中学部

教育目標
作業の様子
ア 目標
 (ア) 身辺処理を中心とした基本的生活習慣の確立を図るとともに、コミュニケーションスキルの向上を図る。
 (イ) 自立的な生活を営む態度や社会生活への適応力を育てる。
 (ウ) 根気強く最後までやり遂げる態度を育てる。
 (エ) 様々な機会を通して、自ら工夫する力、創造力、豊かな情操を育てる。
 
 
 
校外学習の様子
イ 努力点
 (ア) 生徒一人一人の障がいの状態や特性、発達段階、教育的ニーズに応じた支援に努める。
 (イ) 体験を広め、豊かな情操や好ましい人間関係を育てる機会を設ける。
 (ウ) 計画的な運動を通して、体力の向上と健康の増進を図るとともに、運動に親しむ態度を育てる。
 (エ) 授業の形態や集団構成を工夫し、学習指導が効果的に行われるように努める。
現場実習の様子
 (オ) 指導計画の立案においては、生徒自ら判断し、工夫し、行動し、学んでいくことができるように工夫する。
 (カ) 日常生活の指導、生活単元学習、作業学習、総合的な学習の時間の指導内容や方法の研究に努める。
 (キ) 作業学習を通して、はたらくことへの意欲や関心をもつことができるようにする。
 (ク) 卒業後の進路や家庭での支援の在り方について、保護者との連携を深めるよう努める。