宮崎県キャリア教育支援センターのヘッダー画像
 

宮崎県キャリア教育支援センター

〒880-0835
宮崎県宮崎市阿波岐原町前浜 4276 番地 729 
(宮崎県教育研修センター みやざき学びサポートプラザ内)
電話番号:0985-24-3156
FAX番号:0985-24-3578
本Webページの著作権は、宮崎県キャリア教育支援センターが有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

おしえて!よのなか先生

コロナ禍で学校に講師を呼べなくても「よのなか教室」が実施できるよう、株式会社ケーブルメディアワイワイの協力を得て新しく制作した動画です。宮崎で活躍されている方の仕事内容や働きがい、キャリアプランや生き方を10分以内で紹介しています。
対象:小学生~中学生
制作:株式会社ケーブルメディアワイワイ

(参考資料)授業案・ワークシート
宮崎県キャリア教育支援センター水永さんの動画を用いた、小学校6年生の学級活動での授業展開例とワークシート
 (小)よのなか先生水永さん授業展開例
 (小)水永さん動画コンテンツ・学習シート.
▼宮崎県キャリア教育支援センター水永さんの動画を用いた、中学校2年生の学級活動での授業展開例とワークシート
 よのなか先生〔水永さん〕学級活動指導案
 よのなか先生〔水永さん〕学級活動ワークシート
▼中西さん、遠田さん、田口さんの動画を用いた、中学校2年生の学級活動での授業展開例とワークシート
※中西さん、遠田さん、田口さんを例にしていますが、全ての「おしえて!よのなか先生」の動画に応用可能です。
 よのなか先生〔中西さん、遠田さん、田口さん〕学級活動指導案
 よのなか先生〔中西さん、遠田さん、田口さん〕学級活動ワークシート
 

宮崎県キャリア教育支援センター 水永正憲さん

水永さんは都農町出身で、旭化成で主に人財育成の仕事をし、定年退職後に学校と企業・地域の橋渡しの仕事を始めました。
現在は宮崎県キャリア教育支援センターのトータルコーディネーターとして活動しています。
働くことの価値や幸せとは何か、といった生き方について考えられる内容です。
時間:9分30秒 制作:2020年6月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

クリーン日向 常務取締役 鈴木睦代さん

鈴木さんは、日向市でゴミの収集やペットボトルのリサイクル等の中間処理を行う会社を経営されています。
廃油でつくったキャンドルを灯して日向市駅前で毎年夏に「キャンドルナイトひゅうがの灯り」という
イベントを行ったり、量り売りの洗剤や食品など環境を意識した商品を販売する店舗をオープンしたり、
様々な環境・エコ活動に取り組んでおられます。
養護教師をめざして東京で学ばれますが、休みで帰った時に日向で見た青空に感動し、
宮崎で働くことを決意されたそうです。
時間:7分30秒  制作:2021年7月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

有限会社ヤッシュ 代表取締役社長 河野 亘さん

河野さんは、日向市を中心とした地元の中小企業のホームページを作る仕事をされています。
高校では勉強せず落ちこぼれだったそうです。
大学進学後も将来を描けず、休学してソフトウェア会社で仕事をされる中で、
将来は地元の高校生が就職できるような会社にしていきたいと考えておられます。
一念発起し徹底して勉強し、自分のやりたい事を見つけられました。
一旦は都会に出て、いろいろな経験を積んで地元に帰ってくることで視野が広がり、
地元にはない仕事が生まれる、と熱く語っておられます。
時間:7分00秒  制作:2021年6月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

株式会社岸田電業 代表取締役社長 岸田貴子さん

岸田さんは、延岡市にある岸田電業という電気工事をする会社の社長です。
もともとはアメリカで心理学を学ぼうと考えておられましたが、先代の社長が突然亡くなられて、
38歳で社長を継承されることになりました。
女性とか男性とかを区別するのではなく、自分が輝ける仕事を見つけて欲しいと考えておられます。
男性の仕事とされてきた職場で女性の電気工事士を育てたり、
高齢者や外国人を積極的に採用したりして、多様性のある組織づくりに取り組まれています。
時間:7分00秒  制作:2021年5月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

大重産婦人科 看護師長・助産師 尾崎アヤノさん

尾崎さんは、延岡市にある大重産婦人科病院にて68歳の今も現役として働いておられます。
これまでに2万人の赤ちゃんを取り上げてこられた助産師さんです。
助産師の仕事は、365日昼も夜もありませんが、生まれてくる子供たちを
見守っていかれることで、プロフェッショナルとしての責務と誇りを感じていると語られています。
これまでいくつもの小中学校の「よのなか教室」で、「命の大切さ」についてお話をしていただいています。時間:7分00秒 制作:2021年1月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

伊勢ケ浜保育園 園長 青木雅矢さん

青木さんは、子供の頃は何の夢もなく何となく毎日を送っていたそうです。
大学を出て働いていた時に外国の友人から「何のために働くのか」と問われて、自分を見つめ直します。
そして「子供と関わる仕事がしたい」と、ふるさと日向に戻り、保育士の資格に挑戦されます。
大人になって楽しい毎日が送れるようになること、そして一人の大人として輝いた姿を子供たちに見せてあげることが大事だと語られています。
時間:7分47秒 制作:2020年11月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

日知屋児童センター 柏田佳代子さん

柏田さんは、高校の家庭科の先生でしたが、遊びを通して子供たちの成長をサポートしたいと、保育士の資格をとって今の仕事に就かれました。
児童センターは、赤ちゃんから高校生までが利用できる場所で、遊びや体験など様々なプログラムが用意されています。
地域の方々と一緒にみんなで子供たちを見守り育てていく環境づくりに取組みたいと語られています。
時間:7分01秒 制作:2020年10月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

延岡市駅前複合施設 エンクロス館長 中林奬さん

中林さんは、2018年から延岡駅前にオープンした「エンクロス」の立ち上げに関わってこられました。
昨年は、コロナ禍で休館を余儀なくされますが、オンライン化した市民活動という新しい取組を始められました。
やりたいことができない・思うようにならない・・といった環境の変化に直面しても、あきらめないで未来に向かって自分のできることをやっていくことが大事、だと語られています。
時間:7分00秒 制作:2020年10月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
※都合により、Youtubeにはアップしておりません。
 

株式会社マルイチ取締役 高木資子さん

高木さんは、日向市を中心に営業されている「マルイチ」というスーパーマーケットのお仕事をされています。
これまでの様々な経験や挫折があって今があること。
仕事とは、だれかの役にたつことであり、そして働く人全員が幸せになることを目指していると話されます。
「何か一つ、好きなことを見つけ、一生懸命向き合ってみてほしい!」とメッセージをおくられています。
時間:7分50秒 制作:2020年9月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

風の菓子虎彦 営業部長 上田和泉さん

上田さんは5歳から柔道を始めて、オリンピック選手を夢見て県外の高校へ進学しますが、その後様々な困難や挫折に遭遇します。
しかし、それを一つずつ乗り超えて新しい目標に挑戦していかれます。
現在も、コロナ禍の中でお菓子の売上が激減しますが、「移動店舗」という全く新しい取組でこれに向かい合おうとされています。
時間:7分 制作:2020年9月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

果物農家 田口正幸さん

田口さんは年間を通じて様々な果物を育てている果物農家です。
実家の農家を継ぐのが嫌で、最初は大工の仕事をされていたという田口さん。
しかし、その中でものづくりの楽しさを知り、実家の農家を継ぐことになりました。
やりたいことの探し方、向き合い方について学べる内容です。
時間:約7分 制作:2020年6月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

キュウリ農家 遠田祐星さん

遠田さんはキュウリ農家をされる前、サラリーマンや漁師、飲食店、民宿、工場など様々な仕事をされていました。
色々なことをやってみた中で、最後にたどり着いたのが農業だったという遠田さん。
台風被害など大変なこともあったそうですが、それでも農業が好きだという遠田さんの仕事への想いや、困難への立ち向かい方について学べる内容です。
時間:約7分 制作:2020年6月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

サバ生産者 中西彬裕さん

中西さんはひむか本サバという宮崎ブランドのサバを養殖している生産者です。
実家の養殖業でとりあえず働き始めたという中西さんは、働く中で少しずつ自分の考えが芽生え、自分が思う商売にチャレンジを始めたそうです。
働く中で夢ややりがいを見出したという過程について学べる内容です。
時間:約7分 制作:2020年6月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)

 

JICA九州宮崎県北地域国際協力アドバイザー 富山隆志さん

JICA九州宮崎県北地域 国際協力アドバイザーであり、日向市キャリア教育支援センターのコーディネーターでもある富山隆志さん。
富山さんは、JICAの国際協力アドバイザーとして、地域の中高生に国際理解教育を展開されています。
地球環境保護のために植林活動に取組まれたり、地元の河川に生息していたホタルを再生するプロジェクトにも挑戦されました。
何度も訪れてこられた途上国の子供たちが直面している貧困の実情を伝えながら、世界の人々がお互いに助け合う社会を、と日本の子供たちにメッセージを送られています。
時間:6分40秒 制作:2020年7月
ストリーミング再生はこちら(ブラウザ上で再生されます)
ダウンロード版はこちら(クリックすると動画のダウンロードが始まります)
Youtube再生はこちら(以下のYoutube再生でアクセス制限がかかる場合)