↓ 本校の新たなる挑戦を紹介するページです。 ↓


クリックすると詳細画面に移動します。
 



宮崎西高等学校附属中学校の
  ページはこちらです↓








 
 
 

 

学校案内2022

top
 

訪問者カウンタ

あなたは384495人目のお客様です

所在地

高校の紋章宮崎県立宮崎西高等学校
〒880-0951
宮崎県宮崎市大塚町柳ケ迫3975-2
TEL.0985-48-1021 FAX.0985-48-0783

中学校の紋章宮崎県立宮崎西高等学校
     附属中学校

〒880-0951
宮崎県宮崎市大塚町柳ケ迫3975-2
TEL.0985-48-1021 FAX.0985-48-0783


本Webページの著作権は、
宮崎県立宮崎西高等学校が有します。
無断で文章・画像などの複製・転載を禁じます。 
 

お知らせ

2021/10/19

 

「勉強は大変。だからこそ充実した学校生活だとわかった。」

     ~第2回高校オープンスクール~

 

1016()の午前中に、第2回の高校オープンスクールを開催しました。宮崎市内外からたくさんの生徒さんに参加していただきました。例年ならば、保護者の皆様にもご参加いただき、校内見学や座談会も一緒に行っていたのですが、今回は中学3年生に限った体育館での説明会とさせていただきました。

今回は、高校1年生を実行委員として準備や運営に取り組みました。実行委員長の坂本琉波さん(普通科1年)の「私たちもちょうど1年前に皆さんと同じように進路について悩みました。だからこそ、皆さんの不安に寄り添えることができると思います。」という開会あいさつの言葉に、多くの中学生が安心感を持って臨めたことと思います。座談会も和やかに進み、終了後のアンケートでは、「聞きたいことが全部聞けた。」「優しく、わかりやすく教えてもらえた。」「モチベーションが上がった。」と好評価でした。

勉強はもちろん、部活動や行事にも全力を尽くす本校生の熱い学校生活を伝えることができたようです。

実行院長あいさつ 実行委員紹介
     実行委員長あいさつ                     実行委員紹介
紹介動画視聴  座談会
          紹介動画視聴                     座談会

 

お知らせ

20201/10/12

学部・学科講座[高1・2生対象]

 

9月22日(水)に学部・学科講座を全てオンラインで実施しました。全体講演会では本校の第1回卒業生で、現在、国際基督教大学(ICU)の学長を務めていらっしゃる岩切正一郎先生に講演をしていただきました。「17歳」という年齢が特別であること、ご専門のフランス文学のすばらしさを話していただきました。最後に「自分の可能性は自分だけでは分からない、他の人が見抜いてくれることもある」というお言葉をいただき、生徒たちは今の、そしてこれからの出会いを大切にしていこうと考えたようです。講演の最後に生徒代表2人が質問をさせていただきましたが、とても丁寧に答えていただき生徒たちは大変感激していました。

全体講演会の後は、21の系統別講座をオンラインで実施しました。オールイングリッシュで行われた講座、ペアワークを取り入れた講座など、生徒は緊張しながらも楽しく受講できたようです。生徒の感想の中には「大学で学ぶことの楽しさを感じることができた」「高校での学びと大学での学びをつなげて考えるいい機会となった」「これからの勉強に対する意欲が増した」といったものが多数ありました。また、「今日学んだことをさらに深めて『きみろん』に生かしたい」といった感想も多く見られ、探究活動の充実につながるいい機会となったようです。大学で行われている講座をオンラインで実体験できたことで、大学の授業のイメージが明確になり、進路意識の高揚につながる大変充実した学部・学科講座となりました。

①   ② 
③ ④

    
 

お知らせ

2021/09/08

 完全燃焼!朝陽祭!

 朝陽祭の2日目は、校内で発表や展示が行われました。体育館では入場者数を限定し、実行委員が椅子の消毒を
行いながら発表を鑑賞しました。各部の発表も感染症対策に気を配りながら、来場者を楽しませる企画を工夫して
いました。
 3日目の体育大会は天候が心配されましたが、抜けるような青空の下で競技を実施することができました。感染
症対策・熱中症対策のため、今年も半日の短縮プログラムでの実施でした。競技の部・応援の部ともに黄団の優勝
という結果で幕を下ろしましたが、最後は各団ともにお互いをリスペクトし合う拍手に包まれました。
 この3日間の本番はもちろんですが、計画・準備の段階から生徒会や実行委員の生徒たちは、本当によく考え動
いてきました。想像力・創造力を働かせ、主体性を持って行動力・協働力を発揮し、本校の目指す「感性」を育む
活動の一つを見事に成功させてくれたと思います。お疲れ様でした。
 全校生徒の皆さん、今回の「感動」を次への「Can Do」につなげていきましょう。

美術部 書道部

開会式 生徒会

実行委員スタッフ
 

お知らせ

2021/09/02

 

 朝陽祭が始まりました。

「縹(はなだ)~色褪せない一瞬を~」

 

 令和3年度の朝陽祭の第1日目が宮崎市民文化ホールをメイン会場に開催されました。高校3年生は終日文化ホールで
参加し、他の学年と中学生が文化ホールと学校をローテーションで移動することで、観客収容率を50%未満に保ちつつ、
全クラスが文化ホールのステージに立って合唱コンクールの演奏をすることができました。文化ホールの様子は教室に
ライブ配信されました。

 お盆明けからの県内の感染拡大に伴い、それまでの計画が二転三転する中で、実行委員が中心となってしなやかに、
そしてしたたかに変化に対応しながら準備を進めてきました。そして本日、実行委員の連携と全校生徒の協力で無事に
分散開催を成し遂げることができました。

 様々な制約の中ではありますが、テーマに込められた思いにあるように一瞬一瞬を完全燃焼させていきましょう。

 

1日目の様子です。
合唱コンクール 
マスクを着用のまま、通常よりもディスタンスを取って合唱。
教室配信
各教室でのリモート視聴。
吹奏楽部 
吹奏楽部の発表。
箏曲部
箏曲部の発表。
合唱部
合唱部の発表。
ダンス部
ダンス部の発表。
表彰式
高校の部、金賞は3年7組9組の同時受賞。中学の部は3年1組。
クロージング
1日目クロージングのパフォーマンスでは、川越校長から熱いメッセージが。

 

お知らせ

2021/09/01

令和3年度 スーパーサイエンスハイスクール 生徒研究発表会に

本校代表で 高校3年の髙司萌恵さんが出場しました。

 

 

令和384日(水)、神戸コンベンションセンター(神戸市)を会場にSSH生徒研究発表会が開催され、
本校を代表して高校
3年の髙司萌恵さんがポスターセッションを行いました。

論文タイトルは
  「
延岡城の千人殺しの石垣廃の崩壊
  -石垣の秘話と延岡藩の策略-

です。
(発表ポスターは添付資料ポスターデータ『延岡城「千人殺しの石垣」に関する研究』〈添付資料〉.pdfを参照してください)

生まれ育った延岡のシンボルであった延岡城についてこれまで研究してきたもので、
本校の「君にしか書けない論文コンテスト」においては金賞を受賞しました。


SSH発表

 コロナ禍の開催で、マスク着用、パーテーションによる飛沫防止の中、約10回ほどのポスターセッションを行い、
様々な質問等にしっかり応答しました。受賞は逃したものの、研究内容が歴史的事実と物理の融合という観点から
「興味深い!」、「面白い!」との評価をいただきました。また英語による発表など今後に対する助言等もいただき、
大変有意義で貴重な経験ができたと語っていました。

本校は生徒一人一研究で、個人研究をベースに論文を作成しています。また自分独自の研究を他者に伝えることは
今後においても重要な機会になると思います。

高司さんに次ぐ、新たな研究が後輩から生まれてこのステージに立ち、研究成果を発表できることを期待しています。                      

                                                                                                                    宮崎県立宮崎西高等学校 
                                                                   研究部 
SSH推進課

 

お知らせ

2021/08/26

 

1回高校オープンスクールを実施しました。

 

 730()に開催した高校オープンスクールでは、午前の部(普通科対象)に約500名、午後の部(理数科対象)に約150名の中学3年生が県内各地から参加してくれました。

 今回は、感染症対策・熱中症対策を総合的に検討して、中学3年生だけを普通教室に分散させ、内容の半分をリモート生配信もしくは事前に録画した動画配信としました。初めての試みで不安もありましたが、普通科・理数科のどちらにも「先生たちの力無しで生徒たちだけで作ったオープンスクールがすごく良かった。」「何事も全力で取り組んでいることがとても伝わりました。」「勉強ばかりのイメージだったけど、文武両道できると知って、青春できそうだなと思いました。」といった感想をたくさんいただき、生徒実行委員たちは「伝えたいことが伝わった」と喜んでいました。

 以下は、当日の主なプログラムです。

 

 午前の部(普通科対象)

開会行事

オープニング映像視聴

動画配信

実行委員挨拶

リモート配信

生徒企画Ⅰ

生徒発表4

「西高生の1日」「西高を選んだ理由」

動画配信

 

体験授業

各教室にて模擬授業

職員

生徒企画Ⅱ

座談会(25分×2セット)

実行委員

閉会行事

応援団動画視聴

実行委員挨拶

動画配信

リモート配信

 午後の部(理数科対象)

開会行事

実行委員挨拶

リモート配信

理数科主任挨拶

リモート配信

生徒企画Ⅰ

①「きみろんComp.」について説明

動画配信

②「きみろんExpt.」について説明

動画配信

③「理数科生の1日」

動画配信

VTR上映

卒業生ビデオメッセージⅠ

動画配信

生徒企画Ⅱ

教科書展示

実行委員

生徒企画Ⅲ

座談会

実行委員

VTR上映

卒業生ビデオメッセージⅡ

動画配信

閉会行事

実行委員挨拶

リモート配信

 

以下は、オープンスクールの様子です。

リモート配信①
リモート配信②
実行委員によるリモート配信の様子

模擬授業
普通科・模擬授業の様子

理数科・教科書展示
理数科・教科書展示

「きみろん」ポスター
「きみろん」ポスター展示

座談会
座談会の様子

応援団
最後を締めくくった応援団の演舞(動画視聴)
 

お知らせ

2021/08/04


第2回進路講演会(出前授業)[高1・2生対象]

 

7月27(火)に九州大学芸術工学部未来構想デザインコース 教授 尾方 義人(おがた よしと)先生をお招きして、高校1・2年生対象に第2回進路講演会を開催しました。この講演会は、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の研究促進をねらいとし、「デザイン思考を活用した『探究』」というテーマで、5時間目~7時間目に授業形態で実施しました。また、視聴覚室で行われる授業の様子を、1・2年生の各教室にリモート配信しました。

尾方先生には「探究活動において、課題設定に多くの時間を割くべきだということ」、「活動において『観察』」と『質問』が重要であること」、「境界線を意識して社会の諸問題を考えることが大切」、「これからは理系・文系問わず幅広く学んでおくことが必要である」といった多くのことを教えていただきました。

6時間目には、5、6人のグループに分かれ、「学校の中にある境界線」を1人10個ずつ付箋に書き出し、2軸4象限に分類する作業を行いました。最後に「境界線とは何か?」50語で分かりやすい説明を考えました。生徒たちは、分類の仕方に戸惑いながらも、グループ内で意見を交わしながら作業を進めていました。考えをまとめ、分かりやすく表現することの難しさを感じたようです。グループ内で様々な意見を共有し協働的に活動する中で、学びを深めることの楽しさも知ることできました。

今回の授業は、今後の探究活動を進めていく上で、大変意義深いものになりました。尾方先生、ありがとうございました。


進路講演会①

進路講演会②

進路講演会③

進路講演会④
 

お知らせ

2021/07/27

キャリア教育講座「西高YUME講座2021」(高校1・2年生対象)

 

本年度の「YUME講座」を7月17日(土)に無事に実施することができました。29講座、33名の講師に来ていただき、職業選択の過程、やりがいや厳しさ、実社会で要求される能力やマナーなどについて話していただきました。生徒の感想には、「大学に入ってからとことん研究に打ち込んで新しい発見を自分の目で確かめたい」「『知ること』を愛することができるような学びをしていこうと思う」「先を見ながらも今のことに夢中になる!」「コミュニケーション力や表現力に磨きをかけたい」「探究力を持ち、課題を見つけて整理、分析、解決、そして表現することの大切さを知った」「○○になるための道筋が分かり、キャリア設計を見直すいいきっかけになった」といった前向きなものが多く見られ、将来の目標達成のために、今何をすべきか具体的なイメージが湧いたのではないかと思います。このYUME講座の運営には、約80名の保護者にも関わっていただきました。ご協力ありがとうございました。







 

お知らせ

2021/06/15

第1回進路講演会(高3対象)

6月10日(木)立命館大学理事補佐 本郷真紹(ほんごうまさつぐ)様をお招きして、高校3年生対象に第1回進路講演会を開催しました。「大学での『学び』と将来の展望」という演題で、高校までの「学び」と大学での「学び」の違いやこれからの時代に必要となる能力とは何かなど、熱く本校の生徒に語って頂きました。
  『高校とは、社会に必要とされる人間になるために本人の意志と努力で自分というものを形成する場である。入試は最終ゴールではなく、その先がある。今の勉強が入試に必要か否かで選別するのではなく、全科目貪欲に勉強しておくことが大切。激変する現代社会で、AIには成し得ない何かを創造する力や根拠を持って提案する力を養ってほしい。何事も無理だと決めつけず、自分の底力を信じて挑戦せよ。』という本郷先生のメッセージは、「大学に行く意味とは何か」「勉強する意味とは何か」など自分の進むべき道に迷う3年生の道標となったようです。
 今回は、感染症対策として密になる状態を避け、高校3年生だけを対象とする講演会となりました。生徒の感想の中に「リモートで話を聞くのとは違い、対人でしか伝わらないことがある」とあったように、新型コロナウイルス感染症の影響で、通常体験できるはずのオープンキャンパスや様々な進路に関する行事が中止・延期になった生徒たちにとって、大学に長く勤務されている先生の生の声は心に響く大変貴重なものとなりました。
進路講演会①

進路講演会②

進路講演会③

進路講演会④

 

2021/3/15

合格体験発表会(高1・高2対象)

 

3月15日(月)の6限目と7限目に、この春の大学入試で見事に志望校合格を勝ち取った卒業生(45期生)12名を招いて、「令和2年度合格体験発表会」を開催しました。

6限目は高校1年生、7限目は高校2年生を対象にそれぞれ6名の卒業生に志望校合格までのプロセスについて話してもらいました。話の内容は「志望校決定まで」「学習と部活動とのバランス」「苦手科目への向き合い方」「自宅学習の取り組み方」「校内外の諸活動への参加について」「各教科・科目のおすすめ勉強法」「メンタルコントロールの仕方」「時期ごとに心掛けたこと」「目標設定のポイント」「よきライバルの存在」「スキマ時間の活用法」「受験を通じて感じたこと」など多岐にわたり、それぞれの思いを熱く語るとともに、後輩へのエールを送ってくれました。

今回発表してもらった卒業生は、国公立大学一般選抜前期の合格者でしたが、6月発行予定の本校合格体験記「一念」には、学校推薦型選抜や総合型選抜および一般選抜中期・後期で合格した卒業生の体験談も掲載し、在校生全員に配付する予定です。45期生が歩んだ志望校合格までの道のりを参考にして、在校生のみなさんも自分の夢への道を切り開いていってください。






 

お知らせ

2021/04/22

第42回四校定期戦が行われました。
なんと、第23回以来、19年ぶりの宮崎西高の優勝!!





西高にとって、熱い暑い一日となりました。
 

お知らせ

2021/04/16

新入生歓迎遠足が行われました。
天候が心配されましたが、無事に実施できて、生徒達も大喜びです。

 

お知らせ

2021/04/10

宮崎県立宮崎西高等学校
第48回入学式が行われました。




ご入学、おめでとうございます!
48期生の今後の活躍に期待しています!!
 

お知らせ

2021/04/09

宮崎県立宮崎西高等学校附属中学校
第15回入学式が行われました。




ご入学、おめでとうございます。
15期生の今後の活躍に期待しています!!
 

お知らせ

2021/3/22

 

MIYAZAKI SDGs ACTION に参加しました。

 

 320()MRTmiccで開催されたMIYAZAKI SDGs ACTION(主催:宮崎大学・AVC放送開発・JTB)に本校生徒8名が参加しました。これは今年から始まった取組で、「SDGsを通して地域の課題を企業と一緒に探究しよう」をスローガンに、県内の企業・大学生・高校生がチームとなって、それぞれの強みを生かして宮崎の課題解決を模索するという活動です。県内の高校13校(15チーム)が参加しました。

本校は、日向市の清掃関連会社グローバルクリーン様および宮崎大学地域資源創成学部の学生2名とチームを組んで約3ヶ月活動してきました。チームの活動といってもZoomでのミーティングしかできない状況でしたが、なんとかプレゼンテーションに漕ぎ着けることができました。「環境」をテーマに「人に優しく、地球に優しく、すべては宮崎のために」というタイトルで、社会環境と自然環境の2つの側面からアプローチし、『声なき声を聴き(メリットとデメリットの両方に目を向け)ながら、誰も置き去りにしない宮崎にしていきましょう!』と意見発表を行いました。

 なお、参加した大学生の中で本校42期生が4名も参加しており、将来のリーダーの卵として頼もしく思いました。また、運営されたスタッフの中にも本校卒業生が何人もおり、西高の制服を見かけて参加した西高生に声をかけてくれていました。(研究部)


  Zoomミーティングの様子
           Zoomミーティングの様子

  プレゼンテーション風景
         プレゼンテーション風景(その1)

  プレゼンテーション風景(その2)
         プレゼンテーション風景(その2)

  インタビュー風景
            発表後のインタビュー風景
 

お知らせ

「みやぎんCSR型私募債(With)に係わる寄付の贈呈式」について


 令和3年3月9日(火)14:00~。本校校長室にて、
本校25期生で 株式会社サンホーム(宮崎市)代表取締役 阪本耕志郎 様より、「是非。後輩である宮崎西高校生の教育活動の隆盛のために使っていただきたい」と本校へご寄付をいただきましたので、本校で取り組んでいる「きみろん(君にしか書けない論文コンテスト)」の発展のために、最優秀表彰カップ(きみろんSTEAMジュニア用)とその展示ケースを設置することにいたしました。

 設置場所は、管理棟と教室等の2階渡り廊下(生徒会掲示板のあるスペース)です。立派なカップを準備していただき、必ず研究論文の向上に繋がると確信して感謝申し上げます。
   校長室にて
              校長室にて

    展示ケース
      2階渡り廊下の展示ケース
 

お知らせ

2021/3/24

入学予定者登校日
理数科集会

本校理数科卒業生による合格体験発表が行われました。

中  百合子 先輩 (九州大学法学部)
岩尾 匠真  先輩 (千葉大学医学部)
矢房 大聖  先輩 (京都大学工学)







本校の庭にある桜が一斉に咲き誇っています。


いちょうの若葉も新しい季節の準備を始めています。
新1年生も、秋には黄金色の美しい並木道を通ることになるでしょう。

 

お知らせ

2021/3/13
高校1年理数科・理文クラス学習会

講演 二度とない青春を生きる君たちへ
講師 (代々木ゼミナール 船口 明 先生)


「周りにバカにされてもいい、自分は自分のことをバカにするな。」「大学合格=幸せではない、合格しようとする努力=幸せになるための力である。」「根拠のない自信でも、自信を持って全力で夢に向かいなさい」など、ご自身のエピソードを交えながら、涙を流されながらの熱量の高い講演でした。



 

お知らせ

2021/03/01

卒業式。

本日、本校では第45期生の卒業式が行われました。
高校最後の一年をコロナ禍の中で過ごした高校三年生。
それぞれ色々な思いがあったと思います。
このような状況下で受験に挑み、卒業できた皆さんはぜひ誇りを持って
春からの新生活を送って下さいね。

改めて、ご卒業おめでとうございます。

 
2021/01/15(金)

共通テスト見送り。

冬休みが明けてすぐ休講期間に入り、友人にもなかなか会えず少し寂しい年末年始になりました。
そんな年越しを経験し、高校三年生は共通テストに向かいました。
例年、生徒と教員がみんなで3年生を見送るのですが、今年は教員のみでの見送りとなりました。
教員一同、生徒の書いたメッセージを掲げ、一緒に見送ることができたのではないでしょうか。
共通テスト、2次試験と続きますがここが踏ん張りどころ。
頑張って下さい!



 
2020/12/17(木)

校内持久走大会。

厳しい寒さの中、本日までの三日間、新型コロナ感染症に配慮し、学年を分けた上で校内持久走大会が行われました。
今週から急に冷え込んできたため、コンディションはかなり心配でしたが、みんな一生懸命に走っていました。

行事が最近制限されていっている中、少しでも以前と同じような生活が送れるようになるといいなと改めて感じました。





 
2020/11/18(水)



期末考査など。

本校では明日から、期末考査が行われます。(附属中学校生は来週から)
生徒たちは自習机をフルに活用し、テスト勉強に励んでいました。
すっかり寒くなってきましたが、体調管理に気をつけながら日々過ごしてほしいものですね。

先日本校で「オードリー・タン氏と語るシンポジウム」がオンライン上で行われました。
オードリー・タンさんは「台湾のコンピューター界における偉大な10人の中の一人」ともいわれている人物で、そんな彼女と九州の代表校の生徒がオンライン上で意見交流をしました。

その光景も載せておきますので、併せてご覧いただけると幸いです。





 
2020/10/26(月)


遠足。

先週の金曜日(10/23)に、宮崎県運動公園で高校1,2年生の遠足が行われました。
若干天気が心配でしたが無事に晴れ、とてもいい雰囲気の中で楽しんでいました。
レクリエーションも前期生徒会のみなさんが企画し、学年やクラスを超えた交流がなされていたのではないでしょうか。

10月は模試やテストが立て続けに入っていて、少し疲れた様子でしたがいいリフレッシュになったかなぁと思います。

明日から西高チャレンジテストが行われます。頑張っていきましょう。





 
2020/09/09(水)

朝陽祭体育の部。

本来、9月5日(土)に行われる予定だった、朝陽祭体育の部ですが
台風等の影響により9月9日(水)に延期となり、無事本日開催されました。

文化の部と同様にコロナウイルス感染症にも配慮した上での開催となり、
タイムスケジュールも午前中で切り上げる形となりましたが、
生徒たちは短い時間の中で精一杯、練習の成果を発揮していました。

一旦、大きな行事はこれで終わります。
三年生は特に受験に備えて、しっかり切り替えていって欲しいものですね。



 
2020/09/04(金)

朝陽祭文化の部。

例年より短い夏休みが終わり、2学期が始まりました。
今年も宮崎西高校の「朝陽祭」が開催されました。
コロナ感染症に配慮した状態での開催となり、いつも通りとはいきませんでしたが
それでも無事開催できたことがありがたいことだなと改めて感じました。

準備期間も、生徒たちは限られた時間の中で一生懸命に取り組んでいました。

保護者の方々は感染防止のため入場ができませんでしたが、ライブ配信を実施し、
ご自宅でご覧いただけました。生徒たちの勇姿をご覧いただけたでしょうか。

体育の部も掲載致しますので、またご覧下さい。







 
2020/08/07(金)

一学期終業式。

コロナウイルス感染症にもしっかりとした対策をしながら皆で頑張った
長い一学期が本日、終わりました。

今年は終業式も、各教室で放送によって行われました。
例年よりは短めの夏休み、心身をリフレッシュさせつつ西高生らしく
充実した休暇にしてください。



 
2020/06/23(火)

定期テスト。

今日から、我が校でもテスト前の期間に入りました。
この期間は部活動もなく、朝課外などの課外もありません。

今年度行われる定期テストとしては一番最初のものになります。
特に高校一年生は、高校生になって初めての定期テストですので、
色々な面で緊張すると思いますが,精一杯頑張って
いい成績を出してほしいものです。

自習机を活用して、黙々と勉強している生徒の姿は凜としていました。

 
2020/06/10(水)

西高チャレンジテスト。

本格的な梅雨の時期になり、校内では紫陽花が見頃を迎えています。

そんな中、本校では西高チャレンジテストがありました。
1年生は初の西高チャレンジテスト。
そこには緊張した面持ちで挑む姿が見られました。
やり直しも大変だとは思いますが、しっかり励んでいただきたいですね。

 
2020/05/25(月)

学校再開について。

本日より我が校でも、通常の時間割での授業が再開されました。
これも、生徒や保護者の皆さん、先生方や近隣住民の方々の
コロナ対策へのご理解とご協力の賜物だと思います。
本当にありがとうございます。

今後も本校では継続して、密にならない環境作りや、
ソーシャルディスタンスの徹底に努めていきます。

写真は、本日理数科を対象に行いました課題研究の一コマです。
パソコンを使いこなす姿はさながら高校生でした。

 
2020/05/18(月)

校内でのコロナ対策。

報道にもございましたが、緊急事態宣言対象地域解除を受けまして、
5/20(水)より全学年登校日となりました。
本校では、これまでもマスク着用や3密回避、朝の検温などを含む
健康観察を徹底して参りましたが、5/25(月)からの学校再開に向け、
「新しい生活様式」を実践して参ります。





 
2020/05/08(金)

登校日。

今日はおよそ18日ぶりの登校日でした。
高2、3年生は午前中、中学生と高校1年生は午後といった感じで
時間を分けて行われました。
特に、午前中は高2、3年生向けに「部活動ミーティング」も行われ、
先日発表された高校総体の中止などについて、時間が設けられました。

様々な大会やイベントが中止や延期となっている昨今。
とても寂しいニュースが続きますが、今こうして学校に皆さんが
元気に登校できていることを考えると、
実はとても幸せなことなんだな、感じます。
生徒の皆さんはもちろんのこと、先生たちもいつもより笑顔でした。

 
2020/04/21(火)

臨時休校。

本日、全国に向け「緊急事態宣言」が発表されました。
それに伴い、本校でも今日から臨時休校の期間に入りました。

3月にも一ヶ月近く休校が続いておりました。
やっとその期間も明け、学校に活気が戻ってきたところでの休校です。
世界がこんな状態であるため、仕方のないことではありますが
そうは言ってもやはり寂しく、悲しいものでもあります。
生徒のいないガランとした教室も、この事態のより早い回復を祈っているようでした。

そして、命がけで医療に携わる方や、苦しい中営業自粛をしてくださっている
すべての方に感謝しつつ、今は自分に出来ることに
一生懸命取り組んでほしいものですね。



 
2020/04/10(金)

高校入学式。

昨日の中学校に引き続き、本日、本校でも高校の入学式が行われました。
凜とした空が彼らの門出をお祝いしているような、そんな雰囲気を感じました。
これで我が校も、高校と附属中学校のあわせて六学年が揃いました。
受験に備える生徒もいれば、ちょっと大きい制服に腕を通した生徒もいます。
彼らのこれからの成長が楽しみです。

入学式の後、他学年が体育の授業をしていたので、その元気な様子も添えておきます。






 
2020/04/09(木)

附属中学校入学式。

今日、本校では附属中学校の入学式が行われました。
非常に天気もよく、新一年生にふさわしい清々しい式になりました。
式が終わった後に、駐車場の桜の下で写真を撮る保護者と生徒の姿が、
とても微笑ましかったです。

そして明日は高校入学式。
残念ながら参加は出来ませんが、新二年生が心を込めて会場の準備をしました。
新入生のご入学を教員、そして生徒一同楽しみにお待ちしております。

 
2020/04/08(水)

始業式。

長い休業期間を経て、本校では今日「始業式」が行われました。
ただし例年とは同じような式ではなく、各教室で放送によって行われました。
少し異様な光景ではありましたが、クラスメイトや担任の先生も無事に決まり、
いよいよ新しい学年のスタートとなりました。



 
2020/04/03(金)

再開に向けて。

慌ただしい日々が過ぎていく中で、本校にもいよいよ春が訪れました。
ちょうど、附属中学校の玄関前にある桜の木が満開を迎えております。
新一年生の入学式まで綺麗なまま咲いて欲しいと願うばかりです。

4月1日より、様々な配慮をした上で、部活動などを含めた学校運営が再開致しました。
それに伴い、今日も部活動に励む生徒の姿を見かけることが出来ました。
生徒のいる学校はやはりいいものだなあと改めて感じました。