お知らせ

2020/0630 とってもよい話

真夏の青空に入道雲。

猛暑です。

 

 

 

 

 

高等部の午前。教室では作業学習が行われました。

紙バックを作成する皆さんです。

 

 

 

 

 

 

皆さんの様子を見ているところに、小林高校の先生から次のようなお礼の連絡が入りました。

「今朝、こすもす支援学校の生徒さんが、小林高校生が落ちした定期券を学校の事務室に届けてくれたそうです。ありがとうございました。」

確認をすると、届けた生徒は

はい。私が届けました。

とニッコリ笑顔で答えてくれました。

そのさりげない話しぶりに、心が洗われるような爽やかな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

定期券を落としてしまった小林高校の生徒さんは、このあと、直接、お礼に来てくれたそうです。(直接お礼を伝えてくれて、ありがとうございます。)

自然な交流が、とってもいいですね。