新着
1年生は書き方の勉強をしていました。教科書のお手本をよく見て、とても集中して書いていました。文字もきれいでした。 2年生は、「かえるのうた」を指番号を確認しながら鍵盤ハーモニカで演奏していました。ひく姿勢もいいですね。 3年生は算数科の「大きな数のたし算、ひき算」を学習していました。1000や10000がいくつあるかを考えて、計算していました。 4年生は理科の学習で回路図をもとに、どのようにつなげば自動車が速く進むかいろいろ試していました。班で協力して学習していました。 5年生は、音楽の学習で、鍵盤ハーモニカによる和音の演奏にあわせて、リコーダーで茶色の小びんを演奏していました。いいメロディー奏でていました。 6年生は家庭科の学習で、教科書の絵をみながら、夏の生活の工夫を見付けていました。生活の工夫点を衣食住ごとに分類するのに少し苦労していましたが、みんな進んで学習していました。   暑くても、どの学年もしっかり学習に取り組んでいました!
 6月27日(月)2校時、5学年の研究授業がありました。こすもす科の授業で、「家庭学習をよりよくするにはどうすればよいか」というめあてで学習を進めていきました。テスト結果との相関関係から、勉強する時刻、場所、手順を決めて学習することの大切さに気付いたり、友だちの自学ノートの取組をタブレットでみて、よさをみんなで見つけあい、カテゴリー別に整理するグループ活動を通して、家庭学習内容を改善するためのプランをたてたり、、、たくさんの学びがありました。「家庭学習チャレンジカード」を活用し、今日から家庭での実践化につなげていくようです。楽しみです!
6月27日(月)、上学年の読み聞かせがありました。読み聞かせグループ「たんぽぽ」の方が3名来てくださいました。物語や自然をテーマにした読み物等、子どもたちが興味関心をもちそうな本を選んで準備していただき、心に響くように声色や声の大きさなど読み方を工夫して読んでいただきました。みんなとっても集中して聞いていました。時間になっても、もっともっと聞いていたいようでした!
参観授業の様子はいかがでしたか。子ども達の頑張る姿がみられたのではないですか?保護者の皆様の参観時のマナーのよさには毎回本当に頭が下がります。いつもご協力の程ありがとうございます。参観日は子ども達のよいところをたくさんみつけ、家庭でたくさんほめてあげてください。そうすれば、子ども達、参観日でますますハッスルすると思います。決して、ダメダシだけはしないでくださいね。「参観日、またきてね、ぜったいきてね!」「参観日、こないで!」と子どもが言うか言わないかは、参観日の日の保護者の皆様の家庭での一言にかかっています。「いいところをみつけたよ!」「〇〇をがんばっていたね!」の言葉に子どもたちは俄然やる気になります。参観日を子育てにうまく活用して頂けると幸いです。   その他、給食説明会や家庭教育学級も実施されました。役員の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。今日は1日、もりだくさんの内容でした!  
3校時に、保体部員を対象に、夏休みのプール開放に備えて心肺蘇生法講習会を実施しました。講師はなんと保護者です。マウスツーマウスや胸部圧迫、AEDの使い方等、1つ1つのことを丁寧にご説明いただきました。その後、参加者に、体験していただきました。今後、プール、海、川など水難事故の危険性が高まる時期を迎えます。学校の職員もプールでの万が一の事故を想定し、毎年、心肺蘇生法講習を実施しています。「備えあれば憂いなし」本日の講習会で学ばれたことを忘れないように、時々、家庭でもイメージトレーニングしておいていただけると助かります。
6月23日(木)、6月参観日がありました。 2校時に学校保健委員会がありました。学校の課題を体力、視力、食育の3つの観点から現状と対策等を学校の職員が説明し、その後、今年度どのテーマにPTAとして取り組んでいくか、話し合いました。グループ協議を行いましたが意見が分かれたため、今年度のテーマは学校の体食部職員で再度協議し最終決定することになりました。 ちなみに、、、 体力の課題は、R3体力テストの結果によると、敏捷性と持久力だそうです。これを高める運動は、なわとびやバーピー運動(腹ばいになった状態から起き上がってジャンプすること、そしてこれを繰り返すこと)だそうです。 健康課題としては、視力の低下だそうです。目を守るためには休めることが大切なようです。 食育としては、学校での給食指導と家庭で取り組む弁当の日の実践を充実させていくことが大切だそうです。夏休みに「食のおくりもの(お世話になっている家族に!)」という課題を出すので協力をお願いしますとのことでした。
6月22日(水)、2年生の研究授業がありました。全職員で1つの授業を参観し、午後の研究協議会でよりよい授業の在り方について協議します。今回は算数科の「図をつかって考えよう」の単元でした。タブレットを活用し、テープ図で問題場面を表したり、その図を使って説明の仕方を考えたり、、、、一生懸命学習に取り組む子どもの姿が見られました。先生と子ども達が1つになった大変すばらしい授業でした。
6月21日(火)、3年生はこすもす科でホタルについて学びました。講師として小林市商工観光課から2名の方にきていただきました。写真資料をスライドで提示され、Q&A方式で丁寧に説明して頂きました。「なんでホタルって名前なの?」「ホタルの種類は?」「ホタルはなぜ光る?」「飛んでいるのはオスか、メスか?」、、、等たくさんのことを学びました。今日1日で、ホタル博士になったようでした。2人の講師はどちらも野尻町出身で、1人は野尻小の卒業生でした。「ようこそ先輩!」の番組のようでした。3年生の子ども達は「小林おうえんだん」というこすもす科の単元の学習で、小林市のこと(施設や自然等)について調べ、新聞にまとめていきます。今日の学びが今後の活動に大いにつながることと思います。  
6月21日(火)、6年生は調理実習がありました。今日はベーコンと野菜で炒め物をするそうです。包丁をうまくつかいながら、食材をきっていました。おいしい料理ができることでしょう。家庭でもぜひチャレンジさせてみてください!    
すばらしい出来事がありました。雨の日の朝、足をけがした友達が車から降り児童玄関にいるのをみた6年生が、急いで級友にかけより、ランドセルをもち、傘をたむけたのです。1人は心配そうによりそっていました。やさしいこどもたちです。友達を思い、自ら考え行動できました。昨日は、給食のおわんが割れたのを、きれいにそうじする6年生の姿がみられました。「自立」「貢献」の面での活躍が目立ちます。そんな6年生の姿を下級生はじっと見ています。