土木科(1クラス 40名)

「地図」に残る構造物を造っていこう

 土木科では、人々が安全で快適に生活するために無くてはならない土木構造物を造るための計画・設計、そして現場管理ができる技術者を育てています。また、国や県・市などの公務員への道が手広いのも土木科の特徴です。
 

専門教科

・土木基礎力学
(構造力学の基礎)

  各種の土木構造物の種類,形状とその働きや,構造物に作用する
  力の種類や作用の仕方について学びます。
(水理・土質)

  水や土に関する基礎的な力学を計算できるようにして,土木工事
 (河川・海岸工事等)や土木工事の調査,計画,設計,施工に
  ついて学びます。

・測量
  測量は,地球表面上の位置を正確に求める作業のことで,測量の
  幅広い知識と技術を習得し,実際の測量に活用するための内容を
  学びます。

・情報技術基礎
  情報の意義や役割を理解して,土木分野における情報及び
  情報手段を学びます

・工業数理基礎

  基礎的な数学,物理,化学を活用し,土木分野の事象の数理
  処理に関する知識と技術を学びます。

・土木製図
  土木製図に関する基本的な知識と技術を理解して,測量製図,
  設計製図,CAD(コンピュータを用いた製図)の基礎的な技術に
  ついて学びます。

・工業技術基礎
  土木に関する導入的な技術を実験や実習によって体験し,土木の
  意義や役割を理解し,広い視野と倫理観について学びます。

・土木施工
  土木構造物を計画通り安全につくるため,材料の特質を生かした
  いろいろな施工技術と法規,機械・電気などの基礎的な知識を
  学びます。

・土木構造設計
  安全で快適な土木構造物を建設するために必要な構造設計に
  関する知識と技術を学びます。

・社会基盤工学

  上下水道・公園・道路などを社会基盤施設といい,この社会
  基盤がどのように整備されてきたか,安全で暮らしやすいまち
  づくりのために今後どう整備・維持していくかについて学び
  ます。

・土木実習
  コンクリート材料・鉄筋・土質・アスファルト・構造・水理・
  環境などの実験や実習を基礎から応用まで学びます。

・課題研究
  生徒たちがグループに分かれ,それぞれのテーマに基づいて
 「ものづくり」を1年かけて行っていく,土木科での3年間の
  集大成ともいえる授業です。

 

主な資格・検定

[国家資格・技能検定]

・測量士補

・危険物取扱者(乙種)

[検定試験・技能講習]

・計算技術検定

・情報技術検定

・ガス溶接技能講習

・アーク溶接技能講習

・コンクリート製品検定

2級土木施工管理技術検定


 

 

実習・授業風景

進路内定先をご覧になる方は、
こちらをクリック。
 

令和元年度(平成31年度)

・測量士補                                           11名合格

・2級土木施工管理技術検定            30合格

・危険物取扱者乙種4類                    39合格

・コンクリート製品検定                    38合格

・計算技術検定3級                            38合格

・情報技術検定3級                            20合格

 

平成30年度

・測量士補            15名合格

・2級土木施工管理技術検定    24名合格

・危険物取扱者乙種4類      26名合格

・コンクリート製品検定      34名合格

・計算技術検定3級        40名合格
                 (全員)

・情報技術検定3級        25名合格

 

平成29年度

・測量士補            41名合格

・2級土木施工管理技術検定    29名合格

・危険物取扱者乙種4類      24名合格

・コンクリート製品検定      32名合格

・計算技術検定3級        40名合格
                 (合格)

・情報技術検定3級        29名合格

 

平成28年度

・宮崎県工業技術発表会 研究発表
最優秀賞
・第16回九州『川』の
  ワークショップ in 遠賀川  
最優秀賞
・測量士補
19名合格
・2級土木施工管理技術検定
6名合格
 

平成27年度

・測量士補
12名合格
・2級土木施工管理技術検定
4名合格
 

平成26年度

・第14回九州『川』のワークショップ
最優秀賞