ヘルプデスクお知らせ
 

概要

 教育ネットひむかヘルプデスクページでは、教職員方からお問合せ頂いた情報を元に情報を公開します。お問い合わせ情報はこちらをご確認ください。同様の問題が発生した場合の対処方法、問題が発生する前の予防措置などにご活用ください。
 

日誌

ヘルプデスクからのお知らせ
12
2016/02/16

県庁ドメインからのメールにおいて添付ファイルが欠落していた場合

| by 管理者
ひむかWEBメールにおいて、県庁ドメイン(@pref.miyazaki.lg.jp)から受信するメールに、
本来添付されているはずの添付ファイルが添付されずに受信した場合、以下の手順に沿い
「Windows Live メール」にアカウントを設定の上、該当のメールを受信下さいますようお願いいたします。

Windows Live メール アカウント設定手順.pdf
Windows Live メール インストール手順.pdf
10:13
2016/01/15

Microsoft 製品の脆弱性対策について

| by 管理者

2016 年 1 月 13 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが 9 件公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、
攻撃者によってパソコンを制御され、様々な被害が発生する可能性があります。
 
攻撃が行われた場合の影響が大きいため、できるだけ早急にWindowsUpdateを実施し、
修正プログラムを適用をお願いします。

【関連リンク】
 ▽IPA情報処理推進機構
  Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年1月)
  https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160113-ms.html

 ▽Microsoft社
  2016 年 1 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
  https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/security/ms16-jan.aspx


10:24
2016/01/15

Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について

| by 管理者

アドビシステムズ社の Adobe Reader および Acrobat に、PDF ファイルを閲覧することで
任意のコード(命令)が実行される脆弱性(APSB16-02)が存在すると同社から発表されています。

これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、
攻撃者によってパソコンが制御されたりして、様々な被害が発生する可能性があります。


校内LAN等で該当製品をご使用されている場合は、至急、修正プログラムを適用するようお願いします。

【対象製品とバージョン】

 Acrobat Reader DC (Continuous Track)  15.009.20077 およびそれ以前のバージョン
 Acrobat Reader DC (Classic Track) 15.006.30097 およびそれ以前のバージョン
 Reader XI 11.0.13 およびそれ以前のバージョン
 Acrobat DC (Continuous Track)  15.009.20077 およびそれ以前のバージョン 
 Acrobat DC (Classic Track) 15.006.30097 およびそれ以前のバージョン 
 Acrobat XI 11.0.13 およびそれ以前のバージョン

※Adobe Acrobat X および Adobe Reader X のサポートは終了しております。
 アドビシステム社は、Adobe Acrobat DC および Adobe Acrobat Reader DC を
 インストールすることを推奨しています。


Adobe Reader を起動し、「ヘルプ」メニューの「アップデートの有無をチェック」から更新することができます。

【関連リンク】
 ▽IPA情報処理推進機構
  Adobe Reader および Acrobat の脆弱性対策について(APSB16-02)(CVE-2016-0932等)
  https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160113-adobereader.html


10:09
2015/12/15

Internet Explorerのサポートバージョンについて

| by 管理者

2016年1月12日(日本時間)以降、Microsoft社による各OSに適合しないInternet Explorer(IE)は、
Microsoft社 からのテクニカルサポートとセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。

各OSに適合しないバージョンのIEを使い続けると、新たに発見された脆弱性に適切に対応することができず、
常にセキュリティリスクを抱えた状態になります。

また、サポートが継続しているバージョンに比べて、コンピューターウイルスなどのマルウェアへの感染や
攻撃者からパソコンに侵入しやすい状態になります。

【各OSごとのIEサポートバージョン】

 OSバージョン IEサポートバージョン
 Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
 Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
 Windows 8.1 Update Internet Explorer 11

古いバージョンのIEをご利用の学校は、2016年1月12日までに
上記最新バージョンにバージョンアップすることをお勧めします。

【参考】
マイクロソフト サポート ライフサイクル
http://support.microsoft.com/gp/Microsoft-Internet-Explorer


14:46
2015/11/18

教育ネットひむかヘルプデスクページ更新のお知らせ。

| by 管理者

タブレット端末(Android)へのSSL証明書インストール手順に関するお問い合わせ情報を更新しました。

Q.SSL証明書をタブレット端末(Android)にインストールするにはどのような手順で行えば良いでしょうか。

対応方法につきましては、ヘルプデスクメニューより、[お問い合わせ情報]-[インターネット閲覧やフィルタリングのトラブル]をご参照してください。


18:26
2015/10/29

教育ネットひむかヘルプデスクページ更新のお知らせ。

| by 管理者

Baidu IME の削除手順に関するお問い合わせ情報を更新しました。

Q.Baidu IME のアンインストール方法について教えてください。

対応方法につきましては、ヘルプデスクメニューより、[お問い合わせ情報]-[その他のトラブルやご要望]をご参照してください。


17:00
2015/10/26

教育ネットひむかヘルプデスクページ更新のお知らせ。

| by 管理者

SSL証明書インストール手順に関するお問い合わせ情報を更新しました。

Q.SSL証明書をインストールするにはどのような手順でインストール作業を行えば良いでしょうか。

対応方法につきましては、ヘルプデスクメニューより、[お問い合わせ情報]-[インターネット閲覧やフィルタリングのトラブル]をご参照してください。


16:30
2015/08/18

教育ネットひむかヘルプデスクページ更新のお知らせ。

| by 管理者
ひむかWEBメールに関するお問い合わせ情報を更新しました。

Q.教育ネットひむかWEBメールシステムにおいて、メールを受信した際に本来添付されているはずのファイルが添付されない状態でメールを受信しました。どのように対処すれば良いでしょうか。

対応方法につきましては、ヘルプデスクメニューより、[お問い合わせ情報]-[メールのトラブル]をご参照してください。
14:05
2015/05/29

Windows Server 2003のサポート終了に伴う注意喚起

| by 管理者
2015年7月15日(日本時間)にMicrosoft社が提供するOS「Windows Server 2003」のサポートが終了します。
OSのサポート終了後は、新たな脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されないため、脆弱性を悪用した攻撃を受け、
被害に遭う可能性があります。("サーバの乗っ取り""業務停止""機密情報の漏えい"等)
また、脆弱性は昨今問題となっている内部不正への悪用も懸念されるため、組織のリスク回避の観点から、
「Windows Server 2003」を利用するシステムは後継システムへの移行が求められます。

<Windows Server 2003サポート終了に関する情報>
Microsoft社においてWindows Server 2003サポート終了に伴うセキュリティ上のリスクや移行相談窓口のページを公開していますので、ご確認ください。

 ・「Windows Server 2003 のサポートが終了します。」(日本Microsoft)
13:47
2015/04/23

Microsoft製品の脆弱性に関する対応について

| by 管理者

日本時間の2015年4月15日に、Microsoft製品の脆弱性に関する修正プログラムが11件公開されました。
そのうち4件が深刻度「緊急」とされており、中でもMS15-034については、
一部の企業に対しその脆弱性を突いた攻撃があったことが既に明らかになっています。
今後の被害を防ぐためにも、本修正プログラムを適用していない場合には、至急の対応をお願い致します。

【影響を受けるソフトウェア】
影響を受けるソフトウェアは、以下の通りです。
※詳細については、こちらのページの"影響を受けるソフトウェア"をご参照下さい。

・Windows 7
・Windows 8 および Windows 8.1
・Windows Server 2008 R2
・Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2


【参考】
・HTTP.sys の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3042553)
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms15-034.aspx

・2015 年 4 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms15-apr.aspx

・Microsoft 製品の脆弱性対策について(2015年4月)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20150415-ms.html

・WebサイトをOSごと強制終了させる攻撃コードを確認(MS15-034)
http://blog.trendmicro.co.jp/archives/11324

・Windows のサポート期限
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/eos/consumer/default.aspx

・更新プログラムが正しくインストールされたか確認する方法
http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/inst_history.aspx


10:31
12

お問い合わせの受付内容

1.教育ネットひむかのシステム全般
(例)
 (1) Eメール(アドレス@miyazaki-c.ed.jp)のトラブル
 (2) 学校用webページのトラブル
 (3) インターネット閲覧やフィルタリングのトラブル
 (4) webメールのトラブル
 (5) テレビ会議システムのトラブル

その他、お問い合わせ先が不明な場合やご相談等も受付を行っております。
お気軽にお電話、またはメールにてご連絡ください。

2.申請のご連絡全般
各種申請(メールアカウント発行等)やよくあるご質問等は、こちらをご確認ください。解決方法が不明な場合は、宮崎県教育研修センターへお問い合わせをお願いします。