アクセス

880-0124 宮崎県宮崎市大字新名爪4567番地

電話番号:0985-39-1288 FAX:0985-39-1328
E-mail     
miyakita-info@miyazaki-c.ed.jp
  
本Webページの著作権は、宮崎北高等学校が有します。
無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。
 
R3.9月の訪問者は41849人です
 教養講座(進路別教養講座)では、九州管内の大学を中心に出張講義を依頼し,年7回28大学・学部の出張講義を行っています。
 生徒はそれぞれの進路希望や興味・関心に応じて講座を選択受講していますが,大学の講義にふれることで,進路に対する意識が深まり,学習意欲も高まると好評です。
 この講座は,保護者の皆様の受講も歓迎いたします。
 

教養講座実施記録

教養講座
12
2021/07/21

令和3年度 第1回教養講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
令和3年7月17日、今年度1回目の教養講座を開催しました。


1.第6回多文化共生講座「ドイツとはどんな国か」
  宮崎県国際交流協会  サシャ・クリンガー 氏

 
・多文化共生講座については、国際交流ページで詳しくご紹介しています。


2.「ラジオCMをつくる、で創造的に学ぶ
  ~あなたも知らなかったあなたに出会える冒険的プログラムとは~」
  宮崎産業経営大学 経営学部経営学科  日髙光宣 氏

 
<受講生の感想>
・知らないうちに人をその気にさせていく、というマーケティング論に魅力を感じた。
・大変な時でもふんばってみる、というのは今の私に必要な事だと思った。


3.宮崎大学 工学部工学科 電気電子工学プログラム
  「世界の脱炭素化への取り組み」  吉野賢二 氏
  「宮崎大学工学部について」    永岡章 氏

   
<受講生の感想>
・脱炭素社会に向けた取り組みを知り、日本や世界の未来について考える良い時間となった。
・自分は大学で何をしているのか、人とどんな関わり方をしているのか、をイメージしてその夢を引き寄せる事が大切、という言葉が心に残った。


4.「カキの樹を小さくする」
  宮崎大学 農学部植物生産環境科学科  鉄村琢哉 氏

 
<受講生の感想>
・何としても研究を成功させるという信念に驚いた。
・ビジネスにまで話を広げてくださり、研究を職業とする事について学ぶことが出来た。
14:00
2021/03/09

第7回教養講座(令和3年3月6日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『宮崎県庁で働くことについて』
  宮崎県人事委員会 事務局総務課  瀨戸山 陽 氏
 

2『未来の輸送のかたち ~電動航空機と地面効果翼機~』
  崇城大学 工学部 宇宙航空システム工学科  谷 泰寛 氏
 


3『第5回 多文化共生講座』 
  宮崎総合学院 国際事業部
  「多文化理解について」 山本 鉄斎 氏
  「香港の紹介」     黄 嘉傑 氏
  「ベトナムの紹介」   グエン ティ ホン ガ 氏
 

※多文化共生講座については、国際交流ページに詳しく載っていますので、ぜひご覧ください。

12:00
2021/02/01

第6回教養講座(令和3年1月30日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『医療を支える医療事務職の専門性』
  宮崎学園短期大学 現代ビジネス科  武村順子 氏
 


2『第4回多文化共生講座』
 「知られざる親日国ウズベキスタン」
  宮崎県国際交流協会  ガニエフ コミルジョン 氏
 

16:00
2020/12/22

第5回教養講座(令和2年12月19日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『宮崎の地域課題をYahoo!のビッグデータから分析する』
  宮崎大学 地域資源創成学部 地域資源創成学科  土屋有 氏
 


2『第3回 多文化共生講座』
 「ー元海外協力青年隊から学ぶザンビア・アフリカ 人口爆発大陸から少子高齢化の日本へー」
  宮崎県国際交流協会  男成美利 氏
 


3『第1回 宮崎を支える企業家講座』
 「中小企業は地域のインフラ ~生きる・暮らしを守る・人間らしく生きる~」
 宮崎県中小企業家同友会 代表理事
 宮崎食研有限会社 代表取締役  田原敬介 氏
 


第4回教養講座「グローバルプログラミング講座」(令和2年12月12日開催)の様子は、こちらからご覧ください。
11:00
2020/11/09

第3回教養講座 & 第7回理系女子支援講座(令和2年11月7日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『日本の恋歌 ~和歌短歌と歌謡曲』
  宮崎大学 教育学部 学校教育課程  教授 中村佳文 氏
 

2『香りを科学する ー超高齢化社会への挑戦!ー』
  九州保健福祉大学 生命医科学部 生命医科学科  教授 清水慶久 氏
 

3『第2回多文化共生講座
  「シンガポールと言えばマーライオン」という概念はもう捨てましょう!』
  宮崎県国際交流協会  チャンウェイペン 氏
 

4『第7回理系女子支援講座』
  宮崎大学 工学部 電気システム工学科  教授 ティティズイン 氏
  
 
  

15:00
2020/10/20

第2回教養講座「第6回理系女子支援講座」(令和2年10月17日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者

『第6回 理系女子支援講座』:宮崎大学清花アテナ男女共同参画推進室共催
宮崎大学 農学部 植物生産環境科学科・花き生理学研究室 
 准教授 稲葉靖子氏
 研究室所属学生3名
  
 
    
 
     
 
 
  

「第7回 理系女子支援講座」を、11月7日(土)に開催予定です。
ぜひご参加ください!

12:00
2020/09/14

第1回教養講座(令和2年9月12日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『集積回路およびナノミスト噴霧器に関する研究』
  宮崎大学 工学部 電気システム工学科  教授 淡野公一 氏





2『森林生態学の知識で身近な自然を守る
   ー日本とカンボジアのSATOYAMAー』
  宮崎大学 農学部 森林緑地環境科学科  教授 伊藤哲 氏





3『ハワイの文化を英語で学ぼう』
  東京国際大学  Brandon Isao Imamura 氏




4『第1回 多文化共生講座(デンマーク)
    ーなぜ世界一幸福な国なのか?ー』
  宮崎県国際交流協会  厚澤アンネグレーテ 氏



15:00
2020/02/03

第6回教養講座 & 第5回理系女子支援講座(2020年2月1日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『心理のお仕事 ~国家資格 公認心理師とは?~』
 西九州大学 子ども学部 心理カウンセリング学科  岡嶋一郎 氏
 

2『法的な考え方を学び、社会の課題を考えてみよう』
 宮崎産業経営大学 法学部  宮田浩史 氏
 

3『現代社会と超インテリア学の新しい関係』
 日本文理大学 工学部 建築学科  近藤正一 氏
 

4『第5回 理系女子支援講座』: 宮崎大学清花アテナ男女共同参画推進室 共催
 宮崎大学 工学部 工学基礎教育センター 准教授・博士(理学)  前田幸重 氏
 宮崎大学 農学部 海洋生物環境学科  准教授・博士(学術)  安田仁奈 氏
 
 
 
15:00
2019/12/06

第5回教養講座 & 第4回理系女子支援講座(2019年11月30日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『ディズニーランドとホスピタリティ』
  熊本学園大学 商学部 ホスピタリティ・マネジメント学科  土井文博 氏
 

2『海外語学研修のDos&Don'ts ~海外での貴重な体験をコミュニケーション能力につなごう~』
  長崎県立大学 地域創造学部 地域創造学科  山崎祐一 氏
  

3『技術者ってかっこよくって、わるくない ーアニメや映画にみる技術者の姿ー』
  九州工業大学 情報工学研究院 知能情報工学研究系  平田耕一 氏
 

4『第4回 理系女子支援講座』: 宮崎大学清花アテナ男女共同参画推進室 共催
  宮崎大学医学部整形外科 助教・医学博士  山口奈美 氏
  宮崎大学地域資源創成学部 准教授・博士(社会学)  福島三穂子 氏
  
  

★「第5回理系女子支援講座」を
2020年2月1日(土)に開催します。
 詳細につきましては近日中にご案内予定です。ぜひご参加ください!

09:00
2019/11/15

第4回教養講座(2019年11月9日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校管理者
1『CMを通して現代社会を考える』
  鹿児島国際大学 国際文化学部 国際文化学科  飯田伸二 氏
 

2『日常生活における契約』
  熊本大学 法学部  濵田絵美 氏
 

3『ペプチド・タンパク質の働きを探る』
  崇城大学 生物生命学部 応用微生物工学科  安藤祥司 氏
 

4『グローバルプログラミング講座( 宮崎北高校 ✕ JICA ✕ 宮崎大学 ✕ 地元企業 連携 )』
  ※この講座の様子については 「サイエンス科」のページ をご覧ください。
11:11
12