ログイン

アンケート

現在公開されているアンケートはありません。

お知らせ

携帯電話からアクセスするには、学校ホームページのアドレスを携帯電話に直接入力する方法と下のQRコードを利用する方法があります。パソコン版も携帯電話版も、アドレスは同じです。
 ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
 

訪問者カウンタ

107699

宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校

〒882-1203
宮崎県西臼杵郡
五ヶ瀬町三ヶ所9468-30
TEL 0982-82-1255
FAX 0982-82-1266

こだま寮
男子寮(管理室)
 TEL:0982(82)1355
女子寮 TEL:0982(82)1377 
FAX:0982(82)1464

本Webページの著作権は、五ヶ瀬中等教育学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

教科の様子

教科の様子
2020/10/15

授業公開・参観週間1

| by 職員

授業公開・参観週間が行われました。今回は数学、地歴、国語の
授業におじゃましました。そのときの様子です。

5年数学の様子 鈴木先生 ロイロノ-トというアプリなどを使った授業でした。
大変興味深かったです。



円が通り抜けていくのが見えました。



4年生数学 外山先生 確率の授業

まずは碁石で手作業で確率を出してみて・・・

エクセルシ-トを使って確率を出します。




1年生歴史 佐土瀬先生の授業でした。Google Classroom を使った授業。




その後与えられたテ-マで話し合い、歴史的な資料を基に仮説を立てて
問いに対する答えを導き出していました。

6年生 現代社会 中田先生の授業




最後は6年生の国語の授業 村山教頭先生の古典の授業でした。

先生方の工夫にあふれた授業と、生徒が真摯に授業に臨む姿勢が非常に印象的でした。従来型の書く、読む、聞く、話す(伝える)の良さはそのままに、デジタルの良さである、瞬時にクラス全員の意見を共有する、視覚を刺激することを目指して、ICT使った授業が多くの先生方の授業の中で見られました。(津上)
12:15
2020/10/15

ICT×図書

| by 職員
授業公開週間にICTと図書というテ-マで授業を行いました。対象は6年生の英語コミュニケ-ションの授業です。テ-マはLesson 8 Question without Correct Answers (正解のない問い)です。
今回の目的は 教科書に入る前の学習動機の喚起と共通テストを見据えて、共通テストリスニング、2次試験レベルのリ-ディングに向けて、自然な英語で話される内容の濃い英語プレゼンテ-ションを見て、次の授業で扱うLesson8と関連のある内容を理解する。今まで学んだ文法や語彙を駆使して、その内容を理解することができる。「(英語を)聞き取ることができる」「理解できる」という実感を持たせる。というものでした。今回は以上に合わせて「関連する文献へ誘う」が目的として加えたものです。

授業ではTED TALKSのTED TALK "Three lessons on decision making" by LIV BOEREEを単語を確認したあとに視聴しました。 内容についての質問は6つ。5つはホワイトボ-ドにペアで書いてもらって確認しました。最後は”When we have to make a hard decision, what do you think is the best strategy?”についてグル-プを2つに分けてALTのカ-リルさんのグル-プ、津上のグル-プに分かれて議論しました。その内容について生徒はエッセイをかくことが宿題となります。2次試験や推薦入試では内容の濃い英文を読み、要約したり、自分の意見を英語で述べることが求められるからです。

授業の最後に関連する図書を図書司書の中川さんからTED TALKとこれから読むLesson8に関連する図書を紹介してもらい、授業の最後に紹介しました。


本校の生徒は本当に本が好きです。授業が終わると早速お目当ての本をGTの時間に読み始めました。ほのぼのしたので、写真を思わずとりました。全然気がつきません。


みちくさ文庫と言うのを本年度から始めています。さっそくなので、紹介した
本を4,5,6年生フロアのみちくさ文庫にて紹介しました。(津上)
11:36
2020/10/11

英語 (3年英語ディベート)

| by 職員



3年生の英語の授業では、英語ディベートに挑戦しています。今回で3回目となる英語ディベート。木曜夜の教養講座で本格的に取り組んでいる生徒も多くいますので、だいぶ慣れてきました。今回はICT教育と絡めて、タブレットを持ち込んでのディベートに挑戦。やや画面とにらめっこの時間が増えて、やりとりがおろそかになる場面も見られたので、一長一短だなぁと感じました。テーマは「Studying by yourself is better than studying with your friends.」という、英検3級の英作文のトピックです。一人で勉強するのが良いか、友達と一緒に勉強するのが良いか。どちらにも利点はあるはずですが、ディべートではあえてどちらか一方に寄せて意見を交わします。そうすることで、本当の意味での複眼的思考や批判的思考力が高まります。「意見が割れるとき、真実は常にその間のどこかにある」を合い言葉に、今後も英語ディベートに取り組んで行きます。 (教科担任:田宮)


17:03
2020/07/03

Lesson 4 English Communication 3

| by 職員
6年生の授業の中で図書とデジタル教材を活用した授業を行っています。
今回は Lesson4 Mastering the Art of Living という授業の中で取り組んだ内容を紹介します。単元の内容は「職業観、人生観について学ぶ」です。
 図書においているのはこの2冊です。


英語で書かれたもの

日本語に翻訳されたもの 他の英語の教科書にも掲載されています。


Angela Duckworth
の行ったTED TALKを授業後に見て、Lesson4 の内容とつなぎ合わせて、自分の意見について英語で議論し、エッセイを書き、その内容について共有しました。
Lesson4を授業で取り扱った後にTED TALKSの中で
Angela Duckworthさんの講義を視聴しました。彼女は元数学の先生で、心理学者になり、人生で成功するために何が
必要であるかについて語ります。




聞き取れた内容をペアで確認しました。Angelaさんの英語はゆっくり、はっきりと
発音するので聞きやすかったそうです。


2つのグル-プに分かれてLesson4の内容とTED TALKの内容に
ついて賛成か反対かを問いました。これはその一部です。

その後宿題として英語エッセイを書いてもらいました。ベスト3は6年生の安藤くん、甲斐さん、飯干さんでした。英語ですが、内容を添付しましたので是非ご覧ください。
Essay.docx
添削はALTのKaryllさんが行ってくれています。添削指導はBritish Councilが出しているコレクションコ-ドを本校の生徒向けに改訂して用いています。そのコ-ドを利用して添削したものを生徒に返却し、再度書き直しをさせる形でここ数年指導しています。今回とても内容が良かったこともあり、ベスト3を選ぶのが難しくKaryllさんが選んだ8つの中から、再度私の方が3つに絞りました。


授業後にうえに紹介した2冊の本を生徒が本をかりにきました。「あきらめずにやり抜く力」、「失敗から学ぶ力」「成長思考 」が成功の鍵だというAngelaさんのメッセ-ジは6年生に届いたのではないかと感じました。(津上)





18:58
2020/06/25

第69回県数教算数・数学教育研究大会

| by 職員

 第69回県数教算数・数学教育研究大会が6月26日に行われ、本校数学科の外山先生が
発表することになっていましたが、コロナウイルスに関わる感染症予防のため中止になっていました。6月10日に発表する予定だった研究内容が宮崎県数学教育会のHPに載っています。(下のリンクを参照してください)
総合的な探究の時間における教科横断的な数学科の関わり」というテ-マでの研究です。対象の生徒はSGHの5年間に3年生の授業を受けた生徒達です。(現5年、6年、卒業生)是非ご覧ください。(数学科)

http://www.miyazakikensu.jp/kentaikai/R2gokasehigh.pdf 
10:49
2020/04/17

3年の音楽の授業から

| by 職員
4/16(木)の音楽の授業では、みんなで箏曲に挑戦しました。五ヶ瀬中学校からたくさんのお箏を借用して、3人グループで活動しました。
一年の時には、「さくらさくら」に挑戦。初めて触る人も多かったのですが、すぐに演奏できるようになったので、今回はさらにレベルをUPして、「もののけ姫」に挑戦。悪戦苦闘しながら、3人で協力して楽しそうに活動していました。昼休みも何人も練習に来ていました。
『次の授業で、みんなで合奏するね!』と言ってはみたが、今回の休校でしばらくお休み。あ~残念。でも箏曲「もののけ姫」の合奏、楽しみにしてますよ~(上岡)


19:44
2019/04/18

技術科 作品を展示しました。

| by web担当

2年生が昨年度技術科の授業で製作した作品を教室横の廊下に展示しています。
木材とアクリル板を使用し、自分で使いやすいものを考えて製作しました。
苦労した部分も多かったのですが、『ものづくり』 の楽しさを感じていたようです。
木材の作品製作は初めての生徒もいましたが、みんないい作品を完成させることができました。
大切に使ってほしいと思います。





08:47 | 技術・家庭