Iphoneやスマホからのアクセスについて

 

訪問者カウンタ

あなたは123210人目のお客様です

宮崎県立児湯るぴなす支援学校

〒889-1401
宮崎県児湯郡新富町大字日置1297番地
(TEL)0983-33-4207
(FAX)0983-33-5642
(E-mail)
koyu-rupinasu-s@pref.miyazaki.lg.jp

※本Webページの著作権は、児湯るぴなす支援学校が有します。
無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。 



 Instagram
https://instagram.com/rupinasu_art?utm_medium=copy_link

 

ようこそ! 児湯るぴなす支援学校のホームページへ!

 学校長あいさつ   


 宮崎県立児湯るぴなす支援学校のホームページにおいでいただきありがとうございます。
本年度に着任しました校長の山尾典子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 今年度は小学部新入生4名、転入生1名、中学部新入生10名、転入生1名、高等部新入生5名を新たに迎え、全校児童生徒82名で令和3年度の学びをスタートしました。
 本校は、昭和43年6月に県立富養園小児病棟内に「ルピナス学園」として開設され、昭和54年に病弱教育の「県立児湯養護学校」(小学部・中学部)として開学しました。平成20年に「県立児湯るぴなす支援学校」に校名変更すると共に、知的障がいおよび知的障がいのある肢体不自由教育を対象とする特別支援学校になりました。平成25年に高等部が開設され、平成30年に創立40周年を迎えることができました。また、川南町にあります独立行政法人病院機構宮崎病院内に訪問教育学級を開設しています。

初夏になると、校名の由来でもあるルピナスの花に彩られる児湯郡新富町に位置する本校の周囲には、アカウミガメの産卵地である富田浜海岸や源為朝の伝説が残る観音山があります。校庭にはシロツメクサやタンポポなどの野草をはじめ、桜や梅、果樹の木々が茂るなど、季節を五感で感じられる恵まれた自然環境の中で日々の教育活動を行っております。子どもたちが選んだ「なりたい自分」である「げんき・やさしい・かっこいい」を目指す小学部・中学部・高等部の児童生徒の魅力溢れる活動の様子を「るぴなすブランド」として校内外に積極的に発信し、自分の良さを実感・再認識できる子どもたちを育てて参ります。

このコロナ禍において「当たり前」と思っていたことが本当は「有り難い」ものであったとの認識を強くしています。子どもたちがこの予測不能な社会へ主体的に参画していくための意欲や資質・能力を育むため、職員一丸となって日々の教育実践に努めて参りますので、保護者や地域、関係機関の皆様の御理解と御協力を今後ともよろしくお願いいたします。


令和3年5月
宮崎県立児湯るぴなす支援学校
校長 山尾典子