小学部

教育目標
生単の様子
ア 目 標
(1) 日常生活に必要な基本的な生活習慣を身に付けさせる。
(2) いろいろなことに興味をもち、自分から取り組む意欲を育てる。
(3) 健康で明るい生活を営むための、好ましい人間関係を育てる。
 
 
  
 
(低学年) 
合同自立活動の様子(ア) 毎日の生活のリズムを身に付け、基本的な身辺の処理ができるように努める。
(イ) いろいろな感覚遊びを通して、感覚機能を高め、健康で明るい児童の育成に努める。
(ウ) 探索活動などを通して、学校生活を楽しむことができるように努める。
(エ) 日常の生活を通して、ことばを育て、コミュニケーションの基礎を培う。
(オ) 教育活動全体を通して、身近な人々や社会、自然とのかかわりについての関心を深めさせるように努める。
 
                   (高学年)
交流教育の様子
 (ア) 日常の生活を通して、基本的な生活習慣が定着するように努める。
(イ) いろいろな感覚運動を通して、健康の増進と体力の向上を図る。
(ウ) 自己イメージの獲得を図り、自己肯定感や達成感を味わうことができるように努める。
(エ) 教育活動全体を通して、豊かな心を育て、コミュニケーション能力の向上を図る。
(オ) 特別活動や交流活動等を通して、自主性や社会性を養い、好ましい人間関係を育てる。
 
イ 努力点
 (ア) 児童一人一人の障がいの状態、発達段階、能力及び特性に応じた指導に努め、個別の指導計画の充実を図る。
 (イ) 子に応じた指導を重視するとともに、必要に応じて授業形態や集団構成を工夫し、学級活動が効果的に行われるように努める。
 (ウ) 児童の実態に即したコミュニケーション手段の選択と活用を目指し、その応用の場としての体験活動や交流及び共同学習を計画的に進める。
 (エ) 一人一人の自立に必要な力を客観的に見直し、将来を見据えた小学部段階での進路学習を推進する。
 (オ) 幼・保・小、その他の関係機関と保護者との連携を図り、就学前からの情報の収集に努め、「個別の教育支援計画」の作成に努める。