部活動に係る基本方針


日南くろしお支援学校 運動部活動に係る活動方針

                                   生徒指導部 

 

1 目 的

 ○ 部活動を通して、心身ともに健全で、人間性豊かな人格の形成を図る。

○ 目標を明確にもち、主体的に活動に取り組む態度を育てる。

○ 活動に継続して取り組む経験を通して、生涯学習につながる基礎を培う。

○ 大会・協議会・展覧会等への参加を通して、余暇活動のひとつとして定着させる。

 

2 実施上の留意点

  部活動は、日南くろしお支援学校の教育計画に基づき、教育活動の一環として、教育課程との関連を図りながら実施する。

 

3 部活動顧問

(1) 校長は、年度当初に職員の中から顧問を決定し、任命する。

(2) 顧問は規定を定めるとともに、年度当初に年間活動計画を策定し、それに基づいた適切な指導

を行い、目的を達成できるようにする。

 

4 入部・退部について

1か月間は仮入部として参加し、その後本入部を希望する場合は、入部届を生徒指導主事に提出する。なお、以下の各号に全て該当する生徒が入部の資格があるものとする。

(1)  中学部、高等部に在籍していること

(2)  活動日には原則参加すること

(3)  指示が理解でき、危険回避、身辺自立ができていること

(4)  活動の準備、片付け、着替え等の行動が主体的に一人でできること

(5)  本人と保護者の同意及び担任の許可を得ていること

(6)  単独による下校若しくは保護者が責任をもって送迎できること

(7)  部活動の指導内容及び方法を本人及び保護者が納得の上、生徒自ら意欲をもって参加し、粘り強く取り組もうとする姿勢があること

(8)  休日の活動等への参加に保護者等の協力が得られること

 

5 部活動可能日及び活動時間

 (1) 水曜日を除く月曜日から金曜日の週4日を部活動可能日とする。

 (2) 本校施設及びその周辺を主たる活動場所とし、活動に適した服装で行う。

 (3) 活動時間は午後3時20分から午後3時50分までとする。

 (4) 長期休業中及び休業日、家庭訪問期間中は、実施しない。

 (5) その他の活動に関する内容については、校長の決裁に依る。

 

6 指導体制等について

 (1) 指導は、指導協力を得られる職員で輪番で行う。指導体制は、部顧問が翌月の指導計画を立案し決裁をとる。

 (2) 行事や天候、感染症罹患等の状況及び指導する職員がいない場合は、練習を中止する場合がある。

 

7 休部・廃部について

 (1) 部活動を希望する生徒がいなくなった場合には、「休部」とする。

 (2) 1年間休部となった場合、2年目に希望する生徒がいなければ「廃部」とする。

 

8 大会等への参加について

 ※ 学校長が承認した大会等については、参加及び職員の引率を行う。その他の大会等については、広報等の後援は行うが、生徒引率等の対応は行わない。

(1) 大会への参加については、保護者の同意を得て、参加手続きを行う。

(2) 宿泊を伴う大会等参加の費用等(滞在費・交通費)については、原則として保護者負担とする。ただし、学校を代表して参加する場合など、ケースに応じて、学校が補助する場合がある。

(3) 大会派遣については、派遣委員会(教頭、事務長、◎生徒指導主事、部顧問、学級担任)を開催の上、生徒の参加の有無を決定する。

 

9 その他

 (1) 部活動を休む場合は、本人が当日の朝までに部顧問へ届け出る。欠席の場合は学級担任が部顧問へ届け出る。

(2) 部の生徒が問題行動を起こした場合、その対象生徒の活動を自粛させる。その期間については、生徒指導主事が中心となり、学級担任、部顧問にて決定する。また、その間の大会参加は認めない。

(3) 部活動中に生徒がケガをした場合は必ず部顧問及び養護教諭、学級担任等に連絡する。また顧

問は管理職に事故の経過及び処置を報告する。なお、部活動中のケガ等については、学校が加入している日本スポーツ振興センターの「災害共済給付金制度」にて補償する。