訪問者カウンタ

218531

宮崎県立妻高等学校

〒881-0003
宮崎県西都市大字右松2330
電話番号
0983-43-0005
FAX
0983-43-0004
本Webページの著作権は、宮崎
県立妻高等学校が有します。無
断で、文章・画像などの複製
転載を禁じます。  
    
 

学校長あいさつ

ごあいさつ 
宮崎県立妻高等学校
新宮崎県立妻高等学校 校長 髙橋 哲郎

 本校のあるこの聖陵が丘の大地は、本日も生命の息吹にあふれ、校庭には緑があざやかに映えております。一方で現在、日本そして世界中が、コロナ禍による未曾有の状況に置かれ、状況は今後も予断を許さない状況にあります。しかし、このような中だからこそ、私たちはこの状況に負けない意志を持ち、力強く行動していかなければなりません。

 あらためまして、本校はこの4月1日から「宮崎県立妻高等学校」としてスタートいたしました。年度の初めには、再度、これまでの妻・西都商の思いをしっかりと受け継ぎ、それをさらに発展させていくことを全職員で確認したところです。そしてこの4月10日には、新たに262名の1年生を迎え入れ、3学科1コース、全22学級、約800名の生徒が集う、堂々たる西都の学校として出発いたしました。
 
 今年度はいよいよ新高校創立の理念を達成する「仕上げの年」、3年間の取組の成果を示す時であり、生徒・保護者のみならず多くの地域の方々にも注目していただいております。私たちもその期待に応えるようしっかりと、これまでやってきたこと、築き上げてきたものを確認し、さらに生徒一人一人の多様な可能性を伸ばしつつ進路実現を図ってまいります。

 そのため、本校では、これからも学習や現場実習、資格取得など全ての教育活動に全力で取り組むとともに、豊かな社会体験の場や自分たちで創る学校行事、あるいは全国を目指す部活動など、様々なものに挑戦していきたいと思います。学習も行事も部活動も全力ですので、生徒たちも時には大変なこともあるかと思いますが、その厳しさの中で何かを掴むことこそが、これからの社会を生き抜くための力になると私たちは信じています。そして職員と生徒が一緒になって、それぞれの夢の実現に向けて精一杯走ってまいります。

 結びに、現在、世の中の状況はピンチです。ですがそれはチャンスでもあります。今、普段は、あたりまえと思っていたことが、実はあたりまえでないことに気づくとともに、だからこそ「なぜ」と自ら考え、深く学び、未来に向けて行動することの大切さを実感することができます。本校の校歌には「いざ求めん 高き希望を」「いざ極めん 広き真理を」「いざ磨かん 清き精神を」と詠われています。私たちはあらためて今、この校歌の詞の意味をしっかりと胸に留めつつ、何事にも懸命に取り組んでまいります。今後ともさらなるご理解とご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

学科紹介

 本校には、次の4つのコースがあります。
詳しくは『中学生のみなさんへ(学科紹介)』のページをご覧ください。

普通科文理科学情報ビジネス福祉科
 

学校の沿革

平成30年 1月 1日 (新)妻高等学校設置 初代校長に 門田 誠 就任
      4月11日 (新)妻高等学校開校式及び第1回入学式
平成31年 3月    商業棟新設
      4月 1日 2代目校長に 髙橋 哲郎 就任



 旧妻高校の沿革はこちら(PTA新聞より抜粋)→妻高等学校沿革.png
 

校章・校歌・制服

< 妻高校校章 >

 妻高等学校内に設置されている彫刻作品を校章の図案に使用した。この作品は昭
和21年から昭和50年まで美術教師として妻高等学校に勤務された黒木 亮(くろ
き まこと)先生の作である。黒木 亮 先生は妻高等学校と西都商業高等学校ともに
ゆかりのある人物で、両校の校章デザインも手がけられた方である。
 退職後は両目を失明され、その頃から彫刻作品の制作をされるようになり、盲目
の彫刻家として有名な先生である。
 そして、この彫刻作品を図案化したのは妻高校美術教諭 秋月 種興 氏である。校
章のデザインにあるモニュメントは、未来への希望を表すポーズで、モニュメント
の指先から伸びる三本のラインは、「普通科の学び」、「ビジネスの学び」、「福
祉の学び」を表し、新しい妻高等学校のシンボルとして表現したデザインである。




< 妻高校校歌 >

 妻高等学校 校歌
               富松 良夫  作詞
               児玉 不二子 作曲
               園山 民平  編曲
 光る尾鈴の 高嶺を仰ぎ
 清風かをる 文化の森に
 常にかがやく 我等が母校
 たたへよ たたへよ いにしへの都万
 たたへよ たたへよ あたらしき生命
 いざ求めん 常に常に 高き希望を
 妻高 妻高 我等妻高

 広き西都の 緑は萌えて
 春日輝よふ 自由の里に
 常に匂へる 我等が母校
 たたへよ たたへよ いにしへの都万
 たたへよ たたへよ あたらしき生命
 いざ極めん 常に常に 広き真理を
 妻高 妻高 我等妻高

 清き一ツ瀬 流れさやけく
 朝日さんたる 希望の丘に
 常にのびゆく 我等が母校
 たたへよ たたへよ いにしへの都万
 たたへよ たたへよ あたらしき生命
 いざ磨かん 常に常に 清き精神を
 妻高 妻高 我等妻高




< 妻高校制服 >