アクセスカウンタ

あなたは279551人目のお客様です
アクセスに感謝申し上げます。今後とも「泉ヶ丘」への御支援をよろしくお願いいたします。

G Suite for Educationについて

新たな学習支援の一助として「G Suite for Education」への登録をお願いしております。
詳細については,11月25日に配付した案内文書ならびに ココ をクリックしてください。
 

お知らせ

新型コロナウイルス感染症について(9月30日段階)】
 宮崎県独自の警報レベルが「持続的な警戒」に引き下げられましたが,
 全国的には収束の見通しが立っておりません。
 日々の検温ならびにマスクの着用など「新しい生活様式」を踏まえた日常生活を送ってください。
 また,本校としての対応を下記の通りといたしますので,pdfファイルをご覧ください。

体育館の補修工事(床の張り替え)について
 令和2年1020日から令和3年220日まで,県の予定に則り本校体育館の補修工事を行います。
 部活動等でご不便をおかけしますが,ご理解ならびにご協力をお願いいたします。
 

令和2年度 都泉祭

都泉祭』での本校生徒の様子を下記ページに掲載しています。

こちら をクリックしてください。
 

生徒の送迎について

 朝・夕の自家用車による送迎は,学校周辺の交通量及び交通事故等を考慮し,なるべく自粛してください。

 やむを得ず送迎を行う場合は,市営野球場駐車場等なるべく学校から離れた場所で行ってください。

 送迎禁止区域等についての詳細は,こちら でご確認ください。
 

感染症対策について

感染症対策に関して(9月18日更新)

 県内での感染は減りつつありますが,全国的には収束の見通しが立っておりません。
 そのことを踏まえ,本校としての対応を下記の通りといたしますので,pdfファイルをご覧ください。

 

来校される卒業生・保護者・各業者の皆様

 新型コロナウイルス感染予防のため,6月22日(月)以降については,下記の通りとしますのでご理解とご協力をお願いします。
 なお,緊急の場合,必要性の高いものについては,事前にご連絡をいただければ個別に対応をして参りますので,ご理解ならびにご協力をお願いします。

<卒業生・保護者の皆様へ>
・複数での来校は控えてください。また,短時間での滞在をお願いします。
・来校の際は事前の検温を行い,マスク着用の上,必ず事務室で受付を行ってください。
玄関付近での対応のみとさせていただきます。

<業者の皆様へ>
・可能な限り短時間での滞在をお願いします。
・来校の際は事前の検温を行い,マスク着用の上,事務室での受付をお願いします。

都城泉ヶ丘高等学校長 久保田一史
 

非常災害時における登校時の対応について

 登校時,大雨等による河川氾濫や土砂災害など,想定外の事態になることも考えられることを受け,本校としては下記の対応をとりますので,ご理解をお願いします。

○「命を守る行動」を最優先にお願いします。
○ 自分が住んでいる地域や都城市に「警戒レベル4避難勧告避難指示)」以上が発令されている場合は,身の安全を優先して登校は控えてください
○ 防災メールならびに本校ホームページ定期的な確認をお願いします。

都城泉ヶ丘高等学校附属中学校長 久保田一史
 

英語による学校紹介【生徒作品】

泉ヶ丘附属中学校の魅力を英語で紹介しています。
2年生の作品です。

 

『CAN-DOリスト』について

CAN-DOリスト』について

 「CAN-DOリスト」とは、
生徒に求められる英語力を達成するための学習到達目標です。
 泉ヶ丘附属中の皆さんもこの目標に向かって英語の力を付けていってください。
 「CAN-DOリスト」について分からないことは、英語科の先生に質問してください。

 

学校評価について

本校の『学校評価』(自己評価表)を掲載しています。

 

都城泉ヶ丘高等学校附属中学校

〒885-0033
  宮崎県都城市妻ヶ丘町27街区15号
   TEL:0986-23-0223
   FAX:0986-24-5884
※ 本Webページの著作権は、宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

教育の特色

本校教育の3つの柱


附属中学習デザイン
 
 

《中高6年一貫の教育力》

■ 6年一貫でできること

 1クラス40人を基本とした少人数体制と、中高が一体となった6年間を見通したカリキュラムで、きめ細かな授業を実践します。分からないところを置き去りにせず、より高いレベルへと引き上げていきます。

■ ともに高めあう生涯の友

 高い目標を持ち続けながら6年間を過ごせる、良き仲間がいます。多くの友と学校行事でも勉強でも競い、支え合いながら、高め合うことができます。

■ 教師との深い信頼関係と高校生の存在

 高い専門性を持った先生たちが中高で人事交流し、教師陣の指導力・サポート力が高く保たれています。
 高校の先輩たちは勉強でも部活でも身近な目標です。それにより目標を実現しようと思う心が触発されます。そして、良い習慣をお手本とすることで、社会で通用し信頼される大人になります。

《6年間で身につける力》

★読解力

 文章を正しく読み、理解することはすべての学びの基礎です。私たちは、「思索の時間」や「文字力テスト」を通して、読み書きはもちろん、言葉についての幅広い知識の定着に心がけています。また、様々な文章に触れるなかで、「読解からまとめ」を繰り返し、正しく読む力を育成していきます。また、読解力と関連する「Dタイム」を設け、200字意見文プレゼンテーションに取り組むことで、思考力を育てています。
 ※漢字検定試験や国語力検定試験にチャレンジ

★数学力

 ものごとを順序だてて考え、組み立てていく論理的思考力、そして定理にもとづき、数理的処理を行う力です。この力を育むため、中1より習熟度クラスでの授業を開講、体系的な教材を活用しながら、一人ひとりの達成感を小テストで確認していきます。苦手な分野をフォロー、そして得意分野をさらに伸ばす補習を積極的に行っていきます。
 ※数学検定試験にチャレンジ

★探究力

 総合的な学習の時間のなかで、自然科学探究キャリア探究に分かれ、自然科学探究では自然科学的・社会科学的な事象を、キャリア探究では進路について深く考えさせていきます。探究とは、グループでディベートをしたりプレゼンをしたり、また各自でテーマを設定し、研究を進めていく活動です。
理科の時間ではあらゆる実験を実施しています。さらに総合的な学習の時間との連携により、実りのある校外学習(大学との連携)を実施、確かな科学的思考力や探究力を育てます。
 ※物理オリンピックにチャレンジ

★豊かな表現力

 国際社会で活躍できる生徒の育成を目指した「Cタイム」を設け、外国語指導助手(ALT)を活用した英会話中心の授業を行います。コミュニケーション能力、特にディスカッション能力を育成します。また、中1より習熟度クラスで授業を開講し、きめ細かな指導を行っていきます。
 ※英語検定試験や英語弁論にチャレンジ