学校長より

栄光は君に 挑戦せよ! 延商生

 

~ 自らが持つ無限大の可能性に気づき、それを引き出す力が身につく学びを ~


 

ご 挨 拶



宮崎県立延岡商業高等学校
校 長  大 迫 良 三


 はじめまして、延岡商業高等学校第22代校長の大迫良三です。

 本校は、今年で学校創立99周年という長い歴史と伝統を誇る県内でも有数の商業高校です。

『質実剛健』『堅忍持久』『勤労愛好』の校訓のもと、『栄光は君に 挑戦せよ! 延商生』をスローガンに、何事にも果敢にチャレンジする生徒の育成に努めています。

 本校のめざす生徒像は「ビジネス教育をとおして、人間力と実践力を身に付けた、心豊かでたくましい生徒」です。   

全校生徒には、高校生活を送る中で、三つのことを心がけるように話をしています。

 凡事徹底」・・・「当たり前」のことを人には真似できないほど一生懸命にやる。
 「先施の心」・・・「自分がしてほしいと思うことを、先に相手に施す」心を持つ。
 「危険回避」・・・何が危険なのか的確に判断し、対処する力を身に付ける。
 

 

今、全世界が、誰もが当たり前だと思っていた日常が失われる恐怖を味わっています。
 こんな時だからこそ、当たり前を取り戻し、守るための努力が必要だと考えます。人と人とが互いに相手を気遣って行動することが求められ、人としての在り方が問われていると感じています。また、危険を回避する的確な判断力と対処する力は自身だけでなく家族や周囲の人の命を守る大切な能力だと考えます。この三つを心がけ、実践することが、不透明な時代を力強く生き抜く力に変わると考えています。
 そして、私たち教職員は、生徒が持つ能力を引き出し、よりよい高校生活を味わわせ、進路実現をはかることを目標に、「頭を鍛え、褒めて、伸ばす」「心を鍛え、褒めて、育てる」「体を鍛え、褒めて、伸ばす」教育を推進し、生徒一人ひとりの「社会的・職業的自立」の実現に向けて日々取り組んでいます。

 是非、皆さんも、延商の仲間とともに”栄光は君に 挑戦せよ! 延商生”を実践し、進路実現に向かって学んでみませんか。