新着
12月8日(木)参観日の4時間目に、学校保健委員会を行いました。 テーマは「児童生徒の望ましい生活習慣の確立・改善を目指して~子どもとスマホとの望ましい関わり方~」です。  児童生徒の生活リズムチェック表やア携帯電話・スマホなどについてのアンケート結果をお伝えした後、 (1) スマホやゲームによる脳への影響について(対人能力の低下、依存症など) (2) 子どもにスマホの使い方は守れるのか (3) 保護者にできるスマホ・ゲーム障害対策 等 について、予防医療研究所 スマホ依存症防止学会(PISA)の磯村 毅 様の第68回延岡市学校保健研究大会での記念講演の内容をお伝えし、その後、協議を行いました。    スマホ・ゲーム障害対策には、予防が最も大切です。  ① 極力持たせる年齢を遅らせること  ② 家族全員にスマホ・ゲーム障害に関する情報提供をすること  ③ すでに持っている子どもさんには、スクリーンタイムなど、守れない約束ではなく、ある程度強制力が働く方法をとること。等をおすすめします。  児童生徒や家庭が、スマホとの望ましい関わり方を考えられたらいいなと思います。ご出席いただいた皆様...
減量コッペパン 牛乳 スパゲッティペスカトーレ  にんにく入りスタミナサラダ  今日は姿勢についてのお話です。  食事をするときに意外と忘れがちなのが「姿勢」です。姿勢は毎日の食事でほんの少し気を付けることで直すことができます。姿勢を良くして食べると見た目が良いだけでなく、消化も良くなるので体にとって大切なことです。寒いとつい体を曲げて食事をしてしまいがちです。ひじ、背中、足の位置を注意して正しい姿勢を保ちましょう。