お知らせ

Youtubeチャンネル開設しました!↓

はまぐりTV

 

お知らせ

現在、緊急のお知らせはありません。
 

お問い合わせ

 所在地
  〒883-0022
 宮崎県日向市大字平岩8750番地
 電話番号
  0982-57-1411
 FAX番号
  0982-57-2146
 E-mail
 hyuugakougyou-a@miyazaki-c.ed.jp 
 

同窓生再就職サポート

 

訪問者カウンタ

あなたは54499人目のお客様です

学校ポスター

 

部活動ポスター

 

日誌

学校通信
123
2019/09/26

「地元企業に期待すること」(3)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

 就職先を決める際、「漠然とした理由」で県外企業を決めるとは?一体どういう事なのか

アンケート結果が出た後、私なりに色々考えてみた。

そこで、保護者や関係者とこの話をする中で浮かんで来たのが「県外の会社の方が良い」とい

う「条件(中身)」に関して……だ。

 給与水準、福利厚生、休日の多さ・確実さなどがすぐ浮かぶ。ただ、見逃してはならない

事がもう一つある。「県外(都会)でしか経験できないこと」がボンヤリだが……確かにある。

ということだ、例えば、たくさんの人との出会いもあるだろう。自分の生き方を変えるほどの

出会いの機会は田舎より多いだろう。

同じ業種・職種でも、田舎では扱う機会のない大きなプロジェクトや特殊な仕事をとおして、

労働者として、又人として成長する機会(可能性)が都会にはある……。

 堅い表現を使えば「都会の方がキャリア形成を図りやすい」、簡単に言えば「都会の方がなり

たい自分になれそうな気がする」ということだ。

保護者も生徒もうまく言えないから「漠然とした良さを感じる」としか言えないのでは?ないか

という結論だ。

 皆さんも色んな意見、考えがあるのでこれはあくまで私の私見として受け取っていただければ

と思います。


12:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/24

「地元企業に期待すること」(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

 アンケート結果から工業高校生徒・保護者が地元企業に求める「条件整備」について、簡単に

まとめると次の要点と順番になる。

(1)  生徒・保護者は、余り地元の企業を知らない。

 特に企業自体は小さいが、生産している製品が全国的に高いシェアーを誇る有望な企業、

財務状況が良く、堅実な経営をしている企業などが知られていない。

 

(2)  保護者は、子供(生徒)の考えを尊重している。

 大学に進学予定の家庭も含め、保護者は、「将来は地元就職をしてほしい」考えをもって

いるが、最終的には子供の意思に任せている。

 

(3)  ……そして、最終的に子供の考えに押され、県外を選ぶ生徒・保護者が、
最終的に県外就職を選ぶ理由
が、驚くなかれ「なんとなく……都会の企業が良さそう……だ、」

 

 という「漠然とした理由」だというから驚いてしまう。

  以上が、アンケート結果から分かったことである。次回は、この「漠然とした理由」について

 考えてみたい。


12:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/20

「地元企業に期待すること」(1)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

 「企業説明会」は、ここ数年、地元就職者を増やす目的で高校生やその保護者を対象に、地元

企業が学校や地域の会場を借りて行われている。

本校でも1027日に、1・2年生、生徒・保護者を集めて地元企業、約20社の説明会を行う。

私は、これらの企業説明会を見ていて気づいたことがある。それは、高校が、中学校でやっている

「高校説明会」と本質は同じだということだ。

すなわち高校が「地域の学校に対する認識を変えさせることが必要である」は、企業にとっては

「地域の企業に対する認識を変えさせることが必要である」に置き換えられ、またその為には、地

元企業も高校生が地元に就職したいと思う、そんな「条件整備が必要」だとなる……ということだ。

このブログの最初に扱ったテーマ「地元就職率UPを考える」のシリーズ(6)で最後に触れた、

あの問い「では、どんな規準で高校生やその保護者は県外就職?地元就職?を決めているの
だろ
うか? なぜ地元就職率は、低いのだろうか?」
 この問いの答えを求めて、またあのアンケート結果に
戻って考えてみたい。

そこに、地元企業に求められる「条件整備」があるように、私には思える……の、だが。

 


11:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/17

「説明会を考えてみた」(10)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

 これまで、○高校説明会の意義(受検者増を目的に高校を宣伝する説明会)について、私なり

の考えを述べてきた。

まず、受検者を増やす為には「地域の学校に対する認識を変えさせることが必要である」事。

ただ、それは「非常に困難であること(創られた学校のイメージは簡単に変わらない)」

その認識を変えるには、顧客である生徒・保護者のニーズに応えること。要するに「条件整備

が必要」であること、そして、その整備すべき条件の中身についても述べてきた。

 「~じゃ、日向工業は具体的にどう取り組んでいるのか?!」という、お叱りの声が聞こえて

来そうですので、本校の取組は今月末~来月10月位に、まとめて述べることとして…。 

次回は、これまで触れてきた「高校説明会を考える」を基に、「○企業説明会」について、私の

所感を述べてみたい。

 このブログで、これまでだらだら書いてきた「地元就職率UP」と、この「○○説明会」を考える…が、なぜか、不思議な一致を見る…やっと「大きなまとめ」である。

… つづく …


13:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/11

「説明会を考えてみた」(9)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

 

 一方、大変失礼を承知の上で申しあげたいのが、「普通科高校の難しさ」である。

どうしても、与えられた「人・もの・金」の中で学校の独自性を打ち出すには、公立の普通科

高校には、どうも限界があるのではないかと、私は感じている。

 どの普通科高校も「こんな学習の質や提供するサービスがあります」ではなく、入学し

て勉強・部活「がんばれ!がんばれ!」的な精神論が学校説明の中心となりやすく、最後の

締めは「医学部○○人、国立大学○○人合格」という結果を学校の魅力「宣伝材料」として、

説明することになりやすいのではないか?(偏った見方かもしれない)

 

 ここ10年ほど私立高校は、「提供する教育の質やサービス」を武器に、攻勢に出ている。

その反面、県内公立普通科高校が苦戦しているように見えるのは、私だけだろうか…


11:10 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/09/10

「説明会を考えてみた」(8)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

理由 その3「伝えたい魅力(材用)が乏しい」である。

別の表現を使えば、「他の学校と違う特徴が余りない(差が無い)」こと
 と言ってもよい。
これは、校種に関係なく農業・工業・商業・普通科高校ど 
 の学校も言えることだが、普通科
高校に比べると、専門高校では、例えば
「野菜を栽培する、自動車やモーターをつくる、
何が売れるかマーケティング
 する、食事の介助を学ぶ…」とか、それでも中学生や保護者に
分かり易い
 学習内容を紹介できるので、それなりに「伝えたい魅力(材用)はある」、
「たと
え話は、しやすい。」と言える。


12:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/09/09

「説明会を考えてみた」(7)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

   中学校説明会で、学校の魅力を紹介しない、又はできない理由にはいくつかある。

  ○理由 その1:高校側の準備不足

   これまで、高校説明会で見かけた一番多い例は「自分の学校がよく分かっていない」
  担当者
が説明しているケースである。

   各学校とも多忙の中で、担当者を決める。担当になった先生は時間の無い中「とにかく
  準備」
して、説明会に行く。自分自身よく分かっていない事を他人に、しかも中学生やそ
  の保護者に説明
できる訳が無いのだが、この準備不足が多い。
  特に公立高校にこの傾向が強い。
(担当が若手教員・中堅主任・管理職に関係はない)


  ○理由 その2:中学側の課題 設定時間の不足と会の設定に工夫が足りない

   通常中学校が設定する高校説明会で、各校に与えられる説明時間は15分~20分程
  度である。
中学校も厳しい時間設定だと分かっているようだが、さすがにこの短い時間
  では学校の魅力を
伝えることは、できない。中学側も公立、私立と多くの高校から説明
  会をお願いされて困って
いるのが分かる。

   私は、何度か中学校担当者に要望したことがあるのだが、以下の工夫が望まれる。

  現在行われている、各高校の宣伝を目的とする説明会の前に中2、又は中3の1学期
  までに
高校の「校種の違いを知る(キャリア教育として)」学習の場を設定して欲しいの
  だ。…つづく


12:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/08/28

「説明会を考えてみた」(6)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001
  それでは、まず「高校説明会で中学生に何を語ればよいか…」、について、まとめたい
それは、当たり前ではあるが「学校の魅力」である。具体的には前回まで例として挙げてきた事
になる。「条件整備された魅力」がある学校は、当然話をしやすい。
 ところが、これまで参加した中学校説明会で、その学校の魅力、言い換えれば他校よりも整備
された条件(違い)を紹介しない、又はできない高校担当者がたくさんいるのである。
 具体的な項目は挙げないが、どの高校担当者も同じ事柄を挙げて説明しているのが実態なの
だ…○○大学何人合格、○○就職者がいます。…合格率100%、校訓は…、○○部優勝…
まるで判で押したように、どの高校も同ような事を説明している…。のだ、
 これでは、聞いている中学生が可哀想だ。
 どうして、こんな事になってしまったのだろうか?
17:55 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/08/20

「説明会」を考えてみた(5)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

 この2校は、前々回取り上げた中学生・保護者が高校に期待すること、言い換えれば
学校に対する地域のイメージを変える条件整備」の整備に挑戦し、ある一定の成果を
げたケースと言える。具体的には

 小林工業では、②部活動 ③進路実現 ⑤進路に応じた選択科目を選べる 

 日南振徳では、⑦学習の質や提供するサービス である。

  私は、普通科高校での勤務経験がないので進学校(普通科高校)の実態を語ること
はできないが、今ある戦力「人・もの・金」のまま条件整備に取り組むなら、進学を主な目
的とする普通科高校よりも農業・工業・商業・家庭・福祉など専門教育を主とする
専門高
の方が「学校に対する地域のイメージを変える条件整備」をし易いのではない
かと常々
感じている…。


07:52 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/08/01

「説明会」を考えてみた(4)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001
 そこで、幾つか…「高校に対するイメージ」を変えたケースを挙げてみたい。

 ①平成9年~15年、勤務した小林工業(現在小林秀峰高校に再編されて閉校)
  新体操、ハンドボール部が全国制覇、資格取得も全国500近い工業高校の中で、 
  4番目の資格取得者数、退学者毎年ほぼ「0」…と前回述べた「条件整備」を平成7,
  8年頃から4~5年かけて成し遂げた学校であった。
   選択科目も進路に応じた選択ができる編成で、私のクラスからも広島大学工学
  部に合格する生徒から大手民間企業、公務員と幅広いニーズにこたえる学校として
  、地域の信頼を得ることができた。 少子化により再編閉校したのが、悔やまれる。

 
 ②平成29年~30年に勤務した、日南振徳高校は、小林秀峰高校と同時期に日南地
  区の農工商3校を再編して誕生した。開校からこの10年定員割れは続いているが、
  私の勤務した2年間学校の様子を観ていると、大変面白い学校である。特に異教科
  連携により、地域に貢献する課題研究の取組、クルーズ船による町おこしに積極的
  に取り組む授業など…キャリア教育の推進が、地域に特色のある学校として認識さ
  れはじめている。今年度H31年度の入試では、初めて小林秀峰よりも受験倍率が  
  高くなった。今後が楽しみである。…(つづく)
17:25 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
123

新着情報