体操競技部

体操競技部

 
令和2年7月7日現在

部紹介

 今年度県高校総体で男子団体11連覇を果たしました。
 「延岡さくら体操教室」を開き、地域の子ども達に体操を教えながら一緒に練習しています。
 
応援よろしくお願いします。

今年の成績

☆高校総体☆
 男子団体 1位(全国大会、九州大会出場)  個人総合 1位 、2位、6位、7位、9位、 10位
 女子団体 2位              個人総合  8位、9位、10位 

 種目別(男子)  
  床1位、2位、3位  跳馬1位、3位  つり輪1位、2位
  平行棒1位、2位  鉄棒1位、2位  
鞍馬1位、2位

☆九州高校総体☆
  6月末の大会に出場決定

近年の成績

H29年度

 

県高校総体 男子団体1位

      個人総合 1,2,3位

      女子団体3位

      個人総合8,9,10位

 

九州高校総体 男子個人総合 8位

       種目別 つり輪1位、跳馬3位

 

国体九州ブロック・九州体操競技選手権大会

       男子個人総合4位

         種目別つり輪1位

 

全国高校総体 男子種目別つり輪 決勝進出

 

全日本ジュニア体操競技選手権大会

       男子種目別 つり輪7位

 

県新人体育大会

      男子個人総合 1位

 

 

 

H28年度

九州高校総体 男子団体 5位

       種目別 つり輪1位

     
 練習内容・練習時間

  金曜日は軽練習  連休等は県外遠征が多いです。

部顧問より
  初心者大歓迎。入部を待っています。 球技の能力と体操の才能はまったく違います。 高校生からでもバクテン・大車輪できますよ。

 

日誌

体操競技部 >> 記事詳細

2019/09/07

来年度のインターハイにむけて

Tweet ThisSend to Facebook | by 先生

今年度のインターハイが終わり、1ヶ月が経ちました。

夏休み期間中から、来年度のインターハイにむけて練習が始まっています。

 

今回、体操競技に関する勉強会を約2時間に渡って行いました。

採点基準や心構えなどを学びました。

ロシアの選手の演技の動画を観ながらDスコアやEスコアを試算したり、

大学生体操選手のブログの紹介を受けたり、

現状の練習のままでは足りないものを確認しました。

 

・技を増やさないと持ち点が低くなる

・技を丁寧にしないと点数は出ない

・普段の練習から膝やつま先などの美しさに気を配る

・自分の演技がどのような評価になるかを知る

・自分の演技をビデオやタブレットで確認する

・上手い選手の動画を観て研究する

・時間を無駄にしない

・器具常設校との差を朝昼練で埋める

・しっかりとした補強を積み上げていく

・本気で集中した時は仕草や表情でわかる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・など。

勉強会の最後には、11月におこなわれる新人大会に向けての目標書きをしました。
勉強会直後だっただけに、「〇点以上」「Eスコア〇点」「”技名”を完璧にする」と
具体的にあがりました。


  
  
 
15:47