国際経済科40名
  • 現在校 平成10年代
     平成11年 1月20日 校内下水道整備完了
  •  平成11年 3月 1日 弓道場完成
  •  平成11年 3月25日 特別教室棟(家庭科棟)改築
  •  平成11年 4月 1日 平成11・12年度高等学校教育課程研究指定校(文部省・職業教育関係及び進路指導関係)となる
  •  平成11年 4月 1日 募集定員改訂、商業科80名、会計科80名、情報処理科80名、国際経済科40名
  •  平成12年 3月31日 平成13年度から2学期制(前期・後期制)の導入決定
  •  平成12年 10月12日 宮崎県高等学校PTA連合会表彰受賞
  •  平成13年 3月31日 研究指定終了
  •  平成13年 4月 1日 2学期制(前期・後期制)の導入
  •  平成13年 11月 6日 文部科学省指定高等学校教育課程研究公開
  •  平成15年 4月 1日 募集定員改訂、商業科80名、会計科40名、情報処理科80名、
  •                      国際経済科40名
  •  平成16年 11月 7日 創立100周年記念講演会を市民会館で実施
  •  平成16年 11月14日 創立100周年記念式典、記念講演、祝賀会を開確
  •  平成18年  3月15日 東屋(創立100周年記念)完成
  •  平成18年  4月 1日 平成18年度入学生より情報処理科から経営情報科へ学科変更。
  •                      募集定員改訂、商業科80名、会計科40名、情報処理科40名、
  •                      国際経済科40名
  • 現在校 平成20年代
     平成20年  3月25日 第1棟耐震補強工事完成
     平成21年  2月22日 体育館耐震補強工事完成
     
     平成21年  4月 7日 環境緑化教育推進モデル校指定
     平成22年  3月19日 第1棟バリアフリー工事完成
        平成26年10月31日  創立110周年記念式典実施