延岡青朋高等学校について

〒882-0866
宮崎県延岡市平原町2丁目2618-2
電話番号
0982-33-4980
FAX
0982-33-3957
e-mail
代表
6042ha(あっとまーく)miyazaki-c.ed.jp
通信制課程
6042hb(あっとまーく)miyazaki-c.ed.jp
定時制課程
6042hc(あっとまーく)miyazaki-c.ed.jp

 (あっとまーく)を半角@に置き換えてメール作成してください。(メール収集ロボット除け)


本Webページの著作権は、宮崎県教育委員会および宮崎県立延岡青朋高等学校が有します。無断で、文章・画像などの複製・転載を禁じます。 
QRコード
 

通信制の仕組み

単位制高校の仕組み ~やり直しがきく学習システム~

 通信制高校の多くは「単位制」という単位の認定の仕組みを持っています。全日制の学校はほとんど「学年制」を採っていて、1学年で学ぶべき科目をすべて学んで(1学年で定められた単位をすべて修得して)から、2学年に進級します。1学年で学ぶべき科目を一部修得できなかったりした場合、留年(原級留置)となり、もう一度最初から(とれた科目も落とした科目も含めて)やり直さなければなりません。
 一方「単位制」では修得した単位はすべて積み重ねられていきます。もし、ある科目の単位が修得できなかった場合、その科目だけをもう一度やり直しすればOKです。「学年制」と違って、すべてを最初からやり直す必要がありません。
 

レポートについて

レポート

 通信教育の学習の基本となる、各科目から課せられた報告(提出)課題のことです。教科書・学習書(参考書のようなもの)を中心に自学自習で作成し、学校へ送付、添削指導を受けます。本校ではレポートの締め切りの取り扱いが非常に厳しく行われています。ですが、一方で期限を守っていれば必ず計画的に学習ができていきます。提出期限は学習のペースメーカーです。
 

スクーリング

スクーリング
 スクーリングの出席についての疑問をなくしておきましょう。目指すは「最低面接時数のクリア」です。「余裕のある出席計画」を学期始めに立てることがポイントです。

 

教育課程

教育課程(カリキュラム)

 通信制課程の多くは単位制となっています。単位制高校のカリキュラムは学年がないため一見するとわかりにくいですが、自分の興味関心にあわせて、学年制とは比較にならない自由な科目選択ができます。

 

卒業の時期

卒業の時期

 本校通信制へは、学期の区切り目に入学できます。また、卒業も卒業の要件を満たした学期末に可能です。卒業のためには、以下に説明する4つの要件を満たす必要があります。「半年で卒業が可能か?」とか「学年が遅れずに卒業できるか?」などの問い合わせが非常に多いですが、その判断は、
 A:その人の修得している単位数、修得している科目、
 B:本校通信制で決められている科目を修得していく順序や条件
の2つの視点で判断していきます。Bのように、自分ではわからない条件もあります。安易に判断せず、原則として「もし前籍校にそのまま残ったとき、卒業するのに必要な時間」が、本校でも必要だと思ってください。

 

学費など

学費や奨学制度

 通信制で学ぶための費用や、奨学制度についてよく知っておきましょう。特に仕事(アルバイトを含む)をしている”勤労学生”については、さまざまな優遇措置があります。
 

Q and A

通信制の学習について


Q1: 通信制課程の学習はどのようにするのでしょうか?
A1: 原則として自宅で教科書と学習書(通信制の生徒向けに編集された教科書準拠の参考書)を調べながら、レポートを完成させる「自学自習」が中心です。