お知らせ

Youtubeチャンネル開設しました!↓

はまぐりTV

 

お知らせ

現在、緊急のお知らせはありません。
 

お問い合わせ

 所在地
  〒883-0022
 宮崎県日向市大字平岩8750番地
 電話番号
  0982-57-1411
 FAX番号
  0982-57-2146
 E-mail
 hyuugakougyou-a@miyazaki-c.ed.jp 
 

同窓生再就職サポート

 

訪問者カウンタ

あなたは59366人目のお客様です

学校ポスター

 

部活動ポスター

 

日誌

学校通信 >> 記事詳細

2019/09/09

「説明会を考えてみた」(7)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校職員001

   中学校説明会で、学校の魅力を紹介しない、又はできない理由にはいくつかある。

  ○理由 その1:高校側の準備不足

   これまで、高校説明会で見かけた一番多い例は「自分の学校がよく分かっていない」
  担当者
が説明しているケースである。

   各学校とも多忙の中で、担当者を決める。担当になった先生は時間の無い中「とにかく
  準備」
して、説明会に行く。自分自身よく分かっていない事を他人に、しかも中学生やそ
  の保護者に説明
できる訳が無いのだが、この準備不足が多い。
  特に公立高校にこの傾向が強い。
(担当が若手教員・中堅主任・管理職に関係はない)


  ○理由 その2:中学側の課題 設定時間の不足と会の設定に工夫が足りない

   通常中学校が設定する高校説明会で、各校に与えられる説明時間は15分~20分程
  度である。
中学校も厳しい時間設定だと分かっているようだが、さすがにこの短い時間
  では学校の魅力を
伝えることは、できない。中学側も公立、私立と多くの高校から説明
  会をお願いされて困って
いるのが分かる。

   私は、何度か中学校担当者に要望したことがあるのだが、以下の工夫が望まれる。

  現在行われている、各高校の宣伝を目的とする説明会の前に中2、又は中3の1学期
  までに
高校の「校種の違いを知る(キャリア教育として)」学習の場を設定して欲しいの
  だ。…つづく


12:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

新着情報