新着
1年生は書き方の勉強をしていました。教科書のお手本をよく見て、とても集中して書いていました。文字もきれいでした。 2年生は、「かえるのうた」を指番号を確認しながら鍵盤ハーモニカで演奏していました。ひく姿勢もいいですね。 3年生は算数科の「大きな数のたし算、ひき算」を学習していました。1000や10000がいくつあるかを考えて、計算していました。 4年生は理科の学習で回路図をもとに、どのようにつなげば自動車が速く進むかいろいろ試していました。班で協力して学習していました。 5年生は、音楽の学習で、鍵盤ハーモニカによる和音の演奏にあわせて、リコーダーで茶色の小びんを演奏していました。いいメロディー奏でていました。 6年生は家庭科の学習で、教科書の絵をみながら、夏の生活の工夫を見付けていました。生活の工夫点を衣食住ごとに分類するのに少し苦労していましたが、みんな進んで学習していました。   暑くても、どの学年もしっかり学習に取り組んでいました!
 6月27日(月)2校時、5学年の研究授業がありました。こすもす科の授業で、「家庭学習をよりよくするにはどうすればよいか」というめあてで学習を進めていきました。テスト結果との相関関係から、勉強する時刻、場所、手順を決めて学習することの大切さに気付いたり、友だちの自学ノートの取組をタブレットでみて、よさをみんなで見つけあい、カテゴリー別に整理するグループ活動を通して、家庭学習内容を改善するためのプランをたてたり、、、たくさんの学びがありました。「家庭学習チャレンジカード」を活用し、今日から家庭での実践化につなげていくようです。楽しみです!
6月27日(月)、上学年の読み聞かせがありました。読み聞かせグループ「たんぽぽ」の方が3名来てくださいました。物語や自然をテーマにした読み物等、子どもたちが興味関心をもちそうな本を選んで準備していただき、心に響くように声色や声の大きさなど読み方を工夫して読んでいただきました。みんなとっても集中して聞いていました。時間になっても、もっともっと聞いていたいようでした!
参観授業の様子はいかがでしたか。子ども達の頑張る姿がみられたのではないですか?保護者の皆様の参観時のマナーのよさには毎回本当に頭が下がります。いつもご協力の程ありがとうございます。参観日は子ども達のよいところをたくさんみつけ、家庭でたくさんほめてあげてください。そうすれば、子ども達、参観日でますますハッスルすると思います。決して、ダメダシだけはしないでくださいね。「参観日、またきてね、ぜったいきてね!」「参観日、こないで!」と子どもが言うか言わないかは、参観日の日の保護者の皆様の家庭での一言にかかっています。「いいところをみつけたよ!」「〇〇をがんばっていたね!」の言葉に子どもたちは俄然やる気になります。参観日を子育てにうまく活用して頂けると幸いです。   その他、給食説明会や家庭教育学級も実施されました。役員の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。今日は1日、もりだくさんの内容でした!  
3校時に、保体部員を対象に、夏休みのプール開放に備えて心肺蘇生法講習会を実施しました。講師はなんと保護者です。マウスツーマウスや胸部圧迫、AEDの使い方等、1つ1つのことを丁寧にご説明いただきました。その後、参加者に、体験していただきました。今後、プール、海、川など水難事故の危険性が高まる時期を迎えます。学校の職員もプールでの万が一の事故を想定し、毎年、心肺蘇生法講習を実施しています。「備えあれば憂いなし」本日の講習会で学ばれたことを忘れないように、時々、家庭でもイメージトレーニングしておいていただけると助かります。
6月23日(木)、6月参観日がありました。 2校時に学校保健委員会がありました。学校の課題を体力、視力、食育の3つの観点から現状と対策等を学校の職員が説明し、その後、今年度どのテーマにPTAとして取り組んでいくか、話し合いました。グループ協議を行いましたが意見が分かれたため、今年度のテーマは学校の体食部職員で再度協議し最終決定することになりました。 ちなみに、、、 体力の課題は、R3体力テストの結果によると、敏捷性と持久力だそうです。これを高める運動は、なわとびやバーピー運動(腹ばいになった状態から起き上がってジャンプすること、そしてこれを繰り返すこと)だそうです。 健康課題としては、視力の低下だそうです。目を守るためには休めることが大切なようです。 食育としては、学校での給食指導と家庭で取り組む弁当の日の実践を充実させていくことが大切だそうです。夏休みに「食のおくりもの(お世話になっている家族に!)」という課題を出すので協力をお願いしますとのことでした。
6月22日(水)、2年生の研究授業がありました。全職員で1つの授業を参観し、午後の研究協議会でよりよい授業の在り方について協議します。今回は算数科の「図をつかって考えよう」の単元でした。タブレットを活用し、テープ図で問題場面を表したり、その図を使って説明の仕方を考えたり、、、、一生懸命学習に取り組む子どもの姿が見られました。先生と子ども達が1つになった大変すばらしい授業でした。
6月21日(火)、3年生はこすもす科でホタルについて学びました。講師として小林市商工観光課から2名の方にきていただきました。写真資料をスライドで提示され、Q&A方式で丁寧に説明して頂きました。「なんでホタルって名前なの?」「ホタルの種類は?」「ホタルはなぜ光る?」「飛んでいるのはオスか、メスか?」、、、等たくさんのことを学びました。今日1日で、ホタル博士になったようでした。2人の講師はどちらも野尻町出身で、1人は野尻小の卒業生でした。「ようこそ先輩!」の番組のようでした。3年生の子ども達は「小林おうえんだん」というこすもす科の単元の学習で、小林市のこと(施設や自然等)について調べ、新聞にまとめていきます。今日の学びが今後の活動に大いにつながることと思います。  
6月21日(火)、6年生は調理実習がありました。今日はベーコンと野菜で炒め物をするそうです。包丁をうまくつかいながら、食材をきっていました。おいしい料理ができることでしょう。家庭でもぜひチャレンジさせてみてください!    
すばらしい出来事がありました。雨の日の朝、足をけがした友達が車から降り児童玄関にいるのをみた6年生が、急いで級友にかけより、ランドセルをもち、傘をたむけたのです。1人は心配そうによりそっていました。やさしいこどもたちです。友達を思い、自ら考え行動できました。昨日は、給食のおわんが割れたのを、きれいにそうじする6年生の姿がみられました。「自立」「貢献」の面での活躍が目立ちます。そんな6年生の姿を下級生はじっと見ています。
6月20日(月)、午後7時から第1回PTA運営委員会がありました。6つの専門部から、本年度の事業計画と予算案について報告がありました。市Pバレーの中止、野尻湖祭の日程が10/8(土)であることの連絡がありました。PTA役員の皆様、お疲れ様でした。
6月20日(月)、5年生は棒踊りの歴史について学びました。日頃、棒踊りを指導してくださっている保存会から3名の方に来校して頂きました。棒踊りは1592年豊臣秀吉が朝鮮に出兵し、没後、帰ってきた兵士をねぎらうために踊ったのがはじまりで、その後、若者の鍛錬のために受け継がれてきたとのことです。野尻小で棒踊り練習が始まったのは今から25年前で、その年から毎年、運動会で披露しているようです。途中、踊りを支える鳴り物(三味線、拍子木、太鼓)の説明があり、代表の子どもが体験する場面もありました。質問の時間では、顔をなぜ白く塗るのか?なぜ長い棒と短い棒があるのか?4番まですべて覚えるためにはどのくらい練習しないといけないか?などのと問いが出され、1つ1つ丁寧に答えていただきました。棒踊りの歴史を学んだ子ども達、これからの練習にもさらに、身が入ることでしょう!
6月20日(月)「たんぽぽの会」の皆様による読み聞かせがありました。今回は1年~3年に読み聞かせをしていただきました。「たんぽぽの会」の方のお話に子ども達はとてもひきつけられ、絵本の世界にどっぷりと入り込んでいました。絵本を使わずに「語り」だけでお話をされたり、なぞなぞがあったり、、、いろいろと工夫して子ども達のために、物語の楽しさ・すばらしさを伝えていただきました。「たんぽぽの会」の皆様にお礼を述べると、「私たちの方が子ども達から元気をもらっています」との言葉が返ってきました。「たんぽぽの会」の皆様は野尻地区の学校だけでなく、幼稚園や保育園等にも訪問されているとのこと。毎回、子ども達の笑顔を思い浮かべながら、読む本を選んでいるんだそうです。ありがいたいなあと思います。読み聞かせは想像力を膨らませ、心を成長させます。家庭でも取り組んでみられてはいかがですか?
6月19日(日)、PTA環境美化作業がありました。午前7時から約1時間30分、除草、草取り、樹木の剪定等の作業をして頂きました。運動場、校庭、中庭、学校周りがとてもきれいになりました。参加者の多さに大変驚かされました。今日参加できない方は事前に来られ作業をして頂いています。子ども達のボランティア精神は、保護者の皆様から受け継がれているのだなあと感じました。きれいになった環境の中で、夏休みまで1か月、教育活動が充実したものになるように職員一同がんばっていきたいと思います。ありがとうございました。
野尻中学校区では3校合同で主題研究を進めています。   令和4年度主題研究 1 研究主題及び副題 (1)研究主題 「わかった!できた!」と学ぶ喜びを味わえる児童生徒の育成(小中共通) (2)副題 生き生きと自分の思いや考えを表現できる授業づくりを通して(小学校) ICTを活かした授業づくりと家庭学習の充実を通して(中学校) 2 研究内容(小中共通) (1)学力向上に関する実態分析(学力向上アンケート等の活用) (2)表現力の基礎づくりの工夫 (3)タブレットPC活用による効果的な指導の工夫 (4)授業デザインを通した日々の授業実践及び振り返りの工夫 3 野尻小の具体的な実践内容 (1)研究で高めたい力 〇表現力 ・自分の考えをもち、根拠をもとに書く力→話す力 ・自分の考えをもち、筋道立てて書く力→話す力 〇資料活用能力 ・資料を読み取り、自分で考えを書く力 ・複数の資料から必要な情報を抜き取り、問題解決にいかす力 (2)研究実践内容 〇授業において ・授業中に自分の考えを書く活動を取り入れる。 ・書いたことをペアや全体で伝え合い、その話合いを通してよりよいものにする。 ・資料活用能力を高める取組を意識して取り入...
運動場南側入り口から入ってみると、花壇にあじさいがとっても美しい花を咲かせていました。ふと目をおとすと、地面の割れ目からも桃色のかわいい花が、一生懸命花を咲かせていました。6月は植物がぐ~んと伸びる時期です。野尻小の子ども達も1学期前半の充実期の6月をがんばっています! 地面のちょっとした隙間からたくましく芽を伸ばし、花を咲かせました!たくましいですね!どこにあるでしょう?
6月17日(金)、2年生は養護教諭と学級担任のティームティーチングで歯磨き指導を行いました。まずはじめに、映像でむし歯のことやブラッシングする際の注意点等について確認し、その後、歯の模型をもとに、実際に歯磨きの練習をしました。明日から歯磨きカレンダーを使って、いくつかのチェック項目ごとに評価し、実践化を図るようです。自分のためにしっかりがんばってほしいものです。
 6月16日(木)、5・6年生は第2回目の棒踊り練習がありました。会長をはじめ合計6名の保存会の方々におこし頂きました。今回は形にこだわって練習をしました。膝をまげて動くところや棒と棒の組み合わせ方、両手を伸ばした姿勢、、、等々1つ1つ動きを確認しながら練習を進めていきました。蒸し暑い中での練習でしたが、熱血指導の先生方とともに子ども達、がんばりました。足の運びや2人組んでの動きなど、少しずつ上手にできるようになってきました。
 6月16日(木)鑑賞教室がありました。劇団風の子九州による「風の子あそびや どっぴんしゃん」を全校で観劇しました。うちわのお面を使って演じる「げんごろう」の劇だけでなく、長~いロープを使ったあやとり、細~い糸をたどる博多コマ、障子に光を当てて行う手影遊び、竹とんぼ等々、笛・太鼓の音楽を奏で童唄をうたいながら、1時間ノンストップで演じて頂きました。子ども達は目をきらきら輝かせて、笑ったり、見入ったり、、、とても楽しんでいました。一番のノリノリでみていたのは1年生でした。約1時間があっという間に過ぎていきました。本物の演劇の魅力(よさ・すばらしさ)にふれ、子ども達の心に大きな影響を与えてもらいました。感じ得るものが大きかったです!野尻小の子ども達の中から将来劇団員を目指す子どもが出てくるかもしれませんね!楽しみです! 観劇会の後の1こま。6年生は学級担任の指示なく、誰にも何も言われないのに、劇に使ったマットなどの道具を片付け始めました。劇団の方々も「めったにお目にかかれない光景です!」と感心され、観劇だけに、とっても感激されていました!さすが、学校の顔です! なかなかできることではあ...
 6月15日(水)、梅雨のちょっとした晴れ間に、3年生は田植えがありました。営農組合の皆様を中心に、JAこばやしの皆様等、たくさんの地域の方々の協力のもとに活動が行われました。西諸県農林振興局(みどりネットワーク)の皆様には田んぼの役割について説明をしていただきました。開会行事がおわり、子ども達は恐る恐る田んぼに入りました。ぬるっとした感覚に、足をとられて倒れそうになる子どももいましたが、慣れてくると、田植えづなの印にあわせて、手際よく苗を植えることができるようになりました。太ももまで(顔も!?)泥だらけになりながら、みんなとてもハッスルしていました!広~い田んぼの半分を1時間程で植え終わることができました。(残り半分は機械で、、、!)さすがです!野尻小では営農組合の皆様の協力の下に、毎年3年生お米学習を行い、田植え、稲刈り、収穫祭の体験を通して、食と農に対する関心が高まり、感謝する心が育っています。この日を迎えるまでに多くの方々に準備等関わっていただきました。本当にありがとうございました。芋苗と稲が成長する様子を時々HPでUPしていきたいと思います。  
6月14日(火)朝の時間、全学年で今年度1回目のフッ化物洗口を行いました。どの学級も先週練習したとおりに、スムーズに行うことができました。
6月13日(月)より、職員が1名増えました。学習支援員の深瀬 克哉先生です。いろいろな学級の授業に入って、子ども達の学習支援等を行います。よろしくお願いします。
6月10日(金)6校時に5・6年生は今年度第1回目の棒踊り練習を行いました。地域の棒踊り保存会の皆さんが4名指導に来てくださいました。1回目から長尺と短尺の棒をもって、基本的な型を教えていただきました。2人1組のペアで棒と棒があたるときの「カタッ!」という音がとても迫力があります。6年生は昨年度からの練習で、ある程度は覚えていましたが、1回目の今日は記憶を辿りながらの練習でした。5年生は6年生の間にはさまり、先輩の動きを参考にしながら練習をしました。指導者の皆様の熱心な指導ぶりに、子ども達も「頑張らなきゃ!」という気持ちになったようです。    
6月10日(金)2・3校時、3年生と4年生のプール開きがありました。はじめの会で校長先生から、「去年の自分をこえよう!命を守るための大切な勉強なので、真剣に学習に取り組もう!」とのお話がありました。プールでは水の中でじゃんけんをしたり、お友達のまたの下をくぐったり、プールのなかを走ったり、浮かんだり、、、いろいろな活動がありました。今日は曇っていたのでちょっぴり寒そうな子どももいましたが、みんな大好きなプールでの学習を楽しんだようでした。
6月9日(木)プール開きがありました。開会行事では2名の児童が、がんばりたいことを話してくれました。そのあとは、小プールでの活動がありましたが、プールサイドに座ってのバタ足やプールの中でのウォーキング、かにさん歩きなど、たくさん水に慣れ親しみました!
今日の3校時、2年生のプール開きがありました。校長先生から、「水をこわがらず、楽しく学習に取り組みましょう。頭までもぐれるようになりましょう!」「いつかきょうそうしましょう!」などの話がありました。その後、シャワーをあび、水慣れを中心に活動をしました。こどもたちはこの日をまっていたようで、みんな笑顔でたのしそうに学習に取り組んでいました!
6月8日(水)、朝の時間、フッ化物洗口の練習を全学年、行いました。今回は練習ですので、薬剤は使わず、水を使いました。まず、学級担任や養護教諭により、フッ化物洗口の流れを全体で確認した後、1分間、テレビの映像(アニメ動画)の指示に従って、ぶくぶく口の中を洗いました。どのクラスもスムーズにできたようです。  
6月7日(火)プール開きがありました。「1番風呂!」ならぬ「1番プール?」はプール清掃をがんばった5・6年生でした。まず、はじめに校長先生から、「水泳は命を守る学習。去年より1mでも遠くに!1秒でも速く!きれいなフォームで!など自分の目標に向かってがんばってほしい」とのお話がありました。その後、シャワーをあび、久しぶりのプールでの学習なので、水慣れを中心に、浮かんだり、走ったり、もぐったり、、などの活動がありました。「きもちい~!」と子ども達は大喜び!終始笑顔でとっても楽しいプール開きになりました。
6月6日(月)、全校集会がありました。感染症防止対策をとり、体育館には集まらず、zoomリモートで実施しました。校長先生からは梅雨の時期を迎えるので、各クラスで雨の日の過ごし方を考えておいてくださいね!とのお話がありました。また、保健主事の先生からは、プールで学習する際のきまりについてのお話がありました。どのクラスもテレビモニターにしっかり注目し、大切な話を聞き逃さないという姿が見られました。
プール清掃の後、少しずつためていた水がいっぱいになりました!7日(火)からプールでの学習ができそうです! 1年生が育てているアサガオはこんなにおおきくなりました。つるをのばし、上に上にのびていっています! 2年生が育てているミニトマトです!もうすぐ花がさきそうです! 1、2年生が植えた芋の苗!あれから2週間がたちました、様子を見にいってみると、、、!営農組合の方のお話のとおり、しっかり根をはり、あたらしい芽を出してすくっとまっすぐたっていました!これから夏の雨水をたっぷりとすい、上にも土の中でも、太くたくましくのびていくことでしょう!
6月3日(金)、小林市役所、淵上組、横山電気水道商会、川野水道さんに来ていただき、学校の水道設備の点検、並びに、修理をボランティアでしていただきました。部品交換以外はすべて無償だそうです。校内の各フロアの水道設備を1つ1つ丁寧に確認していただき、水が出なかった自動感知式水道が出るようになったり、ねじ等の器具の調整などをしていただいたりして、児童が安心して使える状態にしていただきました。本当にありがとうござます。  
今日は野尻小の廊下に展示されている児童の作品を紹介します。 1年生の絵画作品です。 歯ブラシとコップをもつ手の動きをよくとらえて表しました。大きく開いた口の中に歯がならんでいる様子もていねいに描けています。 2年生の絵画作品です。 不思議な卵からとびでたものを大きなスケールで描けています。色使いも鮮やかです! 3年生の絵画作品です。 クラッカーから宝石がとび出た瞬間を表しました。くるくる、ギザギザ、点々、、、同じ間隔や大きさに描けています。 4年生の習字作品です。 はらい、とめ、はね、おれなどのポイントがきちんとできています。 5年生の習字作品です。 うちこみ、とめ、右ばらい、はねに切れがあります。 6年生の作品です。 ひらがなは漢字より難しいといわれていますが、穂先を上手に運んで一文字一文字丁寧に書いています。特に、「ふ」が上手です!子ども達が一生懸命作成した作品が他にもたくさん展示されています。参観日等で来校された際は、ぜひご覧ください!      
1ねんせいは算数の学習で、数図ブロックをつかってバスに乗っている人の数を考えていました。  2年生はしずか~に、図書室で本を読んでいました!野尻小の1人あたりの年間貸出冊数の目標は150冊です!クリアーできそうです! 3年生は社会科の学習で地図記号の学習をしていました。たくさんの地図記号があることに児童はびっくり!でも、楽しそうにノートに書いて覚えようとしていました! 4年生はネパールとの国際理解交流学習に向けて話合いをしていました。食や自然、産業、伝統文化など、自分が調べたいテーマについて調べていくようです! 5年生は理科の授業でタブレットをつかって学習をしていました。天気の変化と雲の量や動きの関係性について雲の写真資料をもとに考える授業をしていました! 6年生は、分数のかけ算の答えの関係性を調べていました。みんな真剣でした!かける数が1より小さいときは…1より大きいときは…、1のときは…、内容が高度ですね!  
6月1日(水)、6月2日(木)の2日に分けて、第1回専門部会が開催されました。すべての保護者を対象に、学年部、生活部、広報部、会員研修部、保体部、創立記念事業部の6つの部会に分かれて、役員選定や年間の事業計画等をたてました。また、PTA総会時に行う予定だった昨年度のPTA役員様に感謝状が手渡されました。皆様のご協力により、どの部もスムーズに会を進行することができました。    
今日3年1組で研究授業がありました。授業はこすもす科で、小林市について調べてきたことの発表会のリハーサルのような内容でした。発表をする際の話すときのポイントや聞く時のポイントを全体で確認した後、ペアのグループに分かれて、発表を見せ合い、聞き役から意見(アドバイス)をもらいました。「原稿ばかり見ないで前を向いて!」「声を大きくして!」など、具体的なアドバイスが出されました。次回は、いよいよ発表会です。今日の学びをいかして、きっとすてきな発表ができることでしょう。
今日は野尻小の花壇の様子をお届けします。 毎日、花の水やりや枯れた花摘みなどのお世話をして、ながくきれいな状態を維持しています。 毎朝、校門をくぐると、きれいな花が子ども達を迎えてくれます。 5月23日(月)、1・2年生が営農組合の皆様のご協力により、植えたいも畑の4日たった今の様子です。元気がなく枯れたようにみえますが、根はしっかりと生きているんだそうです。1・2週間後はシャキッとした姿になっているでしょう!  
野尻小では朝のボランティア活動を実施しています。1年生から6年生まで先生方から強制されることなく、落ち葉掃き、花の水やり、など学校みんなのためになる活動に取り組んでいます。また、運営委員会が中心となり、朝の挨拶運動にも取り組んでいます。児童玄関前に運営委員会と登校班が向き合い、一人ずつリレー形式で挨拶をします。朝のボランティア活動は、野尻小の伝統になっており、「貢献できる子ども」の育成につながっています。また、朝の挨拶運動は、1日の気持ちのよいスタートづくりにつながっています。                
5月25日(水)、小学2年生が小学1年生をつれて学校探検をしました。この日に向けて2年生は校内の1つ1つの特別教室のことをフリップにまとめていました。当日は1・2年生で縦割り班をつくり、2年生が代わる代わる「この部屋は○○室です。ここでは○○をします。」等とちょっぴり照れくさそうにしながらも一生懸命説明をしてくれました。1つ年上のお兄さん、お姉さんに学校のことを教えてもらい、1年生はとってもうれしそうでした。これからも小学校のよき先輩として、学校のことを進んで教えてあげたり、困った時には進んで助けてあげたりできる頼もしい2年生であってほしいです。  
   5月23日(月)、今年の水泳学習に向けて、5年生と6年生がプール清掃を行いました。 曇り空のちょうどよい天気の中、子どもたちはデッキブラシを使ってプールの底や周辺の汚れをごしごし磨いたり、バケツに汲んだ水を流しながら側溝の泥汚れを落としたりと、互いに協力し合いながら一生懸命取り組んでいました。  今年も消防団の方がたくさん来て手伝ってくださったので、作業が大変はかどりました。お陰で大プールや小プール、足洗い場や更衣室などもきれいになりました。みんなが頑張ったおかげで、気持ちよく再来週からの水泳学習に入れそうです。
 5月23日(月)、1・2年生は営農組合の方々やJAこばやし・野尻の方々に教えていただきながら「いもの苗植え」を行いました。場所は、小学校の西門近くにある「なかよし畑」です。営農組合の方々やJAこばやし・野尻の方々は、事前に畑を耕したり、黒マルチをはったりするなど、たくさんの準備をしてくださいました。本当にありがとうございました。  子ども達は、苗の植え方のコツを優しく教えていただきながら、活動することができました。「早く大きくなってね。」「早く食べたいな。」などと言いながら楽しんで植えている子が多かったです。
5月19日(木)、小林市幼保小連絡協議会がありました。野尻小ブロックは野尻保育園、野尻幼稚園、野尻小学校の代表者3名でZoomオンラインでの会に参加しました。今年度の小林市の幼保小の重点目標は「自分でできることは自分でする」だそうです。具体的には、下の図にあるように、「朝の身支度」、「学校への準備物」、「自分でつかったものの後片付け」等を、園児も児童も自分でできるようにしていきましょう!と決まりました。それ以外にも、目標はいくつか設定されています。園と小学校の円滑な接続を目指して、家庭も含めて、みんなで子どもを育てていきたいですね!      
5月19日(木)、1年生はタブレットを使って学習をしました。本日がまだ2回目と言うことで、学級担任が1つ1つ指示を出しながら、授業を進めていきました。先生から出された指示通りにタブレットを操作し、画面が変化するたびに、「でた~!」「画面が変わった~!」と子ども達は大喜びでした。分からない友だちに対して、自然に教える姿がみられました。 最終的に子ども達がたどり着いた画面は、、、、朝顔の芽でした。      
5月18日(水)、野尻小学校区3園の先生方に来校いただき、子ども達の学びの様子を参観いただきました。卒園してから約2か月弱ぶりの再開に1年生は大喜びで、授業中、何度も後ろを振り返っていました。そんな子ども達の姿を園の先生方は目を細めて見ておられました。授業参観後は、子ども達の学習する姿を見られての感想や今後の連携の在り方等について意見交換をしました。明日の市主催の幼保小連絡協議会につながる貴重な時間になりました。
6年生は算数の授業で「分数のかけ算」の学習に取り組んでいました。3/5×4がいくつになるかをタブレット上に表された図をもとに考えていました。1/5が(3×4)で12/5と気付くことができたようです。 5年生も同じく算数の「小数のかけ算」をしていました。先生からの「3つの解き方があるよ!」の言葉をもとに、80×2.3がどんな答えになるかみんな一生懸命考えていました。早く終わった子どもは自分の考えを友達に説明する姿も見られました。導き出されたことをタブレット上に書き表し、それをテレビ画面に投影し、比較検討し、よりよい答えの出し方をみんなで話し合っていました。 算数に限らずどの授業においても、タブレットを使うことが今は当たり前になってきています。タブレットを授業に活用することで、子ども達の学習に対する興味・関心が高まり、理解がより深まるように授業の在り方を研究していきたいと思います。      
5月17日(火)、1年生から4年生は図書館オリエンテーリングを行いました。 講師として、市立図書館から川野先生におこしいただきました。 図書館オリエンテーリングでは、ラベルをもとにした本の見つけ方や本の取り扱い方など 時折、絵本を読まれながら、丁寧に説明いただきました。 野尻小の子ども達はブックトークを聞くときように、先生の説明のお話に引き込まれていました。 オリエンテーリングをとおして、図書館の利用の仕方や本を読むときの約束(マナー)について 十分理解できたようです。 野尻小では「読書の推進」を重点取組事項に掲げ、1人平均年間150冊貸し出しを目標値に設定しています。 読書は「心の栄養」ともいわれ、子ども達の豊かな心を育て、知識が増え、「学力向上」にもつながります。 今年1年、たくさん本を読み、いろんなことを吸収してほしいものです。          
5月16日(月)児童クラブ連絡会がありました。児童クラブでの児童の様子や共通理解事項、お互いの連携の在り方等について確認しました。野尻小の5分の1の児童が野尻放課後児童クラブに登録しています。児童が安心安全な学校生活、そして、児童クラブでの生活がおくれるように、しっかりと話合いができてよかったです。今後とも連携の絆を深めていきたいと思います。
5月13日(金)小林市PTA協議会総会がオンラインにて開催されました。本校からはPTA会長、副会長、校長、教頭が参加しました。総会では、令和3年度の事業報告、会計決算報告、監査報告や令和4年度の役員選出、事業計画、予算書の議事について審議しました。その後、新旧役員あいさつ並びに感謝状及び記念品授与がありました。令和4年度の活動方針は、「子どもを守り育むために、個人の輪(リング)から、地域の環(リンク)へ!!」に、発表テーマは、「子どもを守り育む協働のまちづくりを目指して、小中一貫PTA活動の充実!!」ときまりました。  
5月12日(木)第1回学校運営協議会がありました。まず、はじめに令和4年度の学校運営協議会委員の皆様に委嘱状が交付されました。そして、委員の皆様に児童が学ぶ様子を参観していただきました。 その後、校長が学校経営方針について説明し、よりよい学校をつくりにむけて、委員さんから率直なご意見をたくさん出していただきました。 いただいたご意見については職員に伝え、学校経営に大いに反映させていきたいとおもいます。 野尻小は「地域とともにある学校づくり」を目指ししっかりと前に前に進んでいきます。
5月11日(水)野尻中において3校合同一貫教育研修会がありました。 野尻中校区の3校(野尻小、栗須小、野尻中)の職員が一堂に会し、 一貫教育の推進に向けて、知育、徳育、体食部の3つの部会に分かれて協議する会です。 また、3校で共通のテーマをたて、よりよい授業づくりにむけて研究を行う会でもあり、 3校の職員が自分の学校以外の研究授業を参観し、授業をみた感想を伝え合うなどして お互いの授業のうでもみがきます! 野尻中校区の3校で目指す児童生徒像を同じにし、 未来を生き抜くための「学力」「心」「からだ」をもった子どもの育成に向けて 力を合わせています!
 5月9日(月)、ボランティア集会がありました。  感染症防止対策をとり、Zoomをつかってリモート形式で集会を実施しました。  本日は、読み聞かせサークル、学習支援ボランティア、棒踊り保存会の方々に 来ていただき、日ごろの活動に対する思いを話していただきました。子どもたちに対する愛情や 熱い思いが伝わってくる内容でした。  最後に学校を代表して6年生が感謝の言葉を述べました。  野尻小には学校運営に協力をいただいている地域の方々が他にもたくさんいらっしゃいます。  野尻小学校は幸せです。子どもたちのためにいつも本当にありがとうございます。