お知らせ

 ◆本校における感染防止対策への対応について 【令和4年5月17日14:00 段階】
 宮崎県独自の感染拡大緊急警報の対象地域に指定されたことを受け,本校の対応を下記に掲載しています。
 「新しい生活様式」のもと,健康状態等アンケートの入力を行い,体調管理に努めてください。
 宮崎県においても若年層の感染が多く見られることから,不要不急の外出を避けてください。
 不明な点等ありましたら,学校または担任まで連絡をお願いします。
 
 
1 部活動について

  部活動の実施及びその活用内容については、部顧問の指示に従ってください。
2 その他
 〇この期間の学校行事等については,感染防止対策を徹底した上で実施します。
 〇新しい生活様式」のもと不要不急の外出を避け、体調管理に努めてください。
 〇本校の対応について下のpdfファイルを確認してください。
 
 ※状況によっては変更の可能性もありますので,定期的にホームページを確認してください。
 
【確認してください 5月17日更新】健康状態アンケート及び欠席連絡の入力フォームが復旧しました。トップページ内の体調管理及び及び欠席の入力についてから入力してください。
【確認してください 5月11日更新】新型コロナウイルスへの対応について、一部変更となっている内容があります。
 詳しくはコチラをクリックしてください。
 
 
体調管理及び及び欠席の入力について

 〇【確認してください 5月17日更新】健康状態アンケート及び欠席連絡について、入力フォームが復旧しましたので、登校前に入力するようにしてください。

日々の健康状態についてはコチラ → 都城泉ヶ丘高校附属中学校 健康状態等アンケート

欠席の連絡はコチラ → 都城泉ヶ丘高校附属中学校 欠席等連絡

◯欠席の際は必ず学校に電話連絡をするようにしましょう。お手数ですが、保護者の方が欠席の電話連絡をしてくださいますよう、お願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に関する本校の対応

 新型コロナウイルス感染症の感染防止に関する本校の対応は こちらをクリックしてください。

【確認してください 4月25日更新】新型コロナウイルス感染症に係る出席停止の取扱について整理しました。詳しくは「学校メニュー」「新型コロナへの対応」のコーナーから御確認ください。

新着情報
日誌

附属中のできごと

3年生、第1回理数科生集会に参加する

5月18日(水)7時間目に、第1回理数科生集会が開かれ、来年度理数科への進学を控えた3年生が参加しました。この理数科生集会は、中学3年の附属中生と、高校1年から高校3年までの理数科生が一堂に会し、理数科の縦の繋がりを深め、これからの学校生活や進路決定に活かしていこうというねらいがあります。今年度1回目ということで、高校3年生代表から下級生に向けてのメッセージ、そして、中学3年生、高校1・2年生代表の決意表明が発表されました。進路選択に向けての勉強に必死で取り組んでいる高校3年生は、貴重な時間を割いて、自分の体験からわかったこと、実践してきたことを惜しむことなく後輩に伝えてくれました。後輩たちも、それぞれの学年らしく、自分や周りを見つめ、考えたことや決意したことを堂々と述べました。中学3年代表は、立川由奈さん。「勉強」と「卒業論文」という視点から、これからの決意を述べました。高校生の発表者には、附属中の先輩方も多数いました。すばらしい先輩方に学びながら理数科に向けての一年間を進んでいってほしいと思います。

 

 

 

2年生、出前授業で「DNA」に挑む

5月18日(水)5・6時間目に、2年生自然科学探究分野の出前授業に臨みました。題して「DNAを観る」。講師としてお越しいただいたのは、南九州大学環境園芸学部菅野善明先生です。DNAー理科の学習以外でも、時折ニュースなどで耳にする言葉です。そのDNAの入り口を学び、実験を通して「観よう」と挑戦した2時間。生徒たちは生き生きととても楽しそうに学びを深めていました。タマネギのDNAの抽出は、自分たちで必要な実験道具を取りに行き、タマネギをすりおろし、洗剤や塩を加え、ろ過し……と、みんなで協力して実験を進めていました。今回は、大学生の皆さんも参加してくださり、実験の補助をしていただきました。こうして得た知識や経験は、生徒たちにとって大きな財産となって蓄積されていきます。最後に生徒を代表して宮原瑛太さんがお礼の言葉を述べました。お忙しい中、授業をしていただきました菅野先生、補助をしていただきました大学生の皆さん、そして派遣くださいました南九州大学に深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

日常の風景~校内のあちらこちらに1Aの画家あらわる

先週の長雨がやっとあがり、爽やかな初夏の日差しが降り注ぐ5月のある日の午後。校内を歩いていると、あちらこちらにスケッチブックをもった1Aの「画家」が、一生懸命スケッチにいそしんでいました。ちょうど美術の時間で、高校の美術の先生の指導を受けながら、自然の風や光を体いっぱい浴びて、豊かな時間が流れていました。

 

 

 

1学期中間テスト

 5月16日(月)から2日間の日程で、本年度初めての定期テストである中間テストが行われています。

   

 どの生徒も集中し、一生懸命取り組んでいました。

 テスト終了後に返却された結果を見て一喜一憂するだけでなく、その後どうすればよいかをぜひ考えてほしいものです。

日常の風景 ~3年学級活動「先輩からのエール」~

 校舎内を歩いて回っていると、3年生が何やら資料を真剣に見ていました。

 

資料のタイトルは「先輩からのアドバイス」。この3月に卒業した附属中10期生からのメッセージでした。

本校は中・高6年の一貫教育であるため、高校受検をすることなく本校(高校)理数科へと進学します。それでも油断せず、4年後の大学合格を目指して頑張ってほしいと、学級担任の先生が高校1年生の先輩達にお願いして、学習面・生活面に関するアドバイスを書いてもらいました。

同じ校内にいるもののなかなか会うことができない憧れの先輩達。そんな先輩達からのメッセージを、3年生は真剣に読み込んでいました。忙しい中、メッセージを書いてくれた先輩達、本当にありがとうございました。