学校の様子

学校の様子

西諸県音楽大会(3・4年)

 11月17日(木) 小林市文化会館で西諸県音楽大会が開催されました。本日まで、先日のリハーサルだけでなく、音楽の授業や昼休みの練習の歌声や演奏を聴いてきましたが、本日の発表が最高の歌声と音色でした。また、本番に強い、栗須っ子の底力をみた思いです。

音楽大会にむけて(3・4年)

 11月14日(月) 朝の活動の時間に、3・4年生が17日(木)に行われる西諸県地区小中学校音楽大会に向けてのリハーサルを行いました。音楽大会では合唱「世界中の子どもたちが」、合奏「やさしさに包まれたなら」を披露する予定です。

 短い練習期間にもかかわらず、とても素敵な合唱と合奏が体育館に響き渡り、大きな拍手に包まれました。栗須っ子は今日も「芸術の秋」を楽しみました。

避難訓練(地震)

 11月11日(金) 避難訓練(地震)を実施しました。今回の避難訓練は児童への予告無しでの実施でしたが、自分で身の安全を確保し、落ち着いて避難行動をすることができました。
 地震発生時には、まず、「しゃがむ」「かくれる」「まつ」。「みやざきシェイクアウト」に合わせて安全を確保する行動について学びました。

給食試食会

 11月10日(木) 1年生の保護者を対象に給食試食会が行われ、久しぶりの給食を懐かしんで、召し上がっていました。1年生の給食の様子も参観し、家庭より量が多いこと(特にご飯の量)に驚かれていました。

 1年生もおうちの人が来てとても嬉しそうに食べていました。

   (献立)麦ご飯  豆腐のチリソース煮込み  バンバンジー  牛乳

 

 

小林市立図書館見学(2年)

  11月8日(火) 2年生が生活科の学習で小林市立図書館を見学しました。

 職員の方に図書館の内部を案内していただいたり、図書館についての話をしていただいたりして、様々な図書館のヒミツを知ることができました。体験を通して学ぶ学習に子供たちは大喜び!

 今日は「読書の秋」を満喫した栗須小の2年生でした。

鑑賞教室

 11月7日(月) 鑑賞教室が開かれました。今回はバイオリン、クラリネット、ピアノの演奏者の方4名をお招きしての演奏会です。モーツァルトから最近の曲まで、栗須小の体育館が素敵な音色に包まれました。演奏はもちろん、それぞれの楽器に子供たちは興味津々。芸術の秋を満喫した今日の栗須っ子でした。

稲刈り

 11月2日(水) 6月の田植えから140日目を迎えた11月2日。「栗須っ子米」の稲刈りの日を迎えました。黄金色に色づいた栗須小の田んぼには子供たちの笑顔がいっぱいです。朝からこの稲刈りをとても楽しみいしている子供もいました。

 今年も、子供たちはもちろん、保護者や地域の方々の多大なる協力を得て「栗須っ子米」は大豊作です。今後は、収穫した「栗須っ子米」で12月に「もちつき」を行う予定です。

イモ掘り(2年)

 10月25日(火) 心地よい秋空の下、2年生による「イモ掘り」が行われました。この日は、包括支援センターや営農組合、JAの皆様等、たくさんの方々の協力と指導を得ながらのイモ掘りとなりました。イモ畑には、栗須保育園の園児も加わって、子供たちの楽しそうな声が響いていました。
 今年の収穫量は何と564kg! 昨年度よりも若干少なめですが立派なイモがたくさんとれました。次は、食べるのも楽しみですね。

陸上大会(6年)

 10月21日(金) 6年生の陸上大会が行われました。本年度は分散開催となり、紙屋小、野尻小、栗須小の3校が小林総合運動公園陸上競技場に集まり、それぞれの競技に汗を流しました。

 新しくなった陸上競技場。素晴らしい環境の中、思い出に残る大会となりました。

栗須小学校運動会

 10月16日(日) 栗須小学校運動会が開催されました。当初は9月に実施予定でしたが、約1ヶ月の延期となり、本日の開催となりました。

 10月の心地よい秋空の下、栗須っ子たちは元気にそれぞれの競技や応援に一生懸命に取り組みました。昨年度に引き続き午前中開催となりましたが、充実した運動会となりました。

2学期始業の日

 10月12日(水) 4日間の短い秋休みを終えて、今日から2学期のスタートです。そして、10月16日(日)には、「みんなが主役」となる栗須小学校運動会が実施されます。栗須っ子は2学期も「精一杯」、「がむしゃら」に頑張っていきます。

1学期終業式

  10月7日(金) 1学期の終業の日です。命に関わるような大きなケガもなく、栗須小の子供達は元気に1学期を終えることができました。終業式では2年生と4年生の代表児童が、1学期を振り返り、全校児童の前で立派な作文発表をしました。

 4日間の短い秋休みですが、過ごしやすくなった秋の季節を楽しみながら、充実した日々を過ごしたいですね。

運動会予行

 10月5日(水) 運動会予行を行いました。この日は10月とは思えないほど気温も上がった1日でしたが、本番に向けて運動会の流れや、係児童の動きについて確認することができました。

 運動会本番まで残り10日あまりです。これから最後の調整を行い、本番を迎えます。運動会当日も今日のような天気に恵まれますように!

第1回運動会全体練習

 9月26日(月) 10月16日(月)に行われる栗須小運動会に向けて、第1回目の全体練習を行いました。9月も下旬となると、朝夕の気温も下がってずいぶんと過ごしやすくなってきます。運動会練習にはもってこいです。

 第1回目の全体練習は開・閉会式の練習を中心に行いました。団長・副団長を中心に、それぞれの児童が自分の役割を果たしながら、これから運動会にむけてがんばっていきます。

運動会結団式

 9月16日(金) 栗須小運動会の結団式が行われました。今年の運動会は当初の予定から約1ヶ月延期して10月16日(日)に開催予定です。

 今回の結団式は、感染予防のため体育館と各教室をオンラインで繋いでの実施となりましたが、各団の団長が箱の中から取り出したボールの色で赤白が決定すると、それぞれの教室からは子供達の歓声が聞こえてきました。

 これから運動会本番に向けて、栗須っ子たちは元気に練習をがんばっていきます!

    令和4年度 栗須小運動会スローガン

 みんな主役だ 心を一つに 笑顔輝く栗須っ子

認知症サポーター養成講座(三ケ野山健康会)

 6月20日(月) 本年度の「三ケ野山健康会」は、5・6年児童と保護者を対象に「認知症サポーター養成講座」を実施しました。「認知症サポーター養成講座」とは、認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けできる「認知症サポーター」を養成することを目的としています。

 のじり地域包括支援センターの方々の、寸劇等を交えた楽しい授業により、認知症に対する理解が深まりました。

みどりの少年団結団式

 6月20日(月) 6月の参観日に合わせて「栗須小みどりの少年団」の結団式を行いました。小林市農業振興課の方を外部講師として迎え「森のはたらき」について学習した後、みどりの少年団団員である4年生児童がこれからの活動目標について一人ずつ発表しました。

 緑に親しむ心、緑を愛する心について知ると共に、これから行う様々な活動への期待も膨らみました。

プール開き

 6月17日(金) 今週は学年ごとにプール開きが行われました。週の後半は天気にも恵まれ、気温も上昇!今年の初泳ぎを楽しみました。これから本格的な夏がやってくる夏休みまでの間、泳力向上を目指してがんばっていきます。

田植え

 6月15日(水) 令和4年度の田植えが実施されました。全校の児童と共にPTA事業部、地域の皆様の応援をいただきながら、栗須小の田んぼにもち米の苗を植えました。前日まで雨だった天気も回復し、子供達の笑顔いっぱいの田植えとなりました。秋の収穫が楽しみです。

立志式

 3月8日(火) 本年度最後の参観日と立志式がありました。当初は2月に予定していた参観日と立志式でしたが、新型コロナウイルスの影響により、本日の実施となりました。

 立志式では校長先生のお話の後、5年生児童33名が、1人ずつ自分の選んだ漢字と、これからの思いを発表しました。大変立派な姿を見せてくれた5年生。子ども達一人一人の成長が感じられた立志式となりました。

給食感謝集会(オンライン)

2月16日(水) 給食感謝集会をオンラインで行いました。コロナ禍により全校児童が集合しての実施が難しいため、放送室と各教室をつないでの集会となりました。

保健・給食委員会の児童が進行とタブレットの操作を行い、それぞれの教室で食の大切さを学んだり、給食を作ってくださる方の思いを知ったりすることができました。

毎日の給食、いろんな人に感謝していただきたいですね。

福祉体験学習(3年)

1月20日(木) 3・4校時に3年生が福祉体験学習を行いました。小林市社会福祉協議会の皆さんの協力を得て、今回は「高齢者疑似体験」と「アイマスク体験」です。高齢者疑似体験ではヘッドホンや特殊めがね、手足に重りなどを身に付けた状態で日常生活に必要な動きし、思うように自分の体や感覚が働かないことを経験しました。

今回の「福祉体験学習」により、また、より一層人に優しい3年生になってくれることと思います。

授業参観(食育)

 12月21日(火) 12月の参観日は全学年、食育についての授業を行いました。学級担任と共に養護教諭、外部講師として学校栄養職員の先生もお招きして「食」についての理解を深めました。

ボッチャ体験

 12月15日(水) 人権教育の一環として三ケ野山体育館でボッチャ体験を行いました。東京パラリンピックでも注目された競技「ボッチャ」。人権擁護委員の皆さんに協力をいただきながら、全校児童が参加してボッチャに親しむことができました。

みかんやまスマイルフェスタ

11月28日(日) 好天に恵まれた11月28日(日)。みかんやまスマイルフェスタが開催されました。午前中は持久走大会ともちつき。そして、午後からは地域のみなさんと一緒に防災訓練に参加です。防災訓練では県の防災ヘリ「あおぞら」と共に消防車や救急車も栗須小にやってきました。

「スポーツ」と「食」と「防災教育」と。大変充実した一日となりました。

※持久走大会

※もちつき

※防災訓練

味覚の授業

11月19日(金) 3校時に3年生の「味覚の授業」がありました。「味覚の授業」は、五感を使って味わうことの大切さや楽しさを体感しながら学習していく内容となっています。外部講師の地井シェフから5感や5つの味覚について説明を受けた後、実際に匂いを嗅いだり、味わったりしながら楽しく学ぶことができました。3年生の子ども達にとって大変貴重な体験となりました。

「味覚の授業」にご協力いただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。

稲刈り

 11月5日(金) 晴天に恵まれた5日(金)、全校児童で学校田の稲刈りを実施しました。6月に植えた餅米の苗は大きく成長し、今年は例年以上の豊作です。参加していただいた保護者や地域の皆様に見守られながら、鎌を使って丁寧に収穫していきました。足踏み式の脱穀機を体験することもでき、秋の田んぼに子ども達の笑顔があふれていました。

避難訓練(地震)

11月1日(月) 2校時に地震を想定した避難訓練を行いました。地震発生の放送でまず、子ども達は低い姿勢で頭部を守ります。その後、揺れが収まったのを確認してから運動場へ避難を開始です。「お・か・し・も」(おさない・かけない・しゃべらない・もどらない)を守って、全員が避難できたのは避難開始から2分42秒後でした。

いつ起こるか分からないのが地震です。今日学んだことを、ぜひ「いつか!」のために生かしてほしいと思います。

イモほり

10月26日(火) 5月に植えたイモ(紅はるか)がすっかり大きくなり、今日収穫の日を迎えることができました、2年生の子ども達は大きく育ったイモを掘り起こしながら、とても満足そうな笑顔を浮かべていました。イモ植えから、お世話、そして収穫までたくさんの地域の方から協力をいただきました。ありがとうございます。

2学期スタート

10月13日(木) 今日は2学期の始業日。2学期がスタートしました。

10月の月目標は「読書をして心をゆたかにしよう」。 今日から栗須小の図書室では「読書まつり」が開かれています。図書室に行ったり、本を借りたりするとポイントがもらえ、ポイントに応じたプレゼントが準備されています。「貸出冊数プラス券」「しおり」「めいろ」等々。2学期初日の昼休みの図書室は大盛況でした。10月はぜひ、たくさんの本に親しんでもらいたいと思います。


また、現在1階のホールでは「食のおくりもの展」として、いつもお世話になっている家族のために子ども達がチャレンジした料理の数々が展示されています。栗須小にお越しの際はぜひご覧ください。


シェフの食育教室

10月4日(月) シェフの食育教室が6年教室にて実施されました。本年度は新型コロナウイルス対策のためオンラインでの実施です。地井シェフから食材の説明を受け、SDGsの17の目標のうちの一つ「持続可能な生産消費形態を確保する」についても学ぶことができました。

「フレンチおでん」や「肉料理」、「フルーツのドレッシングがかかったサラダ」等々、地元の食材を使った豪華なお弁当を美味しくいただきました。

栗須小学校運動会

 9月19日(日) 栗須小学校運動会が開催されました。本年度も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小しての開催となりましが、天気にも恵まれ、子ども達は応援や競技、係の活動に精一杯取り組み、思い出に残る運動会となりました。

PTA奉仕作業

9月11日(土) PTA奉仕作業が行われました。小雨の降る中の作業となりましたが、たくさんの保護者の方に参加していただき、運動場や中庭を中心に、校内はすっかりきれいになりました。今回、奉仕作業に参加していただいた保護者の皆様に感謝します。

19日(日)の運動会に向けて校内環境が整い、子ども達は残り1週間、本番に向けての最後の練習をがんばっていきます。

通学路安全点検

 9月8日(水) 学校と地区代表、小林警察署、土木事務所等の関係機関と合同の通学路安全点検を行いました。ガードレールや横断歩道の設置要望が出されている箇所、街灯がなく暗い場所等、皆さんで一緒に回りながら確認を行いました。児童の安全ため、今後、積極的なの交通安全対策が行われるよう要望していきます。

運動会結団式

 8月27日(金) 朝の時間に今年の栗須小運動会の結団式を行いました。今年の結団式は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの実施です。体育館での団長・副団長のあいさつや赤白決定を各クラスにオンラインで配信しました。今年の運動会予定日は9月19日(日)。感染予防を徹底しながら、昨年度同様、規模を縮小しての開催となる予定です。

鉦踊り練習

7月19日(月) 運動会でも披露する予定の「鉦踊り」の練習が今年も始まっています。暑い日々が続いていますが、熱中症にも気を付けながら5年生の児童は必至に練習に取り組んでいるところです。「鉦踊り」は鉦を打ち鳴らすのと同時に、複雑な足の動きもあり、上達するにはまだまだ時間がかかりそうですが、運動会では5年生の子ども達の雄姿をお見せすることができることと思います。

ぶくぶくタイム

7月7日(水) 6月に実施した2回のぶくぶくうがいの練習を経て、今日の朝の時間から本格的にフッ化物洗口を開始しました。この時間を栗須小学校では「ぶくぶくタイム」として、毎週水曜日の朝に実施していきます。

フッ化物洗口は本年度から、歯質強化によるむし歯予防を目的に、小林市内のすべての小中学校で実施されています。ぶくぶくタイムの時間には先生から洗口液の入った紙コップが配付され、子ども達は1分間音楽に合わせてうがいをし、その後、紙コップの中に吐き出した後、ティッシュを詰めて終了です。

 慣れるまでは少し時間がかかりそうですが、この「ぶくぶくタイム」が子ども達の歯の健康につながればと思います。

七夕飾り

6月28日(火) 2年生の児童が七夕の飾り付けを行いました。

子どもたちは綺麗な七夕飾りと一緒に、短冊にそれぞれの願いを書いて笹に付けました。「コロナが消えますように」、「みんながずっとなかよくすごせますように」「足がはやくなりますように」・・・。とても素敵な笹飾りが完成しました。

今回の七夕飾りについては「更正保護女性会」の皆様からの寄贈、笹については本校のPTA会長から準備していただいたものです。ありがとうございました。

水泳の学習

 6月18日(金) 今週の月曜日から水泳の学習が始まりました。今年は梅雨入りも早く、「暑い~!」という日はまだありませんが、今年の初泳ぎを楽しみました。

 水泳の学習は、感染対策を行いながら単独のクラスでの学習が中心となりますが、昨年度十分に泳げなかった分、今年は目一杯泳いで泳力を伸ばしてほしいと思います。

  写真は2年生の学習の様子です。

田植え

6月16日(水) 令和3年度の「田植え」を実施しました。昨夜からの雨で実施が危ぶまれましたが、子ども達が田んぼに移動する時刻が近づくと雨も小降りになり、無事に田植えをすることができました。1・2年生にとっての田植えは今年が初めてでしたが、事業部や地域の皆さん、頼りになる先輩のアドバイスを元に楽しみながら苗を植えることができました。

たくさんの方々に支えられ、本年度も「栗須っ子米」を育てていくことができることに感謝します。

タブレット

 6月14日(月) GIGAスクール構想に伴う1人1台のタブレット端末の環境が整い、1年生もタブレットを使う学習が始まっています。まずは、タブレットの出し入れからの練習です。普段は保管庫にしまってあるタブレットを、先生から1台1台受け取るところから始まります。タブレットを使った学習は子ども達もとても楽しみにしているようです。

栗須小学校では月曜日の朝をタブレット活用の時間と位置づけ、各学年が発達段階に応じた活用を行っています。

6月の参観日

 6月10日(木) この日は授業参観、みどりの少年団結団式、三ケ野山健康会、児童引き渡し訓練と盛りだくさんの栗須小学校の1日でした。

 みどりの少年団結団式では4年生が、小林市農業振興課から2名の外部講師をお招きして「森のはたらき」について学びました。

 また、三ケ野山健康会では5・6年生は薬物の怖さについて、3・4年生はオンラインでの筋トレの楽しさについて保護者の皆さんと一緒に学ぶことができました。

 児童引き渡し訓練も保護者の皆様のご協力で無事に終えることができました。ご協力に感謝します。

スポーツテスト

6月7日(月) 令和3年度のスポーツテストを実施しました。昨年度は新型コロナウイルスの影響で実施されませんでしたので、2年ぶりの実施となります。①50m走、②ソフトボール投げ、③立ち幅跳び、④上体起こし、⑤長座体前屈、⑥シャトルラン、⑦握力と、自分の力を精一杯に出し切ってそれぞれの種目に取り組みました。

6年生がそれぞれの種目の補助として付き、ここでもお兄さん、お姉さんぶりを発揮してくれました。頼もしい6年生の活躍でした。

プール掃除

6月4日(金) プール掃除には絶好の天気!というわけにはいきませんでしたが、雨の合間を縫って、6年生によるプール掃除を行いました。6年生のがんばりと、消防団5部・6部から10名以上の方が協力に来ていただいたおかげで、栗須小のプールはすっかりきれいになりました。

 今年のプール開きの予定は6月14日(月)。プール開きのときには天気に恵まれてほしいですね。今回のプール掃除に多大なる協力いただいた消防団の皆様に感謝します。

読み聞かせ(1~3年)

 5月28日(金) 読み聞かせグループ「たんぽぽ」の皆さんによる、本年度の読み聞かせ(1~3年)がスタートしました。朝の読み聞かせの時間にお話を聞いている1年生の教室からはとても楽しそうな子ども達の声が聞こえてきました。たくさんの本に親しんで、読書の大好きな栗須っ子に育ってほしいと思います。

3年 ホタルの授業

 5月26日(水) 小林市商工観光課から2名の外部講師をお招きして、3年生こすもす科の学習で「ホタル」について学びました。「Q 出の山のホタルは何ホタル? ①ゲンジボタル ②ヘイケボタル ③ヒメボタル」(正解は①)等、クイズを交えた楽しい授業に子ども達も目を輝かせながら授業に臨んでいました。

 昨年からのコロナ禍のため、「出の山ホタル恋祭り」は今年も中止となっていますが、野尻町内にもホタルが見られる場所があることも教えていただきました。

イモの苗植え

 5月25日(火) 梅雨の晴れ間となった25日(火)。2年生によるイモの苗植えを行いました。イモ畑では、たくさんの地域の方に支えられながら、子ども達は一本一本ていねいにイモの苗を植えていきました。今回植えたイモの苗は「紅はるか」。秋に行われる収穫の時期には、きっと大きく成長したイモと、大きく成長した2年生の笑顔が見られることと思います。楽しみですね。

4年 春の遠足

5月21日(金) この日は4年生も春の遠足です。昨晩までは警報がだされるほどの大雨だったため、どうなることやらと心配されましたが、朝には雨も上がり無事に出発することができました。

4年生は、小林市の清掃工場と市内をバス見学してコスモホールへ、最後は浄水場で水道の水が家庭に届くまでの仕組みについて学習してきました。4年生の社会科「水はどこから」の学習に役立ちそうです。

今にも雨が落ちてきそうな天気の中での遠足でしたが、みなともて満足そうな顔で帰路につくことができました。

3年 春の遠足

 5月21日(金)に3年生が春の遠足に行きました。
 行き先は、野尻町歴史民俗資料館とトライアルです。
 野尻町歴史民俗資料館では、グループごとにタブレットで写真を撮りながら昔の農具等を見て回りました。
 トライアルでは、300円以内のおやつを自分で買うという経験をすることができました。セルフレジで支払いをしましたが、上手くできなかったり、300円を超えていたりして、手間取ったために、店員さんや待っている他のお客様にちょっと申し訳ない気持ちになりました。
 お昼ご飯は、雨が降っていたので生駒高原のコスモホールで食べて、コスモホール内で鬼ごっこやドッジビーをして楽しみました。

1・2年 春の遠足

 5月14日(金) 今年は例年よりかなり早めに梅雨入りしたため、天気が心配でしたが、今日の天気は曇り。1・2年生の遠足を無事に実施することができました。バスにのって「のじりこぴあ」へ出発です。

 雨が落ちてきそうだったため、早めに帰途につきましたが、1年生にとっては初めての遠足。とても満足げな表情を浮かべていました。