平成20年4月開校

 

                                                                                   





 

お知らせ



課題研究(商業科・経営情報科)
 
調査研究班 活動中!!
 facebookバナーをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

 これまで、商業科・経営情報科の3年生が課題研究という授業において、facebookを利用した地域の情報発信について調査・研究を行ってきました。
 この活動は、現在も引き続き行っており、本校の行事等も随時アップしています。
 是非見て頂き「いいね!」ボタンを押して頂ければ幸いです。
 よろしくお願いします。
 

訪問者カウンタ

あなたは1368218人目のお客様です

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

宮崎県立小林秀峰高等学校

〒886-8506
宮崎県小林市水流迫664番地の2
電話番号
0984-23-2252
FAX
0984-23-2257
本Webページの著作権は小林秀峰高等学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

携帯サイトについて

 携帯サイトを更新しました。本校ホームページの新着情報のみ表示されます。このサイトは基本的に緊急連絡用として活用します。新着情報のデータを見ることができますが、パケット料金が発生しますので、自然災害時(台風や新燃岳の噴火、降雪など)の対応など確認する際にご利用ください。
QRコード
 QRコード(上記画像)をバーコードモードで撮影し、取得したデータをBookmarkに保存し、アクセスしてください。
 下記のパケット料金についてをお読みください。

 

パケット料金について

 携帯サイトへアクセする場合、パケット料金が発生します。各携帯の契約により料金は様々ですが、注意してください。
例えば
 一枚1.8MB程度の写真を携帯電話で受信すると約14,000パケット受信することになり、割引プランなど何も加入していない場合、3,000円程度の通信料が発生することがあります。
 
注意事項
  • 携帯サイトへアクセスするだけで多額のパケット料金が発生することはありません。写真やPDFファイルなどデータの大きいファイルを受信した場合に発生します。
  • 携帯サイトにアクセスする場合は、テキストで表示すること。HTMLで表示する場合でも写真やPDFファイルをクリックしないようにしてください。
  • 緊急用としてアクセスをお願いします。
 

お知らせ

小林秀峰高等学校 部活動に係る活動方針

 平成31年4月

1 目標

 (1) 部活動は学校教育の一環として実施する。

 (2) 余暇の善用を図り、心身を鍛え充実した生活を築こうとする自主的な態度を育てる。

 (3) 技術・競技力を向上させるだけでなく、個性の伸長と生涯教育の一環として楽しみながら活動する面の両立を図る。

 

2 本年度の部活動

 (1) 本年度設置する部活動について

  ①運動部

   新体操、野球、男女ハンドボール、男女バドミントン、男女バレーボール、男女テニス、サッカー、ウエイトリフティング、男女バスケットボール、空手道、陸上、剣道、卓球、女子ソフトボール

  ②文化部

   写真、吹奏楽、美術、放送、将棋、インターアクト同好会、茶道・華道同好会

  ③専門系

   機械、電気、生活デザイン、自動車、簿記、ワープロ、商業コンピュータ、農業クラブ

 (2) 活動時間及び日数について

  ①活動時間 学期中:平日2時間程度 週休等:3時間程度(練習試合や大会等を除く)

        長期休業中:3時間程度(練習試合や大会等を除く)

  ②休養日  週当たり原則2日以上の休養日を設ける(平日1日、土日1日)

        原則以外:公式戦4週間前等

  ③その他

・定期考査1週間前(土日含む)は部活動を行わない。大会等ある場合には校長に相談する。

・年末年始等の学校閉庁日は部活動を行わない。大会等ある場合には校長に相談する。

・平日の休養日変更はその週の中で補い、週休日の休養日の変更はその月を含め、3ヶ月以内に補う。

 (3) 大会参加について

  部活動として参加する大会は、以下の点に該当するものとする。

  ①県高体連・高野連・高文連主催、共催、後援の大会とする。

  ②その他の大会については、校長が許可した場合のみ参加を認める(ただし、生徒の健康面・学習面には十分配慮する)

 

3 部活動運営について

 (1) 体罰等の禁止について

   部活動顧問等の指導者は、いかなる理由があっても、部活動での指導で体罰等を正当化するのは誤り

であり、決して許されないものであるとの認識を持ち、体罰等のない指導に徹する。

(2) 保護者の理解と協力について

保護者の理解と協力は、部活動の運営上欠かすことのできない大切なことであることから、顧問とし

ての指導に関する基本方針・練習計画・練習内容・活動時間・休養日を明確にし、保護者に示す。