専門学科紹介

宮崎県の工業教育
 宮崎県には、「工業」を学ぶ高校として、多くの工業学科で構成される工業高校5校と工業学科を設置している総合制専門高校2校があります。
「工業」の学びの要素には以下の10の系統があり、それぞれの高校ではその系統を深化、あるいは複合化した特色ある学科を設置しています。
工業学科では、ものづくりに関する基礎的・基本的な基盤技術を学んだり、工業技術者として必要で有用な各種資格や検定にチャレンジしたり、ものづくりに掛かる各種競技やコンテスト等でお互いの技術や技能を高めあったりしています。これら7校すべて全国的にもレベルの高いものづくり教育を行い、これからの将来を担う優秀な人材が育っています。







 
機械科
 
   機械科は機械の製造に必要な基本的な知識や技術を学びます。
設計製図・加工方法・機械の構造・材料・エネルギーについて、また
コンピュータによる設計加工(CAD/CAM)等の最新の加工技術に
ついても学びます。
 
生産システム科
  生産システム科は生産技術分野に必要な機械・電気・電子・情報分
野を総合的に学習します。
ものづくりを通して設計・加工技術からロボット等の制御プログラミン
グ技術まで幅広く学習します。
 
電気科
  電気科は人々の生活に必要不可欠な電気エネルギーについて学び
ます。
電気回路の基礎から発電・送配電などの電力技術、モーターや発電
機などの電気機器、これらを制御する電子技術やコンピュータ制御ま
で幅広く学びます。 
 
電子機械科
  電子機械科はロボットに代表されるようなメカトロ機械の製作について
学習します。
ロボットを設計し、工作機械を使って制作し、それをコンピュータで制御
するという一連の流れを総合的に学びます。
 
電気電子科
  電気電子科は電力に関することと電気通信に関することを学びます。
電気施設設備及び電気・電子工学に関する諸分野における設計・製造・
工事・運用・管理・技術サービス等の基礎を学びます。 
 
情報制御システム科
 情報制御システム科は機械・電子・情報の生産技術分野において、総
合的な知識・技術を広く学び、ロボット等の設計・製作技術・制御プログ
ラミングまで幅広く学習します。 
 
電子情報科
  電子情報科はコンピュータ技術を学びます。電気・電子回路の学習を
基礎に、回路設計・製作からプログラミングまでの統合した制御技術や
インターネット等のデジタルデータ通信まで広く学習します。
 
情報技術科
  情報技術科はコンピュータの使い方や内部の構造、そしてプログラミン
グの技術を学びます。
またコンピュータを実際に活用する能力を養うために、各種システム(生
産、制御、ネットワーク等)についても学びます。
 
通信工学科
  通信工学科は電気通信技術とコンピュータ技術を融合し情報通信に
関する基礎的・基本的な知識と技術を学びます。
またICTに対応した電気通信ネットワークや電気通信機器の設計・運用
等についても学びます。
 
建築科
  建築科は住宅からビル、マンションにいたるまでの様々な建築物の構
造や設計などの基礎知識を学びます。
また安全で快適に過ごせる建築物を計画するため、建築材料の特徴や
施工法、測量やCADなども学びます。
 
建設システム科
  建設システム科は人々が安全で快適に生活するために必要な建築物
、社会基盤(インフラ)整備の計画・設計について学びます。
そのために、建築分野と土木分野に分かれてそれぞれの基礎的な科目
を学習します。
土木科
  土木科は人々が都市において安全で快適に生活するために、なくては
ならない社会基盤(インフラ)整備の計画・設計について学びます。
そのために、測量技術や土木基礎力学、土木施工なども学びます。
 
環境化学システム科
 化学環境科
 化学工業科
   環境化学システム科、化学環境科、化学工業科は資源やエネルギー
を有効に利用し、日常生活に欠かせない様々な製品の材料を開発・製
造するための技術を学びます。また食品や水質を化学分析するための
基礎的な技術のほか、環境の関連分野も学びます。
 
インテリア科
  インテリア科は快適な室内空間を創造するための学習をし、家具インテ
リアのデザイン・設計・製作について学びます。
またコンピュータによる建築設計やコンピュータグラフィックによる手法も
学びます。
 
産業デザイン科
  産業デザイン科は心に浮かんだイメージやアイディアを形にして見える
ようにする手法を学びます。
作品制作を行う中で、デザインの知識や技術を身に付けながら、「人と
環境の関係」について学んでいます。