機械科(1クラス 40名)

未来を創造する「エンジニア」

 機械科は、ものづくりを通してチャレンジ精神・創造力を高め、未来のエンジニアの育成を目指す学科です。今、日本の産業界は活力あるエンジニアを求めています。あなたも夢を持って挑戦しませんか。
 

専門教科

[基礎分野]
機械工作(1~3年)
  金属材料や各種の工作機械と、その加工知識や品質管理・生産
  管理などについて学びます。
情報技術基礎(1年)
  制御分野の基礎となる、コンピュータについての知識や
  プログラムの構成などについて学びます。
工業数理基礎(1年)
  工業分野で必要な数学や理科の基礎知識について学びます。
機械製図(1~3年)
  機械加工に不可欠な部品図や組み立て図など、製図に関する
  基礎と、応用分野となる設計製図について学びます。
工業技術基礎(1年)
  機械加工法の基礎となる、旋盤、溶接、計測、手仕上げなどの
  知識と技術について学びます。
[応用分野]
機械設計(2・3年)
  各種の機械を設計する上で必要な、各種部品のサイズや強度
  などについての知識を学びます。
原動機(2・3年)
  工場現場で必要なボイラー、冷凍機や自動車エンジンなどに
  ついて学びます。
自動車工学(2・3年)
  自動車の構造や各種装置の原理と構成、特徴などについて
  学びます。
生産システム技術(3年)
  機械を動かす上で必要となる電気の基礎知識を学びます。
実習(2・3年)
  工業技術基礎を受けて、その発展した内容の実習を行います。
  特殊機械やコンピュータ制御工作機械など、加工現場で必要な
  内容ばかりです。
課題研究(3年)
  3年間で身につけた機械の知識を基に、数名の班ごとに課題を
  設定し、その達成に向けて、機械加工や研究に取り組みます。
 

主な資格・検定

[国家資格・技能検定]
・技能検定(旋盤)
・技能検定(機械保全)
・技能検定(機械検査)
・2級ボイラー技士
・危険物取扱者 乙種
[検定試験・技能講習]
・基礎製図検定
・機械製図検定
・アーク溶接安全特別講習
・ガス溶接技能講習
・計算技術検定
・パソコン利用技術検定
 

授業・実習風景

進路内定先をご覧になる方は、
こちらをクリック。
 

令和01年度

・技能検定(3級 普通旋盤)
3名合格
・技能検定(3級 機械検査)
12名合格
・技能検定(3級 機械保全)
24名合格
・2級ボイラー技士
11名合格
・機械製図検定
24名合格
 

平成30年度

・高校生ものづくりコンテスト 県大会(旋盤部門)
最優秀賞
・技能検定(3級 機械保全)
15名合格
・技能検定(3級 普通旋盤)
4名合格
・技能検定(3級 機械検査)
13名合格
・2級ボイラー技士
10名合格
・機械製図検定
30名合格
・危険物取扱者(甲種)
2名合格



 

平成29年度

・2級ボイラー技士
31名合格
・技能検定(3級 機械検査)
30名合格
・技能検定(3級 機械保全)
22名合格
・技能検定(3級 普通旋盤)
2名合格
・機械製図検定
36名合格