新着
 6年生は卒業まで残りわずかとなりました。今週から、卒業式に向けて本格的な練習が始まっています。まず、1回目の練習では、教務主任より「卒業式とはどんなものなのか」「みんなはどんな卒業式にしたいのか」などの話がありました。児童は、「来れくれた保護者、在校生を笑顔にしたい」など、自分達だけでなく式に参加してくれる方々のためにも頑張って、思い出に残る良い卒業式にしたいという意欲を見せてくれました。  練習では、自分たちで本番同様に椅子も並べて行います。もちろん自分たちで準備も行います。立ち方、座り方、礼の仕方、歩き方・・・普段している事でも、細かなところまで気を付け、長い時間保つとなると大変です。自分たちの卒業式を最高のものにするために、1時間1時間、一つ一つの動作、言葉まで大切にしてほしいと思います。
 あっという間に月日が過ぎ、いよいよ3月です。  3月もきまりをしっかりと守って、安全に過ごしてほしいです。
 大谷選手から寄付していただいたグローブを、今日は5年生が使って野球を楽しみました。1ペア10球ずつ仲良くグローブを交換しながらキャッチボールをしました。  また、今日は、週に2回の竹馬と一輪車が使える日でもありました。諦めずにチャレンジを続けることで、少しずつ乗れるようになり、それがうれしい様子でした。
 本校では、大谷翔平選手から頂いたグローブを2月の参観日まで展示していました。児童生徒だけでなく、多くの保護者・地域の方々、来客の方々等もグローブを手に取り笑顔になっていただきました。  その間、小学校では各学年立候補代表3名、計18名による「野球やろうぜ!委員会」を立ち上げ、話合いを行っていました。 テーマは「小1~6年生全員が大谷グローブを使って楽しく野球(キャッチボール)をするにはどうしたらよいだろうか。」でした。 話合いでは、「6年生を優先してあげよう。」「曜日で使う学年を分けよう。」「でも、水曜日はどうする?」「一人1分?」「いや一人5球!」等々、委員18名は、全校児童のために一生懸命考えてくれました。 結果、昼休みに6年生から順番に2日間ずつキャッチボールをする!グローブとボールは委員が準備・片付けをする!みんなに大切に使ってもらう!となりました。 20日(火)から早速、プレイボール!みんな笑顔で楽しんでいます。頼もしい18名の委員が大活躍!これからもみんなのためによろしくお願いします。