宮崎県公立小中学校教頭会
 miyazaki vice-principals association of public elementary & junior high school
 
 
 
 

訪問者カウンタ

あなたは47374人目のお客様です

宮崎県公立小・中学校教頭会

〒880-0027
宮崎県宮崎市西池町10番地13
電話番号
0985-29-1374
FAX
0985-29-1387
本Webページの著作権は、宮崎県公立小・中学校教頭会が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 

会長挨拶

 平成30年度会長挨拶を更新しました。
   

宮崎県公立小・中学校教頭会

 

会 長  籾 木 一 利

 
 今年度服部光洋前会長からバトンを引き継ぎました大淀中学校の籾木と申します。微力ではありますが、県内の教頭先生方のご理解とご協力をいただきながら、本会の発展のために力を尽くしてまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

 社会の急激な変化が進む中で、子供が予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を育成するため、学校教育の改善・充実が求められています。また、学習指導のみならず、学校が抱える課題は、より複雑化・困難化しています。このような中、教員勤務実態調査(平成28年度)の集計(速報値)でも、看過できない教師の勤務実態が明らかとなりました。このため、文部科学省では、「学校における働き方改革」により、教師が心身の健康を損なうことのないよう業務の質的転換を図り、限られた時間の中で児童生徒に接する時間を十分に確保し、児童生徒に真に必要な総合的な指導を持続的に行うことのできる状況を作り出すことを目指しています。「学校における働き方改革」については、中央教育審議会で議論が行われており、文部科学省としては、その議論も踏まえながら取組を進めているようです。私たち教頭職は、先生方が働きやすい環境づくりに努め、先生方の「やりがい」や「充実感」を高め、教育の質の向上を目指していきたいものです。

本県教頭会も全公教の全国共通主題である「豊かな人間性と創造性を育み未来を拓く学校教育」に基づいて、キーワード「自立・協働・創造」をより充実させながら効果的に研究を進めていければと考えております。平成28年度に新学習指導要領が告示され、移行措置を経て平成32年度に全面実施されます。今回の改定では、国際社会でリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指し、他者と共同し主体的に課題を見つけ解決していこうとする力などこれからの時代に必要な育成すべき資質能力について明確にし、それらを育むための学習指導方法のあり方について示されました。各支会におかれましては、支会長を中心に会員の先生方が結束し、新学習指導要領の全面実施に向けての様々な課題解決に邁進されると思います。県民の負託に応えられる県教頭会を目指して共に頑張っていければと思っております。お互いに連携していきましょう。

結びになりますが、日頃から本会を支えていただいております宮崎県教育委員会及び宮崎県市町村教育委員会連合会、宮崎県校長会をはじめ、教育関係諸機関・諸団体の皆様に心から感謝申し上げますとともに、今後共、ご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

 平成30年4月