↓ 本校の新たなる挑戦を紹介するページです。 ↓


クリックすると詳細画面に移動します。
 
 
 

 
 
 
 

訪問者カウンタ

あなたは231251人目のお客様です

所在地

高校の紋章宮崎県立宮崎西高等学校
〒880-0951
宮崎県宮崎市大塚町柳ケ迫3975-2
TEL.0985-48-1021 FAX.0985-48-0783

中学校の紋章宮崎県立宮崎西高等学校
     附属中学校

〒880-0951
宮崎県宮崎市大塚町柳ケ迫3975-2
TEL.0985-48-1021 FAX.0985-48-0783


本Webページの著作権は、
宮崎県立宮崎西高等学校が有します。
無断で文章・画像などの複製・転載を禁じます。 
 

未来授業計画

 

未来授業計画とは


未来授業計画とは、
  宮崎西高等学校及び附属中学校の授業改善に関わる取組のこと。

授業で扱う知識は、発見されたときの「驚きの飛躍」とその後の「積み上げられた論理」とを合わせ持ちます。
授業の中でいかに「感性」(ART)と「理性」(STEM)を調和させ、生徒自身の研究のヒントとなり、学問の扉を
開けることになっていくか、
新しい授業改革に全校で取り組んでいきます。

高校における現状と今後
 
本校では、各教科ごとに年3回の教科指導研究会を実施し、授業改善に向けた取組を行っています
宮西型「STEAM
プログラム」が本格的に動き出すと、教科の授業が生徒たちの興味と結びつき、研
究のきっ
かけを生むようなものになっているのか、という観点がより重要になってきます。普段の授業
の中
に起こる生徒の疑問や発見を大切にしていくことや、生徒の教科横断的な研究テーマが他教科と
連携を進めることになる可能性など、教科の枠を超えた柔軟な対応が必要となってきます。

附属中学校における現状と今後
 
特色ある教育活動が実践されている附属中学校において、科学系オリンピックの日本代表が生まれ
要因とこれらの授業との関係の検証から、このような生徒を今後も輩出するには、知的興味を伸
ばして
いく自由度と知的体験の豊かな枠組みを、より意識的に設定した特色ある教育活動を進めていく必要が
あると考えます。


感性(ART)の授業への挑戦「未来授業計画」
 
以上のことから、附属中・高校における取組として、以下のような授業改善を目指していきます。

 新たにSTEAMプログラムの教科指導研究を推進する組織を作り、附属中から高校まで一貫し
  て、全教科で生徒たち自身の研究のきっかけを生み出すような、感性(ARTと理性
STEM)が融
  合した未来授業
を計画的に試みていきます。附属中においては中学3年の2学期から3学期を「黄
  金の学期」として、「STEAMジュニア」から高校の「STEAMプログラ
ム」につながる生徒
  たちの自由な学習や研究活動を促進させます。

 ② これらの取り組みの評価は、生徒の卒業論文アンケートで研究テーマの「授業引用度」評価、
  
「STEAMジュニア」の影響度の調査を行うことで数値的に判断していきます。


生徒側からの授業改革STEAM BOOK
 
本校はこれまで10年以上にわたって、生徒の学習や生活の自主管理、また、その日の授業のポイン
トをメモする「振り返り」
Reflection機能を持たせた本校オリジナルの手帳を作成し、生徒に活用
させてきた歴史があります。
この手帳を、「STEAM BOOK」として再構成し、振り返り機能に
重点を置き、授業や講演会における「感性」と「理性」の出会いや自分の研究のヒン
トを記録するた
めの手帳として、生徒全員に配布し活用を促進します。これが、生徒側からの授業改革です。