五ヶ瀬教育ビジョン
 G授業
 豊かな体験活動
 学校支援地域本部
 定例教育委員会会議録
 社会教育関係
 
【 バス予約 】
↑バスの予約はこちらから
 
トータル21359

五ヶ瀬町教育委員会

〒882-1295
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町
大字三ケ所1670
電話番号
0982-82-1710
FAX
0982-82-1725
 








 
G授業活動日記
 
 
G授業活動記録
12345
2017/06/22new

6年 第2回G授業について

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV

2回目のG授業が行われました。

1時間目にPRするグループを決めました。児童が自らの意思で「自然」「施設・場所」「特産品」「隠れた魅力」に分かれました。そして、PRしたい内容について考えました。児童からは、うのこの滝やスキー場、団七踊、ワインなどの五ヶ瀬の魅力を出していました。

2時間目に、付箋紙を使ってPRする内容を整理しました。伝えたいことがたくさんありすぎてしまい、取捨選択することが難しかったようです。内容を絞ってPRすることも大切なことなので情報の整理の仕方について、今後も学ばせていきたいです。

3時間目は、PRする内容の説明文を書きました。なかなか詳しい事を書くことができず悪戦苦闘する姿が見られましたが一生懸命に考える姿が見られました。そじて、書き終わった児童に、代表になってもらいPRの練習をしました。初めての経験でしたがとても落ち着いた受け答えができていました。PR後には、他の児童も大きな拍手で称賛していました。



17:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/08

1年 さあ、みんなででかけよう

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV
 6月5日(月)
 1年生の今年度最初のG授業がスタートしました。自然や生き物の観察をとおして、季節の移り変わりを感じながら学習を進めていきます。今回は、4校の友達と自己紹介やゲームをした後、学校ごとに、校区内で発見した自然や生き物の発表を行いました。「私は○○を見つけました。さわると、葉っぱがざらざらしていました。」等、聞いている友達に分かりやすく発表することができました。
 
 3校時は、三ヶ所小の「梅」「柿」の2つの実のなる木に焦点を当て、じっくり観察しました。子ども達は、「見る」「さわる」「におう」「くらべる」の観点で、たくさんの発見をすることができました。



12:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 1年G授業
2017/06/07

6年 観光協会とのタイアップ

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV

6月6日(火)に、6年生の第1回目のG授業がありました。まずは、緊張をほぐすためにいろいろなゲームをしました。じゃんけんゲームや、グループ作りゲーム、さいころトーキングをして友だちの新たな一面を知ることができました。話し方や聞き方を意識して自分の考えを伝えたり、うなずきながら聞いたりすることができていました。子どもたちの表情もすっかり明るくなり、さらに仲を深めることができました。

 2時間目からは、ごかせ観光協会の事務局長を講師として招き、五ヶ瀬町の魅力を発信する立場から仕事内容ややりがい、五ヶ瀬町の魅力についてお話していただきました。児童は、熱心にメモをとりながらも話を真剣に聞いていました。今後も、観光協会とのタイアップを通して修学旅行時のPRの質を高めていけるようがんばっていきます。



18:18 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/06/05

3年 「学校のまわりの様子」についての発表

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV

3年生になって初めてのG授業が、上組小学校で行われました。1時間目は、グループつくりのゲームや自己紹介をしました。初めは、緊張気味だった子ども達も自然に笑顔が見られるようになりました。

2・3時間目は、各校で学校のまわり探検を通して作成した絵地図を使って、それぞれの学校のまわりの様子を発表しました。

発表後は、自分の学校のまわりの様子と比べながら、同じところ、違うところを考え、伝え合いました。感想や、詳しく調べてみたい場所等の発表もあり、たくさんの意見交換ができました。







16:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 3年G授業
2017/06/01

4年 花セット

Tweet ThisSend to Facebook | by GKSV

 4年生は、今日からブドウ作り等様々な活動やブドウにかかわる人々とのふれあいを通し、人々の願いを感じ、自分たちができることを見つけ実践することを目標にブドウ学習に取り組み始めました。今回は、ブドウを育てる作業(花セット)についての学習でした。活動を通して、ブドウ農家の方の工夫や苦労に気付いた子どもたちでした。



13:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345
 
表示すべき新着情報はありません。
新着情報
 

町立5校が第31回時事通信社教育奨励賞努力賞を受賞

 本教育奨励賞(文部科学省後援、公益財団法人新聞通信調査会協賛)では、都道府県や政令指定都市から推薦を受け、全国の59件64校・園から選考された31件36校が賞を受けました。

 宮崎県から唯一、本町の鞍岡小・三ヶ所小・坂本小・上組小・五ヶ瀬中の5校が努力賞を受賞し、研究・実践の水準が全国的に見てトップレベルにあると認められました。

 「五ヶ瀬で生まれ、育ち、生き、五ヶ瀬を創造するひとづくり」という目標のもと、「地域があって 子どもがいて 学校がある」という基本的なスタンスに立った、地域ぐるみの教育が改めて評価された今回の受賞です。学校はもちろん、学校の教育活動に対し、日頃から大きな支援をいただいている町民の皆様と共に受賞を喜びたいと思います。
 
五ヶ瀬教育ビジョンとは
 
 
 少子高齢化、過疎化、山間地等の一般的に悪条件と言われる条件を逆手にとって、 五ヶ瀬(同等の条件下の地域)でこそ優位にできる教育や学校制度の在り方について研究を進め、実施できるものから実施していきます。
 社会的条件や自然的条件の格差はすでにこの国ではどうすることもできなくなっていますが、 学校教育は憲法の保障の下、都市部と全く変わらない条件が備わっています。つまり、五ヶ瀬では消費社会の条件は遅れているものの、 学校だけは都市部と同じように、否、それ以上に整備されているのです。 これらの条件をもう一度見直すことによって、五ヶ瀬の学校教育はもとより、社会教育を含めた生涯教育の再構築ができます。
 
G授業とは
 
 
 
 五ヶ瀬町においては、町内の全学校が小規模校であるため、各学校において、日常的に少人数指導が実施できており、きめ細かな教育が実践されている。 
 しかしその一方、授業内容によっては、大人数の方が効果が高い授業が実施できず、集団による意見の交換や切磋琢磨し合う活動が不十分になる状況もある。
 
五ヶ瀬123体操PV