宮崎県立妻高等学校

〒881-0003
宮崎県西都市大字右松2330
TEL : 0983-43-0005
FAX : 0983-43-0004
本Webページの著作権は、宮崎
県立妻高等学校が有します。
無断で、文章・画像などの複製・
転載を禁じます
。  
    
 

訪問者カウンタ

463928

学校長あいさつ

ごあいさつ 
宮崎県立妻高等学校
       校長 髙橋 哲郎

 本校のあるこの聖陵ヶ丘の大地は、今日もいつもと変わらず生命の息吹にあふれ、校庭には色とりどりの花々と新緑があざやかに映えております。一方で昨年から引き続きコロナ禍の状況は続いており、今後についても未だ予断を許さない状況にあります。しかし、このような中だからこそ、私たちはこの状況に負けない強い意思を持ち、自ら行動していかなければなりません。

 あらためまして、昨年度は、本校は妻・西都商の統合による「新妻」の完成年度でありました。しかし、年度当初から臨時休校となり、その後も遠足やPTA総会、高校総体や介護実習など大切な行事も次々と延期・中止となりました。さらに夏には再び休校を余儀なくされ、楽しみにしていた「ひいらぎ祭」も縮小、また修学旅行も延期・変更となるなど、本当にあらゆる場面で厳しい選択を迫られることとなりました。

 一方で、このような中だからこそ見えてきたもの、動き始めたものもありました。生徒たちにとっても、日々の学校における他愛ない友達との会話や、日頃はきついばかりと思ってきた部活動が、どんなに自分にとって大切なものなのかを実感するとともに、社会が不安定になる中では、いかに自分が力を付け、また判断・行動することが大切かに気づかされる場面も増え、その中から自ら考え、行動できる生徒達も増えていったように思います。

 そして、その前向きな姿勢、取組の姿は、この春に卒業した新妻1期生の進学、就職、あるいは資格取得等におけるすばらしい実績としても結実いたしました。詳細はこのホームページでも示しており、ぜひご覧いただければと思いますが、この1期生が示してくれた姿勢、そして成果は、必ずや後輩達のさらなる道しるべとなってくれると思います。

 さて、いよいよ令和3年度です。今年度も、学校教育目標には「生徒一人一人に寄り添い、鍛え、伸ばす」を掲げ、本校の特色である全職員による子どもたちの自己実現の達成を目指すとともに、確かな学力の向上、豊かな心の育成、ICT教育の推進、命を大切にする教育などについて計画的、継続的に進めてまいります。また、新たに地域とともにある学校づくりを重点項目にとし、地域と連携、協働するコミュニティ・スクールの取組や小中学校とのさらなる連携の取組、そして次年度の100周年に向けた取組も本格的に進めてまいります。

 結びに、今、本校はとても活気があり勢いが感じられます。私たち教職員も、この波に乗ってこれまで以上に一丸となり進んでまいります。今後も、さらなるご理解とお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

 

学科紹介

 本校には、次の4つのコースがあります。
詳しくは『中学生のみなさんへ(学科紹介)』のページをご覧ください。

普通科文理科学情報ビジネス福祉科
 

学校の沿革

平成30年 1月 1日 (新)妻高等学校設置 初代校長に 門田 誠 就任
      4月11日 (新)妻高等学校開校式及び第1回入学式
平成31年 3月    商業棟新設
      4月 1日 2代目校長に 髙橋 哲郎 就任



 旧妻高校の沿革はこちら(PTA新聞より抜粋)→妻高等学校沿革.png
 

校章・校歌・制服

< 妻高校校章 >

 妻高等学校内に設置されている彫刻作品を校章の図案に使用した。この作品は昭
和21年から昭和50年まで美術教師として妻高等学校に勤務された黒木 亮(くろ
き まこと)先生の作である。黒木 亮 先生は妻高等学校と西都商業高等学校ともに
ゆかりのある人物で、両校の校章デザインも手がけられた方である。
 退職後は両目を失明され、その頃から彫刻作品の制作をされるようになり、盲目
の彫刻家として有名な先生である。
 そして、この彫刻作品を図案化したのは妻高校美術教諭 秋月 種興 氏である。校
章のデザインにあるモニュメントは、未来への希望を表すポーズで、モニュメント
の指先から伸びる三本のラインは、「普通科の学び」、「ビジネスの学び」、「福
祉の学び」を表し、新しい妻高等学校のシンボルとして表現したデザインである。




< 妻高校校歌 >

 妻高等学校 校歌
               富松 良夫  作詞
               児玉 不二子 作曲
               園山 民平  編曲
 光る尾鈴の 高嶺を仰ぎ
 清風かをる 文化の森に
 常にかがやく 我等が母校
 たたへよ たたへよ いにしへの都万
 たたへよ たたへよ あたらしき生命
 いざ求めん 常に常に 高き希望を
 妻高 妻高 我等妻高

 広き西都の 緑は萌えて
 春日輝よふ 自由の里に
 常に匂へる 我等が母校
 たたへよ たたへよ いにしへの都万
 たたへよ たたへよ あたらしき生命
 いざ極めん 常に常に 広き真理を
 妻高 妻高 我等妻高

 清き一ツ瀬 流れさやけく
 朝日さんたる 希望の丘に
 常にのびゆく 我等が母校
 たたへよ たたへよ いにしへの都万
 たたへよ たたへよ あたらしき生命
 いざ磨かん 常に常に 清き精神を
 妻高 妻高 我等妻高




< 妻高校制服 >