アクセスカウンタ

あなたは279580人目のお客様です
アクセスに感謝申し上げます。今後とも「泉ヶ丘」への御支援をよろしくお願いいたします。

G Suite for Educationについて

新たな学習支援の一助として「G Suite for Education」への登録をお願いしております。
詳細については,11月25日に配付した案内文書ならびに ココ をクリックしてください。
 

お知らせ

新型コロナウイルス感染症について(9月30日段階)】
 宮崎県独自の警報レベルが「持続的な警戒」に引き下げられましたが,
 全国的には収束の見通しが立っておりません。
 日々の検温ならびにマスクの着用など「新しい生活様式」を踏まえた日常生活を送ってください。
 また,本校としての対応を下記の通りといたしますので,pdfファイルをご覧ください。

体育館の補修工事(床の張り替え)について
 令和2年1020日から令和3年220日まで,県の予定に則り本校体育館の補修工事を行います。
 部活動等でご不便をおかけしますが,ご理解ならびにご協力をお願いいたします。
 

令和2年度 都泉祭

都泉祭』での本校生徒の様子を下記ページに掲載しています。

こちら をクリックしてください。
 

生徒の送迎について

 朝・夕の自家用車による送迎は,学校周辺の交通量及び交通事故等を考慮し,なるべく自粛してください。

 やむを得ず送迎を行う場合は,市営野球場駐車場等なるべく学校から離れた場所で行ってください。

 送迎禁止区域等についての詳細は,こちら でご確認ください。
 

感染症対策について

感染症対策に関して(9月18日更新)

 県内での感染は減りつつありますが,全国的には収束の見通しが立っておりません。
 そのことを踏まえ,本校としての対応を下記の通りといたしますので,pdfファイルをご覧ください。

 

来校される卒業生・保護者・各業者の皆様

 新型コロナウイルス感染予防のため,6月22日(月)以降については,下記の通りとしますのでご理解とご協力をお願いします。
 なお,緊急の場合,必要性の高いものについては,事前にご連絡をいただければ個別に対応をして参りますので,ご理解ならびにご協力をお願いします。

<卒業生・保護者の皆様へ>
・複数での来校は控えてください。また,短時間での滞在をお願いします。
・来校の際は事前の検温を行い,マスク着用の上,必ず事務室で受付を行ってください。
玄関付近での対応のみとさせていただきます。

<業者の皆様へ>
・可能な限り短時間での滞在をお願いします。
・来校の際は事前の検温を行い,マスク着用の上,事務室での受付をお願いします。

都城泉ヶ丘高等学校長 久保田一史
 

非常災害時における登校時の対応について

 登校時,大雨等による河川氾濫や土砂災害など,想定外の事態になることも考えられることを受け,本校としては下記の対応をとりますので,ご理解をお願いします。

○「命を守る行動」を最優先にお願いします。
○ 自分が住んでいる地域や都城市に「警戒レベル4避難勧告避難指示)」以上が発令されている場合は,身の安全を優先して登校は控えてください
○ 防災メールならびに本校ホームページ定期的な確認をお願いします。

都城泉ヶ丘高等学校附属中学校長 久保田一史
 

英語による学校紹介【生徒作品】

泉ヶ丘附属中学校の魅力を英語で紹介しています。
2年生の作品です。

 

『CAN-DOリスト』について

CAN-DOリスト』について

 「CAN-DOリスト」とは、
生徒に求められる英語力を達成するための学習到達目標です。
 泉ヶ丘附属中の皆さんもこの目標に向かって英語の力を付けていってください。
 「CAN-DOリスト」について分からないことは、英語科の先生に質問してください。

 

学校評価について

本校の『学校評価』(自己評価表)を掲載しています。

 

都城泉ヶ丘高等学校附属中学校

〒885-0033
  宮崎県都城市妻ヶ丘町27街区15号
   TEL:0986-23-0223
   FAX:0986-24-5884
※ 本Webページの著作権は、宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

経営方針


中高一貫教育の理念

 自然に包まれた都市の豊かな教育環境のもと、ふるさとみやざきへの誇りをもち、たくましく魅力あふれる人材、ひいては次代の日本や世界を切り拓く人材の育成を目指す。 特に、自然科学に関する事象への旺盛な探究心や、高い科学的洞察力を備えた人材さらには、郷土の産業や医療等の中核となる人材の育成を目指す。

教育目標

 『未来を切り拓く強い意志、高い知性、豊かな人間性をもつ人材を育成する』

めざす生徒像3I

 ◎ 高い知性をもち、創造性に富む生徒  (自立:Independence)

 ◎ 豊かな人間性をもち、自己実現を図る生徒  (知性:Intelligence)

 ◎ 時代を切り拓く強い意志をもち、社会に貢献できる生徒  (個性:Individuality)

めざす学校像

 ◎ 責任を果たす学校
   ① 知徳体にわたる力を確実に修得させる
   ② 進路目標を達成させる

 ◎ 個性の溢れる学校
   ① 一人一人のよさを認め合う
   ② 厳しさと温かさを調和する

 ◎ 開かれた学校徒
   ① 地域、保護者の信頼に応える
   ② 評価を行い、説明責任を果たす

中高一貫教育のねらい

  1. 6年間を見通した計画的・継続的な指導体制を確立し、ゆとりある学校生活の中で生徒一人ひとりの個性や能力を育てる。
  2. 6年間の指導計画の中で、体験を重視した教育活動を行い、コミュニケーション能力や問題解決能力など、実社会と関わる力を育成する。
  3. 学年の異なる生徒同士の共通の活動を通して、社会性や豊かな人間性を育成する。

教育方針

  1. 確かな学力の向上と個性を伸ばす教育の推進
  2. 豊かな人間性を育む教育の推進
  3. 社会の変化に対応する教育の推進
  4. 社会の変化に対応する教育の推進