校長挨拶
  


 
 宮崎県立日南くろしお支援学校のホームページへようこそ。
 

本校は、日南海岸国立公園に面した風光明媚な場所に立地しております。昭和53年4月に知的障がいのある児童生徒を対象とした「日南養護学校」として設立し、本年度で創立42年を迎えます。平成16年に高等部が設置され、小・中・高一貫した教育が実施できるようになりました。

そして、平成20年に「日南くろしお支援学校」と校名を変更するとともに、平成22年には、知的障がい及び知的障がいのある肢体不自由教育を対象とする特別支援学校となりました。

本年度は、小学部34名、中学部24名、高等部43名、訪問教育学級17名(愛泉会日南病院入院15名を含む)の計118名の児童生徒が在籍する県南の南那珂地区唯一の特別支援学校です。

本校は、「自立を支援する教育を通して、生きる力と豊かな心を培い、自立し、社会参加する心身ともに調和のとれた人間の育成を図る」ことを教育目標としています。本年度は、共生社会の一員として、地域社会でたくましく生き抜く大人となるために「挑戦する力」「やり遂げる力」「自分の考えを伝える力」「感謝の気持ちを表す力」「物事を前向きにとらえる力」の育成に向けて、全職員のチーム力の基、児童生徒一人一人の将来を見据えたきめ細やかな教育活動を実践していきたいと思います。

県南地区唯一の特別支援学校として、保護者や地域に信頼される学校を目指し、児童生徒たち一人一人の幸せのために努力していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


令和3年 4月 1日

宮崎県立日南くろしお支援
学校
    
校長   矢野 恭子