学校長あいさつ


     校長   長谷川 岳洋

 本校は、旧制宮崎中学校夜間部・宮崎大宮第二高等学校を前身として、昭和49年に宮崎東高等学校として設立され、定時制課程普通科と通信制課程普通科の学校としてスタートしました。平成2年には単位制高校となって定時制課程昼間部が発足し、定時制と通信制の二課程構成、定時制は夜間部と昼間部の二部構成となりました。

 定時制課程の昼間部は、9時から16時10分までの授業です。夜間部は、17時からの給食の後、17時50分から21時10分までの授業となります。給食は日替わりで、ご飯はおかわりもできます。
 通信制課程は、日曜日または月曜日のスクーリング(面接指導:講義)とレポート提出が中心で、自学自習が基本です。都城市・小林市・日南市に協力校があり、各協力校でスクーリングを受けることもできます。

 このように本校は独特のシステムのもと、一人一人の生活スタイルや進路目標に応じた学び方ができます。必修科目以外は自分の受講したい科目を選択できることも特長です。在校生は働きながら学ぶ人や自分の人生設計に沿った学びをする人など様々です。本校は学ぼうとする人の意欲を尊重し、主体性のある生き方を支援したいと考えています。
 高校卒業の資格だけでなく、多様な進路を考えている生徒一人一人の夢実現のために、できる限りの支援に学校全体で取り組んでいます。今後とも本校の教育活動に、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。