お問合せ

訪問者カウンタ

あなたは2142人目のお客様です

校長挨拶

                              宮崎県立日向工業高等学校
                                  校長 稲用 光治

 本校勤務が2年目になりました。保護者の皆様には、
本校の教育活動に御理解と御協力をい
ただき有り難うございます。
今年度も昨年度同様、変わらぬ御支援を賜りますよう、よろしく お願い致します。

 さて、昨年度は新しい取組(集会・メモ・スピーチ指導等)を行った初年度で、様々な教育
活動の中で生徒の皆さんの輝く姿を見ることが出来ました。体育大会、はまぐり祭、部活動で
の各種大会、校外でのボランティア活動、ものづくり競技会、各種検定・資格取得へのチャレ
ンジ等、本校の生徒たちの努力が実を結び、県内外に「日向工業高校」の名声を轟かせた1年
でした。また、指導者である私たちにとりましても、生徒の皆さんの成長を肌で感じることで
新しい取組が有効であることに気付かされた1年でもありました。皆さんは、「やれば、でき
る!」ことを証明してくれました。今年度は、皆さんの更なる成長へ向けて取り組んでいきま
す。

 年度当初の始業式では、孔子が掲げる『文・行・忠・信』の話をしました。『文』とは書か
ら学ぶことでありますが、本校では普通教科に加えて専門の技術・技能を習得します。特に専
門は、ものづくりの基礎・基本の内容ですから、しっかり学んでほしいものです。『行』はそ
の学んだことを実行に移すことです。学びを実行するとは、自ら考えて勉強する力「自学力」
を養成するということで、基礎・基本力、技術・技能力を高める上でのベースになります。 
『忠』とは、真心を持って人に接しているかということです。人は一人では何もできません。 
人と協力する中で事が為し得ます。人と誠実に関わり、信頼関係を築いて欲しいものです。 
『信』は言行(言葉と行動)が一致した生き方をしなさいということで、社会道徳の根本で
す。他人との関係において、噓・偽りのない行動をとってください。この4つの漢字を念頭に
おいて人間力を高めてください。

 以下は、今年度の学校経営方針です。
 

経営方針


                                               
 

学校長通信

学校長通信
2018/02/15

教えて先輩

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員
 
 県工業会県北地区部会人財育成分科会主催の「教えて先輩」が実施されました。この事業は1年生を対象に、2年後の進路選択の一助にしてもらうために毎年実施しています。
実施日時  平成30年1月10日(水) 13:30 ~ 15:20
講    師    機械科   旭有機材(株) 総務人事部   伊東洋之 氏
           電気科   (株)九電工日向営業所         長友宏二 氏
           建築科   海野建設(株)                 海野洋光 氏
 機械科と電気科では1年生全員と、インターンシップ時にお世話になった2年生、内定をいただいている3年生も参加して講話をしていただきました。
 伊東様の講話では、「何のために仕事をするのか」、「その会社でどんなことをしたいのか」について、しっかりとした考えを持って会社選びをすることが最も大切なことだと言われました。世の中には、皆が羨む難関大学を卒業していても、数十社の採用試験に受からない人、早期退職に繋がっている人などが大勢います。つまり、自分は何がしたいのか、したいことが出来る会社はどこなのかを考えて、覚悟を決めて会社選びをしなさいということです。また、高校在学中にしなければならないこととして、勉強だけでなく話す力(コミュニケーション能力)を鍛えることも実社会では大切であるということも教えていただきました。
 長友様からは九電工の歴史について説明を受け、電気工事士などの資格取得の重要性について講話をいただきました。また会社では、コミュニケーションやリーダーシップの取れる人が必要とされていることも教えていただきました。
 海野様からは、「目標を持って授業に打ち込むこと」、「教科書を卒業後も大切に保管して欲しいこと」、「クラス全員で卒業すること」の3つを話していただきました。海野様は本校の先輩で、高校時代に学校を変えようと努力して実際に良い方向に変わっていった話もされました。
 この講話で生徒たちは、社会に出るまでの高校生活で何を身につけなければならないかのヒントをいただいたようです。今回、先輩方から講話いただいたことでいろんな気付きがあったと思います。その気付きを学校生活の中で自分なりに実践して、3年の進路選択時に繋いでいただきたいと思います。今回、ご講話をいただきました皆様に心からお礼申し上げます。 
1 1 1

17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/02/05

1年生就職準備セミナーく

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員
日時  平成30年1月17日(水) 14:30~15:40
講師  水永正憲 氏(日向市キャリア教育支援センター長)
演題    「将来の職業選択に向けて、何を考えて高校時代を過ごすべきか」  










  講演では、まず数年後に起こりうる自動車のEV化や無人自動運転車が公道を走りだすこと、AIの技術革新のことを交えながら、わくわくするような未来の話をされました。これからの未来は親も先生も知らない想像することの出来ない、君たちだけが出会える「可能性」に満ちた世界であると....  だからこそ、親や先生から言われたから行動するようでは力はつかないし、生きていけない。「自分で考える」力を身につけることが重要であると説かれました。
  次に、人は何のために「働く」のかについて話をしていただきました。社会では、人(お客様)が喜んで買ってくれるような「モノ」や「サービス」を作らないとお金がもらえないし、食べていけないし、生きていくことができない。さらに「働くということ」は、人のためになる、人の役に立つ、人の助けになることで、人に喜んでもらえるものでなければ成り立たないことも分かりやすく解説してくださいました。
  最後に、「自分にとって幸せとは何だろう?」と問いかけられました。それは、自分にとって本当に大事なこと、本当に大切な人はだれ、この2つの問いを本気で思い・考えることだと力説されました。
  この講演で、水永様の人生観溢れるお言葉から沢山のエールをいただきました。ありがとうございました。生徒のみなさん、この講演での話をもとに「働くこと」の意味を考えるきっかけにしてほしいものです。
08:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/29

新年のごあいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員
新年明けましておめでとうございます。

 本日から、学校のホームページをリニューアルしました。日々の生徒たちの活動を「学校長通信」という形で、報告させていただきます。

 2017年は、各種部活動の大会、モノづくり競技大会、資格取得等をはじめ、本校生徒の輝いている場面を数多く見ることができて大変実のある1年だったと思います。これも偏に本校の教育活動全般に御理解をいただいている地域や保護者の皆様の御支援のお陰だと考えております。本当にありがとうございます。
 さて今年(2018)は「戌年」、戌年は「結実」を表す干支と言われ、これまで続けてきた様々な取り組みに良い結果が表れる年になると言われています。この縁起の良い戌年に肖って、生徒たちのより良い成長のために努力してまいります。今年も何とぞ絶大なる御指導御支援を賜りますようお願い申し上げます。
08:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)